会津のニュース

株式会社会津ラボ、会津若松市公認フィギュア・キャラクター『会津侍・若松っつん』LINEスタンプ提供開始!

DreamNews / 2015年06月08日17時30分

日本エンタープライズ株式会社の子会社、株式会社会津ラボは、福島県会津若松市・公認フィギュア・キャラクター『会津侍・若松っつん』のスタンプを、無料通話・無料メールアプリ「LINE」にて、平成27年6月8日より販売開始いたします。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)の子会社、株式会社会津ラボ(以下会津ラボ、本社:福島県 [全文を読む]

ネットの話を深掘り!会津が生んだ名品「デブが踏んでも壊れない」ティッシュ箱

おたくま経済新聞 / 2017年04月26日16時00分

」 こう笑いながら話すのは、福島県会津若松市で紙器業を営む『桐屋紙器』の9代目当主・諏佐淳一郎さん。諏佐さん自ら冗談めかして投稿した内容が、たまたま筆者のSNSタイムラインに流れてきました。見ると「デブが踏んでも壊れない」というイメージとは大分異なり、凜とした美しさの光る繊細なティッシュボックス。 キャッチフレーズとその美しさがあまりにミスマッチに感じ…… [全文を読む]

米Greenpower Capital, 南会津太陽光発電所プロジェクトの起工式を開催

DreamNews / 2015年05月29日14時30分

日本における太陽光発電所のデベッロッパーであり投資家でもある、Greenpower Capital, LLC(GPC)(本社:米国カリフォルニア州, CEO, Dick Talbert、日本支社:東京都千代田区)は、福島県南会津町大久保の南会津町町有地における、太陽光発電所プロジェクトの起工式を本年5月27日(水)に実施しました。> 2015年5月29 日 [全文を読む]

【株式会社会津ラボ】「ブロックチェーンを活用した電力取引サービス」等の商用化に向けた共同実証を開始~世界が注目する「Hyperledger Iroha」のユースケース・パートナーに参画~

DreamNews / 2017年05月31日18時00分

日本エンタープライズ株式会社の子会社、株式会社会津ラボは、平成29年5月31日、ブロックチェーンのスタートアップ企業であるソラミツ株式会社がオープンソースとして公開するブロックチェーン基盤「Hyperledger Iroha(以下「いろは」)」の電力領域におけるユースケース・パートナーとなり、ブロックチェーン技術を活用した様々な電力サービスの検討を開始しま [全文を読む]

【株式会社会津ラボ】有線ドローン、風力発電設備点検での実用化へ向け、鈴与マタイ株式会社と実証実験を開始!

DreamNews / 2017年01月19日15時30分

日本エンタープライズ株式会社の子会社、株式会社会津ラボと、環境エネルギー事業を行う鈴与マタイ株式会社は、風力発電設備点検での有線ドローン実用化を目指して、平成28年12月中旬、実証実験を開始いたしました。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)の子会社、株式会社会津ラボ(本社:福島県会津若松市、代表取締役社長:久田雅之 [全文を読む]

トーハン 文具・雑貨の大型売場「nota nova(ノータ・ノーヴァ)」 2号店、3号店を福島岩瀬書店に連続オープン

DreamNews / 2014年09月19日15時00分

株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、文房具と雑貨の大型売場「nota nova(ノータ・ノーヴァ)」を9月13日の岩瀬書店会津若松駅前店(福島県会津若松市)、9月27日の岩瀬書店八木田店(福島県福島市)のリニューアルオープンに合わせてそれぞれ導入します。株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、文房具と雑貨の大型売場「no [全文を読む]

【株式会社会津ラボ】IoTにおける「モノ」と「ヒト」のコミュニケーションツール、「モノ」の感情を可視化する『mononome』を開発!~「InduSTORY~私たちの時代のモノづくり展~」へ出展~

DreamNews / 2017年02月17日16時30分

日本エンタープライズ株式会社の子会社、株式会社会津ラボは、IoTにおける「モノ」と「ヒト」のコミュニケーションツール、『mononome(もののめ)』の「冷蔵庫~HEMS連動版」・「薬箱~服用サポート版」をそれぞれ開発し、平成29年2月9日から平成29年5月7日までの期間、企画展「InduSTORY~私たちの時代のモノづくり展~」へ出展いたします。 日本エ [全文を読む]

【株式会社会津ラボ】~「ふくしま産業賞」の『特別賞』受賞~電力を手軽に見える化!「コンセント型スマートメーター」発表

DreamNews / 2017年02月06日18時00分

日本エンタープライズ株式会社の子会社、株式会社会津ラボは、使用電力を見える化し節電を促す「コンセント型スマートメーター」の開発において、平成29年2月4日、「ふくしま経済・産業・ものづくり賞」・『特別賞』を受賞いたしました。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)の子会社、株式会社会津ラボ(本社:福島県会津若松市、代表 [全文を読む]

捕虜のドイツ兵たちを感涙させた徳島県「板東俘虜収容所」の奇跡

まぐまぐニュース! / 2017年03月09日04時30分

「いつまでたっても、会津会津だな」という侮辱 「彼らも、祖国のために戦ったのです」 陸軍省からの呼び出しで、松江は東京に赴いた。そこでは俘虜情報局の将校たちが待ちかまえていた。局長の多田少将が、苛立ったような声をあげた。 君は捕虜たちからの評判もいいようだが、甘やかせば評判のいいのは当たり前でね。あとで必ずしっぺ返しを食う。陸軍省からの通達だ。板東収容 [全文を読む]

麓山高原豚ロース肉を使用!会津名物のソースカツ丼

Walkerplus / 2015年09月22日09時00分

福島県会津地方の名物料理に“ソースカツ丼”がある。会津ではソース味のカツ丼が定番で、戦後、地元の洋食店のメニューとして生まれたとされている。 “会津の玄関口”である磐梯自動車道・磐梯山サービスエリア(SA)下り線のフードコート会津っこでは、「喜多方らーめん」や「会津そば」などのご当地メニューとともに、「会津ソースカツ丼」(1000円)が味わえる。 このカツ [全文を読む]

「fukushimaさくらプロジェクト」イベント内で数量限定・特別価格で日本酒を使った『会津ほまれ化粧水』の即売会を3月19日~22日に実施

@Press / 2015年02月24日11時00分

日本ゼトック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:牧田裕樹、以下 当社)は、3月19日~22日に「fukushimaさくらプロジェクト」が主催するイベント【鶴ヶ城プロジェクトマッピングはるか2015】内で「会津ほまれ化粧水」の発売を記念し、数量限定・特別価格での即売会を行います。 「会津ほまれ化粧水」は、福島県の蔵元で清酒「会津ほまれ」醸造元のほま [全文を読む]

健康科学メーカ―日本ゼトックが、ほまれ酒造と業務提携酒蔵の女将が開発した秘伝の化粧水「会津ほまれ化粧水」を販売開始 ~日本酒の持つ優れた“保湿力”に着目~

@Press / 2015年02月19日11時00分

日本ゼトック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:牧田 裕樹、以下 当社)は、東日本大震災の復興応援として、福島県の蔵元で清酒「会津ほまれ」醸造元のほまれ酒造株式会社(本社:福島県喜多方市、代表取締役社長:唐橋 裕幸、以下 会津ほまれ)と業務提携をしました。 当社と会津ほまれは共同で、原料に「会津ほまれ」の純米酒を使用し、酒蔵の女将の秘伝のレシピを [全文を読む]

会津弁完璧、綾瀬はるか ご飯を食べたら「はらくっちなし」

NEWSポストセブン / 2013年01月10日16時00分

NHKの新大河ドラマ『八重の桜』の舞台は、江戸末期の会津藩。綾瀬はるか(27才)が演じるヒロインの新島八重は、女性でありながら男装して戊辰戦争の戦線に立った人物だ。綾瀬は、会津を守り抜こうとして命を顧みなかった八重の生き様にすっかり心を奪われた様子。 「綾瀬さんがこの役にかける意気込みは半端ではありません。“八重さんは前に向かって強く生きたんですよね?”な [全文を読む]

福島会津の復興に向け、「『極上の会津』5つの桜を愛でる旅」を期間限定発売

@Press / 2012年02月21日10時30分

福島県会津若松市にある会津バス観光A・T・S株式会社(所在地:福島県会津若松市、代表取締役社長:福田 正)と会津乗合自動車株式会社(所在地:福島県会津若松市、代表取締役社長:福田 正)は、会津の桜が満開になる4月に向けて、企業再生と地域再生成就に向け、旅行企画ツアー「『極上の会津』5つの桜を愛でる旅」を催行します。 *詳細(パンフレット)は、こちらから h [全文を読む]

「ごちクル」とYahoo! JAPAN「復興デパートメント」が共同開発!東北のこだわり食材を使ったお弁当5種販売開始~売上の一部は東北復興支援活動団体への寄付へ~

DreamNews / 2015年11月10日15時00分

弁当宅配&ケータリング総合モール「ごちクル」を運営するスターフェスティバル株式会社と、東北復興支援を目的としたECモール「復興デパートメント」を運営するヤフー株式会社は、本日お弁当の売上の一部が東北復興支援への寄付になるお弁当店舗「三陸ごちそう玉手箱~復興デパートメント~」をオープンし、東北3県のこだわり食材“金華サバ”“会津地鶏”“岩中豚”などをふんだん [全文を読む]

「只見線は吹雪に限る」。会津若松と新潟を結ぶローカル線

ITライフハック / 2015年09月13日13時00分

JR只見線は福島県の会津若松駅から、新潟県の小出駅まで135.2キロを結ぶローカル線です。豪雪地帯を通ることからか、ファンも多い路線です。全線非電化区間のローカル線のため、キハ40形というディーゼルカーによって運行されています。夏期および紅葉シーズンには会津若松-只見間で「SL会津只見号」が運転されたりと、ローカル線としては力の入っている路線でもあります。 [全文を読む]

3・11に福島で脱原発を咆吼、衰えぬ小泉節。元首相を駆り立てた地元民の力

週プレNEWS / 2015年03月13日22時40分

元首相の講演ということで、ミーハー気分での参加者も少なくなかったと思うが、多くは主催団体である地元の民間電力会社「会津電力」の掲げる目標ー再生可能エネルギーで10年後には県内の電力100%自給ーに賛同した人々が集まっていた。加えて、やはり元首相である細川護熙氏とともに一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を立ち上げ、脱原発を公に掲げて活動を始めた小泉元首 [全文を読む]

東日本大震災による風評被害支援活動“Eat for Nippon”開催 「長谷川理恵さんと行く福島支援バスツアー2014」の様子を You Tubeにて配信開始

DreamNews / 2014年12月25日14時00分

今回その活動の一環として、一般の参加者とともに福島県会津へと赴き、「被災地の農産物がどうなっているのか」「放射線事故による対策方法」などを正しく理解してもらうためのツアーを2014年10月12日(日)に実施。今回は特に「米」に関する施設を見学いたしました。 このツアーには、青果物健康推進協会理事を務めるほか、ベジフルティーチャーとして青果物摂取推進活動を [全文を読む]

『八重の桜』描写 山口・福島県民の怒り温度差にNHKが配慮

NEWSポストセブン / 2013年03月31日16時00分

NHKで大人気の大河ドラマ『八重の桜』は、幕末の会津が舞台となっているが、戊辰戦争で会津に攻め入る長州藩が鬼のごとく描かれているため、山口県民の怒りを買っている。 その一方で、「NHKサイドは山口県には相当気を遣っている」との分析もある。山口県萩市にある萩博物館の一坂太郎・特別学芸員(幕末維新史)がいう。 「吉田松陰役の小栗旬が、ストーリーの必然性と関係な [全文を読む]

福島発! 伝統に「かわいい」がプラスされたピアスって?

マイナビ進学U17 / 2016年07月08日12時02分

会津木綿を使ったピアスやイヤリング、会津漆を用いたヘアアクセサリーなどが好評です。このプロジェクトを進めているのは、普通の女の子が学業や仕事の傍らに"研究員"として活動する「女子の暮らしの研究所」。みんなで、福島の魅力と"フクシマ"の現状を全国に発信しています。■「伝統×かわいい!」で新しい魅力を創出福島県西部、会津地方の伝統工芸品である会津木綿は、厚地で [全文を読む]

フォーカス