ダウンタウンのニュース

大晦日「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」は「紅白歌合戦」と同じ轍を踏むのか?

メディアゴン / 2015年01月04日01時00分

正式名称を述べておくと、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ・以下「ガキ」と呼称する)という番組の、「笑ってはいけないシリーズ」という一企画である。「笑ってはいけない」だけが独り歩きしており、元はガキであるということがあまり知られていない気がするので、まず注意喚起をしておく。ガキ自体は、日テレで20年以上続くダウンタウンの冠バラエティ番組で [全文を読む]

大物続々投入! 失敗の許されない『水曜日のダウンタウン』!?

メンズサイゾー / 2014年05月08日14時15分

4月23日から始まったダウンタウンの新番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。初回の放送では、いきなりスタジオに乱入したビートたけし(67)が話題になり、「ダウンタウンと23年ぶりの共演」とネットニュースなどでも報じられたが、平均視聴率は7.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と2桁に届かず、お世辞にも好発進とはいえなかった同番組。しかし、確かに視聴率的 [全文を読む]

ダウンタウン『100秒博士アカデミー』打ち切りも、即新番組スタートのTBSに「もう、休ませてあげれば?」の声

日刊サイゾー / 2014年03月05日20時30分

ダウンタウンがMCを務める学術的バラエティ『100秒博士アカデミー』(TBS系/火曜夜10時~)が3月で終了し、水曜夜10時から新たに、ダウンタウンの番組がスタートすることが分かった。 『100秒博士アカデミー』は、視聴率低迷により打ち切りとなった『リンカーン』の後番組として、昨年10月下旬にスタート。あらゆるジャンルの専門家が、持論を100秒で説明し、ダ [全文を読む]

よしもと子会社の新社長も!ダウンタウンのマネージャー人脈がスゴすぎる

アサ芸プラス / 2017年06月17日17時58分

吉本芸人らが所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー(以下よしもとCA)の新社長に、ダウンタウンのマネージャーを務めた藤原寛氏が就任していたことがわかった。6月14日放送のラジオ番組「たまむすび」にて、吉本芸人の博多大吉が明かしたもの。 大吉は中堅芸人らとともに新社長を囲む飲み会に参加し、今後の仕事に関する話し合いをもったという。その藤原氏は昨年の大 [全文を読む]

視聴率1ケタが当たり前のダウンタウン 特番では強さ発揮

NEWSポストセブン / 2014年05月21日11時00分

ダウンタウンが出演する番組が視聴率を取れなくなって久しい。それでも、レギュラー番組は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『ダウンタウンDX』『教訓のススメ』の3本に加え、4月からは『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が始まった。テレビ局関係者が語る。 「ダウンタウンは正念場に差し掛かっている。『水曜日の~』はTBSバラエティ班のエース格のプロデュー [全文を読む]

続々と禁断の共演…『いいとも』終焉で瓦解する芸人界のパワーバランス

メンズサイゾー / 2014年04月27日14時00分

23日にスタートしたダウンタウンの新番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、ビートたけし(67)が、サプライズ乱入し話題を集めている。話題の佐村河内守氏に扮装した格好で突如現れたたけしに、ダウンタウンの2人も驚きをあらわにし、「びっくりしたわ~!」「絶対アカンやん!」と叫ぶと、そそくさとたけしはスタジオを後にした。番組によると23年ぶりだという、たけし [全文を読む]

仕掛けたのはフジテレビ? 『いいとも』最終回で実現した、お笑い界のレジェンド勢ぞろいの舞台裏

日刊サイゾー / 2014年04月10日10時00分

それは午後8時から生放送された『いいとも』のグランドフィナーレで、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナインら、お笑い界のレジェンドが一堂に会したシーンだ。 ネットニュースや週刊誌では、ダウンタウンと爆笑問題、ダウンタウンととんねるずの“不仲説”を引き合いに出し「奇跡の一夜」と評しているが、現場は奇跡という言葉 [全文を読む]

『いいとも』大団円! 豪華すぎるタレントが一夜限りの夢の共演

メンズサイゾー / 2014年04月01日08時00分

そんなさんまとタモリのトークが長時間続くなか、突如登場したのがダウンタウンとウッチャンナンチャン。放送前から出演の見込まれていた2組の登場に、スタジオの芸能人たちも、いち視聴者のような驚きの反応を見せ、さらにスタジオはヒートアップする。しかし、この2組が一緒に登場することは多くの視聴者が予想をしていたことでもあり、「ついに!?」と期待された、とんねるず× [全文を読む]

「1ケタ台連発、菅Pも退社で……」波紋呼ぶ、ダウンタウン浜田雅功“リタイア宣言”の本気度

日刊サイゾー / 2014年01月12日09時00分

7日放送のバラエティ番組『ごぶごぶ』(MBS系)で、ダウンタウンの浜田雅功が“リタイア”をほのめかしたことが話題を呼んでいる。 同番組は、浜田と東野幸治が関西の街を散策しながらトークに花を咲かせるというもの。いってみれば、『モヤモヤさま~ず2』(テレビ東京系)のような番組なのだが、番組内で視聴者から寄せられた「60歳までに成し遂げてみたいことはありますか? [全文を読む]

ココリコ遠藤、主演作初日なのに客席ガラガラ!ダウンタウンに恨み節

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月08日20時16分

出演をほのめかしていたダウンタウンが出演しなかったことをネタにしつつ、「はしごを外された」とぼやいて会場を笑わせた。 この日は、共演者のほんこん、岩尾望(フットボールアワー)、小沢仁志、メガホンをとった藤原健一監督が出席。バスジャック犯だと勘違いされて世間を騒がせたバス添乗員が、今度はツアーの企画でバスジャック犯を演じたことから思わぬトラブルを引き起こすさ [全文を読む]

【テレビの開拓者たち / 西田二郎】未来のテレビに必要なのは“間違える勇気”

ザテレビジョン / 2017年06月21日06時00分

大胆なリニューアルを繰り返し、20年以上を経た現在も新鮮な面白さを届け続けているダウンタウンの代表番組のひとつ『ダウンタウンDX』('93年~日本テレビ系)をはじめ、伝説の“視聴率に挑戦”企画などで知られる「EXテレビ」('90~'94年日本テレビ系)や、母親を背負って思い出の地を巡る“おかんおんぶ”といったヒット企画を生み出した「ガリゲル」('10年~読 [全文を読む]

松本人志さんと南原清隆さんの2ショットにネット民号泣「ごっつ良い笑顔ナンデス」「夢で会いたい!」

ロケットニュース24 / 2017年05月24日12時34分

今や、お笑い界の大御所となったダウンタウン。『ダウンタウンのごっつええ感じ』直撃世代にして大阪出身の私(中澤)にとって、松本人志さんは神と言っても過言ではない。そして、同級生たちのお笑い談義の中でダウンタウンと2大派閥を作っていたのがウッチャンナンチャンだ。 ダウンタウンかウンナンか……当時、この議論はエンドレスに続いたものだが、この度、松本人志さんの T [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】西川貴教、『HEY!HEY!HEY!』生放送で歌をミスったその後。「辛かった。酷い目にあった」

TechinsightJapan / 2015年04月25日17時15分

それから約4か月が過ぎて『ダウンタウンDX』に出演した彼が「あれはダウンタウンのせいだ」と訴えた。 昨年、12月29日に放送された『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 20周年大感謝祭』(フジテレビ系)に生出演した西川貴教が曲の歌い出しをミスってしまい、後に自身のTwitterで土下座して詫びるという事態となった。当時、生放送された“20年間の [全文を読む]

ダウンタウン、ヒロミ...“共演NG“ブチ切れから一転、和解した芸人3組!

tocana / 2015年03月13日09時00分

ダウンタウン・爆笑問題 2014年3月『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(フジテレビ系)内で、ダウンタウン・とんねるず・ウッチャンナンチャン・爆笑問題・ナインティナインという歴代レギュラーの5組がステージに集結し話題となった。 お笑い界のトップに立つこの5組は、これまでほとんど共演は見られなかった(ダウンタウンとウッチャンナンチャンは [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本人志が「視聴率は気にしない」ワケ。そこに“ダウンタウンの哲学”が見えた。

TechinsightJapan / 2014年08月02日19時45分

自分たちの番組の視聴率が「いいわけがない」という松本の発言の裏には、ダウンタウンのある哲学が隠されていた。 『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』内の企画として、7月26日深夜に放送された『27時間ナショー』で、ダウンタウンの松本人志が視聴率について自身の見解を述べた。 新番組が始まった時の視聴率をあまり気にしないという松本は、その理由を「(ダ [全文を読む]

キレやすい!? ダウンタウンも恐れる、明石家さんまの素顔とは?

tocana / 2014年04月09日09時00分

だが、『いいとも』スタッフがダウンタウンと共演させたそうな雰囲気を醸し出していたため、あえてダウンタウンが登場するまで待ったという。 その後も残ったことについては、「俺は、深くは知らないけど、爆笑問題が出てきたときに、『あれ? これダウンタウンと大丈夫か?』って思ったから。口にテープ貼られながら、『何かあったら出てあげなアカン』って思って、ずっと構えてたん [全文を読む]

ダウンタウン新番組、打ち切り『リンカーン』より低視聴率で笑えない惨況

サイゾーウーマン / 2013年12月16日09時00分

10月から始まったダウンタウンの新番組が、苦戦を強いられている。ダウンタウンは、今年に入ってから『爆笑 大日本アカン警察』(フジテレビ系)、『リンカーン』(TBS系)の2本が、そろって9月で打ち切りに。そのままダウンタウンがMCを務める番組がそれぞれ始まったものの、開始から1~2カ月が経過しても、視聴率は芳しくないようだ。 『アカン警察』の後番組の『教訓の [全文を読む]

視聴率低迷の『HEY!HEY!HEY!』が18年間続いた理由

NEWSポストセブン / 2012年09月28日16時00分

ダウンタウンが司会する音楽番組『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)が年内いっぱいで、終了することが発表された。 1989年に『ザ・ベストテン』(TBS系)、1990年に『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)、『歌のトップテン』(TBS系)が相次いで終了。1990年代前半は音楽番組「冬の時代」といわれたが、1994年10月に始まった『HEY!HEY! [全文を読む]

明石家さんま、ダウンタウン、とんねるず......大御所たちが続々とライブ回帰のワケは!?

日刊サイゾー / 2012年03月21日08時00分

4月8日に行われる「吉本興業創業100周年初日公演(4回目)」にて、明石家さんま、ダウンタウンの出演が決定したというのだ。 さんまは月亭八方、間寛平、村上ショージ、ジミー大西、今田耕司らとともに、かつての人気番組『さんまの駐在さん』(朝日放送)を復活させるという。一方のダウンタウンは「ポケットミュージカルス」と題された企画で今田耕司、130R、東野幸治、木 [全文を読む]

触れてはいけないタブー人物の権力が絶大すぎる! 吉本興業の裏権力ピラミッド! 頂点はダウンタウンだが…

tocana / 2017年08月03日09時00分

その吉本のトップと言えば、ご存知「ダウンタウン」の2人。それは彼らの歴代マネジャーが次々と大出世していることからも明らかだ。何せ現在の吉本の社長は初代マネジャーの大崎洋氏。ほかにも1990年代にマネジャーを務めた岡本昭彦氏は吉本の関連会社「YDクリエイション」の代表取締役社長、日本テレビの大晦日特番「笑ってはいけない」シリーズに案内役として出演する藤原寛氏 [全文を読む]

フォーカス