藤巻健史のニュース

投資先は安定した先進国 米国経済はやはり強いと藤巻健史氏

NEWSポストセブン / 2012年01月01日07時00分

現在は史上空前の円高状態だが、本来ならば、20年もGDPが低迷している日本に投資が集中するなど市場原理が発達している国では信じられないと投資アドバイザーの藤巻健史氏は言う。現在の円高トレンドの大きな要因は「為替リスクを恐れるあまり、資金が日本国内に留まり、外に出て行かない」からだという。史上空前の円高時代にどうやって資産を守るか、藤巻氏が解説する。* * [全文を読む]

凶弾に倒れた政治家と日本のエコノミスト 英国はEUから離脱するか その6

Japan In-depth / 2016年06月22日23時00分

『週刊朝日』6月10日号に掲載されていた、藤巻健史氏の連載記事で、少し引用が長くなるが、原稿料泥棒などと言わないでいただきたい。 [全文を読む]

講演依頼サイト「東京リーダーズ・バンク」がスタート!!

PR TIMES / 2013年10月08日17時22分

主な講師陣 田原総一朗、竹中平蔵、榊原英資、齊藤精一郎、野口悠紀雄、佐々淳行、手嶋龍一、齋藤孝、田崎真也、坂本光司、服部幸應、夏野剛、藤巻健史、藤巻幸大、東国原英夫、遠藤功、畑村洋太郎、後藤謙次、小室淑恵、古田敦也、杉山愛、堀潤、飯田泰之など 東京リーダーズ・バンク(Tokyo Leaders Bank) http://leaders-bank.toky [全文を読む]

識者語る「増税延期なら、円暴落で日本経済は崩壊危機に…」

WEB女性自身 / 2013年09月02日07時00分

いま、消費税を増税できないと、日本が国際的な信用を失い、国債は暴落すると、経済評論家で参議院議員の藤巻健史さんは危機感を募らせる。 「国債が暴落して、金利が跳ね上がると、支出の約半分を借金でまかなっている国は、金利の支払いだけで首が回らなくなります。こうなるとあらゆる支出が困難となり、また新たな借金もできなくなります。役所、警察、消防、ごみ収集など私たちの [全文を読む]

有名投信会社会長「大手金融機関だからと信用してはいけない」

NEWSポストセブン / 2012年12月05日16時00分

※女性セブン2012年12月13日号 【関連ニュース】日本の財政は“月収40万円で支出77万円の家計”と解説した書1ドル=360円まで下落してもおかしくないと藤巻健史氏分析超円高で日本人は世界全体の株の3分の1買い占め可能との意見震災に乗じた増税は国民への負担を強いて消費を停滞させる森永卓郎氏の推薦書「この本理解できぬなら資産運用やめよ」 [全文を読む]

森永卓郎氏の推薦書「この本理解できぬなら資産運用やめよ」

NEWSポストセブン / 2012年07月13日07時00分

※週刊ポスト2012年7月20・27日号 【関連ニュース】全世界ファンドなど運用の核にすべき投信を専門家がセレクト森永卓郎 産経新聞は「思わず釘づけになる優良記事目立つ」森永卓郎氏 経済に対する新たな視点得られる貴重な書を紹介投資信託の定額積立で今の円高を長期的な資産形成に活かそう1ドル=360円まで下落してもおかしくないと藤巻健史氏分析 [全文を読む]

フォーカス