築地のニュース

【さよなら築地市場】もうこの冬しか食べられない!?築地場内の冬期限定メニュー 6選

GOTRIP! / 2015年12月18日02時00分

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、必然的においしいお店がたくさん存在しています。 しかしご存知の通り、築地場内は2016年11月に移転が決定しており、現在の築地場内のお店はあと1年以内になくなってしまいます。 つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできなくなってしまうため、築地[全文を読む]

【完全保存版】さようなら築地。築地市場が移転するまでに絶対に食べておきたい本当に美味しい築地場内グルメ 20選

GOTRIP! / 2015年12月27日15時00分

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、必然的においしいお店がたくさん存在しています。 しかしご存知の通り、築地場内は2016年11月に移転が決定しており、現在の築地場内のお店はあと1年以内になくなってしまいます。 つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできなくなってしまうため、築地[全文を読む]

移転前に味わっておきたい!料理人も太鼓判押す「築地市場内の美味処」5選

サライ.jp / 2016年12月05日11時30分

築地市場には、市場で働く人や買い出しに来る人の“胃袋”を支えている料理店が多くあります。食材を見る目があり、舌も肥えている築地で働く人たちが日頃訪れるだけあって、その味は折り紙付きです。 しかし、そんな美味も、豊洲移転に伴って、もう味わえなくなってしまうかもしれません。 そこで今回は、『サライ』本誌2015年12月号の記事から、築地場内の美味処、それも食を [全文を読む]

破竹の勢い小池知事 豊洲劇場が最大のリスクになるか

NEWSポストセブン / 2017年03月20日07時00分

発端は2月28日、築地市場の敷地の「土地利用の履歴等調査届出書」を東京都が公表したことだった。都政記者が語る。 「臨海部と都心を結ぶ環状2号線の工事にあたる都の建設局が、ルート上で工事対象になる築地の土地の歴史について調べたものです。これによると築地は戦後の10年間、進駐軍に接収された。洗濯工場が建てられ『ソンベルト』と呼ばれる有機溶剤が大量に使われたよう [全文を読む]

築地場外に「築地牡蠣センター カキ小屋」が4月2日に新規オープン!

@Press / 2014年03月28日10時30分

2014年4月2日に東京都の築地場外にカキ専門店「築地牡蠣センター カキ小屋」(所在地:東京都中央区築地、店長:田村 直樹)がオープンいたします。 「築地牡蠣センター カキ小屋」 http://minato-kakigoya.com/ 「築地牡蠣センター カキ小屋」では、産地から直接カキを買い付けるため、新鮮でぷりぷりしており、殻に目一杯詰まった身は潮の香 [全文を読む]

【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】築地市場内で唯一の江戸前てんぷら店「天房(てんふさ)」の天丼

GOTRIP! / 2015年09月08日02時21分

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外は築地で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。 しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況な [全文を読む]

【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】センリ軒のクリームシチュー

GOTRIP! / 2015年02月13日06時37分

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外は築地で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。 しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況な [全文を読む]

『おとなの週末』12月号は本日発売|特集は「築地」!

PR TIMES / 2014年11月15日10時39分

移転目前!築地完全覆面調査!! スタッフが覆面取材で見つけた本当に美味しい店だけを掲載している月刊情報誌「おとなの週末」。11月15日発売の12月号は、移転目前の築地を完全覆面調査。本誌スタッフが1ヶ月以上通い、美味しい店が林立する場内、場外は寿司・食堂・海鮮丼の3部門からランキング形式でお届けします。 さらに、場外の食べ歩きやお土産に最適なグルメを厳選し [全文を読む]

新書体、絵本や詩に合うフォント「つきじへいた」発売。

PR TIMES / 2017年05月30日09時00分

明治初期から活版を牽引してきた「築地書体」の骨格をヒントに、ミニマルでかわいらしい文字を作りました。絵本や詩に合う「つきじへいた」を使ってみませんか?新書体「つきじへいた」発売[画像1: https://prtimes.jp/i/14928/10/resize/d14928-10-164201-14.jpg ]絵本や詩にあったもじができました。「築地書体を [全文を読む]

<予約受付中>築地歴史探索ウォーキング企画 第1弾 「築地・明石町」 ~築地再発見!歴史散歩&ランチ~を開催 2012年7月4日(水) 東京新阪急ホテル築地 日本料理「明石」

PR TIMES / 2012年06月22日14時21分

東京ベイエリアのシティホテル・東京新阪急ホテル築地(東京都中央区明石町8番 聖路加ガーデン総支配人 松尾 尚之)では、32階日本料理「明石」において、ランチをお召し上がりいただいた後、ベテランガイドと共に約1時間30分築地散策をする企画を開催いたします。第1弾では、ホテル周辺の築地・明石町を散策いたします。 ご提供するランチは、日本料理「明石」にて地上12 [全文を読む]

『寿司ダネ図鑑』を片手に、最後の築地市場に行こう。

PR TIMES / 2016年05月24日17時06分

『ワイド版 築地魚河岸 寿司ダネ図鑑』5月23日発売 この度、世界文化社より『ワイド版 築地魚河岸 寿司ダネ図鑑』を5月23日に刊行いたしました。 [画像1: http://prtimes.jp/i/9728/163/resize/d9728-163-629040-3.jpg ] 2016年11月に豊洲へ移転することが決定し、今ますます注目を集める築地市場 [全文を読む]

築地とともに歴史を歩む喫茶店。築地の移転前に場内市場「愛養」のミルクセーキを味わおう

GOTRIP! / 2016年04月14日02時00分

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、必然的においしいお店がたくさん存在しています。 しかしご存知の通り、築地場内は今年11月に移転が決定しており、現在の築地場内のお店はあと1年以内になくなってしまいます。 つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできなくなってしまうため、築地場内はま [全文を読む]

三芳PAで“築地の秋味”を楽しむイベント開催中

Walkerplus / 2015年10月19日15時34分

秋の移ろいを感じる今日この頃、関越自動車道・三芳パーキングエリア(PA)上り線の催事場「アトリウム」では、10月29日(木)まで「秋の築地まつり」が開催中だ。 築地の老舗が集まる同イベント。多彩な”築地の味”がそろうということで、毎回好評を博している。今回出店するのは、築地紀文(おでんやさつま揚げ)、北食(イカ塩辛などイカ料理)、松露(玉子焼き)、魚がし北 [全文を読む]

【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】場内で最も穴場的存在のお寿司屋「磯寿司(いそずし)」

GOTRIP! / 2015年10月06日02時18分

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。 しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況なのだ。 [全文を読む]

【海老特化スープがうまい】変わりゆく東京の台所・築地に「魚介ラーメンの進化形」を追う!

しらべぇ / 2015年02月21日12時00分

東京、築地は、言わずと知れた「江戸の台所」である。水産物市場を中心として、鰹節や海苔といった加工食品や、玉子焼きや佃煮などの江戸の味、調理道具までを購入することができる。 また、築地は素材だけでなく、グルメスポットとしてもレベルが高い。仕入れに集う料理の専門家たちの舌を満足させる味が求められるのだから、当然だ。新鮮な魚介類を基本とし、寿司や洋食、煮込みなど [全文を読む]

「築地牡蠣センター カキ小屋」が7月8日より夜の居酒屋営業を開始

@Press / 2014年07月09日09時30分

世界の台所「築地」にあるカキ専門店「築地牡蠣センター カキ小屋」(所在地:東京都中央区築地、店長:田村 直樹)は、2014年7月8日から夜の居酒屋営業を開始致しました。http://minato-kakigoya.com/「築地牡蠣センター カキ小屋」は、「海の恵み」、「笑顔」と「元気」「おもてなし」を満喫していただける新名所となるべく、2014年4月にオ [全文を読む]

築地場外市場をデジタルコミュニケーションで地域活性!デジタルハリウッドの学生がインタラクティブコンテンツを制作&お祭りを開催 『どっと祭りProduced by DCA』

PR TIMES / 2012年09月19日15時03分

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]は、「特定非営利活動法人築地食のまちづくり協議会」ご協力のもと、日本を代表する民間市場である“築地場外市場”の未来を創る、産学連携プロジェクトを始動しました。 近年多くの観光客が来場しており、賑わいを見せる築地場外市場を『デジタル』そして『デザイン』を用いて来場者に魅力を伝え、更なる活性 [全文を読む]

ご好評につき!築地歴史探索ウォーキング企画 第2弾 ~築地再発見!歴史散歩&ランチ~を開催 1.2012年9月26日(水)・2.10月31日(水) 東京新阪急ホテル築地 日本料理「明石」にて

PR TIMES / 2012年08月10日13時32分

東京ベイエリアのシティホテル・東京新阪急ホテル築地(東京都中央区明石町8番 聖路加ガーデン 総支配人 松尾 尚之)では、32階日本料理「明石」にて、ランチをお召し上がりいただいた後、ベテランガイドと共にホテル周辺の築地・明石町を散策する企画の第2弾を開催いたします。 ご提供するランチは、日本料理「明石」にて散策プラン特製松花堂弁当を地上120mからの美景と [全文を読む]

移転費用捻出できぬ店舗も...! 築地で働きながら撮影を続ける写真家が語る【築地移転問題】

tocana / 2015年06月21日13時00分

現在、ギャラリーふげん社にて「築地0景」開催中の写真家・新納翔氏は、1年間築地で働きながら(現在も継続中)失われてしまう景観を撮影し続けている。かつて7年間ドヤ街・山谷を撮り続けた彼が新たに見つけた「築地」という拠点。果たしてそこで何を見て、何を思ったのか――? 写真を見ながら、話を聞いていこう。【画像多数→http://tocana.jp/2015/06 [全文を読む]

築地市場マグロ初セリに「築地すし好」初参戦!!マグロ解体ショーも実施予定!

PR TIMES / 2014年12月19日12時39分

株式会社築地すし好(本社:東京都中央区、代表取締役社長 成田仁孝 )は、新年1月5日新春恒例の築地市場マグロの初セリに、築地NO1の鮪問屋「やま幸」と共に初参戦します。 「価格ではない『本物の一番鮪』を仕入れます。今が旬、食通が唸る最高級の大間のマグロが、順当に水揚げ出来れば仕入れる予定です。」(代表 成田仁孝) 当日セリおとした生本マグロは、今月12月1 [全文を読む]

フォーカス