敷田唯のニュース

[プリンスリーグ北信越]得点ランクトップのFW坪井清志郎がハット!富山一が今季10勝目で首位へ:第10節2日目

ゲキサカ / 2017年07月15日16時20分

前半12分にDF敷田唯が先制点を挙げた星稜は、後半にFW肥田稜平とMF岩岸宗志が加点し、鵬学園に反撃を許さなかった。 なお、第12節は日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会(23日~8月2日)、全国高等学校総合体育大会(28日~8月4日)があるため、約1か月後の8月19日、20日に開催される。 以下、第10節結果と第12節日程(予定) 【第10節】 [全文を読む]

[プリンスリーグ北信越]鵬学園がMF永田の1点を守り抜き待望の今季初白星:第8節1日目

ゲキサカ / 2017年06月10日20時34分

しかしFW森井啓太、DF敷田唯のゴールで星稜が前半のうちに逆転する。後半はなかなかスコアが動かなかったが、アディショナルタイムにMF佐藤亮太が同点弾を決め、新潟明訓が土壇場で追いついた。 ここまで勝利がない鵬学園高(石川)は、インターハイ県予選準優勝校の長岡向陵高(新潟)と対戦。前半37分にMF永田貫太が先制点を決めた鵬学園が1-0で逃げ切り、ついに今季初 [全文を読む]

香川西の注目FW高木をマンツーマンディフェンス。星稜CB敷田「自分も楽しかった」

ゲキサカ / 2017年07月30日01時15分

星稜高の敷田唯主将(3年)はこの日、U-16日本代表歴も持つ四国学院大香川西高のFW高木慎也(3年)相手にマンツーマンディフェンス。スピード、テクニックを兼ね備えた四国ナンバー1FWとのマッチアップを「楽しかった」と振り返った主将は、ターゲットの高木に得点を許さず、2-1での逆転勝利に貢献した。 前半は高木のスピードに苦戦するシーンもあった。後半も水たま [全文を読む]

悔しい経験を経て身に付けた勝利への執着心。諦めずに攻め続けた星稜が香川西に逆転勝ち!

ゲキサカ / 2017年07月30日00時06分

だが、主将のCB敷田唯(3年)が「去年の選手権の負けがあって全国大会経験できなかった代なので、勝ちへの執着心は一人ひとりが持っていますし、強い気持ちも持っている」という星稜が残り時間6分からの逆転劇で2回戦への切符を手にした。 後半29分、3バックの左DF松井渉太(3年)が縦へ仕掛けてクロス。これをMF岩岸宗志(2年)が頭で合わせると、クリアしようとしたD [全文を読む]

[プリンスリーグ北信越]“インハイ前哨戦”は富山一に軍配、得失点差で首位に浮上:第8節2日目

ゲキサカ / 2017年06月11日22時45分

以下、第8節結果と第9節日程(予定) 【第8節】 (6月10日) [新潟明訓高校] 新潟明訓高 2-2 星稜高 [新]椎谷祐太(8分)、佐藤亮太(90分+4) [星]森井啓太(26分)、敷田唯(30分) 長岡向陵高 0-1 鵬学園高 [鵬]永田貫太(37分) (6月11日) [帝京長岡高校] 帝京長岡高 3-1 アルビレックス新潟U-18 [帝]野本太一 [全文を読む]

CB敷田主将「どこのチームよりも気迫も、迫力も出して行こう」。意識して雰囲気変えた星稜が石川制覇

ゲキサカ / 2017年06月07日21時06分

[6.5全国高校総体石川県予選決勝 金沢高 0-3 星稜高 金沢市民サッカー場] 星稜高の主将を務めるCB敷田唯(3年)は「去年悔しい思いをしているんで、負けられないという思いで大会に入って優勝できたというのは良かったです」と総体予選で優勝したことを素直に喜んでいた。 昨秋の選手権予選決勝で鵬学園高に敗れ、連覇が17でストップ。名門校が巻き返しのシーズンを [全文を読む]

昨年選手権連続出場ストップの星稜が石川王座奪還!勝負強さと堅守、パススタイル発揮し、“らしさ”ある優勝!

ゲキサカ / 2017年06月05日22時16分

その後、森井やCB敷田唯主将(3年)が決定的なシュートを決めきれなかった部分もあったが、ミスからショートカウンターを幾度か受けながらもGK新保大夢(3年)や敷田、CB高木凛太郎(3年)の好守などによって得点を許さず。ピンチはあったものの、ゴール前の意識高いディフェンスで決定打を枠に打たせなかった。 また、河崎監督が「昨日(準決勝の遊学館高戦で)蹴りすぎてい [全文を読む]

[プリンスリーグ北信越]2戦連続4ゴールの帝京長岡が首位浮上:第6節

ゲキサカ / 2016年05月08日23時18分

【第6節】(5月3日) [北越高校] 北越高 0-4 帝京長岡高 [帝]小塚祐基(33分)、楜澤健太2(40、70分)、陶山勇磨(60分) [北越高校] 新潟西高 0-0 新潟明訓高 [星稜高校] 星稜高 5-1 遊学館高 [星]松本秀太(37分)、敷田唯2(55、63分)、肥田稜平(69分)、高岸憲伸(87分) [遊]佐野滉太(89分) [富山一高校] [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:星稜高(石川)

ゲキサカ / 2015年12月29日12時14分

今回の予選でもチームトップの8得点をマークしたストライカー ■過去の全国大会成績 【14年度(優勝)】 2回戦 0-0(PK5-3)鹿児島城西高(鹿児島) 3回戦 2-1米子北高(鳥取) 準々決勝 1-0 履正社高(大阪) 準決勝 3-0 日大藤沢高(神奈川) 決勝 4-2(延長)前橋育英高(群馬) 【13年度(準優勝)】 2回戦 5-0 一条高(奈良) [全文を読む]

[国体少年男子]鵬学園のMF千葉東2発!!石川県が静岡県撃破!

ゲキサカ / 2015年09月29日10時23分

13分、中盤でボールを奪うと、MF千葉東泰共(鵬学園高2年)からMF敷田唯(星稜高1年)へつなぎ、最後は敷田のラストパスを千葉東が1タッチでゴールへ沈めた。 石川はさらに25分にもFW堀田佳佑(金沢U-18、2年)からのパスを受けた千葉東が右足シュートを決めて2-0。静岡を破って8強入りを果たした。 [写真]石川は千葉東(左)の2得点の活躍で8強入り。(写 [全文を読む]

[プリンスリーグ北信越]星稜が4発首位キープ:第5節

ゲキサカ / 2015年05月03日00時36分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ北信越 【第5節】(4月29日) [新潟明訓高G] アルビレックス新潟U-18 3-1 新潟明訓高 [U]斉藤宏太2(26、65分)、堀航輝(42分) [明]高橋怜大(23分) [帝京長岡高G] 帝京長岡高 2-0 創造学園高 [帝]高橋響2(5、19分) [新潟明訓高G] 北越高 0-4 星稜高 [星 [全文を読む]

フォーカス