保坂祐二のニュース

韓国、米国の犠牲になることを決断で中国から報復も…韓国人が見抜いた「ニセ保守」の正体

Business Journal / 2017年06月09日06時00分

6月8日付記事『韓国「反日」新政権、日本と強固な友好関係構築へ…北朝鮮による核攻撃はあり得ない』では、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権をめぐる従軍慰安婦問題の「日韓合意」や高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)配備の是非について、韓国・世宗大学教養学部教授の保坂祐二氏の話をお伝えした。 保坂氏は2003年に日本から韓国に帰化した日系韓国人であり、文陣営 [全文を読む]

韓国「反日」新政権、日本と強固な友好関係構築へ…北朝鮮による核攻撃はあり得ない

Business Journal / 2017年06月08日06時00分

実際、文大統領の誕生によって、日韓関係はこれまで以上に冷たい時代に入るのだろうか? そのカギを握る人物の1人とされるのが、韓国・世宗大学教養学部教授の保坂祐二氏だ。保坂氏は2003年に日本から韓国に帰化した日系韓国人であり、文陣営の一翼を担うとともに「文大統領のブレーン」「対日政策のキーマン」ともいわれる。 その保坂氏は、「文大統領が反日というのは誤解」 [全文を読む]

文在寅の支持者に独島問題専門家の“良心的日本人”の存在

NEWSポストセブン / 2017年05月29日16時00分

そして、文在寅の選挙陣営には韓国内で“独島問題の専門家”として知られる保坂祐二氏が加わった。韓国人女性と結婚して韓国に帰化した保坂氏は、「独島は韓国領」と強く主張し、韓国人から“良心的日本人”と人気の人物である。保坂氏が中心となって文在寅の竹島政策を立案し、島の設備強化はもちろん、日本への敵愾心を煽る一大キャンペーンが行われるだろう。 元々国際バランスを [全文を読む]

文在寅候補の「反日ブレーン」は韓国に帰化した日本人

NEWSポストセブン / 2017年05月03日07時00分

保坂祐二氏(61)。世宗大学教養学部教授で、同大学「独島総合研究所」所長を務める、韓国での竹島(独島)研究の第一人者だ。 保坂氏は東京大学工学部を卒業後、1988年に渡韓。東大在籍中に「明成皇后殺害事件(*注)を知ったことで、日韓関係の研究をしようと心に決めた」(著書『独島、1500年の歴史』より)ことが渡韓のきっかけになったという。【*注/日清戦争後、 [全文を読む]

“竹島は韓国領”を証明する日本の地図、韓国外交部が密かに保管中=韓国ネット「保管しているだけでは意味がない」「日本は証拠もないのに…」

Record China / 2017年04月07日13時00分

韓国の代表的な独島専門家である世宗大学の保坂祐二教授は、「大日本沿海輿地全図は10回の実測によって作られたが、5回目の実測からは江戸幕府が支援していた国家事業だった」とし、「当時、伊能忠敬は10回の実測を行う過程で独島を訪問しなかった。これは、独島が日本の領土でないことを示す直接的な証拠」と主張した。ペク・チュンヒョン教授は1961年にソウル大学法学部を卒 [全文を読む]

フォーカス