内藤洋子のニュース

アイドルコンピ盤『コロムビア・ガールズ伝説』シリーズ3タイトルが同時発売

okmusic UP's / 2017年05月24日16時00分

■アルバム『コロムビア・ガールズ伝説 EARLY YEARS(1965〜1972)』2017年5月24日発売COCP-39963/¥2,500+税※★は初CD化 <収録曲>1.涙の太陽/エミー・ジャクソン(1965/4/20) 作詩:湯川れい子 作曲:中島安敏 演奏:スマッシュメン 2.逢う時はいつも/吉村繪梨子(1966/5/5) ★ 作詩:吉岡治 作曲 [全文を読む]

喜多嶋舞「DNA裁判敗訴」で明らかになった実の父親はあのジュノンボーイ?

アサ芸プラス / 2015年12月04日09時58分

当時は周囲もあまり信じていなかったようですが、今回の“DNA騒動”を受けて、その話が信憑性を帯びてきたのです」(写真誌記者) 現在、息子は実の母の喜多嶋とは暮らしておらず、喜多嶋の母である内藤洋子と一緒にアメリカに住んでいる。この騒動での一番の被害者が息子本人であることは間違いない。彼の将来が少しでも明るくなることを願ってやまない。 [全文を読む]

大沢樹生「息子ではなかった」で加速する“本当の父捜し”

デイリーニュースオンライン / 2015年11月25日12時30分

大沢と長男に「親子関係なし」のDNA鑑定が出た後の2013年7月、長男の親権は再び喜多嶋に渡ったが、同9月にはアメリカで暮らす喜多嶋の両親(ギタリスト・喜多嶋修、元女優・内藤洋子)に渡った。こうもコロコロ変わっては、長男も周りもたまったものではないだろう。 長男の父親については、喜多嶋の髪を切っていたカリスマ美容師ではないか? などと、各メディアで報道さ [全文を読む]

元・光GENJIの大沢樹生「長男が実子ではない」判決で浮かび上がる“実の父親たち”の現在

日刊サイゾー / 2015年11月24日13時00分

現在、長男の親権は「鑑定書は偽物」とまで言い切っていた米国在住の喜多嶋の父親、音楽プロデューサーの喜多嶋修氏と、母親で元女優の内藤洋子が持っているといわれる。判決が確定すれば、長男は大沢の遺産相続人でなくなり、過去の養育費を請求される可能性もある。 気になるのは、争っている間、複数の男性が「自分が父親」と名乗りを上げていたことだ。シンガポール在住の40代美 [全文を読む]

喜多嶋舞との子どもの本当の父親は? 大沢樹生の「親子関係」はDNA鑑定で勝訴!

ヘルスプレス / 2015年11月24日08時22分

2013年9月、再び喜多嶋に親権が移り、現在は、米国に在住する喜多嶋の父で音楽プロデューサー・喜多嶋修氏(66歳)、母の元女優・内藤洋子さん(65歳)が持つという。 親権は、未成年の子を監護・教育し、財産を管理する親権者である父母に与えられた身分上・財産上の権利・義務をいう。つまり、監護教育権(民法第820条)と財産管理権(民法第824条)だ。したがって、 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、スタア全盛の60年代

アサ芸プラス / 2015年09月08日09時59分

それは吉永小百合や内藤洋子がそうであったように「手が届かない存在」や「雲の上の偶像」であったことを意味する。そのポジションをキープするため、スタアたちは並々ならぬ努力を重ねた。 さて60年代とは、高度経済成長期であることはもちろんだが、テレビが〈娯楽の王様〉になった時代でもあった。歌番組が全盛となって、ポップスシーンに多くの新星が生まれた。小川知子や山本リ [全文を読む]

「けじめはつける」大沢樹生、長男DNA鑑定騒動で前妻・喜多嶋舞を徹底追及の構え

メンズサイゾー / 2013年12月28日11時00分

長男の親権は喜多嶋側に移ったが、長男は喜多嶋と一緒に暮らしておらず、母方の祖母で元女優の内藤洋子(63)がいる米・ロサンゼルスで生活しているという。 「大沢はとにかく、何が真実なのかを明らかにしたかった。検査結果を突き付けても、喜多嶋は『検査ミスだ』『お金目当てなの』と頑として応じず、本当の父親についても全く話そうとしない。大沢の弁護士との話し合いでも長男 [全文を読む]

16歳長男DNA鑑定の大沢樹生は「知っていた」可能性も……マスコミの“父親探し”は続く

日刊サイゾー / 2013年12月28日09時00分

長男の親権などをめぐって喜多嶋とは家庭裁判所でバトルを繰り広げているが、現在は喜多嶋に親権が渡り、アメリカにいる女優の母、内藤洋子のもとで育てられている。 実のところ、大沢がDNA鑑定に踏み切ったのは「自分の子ではないことを知っていたからだ」と話す芸能関係者がいる。「泥酔することが多い喜多嶋が結婚時代に大沢と口論になった際、子どもの父親の名前を漏らしたとい [全文を読む]

大沢樹生、悲劇のパパが乗る大波

NewsCafe / 2013年12月26日17時00分

DNA鑑定で証拠が出て、彼自身がこの話をリークしたんじゃないかという気がします」デスク「自分が悲劇の父親ってか?」記者「R君は今年の夏、親権が喜多嶋に移り、さらに喜多嶋の母親で往年の清純派女優で今は米ロサンゼルスに住む内藤洋子(63)の元に身を寄せています。悲劇の主人公はR君その人でしょう」デスク「喜多嶋も大沢も再婚し、大沢には1月にも子供が生まれるってい [全文を読む]

大沢樹生、長男と血縁関係なし…DNA鑑定で暴かれた元妻・喜多嶋舞の“不貞”

メンズサイゾー / 2013年12月24日18時46分

しかし、喜多嶋は再婚相手との間に5歳の長女がいることもあり、長男は母方の祖母である女優の内藤洋子が暮らす米・ロサンゼルスへ行くことに。内藤が親権者として長男を育てているという。 にわかに信じがたい展開に、ネット上では「昼ドラみたい…」「子どもが可哀想」「喜多嶋舞ヒドすぎるだろ」といった声が上がっている。喜多嶋は別の男性の子どもである可能性を認識していながら [全文を読む]

内藤洋子「アメリカ移住で絵本作家に転身」

アサ芸プラス / 2013年06月26日10時00分

黒澤明監督の「赤ひげ」に抜擢され、一躍「永遠の美少女」と絶賛された内藤洋子は今、喜多嶋洋子(63)の名で在米の童話作家として知られるようになった。絶頂期の70年に音楽家・喜多嶋修氏と結婚、引退。めったにマスコミの取材は受けないという彼女を国際電話で直撃した。 * ──04年の「天使の羽音~山鳩からの贈り物」で絵本作家デビューして、最近作は07年の「ホーじい [全文を読む]

フォーカス