中年のニュース

獰猛すぎるオバタリアンが少女の服を引きちぎり、半裸に!! 中国地下鉄で「キャットファイト」が多発中

日刊サイゾー / 2015年08月14日16時00分

「あんた、触るんじゃないわよ!」 「あんた殴る気だね!? やってやるわよ!」 <画像はこちら> 黒い服の中年女性は、怒りのあまり白い服を着た若い女性の服を引き裂き、下着が丸見え状態になってしまった。周りにいる乗客は、笑いながら「もうやめろよ」と口にするが、本気で止めようとする者は誰もいない。数分後、この醜態を見かねた別の乗客がようやく2人を引き離した。電 [全文を読む]

草食男子よりも中年男性が若い女性にモテる?中年の半数はウソだと思っている結果に

しらべぇ / 2015年02月23日10時00分

そんな流れもあってか、「中年男性がモテる」という声をよく聞くようになりました。しかしながら、以前働いていた職場の40代の先輩に話を聞いてみると、「そんなのウソだ!」「モテてる中年は芸能人や経営者だけだ!」とモテる説を一蹴。筆者の周りにはモテている中年男性もいるので、世間一般ではどうなのかを20代〜60代の男女計1500名にアンケートしてみました。まずは、 [全文を読む]

最近の40男 「若いですね」とのお世辞を真に受ける傾向あり

NEWSポストセブン / 2015年12月06日07時00分

中年男性のあり方をめぐる議論が盛んだ。最近の40代は若い(子どもっぽい)、アイドルに熱中しているのは中年ばかり、中年の多くは幸せを感じていないのではないかということまで論じられたりする。男性学の視点から男の生き方の見直しをすすめる論客で、『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト・プレス)著者の田中俊之氏に、多くの中年男性が夢見る若い女性との年の差カップルは [全文を読む]

認知症には「中年からの運動」が有効ー米ボストン大学報告

まぐまぐニュース! / 2016年03月01日19時00分

適度な運動が健康作りに役立つとはかねてから言われていますが、米国の調査で、認知症の予防には「中年期の運動」が効果的であると判明したそうです。特に心疾患をもつ人や高血圧の薬を飲んでいる人は、高齢になってから認知症の原因となる脳の老化の進行も早いようで…。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』に詳しく紹介されています。 ボケ防止には [全文を読む]

忘れらんねえよの配信動画シリーズ第三弾は「全力ワイン」!?

okmusic UP's / 2015年02月12日15時00分

忘れらんねえよが、OTOTOY、NEXSUS、ニコ生にて行なう配信動画シリーズ『全力中年』シリーズ第三弾は、『全力ワイン』ということが発表された。 【その他の画像】忘れらんねえよ全力中年シリーズは忘れらんねえよボーカル・ギター柴田隆浩が、ばかのひとつおぼえで中年の身体に鞭を打ち、苦手なことやチャレンジしたいことに挑戦するという企画。本日2月11日に行なわれ [全文を読む]

人生で最もアンハッピーなのは40〜50代。「中年の危機」は本当にあるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月04日02時00分

人生の中で最もアンハッピーなのは、40代、50代? 日本語では “中年の危機”を意味するミッドライフ・クライシス(Midlife-Crisis)。 一言で表すと「中年期の思春期」で、40歳以降に起こる心の危機的状況のことを言います。 具体的にどのような心の動きがあるかというと、「俺の人生これでいいのか?」、「こんな人生が幸せなのか?」など、一般的には人生 [全文を読む]

夏はどっちだ!? “冷た~いアイス”と“熱々こんにゃく田楽”あなたはどっちを食べる?ガツン、とみかん新CM「夏はこっちだ!」篇公開!爽やかな広瀬アリスさんと汗だくの中年のおじさんのミスマッチ

PR TIMES / 2015年06月22日13時20分

真夏の太陽が照りつける暑い夏の日、防波堤に座る広瀬アリスさんと中年のおじさん。その手には、同じカタチの食べ物が握られています。広瀬アリスさんの手には、ひんやり冷たい「ガツン、とみかん」。シャリッという音と共に広瀬アリスさんが一口かじります。その隣に座る、中年のおじさんの手に握られているのは、熱々の「こんにゃく田楽」。滝のように汗をかきながら一口かじろうとし [全文を読む]

ビートたけしの金言集「漫画雑誌“週刊中年マンデイ”発行計画」

アサ芸プラス / 2017年05月22日17時57分

こうしよう、『中年マンデイ』ってのはどうだ!」 と、早々に雑誌名をも決定されたのです。 この日を境に、殿は会うたびにビートたけし責任編集「週刊中年マンデイ」構想を語る日々が始まりました。で、殿が考える中年マンデイの中身とは、ざっとこんな感じです。 ビートたけし原作の漫画がある。読者からの投稿による「街で見かけたカツラ者」といったコーナーが充実している。そし [全文を読む]

中国・長距離列車で女2人が大乱闘! 原因は「相手の足が臭かった」から?

日刊サイゾー / 2015年10月09日19時00分

見ると、目の前に座っている中年女性が靴を脱いでいた。あまりの臭さに我慢できず、張さんは靴を履くよう頼んだのだが、中年女性は聞く耳を持たなかった。 そこで張さんは仕方なくティッシュを丸めて鼻に詰めたのだが、それが中年女性の怒りを買ったようで、いきなり口汚く罵り始めた。侮辱された張さんが自分のクッションを相手に投げつけると、中年女性が予飛びかかってきて、張さん [全文を読む]

中年の1日2杯以上の飲酒は、高血圧や糖尿病よりも脳卒中の危険を高める!

ヘルスプレス / 2015年03月09日08時00分

お酒飲好き人間にはよくある話だが、特に中年層のこうした飲酒習慣は非常に危険らしい。 先ごろ米国心臓協会(AHA)発行の「Stroke」オンライン版に掲載された論文によると、50歳以上で大量飲酒をしていた人は、遺伝や若い頃の生活習慣とは関係なく脳卒中の発症リスクが高くなるという。チェコ・聖アン大学病院国際臨床研究センターのPavla Kadlecova氏らの [全文を読む]

官僚から銀行マンまで…エリート中年ネトウヨが「次世代の党支持」のワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年02月24日07時50分

ネトウヨのほとんどは中年だという声がある。2ちゃんねるが登場し、全盛期を迎えた2000年代初頭に20代、30代前半だった者がそのまま40代を迎えたためというのがその根拠だ。このアラフォー世代ネトウヨといえば、とかく「無職」「引きこもり」「ニート」といった属性が思い浮かぶ。 だが意外にも、これらと対極の位置にあるキャリア公務員、銀行、証券などの金融機関勤務、 [全文を読む]

忘れらんねえよ・柴田隆浩の『全力中年』第二弾はドミノに挑戦!

okmusic UP's / 2015年02月10日12時00分

忘れらんねえよが、OTOTOY、NEXUS、ニコ生にて行なう配信動画シリーズ『全力中年』の第二弾、忘れらんねえよ×NEXSUS『全力ドミノ』の詳細を発表した。 【その他の画像】忘れらんねえよ全力中年シリーズは忘れらんねえよのボーカル・ギター柴田隆浩が、ばかのひとつおぼえで、中年の身体に鞭を打ち、苦手なことやチャレンジしたいことに挑戦するという企画。先週2月 [全文を読む]

こんなになったらもう取り返しがつかない!?そうなる前の「男のダイエットメソッド」3つ

IGNITE / 2014年10月24日07時15分

本格的に中年太りをしてしまう前に、ダイエットをしておきたいと思う男性は多いはずです。 とはいえ、年を重ねれば重ねるほど、痩せにくい体になってしまうものです。 そうこうしている内に中年太りをしてしまって、さらに痩せなくなってしまう悪循環になってしまいます。 では、中年太りをしてしまう前にダイエットをしたいと考えている男性に、ダイエットのポイントを紹介します。 [全文を読む]

鍛えていればアリだけど…「中年のタンクトップ」否定派多数

NewsCafe / 2014年07月23日12時00分

NewsCafeのアリナシコーナーでは「中年のタンクトップ、アリかナシか?」という調査が実施されたらしい。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。【アリ…36.2%】■年齢は関係ない。似合う人は何着ても似合うんだよねぇ。■本人の自由だろ!■はぁ? なら若者は何を着てもいい訳? 阿呆な質問すんな。■失礼な質問だな! 中年でも青年でも好きなの着ろ。■鍛えてい [全文を読む]

マスコミも警察も対応に苦慮する東京・昭島の"局部切断事件"の真相とは──

日刊サイゾー / 2012年01月24日08時00分

同アパートには交際相手とみられる中年女性が頻繁に出入りしており、誰もが"痴情のもつれ"による猟奇殺人と考えた。 ところが、遺体には何者かに襲われ、抵抗したときにできる傷の「防御創」もなければ、遺体周辺に矢口さん以外の足跡もなし......。さらにこのほど、矢口さんの体から覚醒剤の成分が検出され、腕には複数の注射跡も見つかったことから、当局は「覚醒剤で痛覚 [全文を読む]

大麻で脳が若返る? マウス実験で科学的検証

GIZMODO / 2017年06月04日16時24分

しかし中年(12カ月齢)および高齢(18カ月齢)のマウスでは、研究チームのリーダー、ボン大学のAndreas Zimmer氏が「きわめて強力かつ重大な効果」と呼ぶ現象が観察されました。 研究者は大麻の効能の仮説を検証するために、3世代のマウスにごく微量の大麻を定期的に与えるマイクロドーズ試験を行ないました。1カ月間の投与の後、迷路を走る能力と相互認識能力を [全文を読む]

「昆虫戦士コンチュウジャー2~激突!恐怖の戦士、ネオコンチュウジャー~」上演決定!

PR TIMES / 2017年05月10日12時36分

正義のヒーローの中に…一人だけ中年男性が!? 抱腹絶倒!新感覚ヒーローコメディ待望の続編!2017年8月12日(土)~20日、全労済ホール/スペース・ゼロにて、モト冬樹主演の人気舞台シリーズ「昆虫戦士コンチュウジャー」の続編を上演致します。[画像1: https://prtimes.jp/i/10621/10/resize/d10621-10-729813 [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない! “滑れない結弦(ゆづる)”系男子よ、自分に酔うならまずは周囲を本気の夢で酔わせて!

週プレNEWS / 2015年12月23日10時00分

TV番組でも女性MCに若い男子のアシスタントとか、中年女性ゲストにモデル男子がジュースを運ぶとか、ありますよね。そう、「中年女はかわいい男を好むだろう」という図式ができているんです。 おい、ちょっと見た目がいいからって、私のような中年を見ると目を潤(うる)ませ、「ほうら、僕みたいなイケメン男子に優しくされると濡れちゃうでしょ?」みたいな顔する20代。中年[全文を読む]

40男が信じる男らしさ 「今の時代にマッチせず」と社会学者

NEWSポストセブン / 2015年12月09日07時00分

鬱陶しい、乱暴だ、話が分からなくて長いなど、様々な理由で周囲から遠巻きにされ敬遠される中年男性が少なくない。男性学の視点から男の生き方の見直しをすすめる論客で、『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト・プレス)著者の田中俊之氏に、嫌われない40男になる方法を聞いた。 * * *――若い頃は同じことをしていても、目立たないので嫌われないのでしょうか?田中俊之 [全文を読む]

“スーパー高校生”早実・清宮幸太郎くんに「ハニートラップ」の危機!? 週刊誌記者がファンを装って……

日刊サイゾー / 2015年08月24日21時00分

「試合後の宿泊先に、40~50代の中年女性ファンが殺到している」とスポーツ紙記者。早稲田実業といえば、かつて荒木大輔、ハンカチ王子の斎藤佑樹でもフィーバーが起きたことがあり、おなじみの光景とも思えるが、異様だったのは「週刊誌の女性記者が、ファンに紛れていた」(同)という。 「見たことがある顔がいると思ったら、週刊誌の記者なんですよ。明らかにいつも取材して [全文を読む]

フォーカス