歓びのニュース

モエ・エ・シャンドン史上初”MOET PARTY DAY” 世界35ヶ国同時開催イベント/日本人初エアレース・パイロット室屋義秀さんが、スペシャルゲストとして登場!

PR TIMES / 2016年06月15日14時43分

歓びの象徴シャンパンファイトを再現!橋本マナミさん、中村昌也さんも祝福に/【日時】2016年6月11日(土) 16:15~【会場】1967(イチキュウロクナナ)[画像1: http://prtimes.jp/i/6986/143/resize/d6986-143-516970-1.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/6986/14 [全文を読む]

マツダ、「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売累計10万台達成を発表

JCN Newswire / 2014年09月09日17時01分

「走る歓び」と優れた環境性能の両立で、急拡大する国内ディーゼル乗用車市場をけん引Hiroshima, Sept 9, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、「SKYACTIV技術」*1のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売台数が、2012年2月の「マツダ CX-5」導入以降2年7か月で [全文を読む]

三菱自、2013年上海国際モーターショー 出品概要

JCN Newswire / 2013年04月15日16時50分

』をテーマに、地球環境に配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供する」という想いをコミュニケーションワード「Drive @earth」に込め、“環境への貢献”、“走る歓び”、“確かな安心”を追求したクルマづくりを推進してきました。 「@earth TECHNOLOGY」とは、電動車両技術、及び燃費向上技術などの“環境への貢献”、三菱自動 [全文を読む]

【ビデオ&フォト】マツダ、魂動デザインとSKYACTIVを全面採用した新型「アテンザ」を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年08月29日13時40分

「新型Mazda6の開発にあたり、マツダ独自の価値である『走る歓び』を追求し、人がクルマと接する全てのタッチポイントであたかもクルマが自分の体の一部であるかのように操れる『意のままに軽快に操る歓び』を徹底的に造り込みました。見るだけで走りへの期待が高まるデザイン、意のままに軽快に操る歓びがさらに深まる上質な造り込み、運転の楽しさや快適性をサポートするさま [全文を読む]

<イベントレポート>シャンパーニュ クリュッグによる一夜限りのイベント Krug Studio ~Ultimate Musical Journey~

PR TIMES / 2015年11月30日12時57分

歓びこそがシャンパーニュの本質であるとするクリュッグが、最高の歓びを愉しむための特別なイベント「Krug Studio-Ultimate Musical Journey-」を2015年11月20日(金)に開催いたしました。イベントには、クリュッグが考える最高の歓びを共に表現するアンバサダーとして、世界的なジャズ・ピアニストのジャッキー・テラソン氏と、8年連 [全文を読む]

Krug Studio ~Ultimate Musical Journey~

PR TIMES / 2015年10月23日18時13分

歓びこそがシャンパーニュの本質であるとするクリュックが、11月20日(金)に、 「KRUG STUDIO-Ultimate Musical Journey-」と題した最高の歓びを愉しむための特別なイベントを開催します。[画像: http://prtimes.jp/i/6986/90/resize/d6986-90-365637-3.jpg ]クリュッグが考 [全文を読む]

マツダ、新型「マツダ ロードスター」を発売

JCN Newswire / 2015年05月20日16時38分

コンセプトは、「人生を楽しもう-Joy of the Moment, Joy of Life-」Hiroshima, Japan, May 20, 2015 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下マツダ)は、マツダブランドの提供価値である「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目となる新型『マツダ ロードスター』を、全国のマツダ系、マツ [全文を読む]

雪道だって歓びに! 今年の冬は最新BMWの「xDrive」を体感しよう。【雪上試乗会】

IGNITE / 2014年12月16日08時40分

そんなウインタースポーツ大好き人間のアナタ、今シーズンはさらに欲張って、“走る歓び”も味わってみてはいかがでしょう?日本有数のスノーパラダイス、苗場スキー場と白馬・八方尾根スキー場では、12月下旬から「BMW xDrive雪上特別試乗会」が開催されます。スキー&スノーボードウェアのまま、気軽に立ち寄ってみたい冬のホットスポットの出現です!実際に乗れるBMW [全文を読む]

三菱自、2013年ジュネーブモーターショー出品概要を発表

JCN Newswire / 2013年03月05日17時24分

』をテーマに、地球環境に配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供する」という想いをコミュニケーションワード「Drive @earth」に込め、“環境への貢献”、“走る歓び”、“確かな安心”を追求したクルマづくりを推進してきました。 「 @earth TECHNOLOGY」とは、電動車両技術(電気自動車[EV]、プラグインハイブリッド車[ [全文を読む]

BMWのオススメ最新車種3台!【2017年版】

clicccar / 2017年03月09日19時33分

「駆け抜ける歓び」をキャッチフレーズとして掲げるように、BMWは走りの気持ち良さが持ち味のブランドです。 ただ昨今のクルマは実用性や自動運転などへの注目が高くなっており、BMWが掲げるキャッチフレーズは若干方向性が違うような…と思っている方もいるかもしれません。 しかし、BMWはそれらのトレンドを巧みに織り込んだ上で「駆け抜ける歓び」を演出するモデルを開発 [全文を読む]

マツダ、新型「マツダ ロードスター」が「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞

JCN Newswire / 2016年03月25日12時25分

会社の代表として賞をいただきに参りましたが、同時に従業員、そしてセールスパートナーや純粋なオープンスポーツカーを運転して走る歓びを感じた世界中のお客様一人一人をも代表して今回の賞を頂戴いたします。私たちのクルマは広告で使っている『Driving Matters*1』を体現しています」また、前田 育男(まえだ いくお)執行役員、デザイン本部長は、「今回の受賞 [全文を読む]

恋愛もシェアの時代? 女性たちを騒然とさせた新しい複数性愛の形とは

週プレNEWS / 2015年12月19日15時00分

つまり、誰かを愛するということは歓びや苦しみを分かち合うことであり、それゆえ、愛している人の歓びは、たとえそれが他の人との関係で生じたものでも自分の歓びである、ということです。 ―現状、日本では女性のほうがよりポリアモリーに関心が高いような印象があるのですが、今後、ポリアモリストは女性を中心に増えていく? 深海 確かに現在、日本においてポリアモリーは女性誌 [全文を読む]

TASAKI、12月1日(火)よりブライダルをテーマとした新ショートムービー「PIACERE」公開

PR TIMES / 2015年12月01日16時27分

不思議な鏡の世界に迷い込んだ ヒロインが運命の人に出会う、その歓びの瞬間を幻想的かつ洗練された美しさで描き出しています。ふたりの愛と歓びの瞬間を象徴するのは、TASAKIを代表するエンゲージメントリングのひとつであり、「歓び」を表す名を 持つ「ピアチェーレ(PIACERE)」。その映像美を、ランウェイ ミュージックの巨匠、フレデリック・サンチェスによるサウ [全文を読む]

【KIHACHI】シャンパン8 本分マチュザレムサイズやビンテージなど5 種のシャンパンが揃う「歓びを味わうシャンパンG.H.MummとKIHACHIのコラボレーションChampagne Night」

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

12 月8 日(火)、9 日(水)に、キハチ 青山本店で二夜限定でシャンパンイベントを開催株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森正督)が運営するキハチでは、12 月8 日(火)、9 日(水)に、プレクリスマスにもお勧めの「歓びを味わうシャンパンG.H.Mumm とKIHACHI のコラボレーションChampagne Night 」を [全文を読む]

【東京モーターショー2015】マツダ プレスカンファレンス ビデオ付き

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年10月28日10時45分

マツダのビジョンを象徴するコンセプトモデル「Mazda RX-VISION」を世界初公開 ■今年のショーのテーマは「走る歓びの未来を切り拓く」 代表取締役社長 兼 CEO 小飼 雅道 氏 「様々な課題に挑戦しながら『走る歓び』を追求したクルマ造りを行ってきました。このようなクルマに対する情熱と挑戦心をもってこれからもマツダらしい『走る歓び』をお客様にお届け [全文を読む]

三菱自、2015年上海国際モーターショー出品概要

JCN Newswire / 2015年04月13日16時45分

走る歓びをより高い次元へと昇華させました。●基本諸元全長×全幅×全高: 4,490[mm]×1,890[mm]×1,620[mm]ホイールベース: 2,670[mm]乗車定員: 4[名]バッテリー容量: 12[kWh]モーター出力: 120[kW]駆動方式: 2WDCO2排出量: 40g/km以下2.『アウトランダーPHEV Concept-S』『アウトラ [全文を読む]

マツダ新型アテンザがビッグチェンジで欧州ライバル車を凌駕する3つの魅力

clicccar / 2015年03月27日09時01分

マツダの掲げる「走る歓び」はロードスターのようなスポーツカーだけに当てはまりません。コンパクトカーのデミオからフラッグシップモデルであるアテンザまで、新世代モデルは共通の魂動デザインやSKYACTIV技術といった一貫性・継続性をもった開発を行い、マツダの考える独自の価値を体現させることで全てのモデルにおいて「走る歓び」を体感することができます。 マツダのフ [全文を読む]

レクサスLF-SAの価格は? 期待のコンパクトクロスオーバーを占う

clicccar / 2015年03月12日12時05分

しかし、レクサスLF-SAのデザインには、「ドライバーがみずから運転する歓び」 が表現されているといいます。都市型コンパクトといえども、ドライビングマシンというわけです。 デザインスタディモデルということで、具体的な駆動システムなどは明らかとなっていませんが、運転する歓びをデザインキーワードとしているということは、パワーソースは内燃機関ではないかと予想さ [全文を読む]

レクサス初のウルトラコンパクトカー「LEXUS LF-SA」は大胆な4シーター

clicccar / 2015年03月04日14時03分

この「LF-SA」は、日常生活で最新技術による自動化が進む中でも、ドライバー自らが運転する歓びが表現されているそうで、企画からデザイン、モデル制作までフランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が一貫して担当しています。 大胆かつエモーショナルなフォルムは、LEXUSにはなかった「2+2シーターのウルトラコンパクトクラス」で究極のラグジュアリーを具 [全文を読む]

株式会社メディアボーイは、メンズファッション誌、LOADED(ローデッド)VOL.19を2015年2月10日に全国の書店、コンビニエンスストア・一部駅売店にて発売いたしました

DreamNews / 2015年02月12日09時00分

■名門ブランドを知ってこその「クール&セクシー」2015.SPRING OUTER COLLECTIONどこからともなく、春の微風が街に吹く頃、少々薄手のアイテムに着替える歓びもひとしお。 春レザーやブルゾンを中心としたメゾンブランドの新作ライトアウターが続々と到着しました。いつものワードローブを1ランクも2ランク上げてくれる巧みなクリエイション。 じっ [全文を読む]

フォーカス