中山泰男のニュース


サントリー、竹中工務店、セコム 大政奉還に動き出す

NEWSポストセブン / 2017年04月30日16時00分

昨年5月の取締役会で前田修司・会長と伊藤博・社長がそろって解任され、後任社長に中山泰男・常務が昇格した。 中山氏も創業家出身ではないが、翌月の株主総会で創業者である飯田亮・最高顧問の娘婿、尾関一郎氏が取締役に抜擢され、「後継社長のレールが敷かれた」と見られている。経済ジャーナリストの福田俊之氏は言う。 「企業のリーダーは孤独ですが、創業家の場合、家という味 [全文を読む]

高齢実力者がずっと実権を握り続けるキヤノンと富士フイルムとセコム

Business Journal / 2017年01月29日06時00分

警備サービス業首位のセコムは昨年5月、前田修司会長と伊藤博社長が解職され、日本銀行出身の中山泰男氏が社長に就いた。創業者で取締役最高顧問の飯田亮氏が前田氏と伊藤氏のクビを切ったといわれている。 キヤノンは昨年3月、眞榮田雅也氏が社長兼COOに就任したが、会長兼社長兼CEOだった御手洗冨士夫氏は会長兼CEOとして引き続きグループ全体を統括する。御手洗氏が“ [全文を読む]

全上場企業調査! 日本を動かす経営者BEST100

Forbes JAPAN / 2016年11月05日09時00分

19位 中山泰男/セコム総合点 91.0ギャップ 9.0財務パフォーマンス To Be 26.0 As Is 24.3ESGパフォーマンス To Be 28.7 As Is 22.7ーーなぜ評価されたのか?セキュリティ分野のニーズが堅調のなか、ドローンを活用したサービスを提供するなど新技術を積極的に取り入れ、貪欲に成長を目指す。超高齢化社会に向けて、高齢者 [全文を読む]

セコムと大戸屋、社内クーデターで泥沼内紛!サンリオ、功労者辞任で創業者の20代・孫を役員抜擢

Business Journal / 2016年06月21日06時00分

後任社長に中山泰男常務が昇格した。4期連続で過去最高益を達成した2人のトップが首を切られた。 セコムは、3月に社外取締役を交えた「指名報酬委員会」(メンバー非公表)を設置。前田氏と伊藤氏の処遇を話し合ったが結論が出ず、最終的に取締役会で2人の解職を決めた。最高実力者である創業者の飯田亮最高顧問は解職に賛成した。ISSは、この手続きが「透明ではない」と苦言を [全文を読む]

フォーカス