柳澤厚生のニュース

「医者が監修するレストラン」は何が違うのか ステーキにはNZ産の完全放牧牧草牛を使用

2 / 2017年06月18日07時00分

レストランの目的について、監修ドクターのひとりであり、国際オーソモレキュラー学会会長、日本オーソモレキュラー医学会理事長の柳澤厚生氏は、次のように語る。「現代では、眠れないと睡眠薬を使ったり、血圧が高いと降圧剤を使うというように、病気になると薬に頼る。しかし薬にはどうしても副作用があります。その前に、食事やビタミン、ミネラルの投与によって健康づくりをしてい [全文を読む]

世界的名医が明かす!欠かすと外見も内面ブスにもなるビタミン●の摂取テク

2 / 2014年05月01日08時00分

と、テンションだだ下がりのみなさん、そのままでは外見だけでなく内面ブスにもなってしまいますよ!? 美白、アンチエイジング、シミしわ予防、婦人病予防、そして前向きに生きるためにうつ病予防にもなる、モテ女子に必須なスーパー栄養素があるってご存じですか? 実は、とても身近にあるんです! 今回は、国際オーソモレキュラー医学会長であり、点滴療法の最先端を国際的に指 [全文を読む]

日本オーソモレキュラー医学会 企業とコラボレーション開始 第1弾として食を通じて健康にアプローチするレストランを監修

1 / 2017年06月02日14時35分

[画像: https://prtimes.jp/i/25340/3/resize/d25340-3-263661-0.jpg ] 国際オーソモレキュラー医学会(本部/カナダ トロント 会長/柳澤厚生)は、世界21カ国が加盟し、最新のエビデンスに基づく治療レベルの栄養療法の普及に取り組んでいます。その活動の一環として、食やヘルスケアに関連する企業のコラボレ [全文を読む]

ダイエットもアンチエイジングも。栄養セラピーレストランで細胞からキレイに #ポジティブ栄養学

1 / 2017年05月31日22時15分

次に、柳澤厚生先生監修の「発芽発酵玄米」をいただきます。自然栽培で育った北海道の玄米と岡山のアスナロ米(古代種)を発芽させて炊き3日以上発酵させて作られたという一品は、もちっとした触感と口に広がる玄米の豊かな風味に、思わずほおがゆるみます。「現代人はビタミン、ミネラル不足で元気がない人や疲れやすい人は少なくありません。これはマグネシウムをはじめとするミネ [全文を読む]

第46回国際オーソモレキュラー医学会開催 各国から栄養療法に関する最新の知見が発表 2018年東京開催大会への期待高まる

1 / 2017年05月17日11時16分

[画像: https://prtimes.jp/i/25340/2/resize/d25340-2-451648-0.jpg ]国際オーソモレキュラー医学会(本部/カナダ トロント 会長/柳澤厚生)は、世界21カ国が加盟し、最新のエビデンスに基づく治療レベルの栄養療法の普及に取り組んでいます。2017年4月28日~30日の3日間、本医学会の第46回国際大会 [全文を読む]

医学会が監修する世界初のレストラン誕生!医師たちが提案する外食の新しいスタイル「医学会キッチン オーソモレキュラー」5月29日(月)東京・神谷町にオープン!

1 / 2017年05月01日13時58分

公式HP(国際) : https://www.isom.ca/公式HP(日本) : http://isom-japan.org/[画像2: https://prtimes.jp/i/22849/23/resize/d22849-23-647879-2.jpg ]■「医学会キッチン オーソモレキュラー」設立の背景2012年、日本の柳澤厚生医師(点滴療法研究会 [全文を読む]

エビデンスに基づく治療レベルの栄養療法普及へ 日本オーソモレキュラー医学会 一般社団法人化し本格始動 2018年はアジア初の国際大会を日本で開催

1 / 2017年04月11日09時38分

■欧米で注目されるオーソモレキュラー医学 アジアでも本格始動 日本の専門家の育成強化へ国際オーソモレキュラー医学会(本部/カナタ゛ トロント 会長/柳澤厚生)は、世界21カ国が加盟し、最新のエビデンスに基づく治療レベルの栄養療法の普及に取り組んでいます。日本オーソモレキュラー医学会は、2002 年に国際オーソモレキュラー医学会に加盟しました。日本オーソモレ [全文を読む]

フォーカス