八百屋お七のニュース

前田敦子、初恋に身を焦がす… 本人コメント到着

モデルプレス / 2013年07月18日08時00分

元AKB48で女優の前田敦子が、9月19日スタートのNHK時代劇「あさきゆめみし~八百屋お七異聞」(毎週木曜午後8時、連続10回)でヒロイン・お七を演じることが17日、わかった。 同作は数々の文学や歌舞伎、文楽などで語り継がれてきた江戸時代の「八百屋お七の放火事件」をモチーフに、八百屋の一人娘・お七の悲恋を描いた新作時代劇。時代劇のヒロインに初挑戦する前田 [全文を読む]

カツラが原因!? 2位前田敦子「時代劇で着物姿が似合わない女優」1位は

VenusTap / 2017年04月01日20時40分

卒業後初の主演となった連続ドラマ、『あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞』(NHK総合)では、恋人に会いたい一心で放火事件を起こしてしまい火刑に処せられた“八百屋お七”を熱演し、話題になりました。 [全文を読む]

元AKB48・前田敦子が火あぶりで「いい顔」も……『あさきゆめみし』最終回6.0%

日刊サイゾー / 2013年11月22日17時30分

元AKB48・前田敦子主演の時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』(NHK)が21日に最終回を迎え、平均視聴率6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で過去最高を記録したことが分かった。 同作は、お七が恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された1683年の実話「八百屋お七の放火事件」を描いた悲恋時代劇。初回から平均視聴率5.8%(ビデオ [全文を読む]

平均視聴率4.3%のまま最終回へ『あさきゆめみし』元AKB48・前田敦子“火あぶりシーン”挑戦も、寂しい注目度

日刊サイゾー / 2013年11月18日11時00分

元AKB48・前田敦子主演の時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』(NHK)が、今月21日にいよいよ最終回を迎える。 同作は、お七が恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された1683年の実話「八百屋お七の放火事件」を描いた悲恋時代劇。初回から平均視聴率5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と振るわず、以降さらに低迷。第6話では3.2% [全文を読む]

前田敦子、「どんどん恋に飲まれていく」

モデルプレス / 2013年09月04日16時13分

女優の前田敦子が4日、東京・渋谷のNHKにて行われた木曜時代劇「あさきゆめみし~八百屋お七異聞~」(NHK総合、9月19日より毎週木曜よる8時スタート)の完成試写会に、作者のジェームス三木氏、演出の岡田栄氏とともに出席した。 同ドラマの主人公であるお七役を演じた前田は、「お七は初めて恋をして、その恋にどんどん飲まれていきます。短い間にたくさんの経験を積み、 [全文を読む]

有村架純、時代劇初挑戦で“エラ問題”を懸念する声 “栗山千明コース”は回避を望む声も

おたぽる / 2016年09月04日09時00分

ネット上では、『尼さんシーンはなしにするのでは?』『映画のために削るか?』などといった論争が巻き起こっているようです」(芸能関係者) エラといえば、10年に放送された『龍馬伝』(NHK)で、初めて時代劇に挑戦した前田敦子は、髪を結い上げた姿で登場し、エラ張りを指摘されたものの、13年に放送された時代劇『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』(同)では、初主演と [全文を読む]

前田敦子、ラブホMVの衝撃! 女優として生き残る道は“エロ売り”だけの現況

サイゾーウーマン / 2016年06月13日12時45分

前田にとって、『毒島ゆり子』は、NHK木曜時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』(13年9月~11月)以来の連ドラ主演作。今作の「テッペン!水ドラ!!」枠は、昨年10月期に放送を開始したが、1作目の『おかしの家』(オダギリジョー主演)も、2作目の『悪党たちは千里を走る』(ムロツヨシ主演)も視聴率1~2%台で低迷。『毒島ゆり子』も、初回は2.1%と厳しい [全文を読む]

トホホ……前田敦子主演『毒島ゆり子のせきらら日記』濡れ場&セクシーシーン満載も、爆死スタートの悲劇

日刊サイゾー / 2016年04月24日09時00分

2012年8月にAKB卒業後、女優に転じた前田は、NHK木曜時代劇『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』(13年9月~11月)で連ドラ初主演したが、NHKということもあり、大きなインパクトは残せず。『ど根性ガエル』(15年7月期/日本テレビ系)ではヒロイン役を務めたが、平均視聴率は8.0%と振るわず、いつしか“低視聴率女優”とも称されるようになった。 映画 [全文を読む]

元AKB48・前田敦子が『ど根性ガエル』マドンナ役で連ドラ復帰「大島優子との実力差を見せつける!?」

日刊サイゾー / 2015年05月29日00時00分

さらに、13年に放送された主演時代劇『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』(NHK)は、AKB48卒業後初の主演ドラマとして注目されたが、ゴールデン帯で全話平均視聴率4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大コケ。ネット上では、「声が小さく、セリフが聞き取りにくい」「演技力がなく、出演者の中でひとりだけ浮いてる」「前田がしゃべると話が止まる」などと悪評が飛 [全文を読む]

西内まりや、城田優と熱愛報道! 出演ドラマも大爆死で「ゴリ押し女優失格」の烙印

サイゾーウーマン / 2015年04月24日13時00分

『かぶき者 慶次』の視聴率も第1話6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話では5.5%と数字を落とし、この水準は、同枠で“大爆死”だった2013年の前田敦子主演『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』に次ぐ低空飛行ぶりだ。また、多様なジャンルに活躍の幅を広げるあまり、「歌手もモデルも女優も中途半端で、それぞれの本業の人に失礼」などと厳しい意見も少 [全文を読む]

フォーカス