吉川壽一のニュース

W media、世界遺産プロデュース第2弾!世界遺産“天龍寺”×SYOING ARTIST吉川壽一25メートルの一文字龍を描くライブペインティングイベント

PR TIMES / 2016年11月07日12時47分

『夢開眼・金龍昇天の明日(ゆめかいげん・きんりゅうしょうてんのあかるいひ)』開催東京ガールズコレクションを企画/制作する株式会社 W media(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村上範義)は、臨済宗天龍寺派大本山“天龍寺” 曹源池庭園にて、SYOING ARTIST吉川壽一氏による25メートルの一文字龍を描くライブペインティングイベント『夢開眼・金龍昇天の [全文を読む]

伊勢丹メンズ、新年はバガボンドの題字を手掛ける書家らの作品を各階で披露

FASHION HEADLINE / 2016年01月04日12時00分

同館3階では5日まで柿沼康ニの個展「ONE」が、同館8階では12日まで吉川壽一の「伸展」を披露する。 同館1階入口正面には、マンガ『バガボンド』やNHK大河ドラマ『武蔵』『龍馬』の題字などを揮毫する書家・吉川壽一の筆による「伸展」の文字が大きく掲げられる。このテーマは「伸」の文字が“にんべん”と2016年の干支である「申」からなることから「本年のお客さまに [全文を読む]

稲田防衛大臣の悪筆で見くびった? ヒラメ官僚激増の原因とは…

週プレNEWS / 2017年06月06日06時00分

「人気マンガ『バガボンド』の題字も手がけた書家、吉川壽一(じゅいち)氏の指導を受けて書いた看板なのですが、稲田大臣は本人も認める悪筆。はっきり言って小学生よりヘタ。そのあまりのトホホぶりに、『こんな貧相な看板をぶら下げる組織に、大した仕事なんてできるはずがない』と、官僚たちがすっかり見くびってしまったんです」 あのヘタな文字は官界の抵抗を封じる朋チンの深 [全文を読む]

“刀剣乱舞2.5D(2.5次元)カフェ” 期間限定OPEN決定!

PR TIMES / 2016年11月24日18時26分

舞台×ミュージカルの初!コラボレーション! ~【カフェ】+【物販】+【体験】の新形態スポット~ -書家 吉川壽一氏による、刀剣乱舞2.5Dカフェ ロゴ [画像: http://prtimes.jp/i/16719/120/resize/d16719-120-221756-0.jpg ] 12月9日(金)より「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とする2.5次元 [全文を読む]

日本初のチャレンジ!NAKEDと日本航空で旅客機「ボーイング767-300型機」にプロジェクションマッピング!

PR TIMES / 2016年07月05日13時30分

また、日本の伝統文化として今回は「書」を題材にし、クリエイター/アーティストであり、クリエイティブカンパニーNAKED代表村松亮太郎と書家吉川壽一氏のコラボレーションが実現。吉川氏の描く力強い文字が動きだし、そこから拡がるスポーツの持ち得る躍動感や臨場感を、ネイキッドの持つクリエイティビティで表現しました。その表現方法として今回は、飛行機の「形」を空間的に [全文を読む]

フォーカス