塩田真のニュース

カスペルスキーと静岡大学の共同プロジェクト「ジュニアスマホ検定」および「情報モラル診断サービス」の2017年度版を無償で提供開始

PR TIMES / 2017年06月06日13時00分

このような環境下での情報モラル教育の充実を目的とし、カスペルスキーのインターネットセキュリティ分野の知見と、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性をもとに2015年より両サービスを共同で開発・展開しています。カスペルスキーと静岡大学はサービスの提供を通して、家庭と学校との両面からインターネットを利用する子どもたちへの教育を支援していきま [全文を読む]

LINE「無料出張授業」に依頼が殺到する理由 超リアルな情報教育は、ここまでこだわる

東洋経済オンライン / 2016年12月31日08時00分

教育工学や授業デザインを専門とし、この授業を監修している静岡大学の塩田真吾准教授はそう語る。■授業数は年間2000回!国内に6400万人の月間利用者数を有するコミュニケーションアプリ・LINE(2016年9月末時点)。家族、友人、職場の同僚間など、あらゆる場面の連絡手段として日常的に使う人が増える中、会話のグループから排除される「LINEいじめ」や、過剰な [全文を読む]

LINE、ネット上のコミュニケーショントラブル根絶に向けた情報モラル教育教材「リスクの見積り」編を本日より配布

PR TIMES / 2016年12月07日18時44分

■教材申込み窓口 https://linecorp.com/inquiry/textbook/form.html[画像1: http://prtimes.jp/i/1594/596/resize/d1594-596-271321-1.jpg ]LINEでは、2014年4月より、ネット上のコミュニケーショントラブル根絶に向け、教育工学や授業デザインを専門とす [全文を読む]

カスペルスキーと静岡大学が共同開発、小中学生と保護者向け「ジュニアスマホ検定」の無償提供開始

PR TIMES / 2015年06月23日15時33分

当サービスは、カスペルスキーのインターネットセキュリティ分野の知見と、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性をもとに開発されています。両者は、2015年5月19日に全国の小中学校を対象とした「情報モラル診断サービス」の無償提供を開始しており、「ジュニアスマホ検定」と合わせて、学校教育の現場と家庭教育の両面からインターネットを利用する子ど [全文を読む]

カスペルスキーと静岡大学が共同開発、小中学校教員向け「情報モラル診断サービス」の無償提供開始

PR TIMES / 2015年05月19日13時20分

そこで、小中学校における情報モラル教育のさらなる充実を目的とし、カスペルスキーのセキュリティ対策に関する専門性と、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性をもとに当サービスを開発しました。(※)カスペルスキーと静岡大学は、学校教育の現場で児童・生徒のインターネット利用状況を把握し、教員の適切な指導をサポートするための研究・開発を継続してい [全文を読む]

フォーカス