汚名のニュース

いまさら聞けない、間違えやすい日本語

文春オンライン / 2017年04月10日11時00分

汚名挽回」などという言い方もありますね。これでは「汚名を挽回」することになります。わざわざ汚名を着るのか、ということです。これは、「汚名返上」と「名誉挽回」が間違って合体したのでしょうね。 雨が降っているのに「雨模様」という人がいます。「雨模様」とは、「いまにも雨が降りそうな様子」を言います。降っていたら使えないのです。 でも、言葉遣いは多数決。いまや [全文を読む]

渡辺京二氏が「戦後日本史の隠れた真実を発見」と唸った評伝

NEWSポストセブン / 2015年06月24日16時00分

【書評】『宿命の子 笹川一族の神話』高山文彦・著/小学館/2500円+税 競艇の創設に尽力し「日本のドン」の汚名を背負った故・笹川良一氏と、ハンセン病制圧を中心とした慈善事業を担う三男の笹川陽平・日本財団会長の、父と子の物語を描いた作家・高山文彦氏の『宿命の子 笹川一族の神話』。『本の窓』2015年8月号(7月20日発売)掲載の、渡辺京二氏(日本近代史家) [全文を読む]

<速報>巨人完封負けで球団ワースト記録の12連敗

THE PAGE / 2017年06月07日20時38分

球団史に汚名を残す重たい12連敗目となった。 嫌なムードだ。ここまで勝つ星に恵まれない先発の吉川が4回二死一塁からメヒアに8号2ランを浴びた。吉川は、インサイドを果敢に攻めながら大きなカーブを有効に使い、0-0の均衡を守っていたが、フォークがアウトコース高めに抜けた失投を見逃してもらえなかった。「スライダーかな。初先発の岡本を援護できたことが良かった」と、 [全文を読む]

ジョニデの汚名返上に必死!?『パイレーツ』にP・マッカートニーをリクルート

Movie Walker / 2017年05月30日16時04分

汚名返上にポール・マッカートニーをリクルートしていたらしい。 全米では26日から、前作から6年ぶりとなるシリーズ第5弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が公開されているが、これまで出演していたジョニー演じるジャック・スパロウのモデルと言われていたローリング・ストーンズのキース・リチャーズが、「オーストラリアでの撮影のスケジュールの都合が合わない」 [全文を読む]

前回6被本塁打のロッテ・涌井、汚名返上なるか 19日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月19日12時09分

【19日の試合予定】 日本ハム(浦野博司)- オリックス(山田修義) <札幌ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 日(5位):○○○●● オ(4位):●●○●● 西武(菊池雄星)- ソフトバンク(バンデンハーク) <メットライフ 18時00分> ・最近5試合の成績 西(3位):○○○○○ ※6連勝中! ソ(2位):○●●○○ ロッテ(涌井秀章)- [全文を読む]

アップルが「汚名返上」に成功した地図アプリの歴史

Forbes JAPAN / 2017年05月17日07時00分

アップルの地図アプリと言えば、登場した当初は物笑いのタネだった。2012年の初公開の際、日本では東京の青梅線に「パチンコガンダム駅」が出現して失笑を買ったり、オーストラリアではアップルのナビゲーションに従って車を運転した人が遭難する事故まで起きた。ティム・クックCEOは当時、謝罪し何人かの幹部をクビにした。その後、改善は見られたがアップルの地図から離れ、グ [全文を読む]

プロ初ゴールの山越康平、痛恨のPK献上も汚名返上弾にホッ…「喜びはなかった」

ゲキサカ / 2017年05月14日23時36分

[5.12 J1第11節 大宮2-1仙台 NACK] 汚名返上の一撃だった。大宮アルディージャDF山越康平は0-1で迎えた後半15分にプロ初ゴール。FW大前元紀の右CKをニアサイドのMFマテウスがフリックし、渾身のヘディングシュートを叩き込んだ。記念すべき初弾だったが、「喜びはなかった。とにかく取り返せてホッとした」と胸をなでおろした。 前半21分に仙台F [全文を読む]

汚名返上ゴールの川崎F奈良「意識はしていなかった」(8枚)

ゲキサカ / 2017年05月10日14時15分

●ACL2017特設ページ [全文を読む]

PK献上の昌子が汚名返上のヘディング弾で鹿島が鳥栖に逆転勝利!!《J1》

超ワールドサッカー / 2017年04月30日17時56分

▽30日に明治安田生命J1リーグ第9節の鹿島アントラーズvsサガン鳥栖が県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利した。 ▽前節のジュビロ磐田戦では0-3の敗戦を喫するも、ミッドウィークに行われたACLグループステージ第5節で蔚山現代に4-0と快勝した鹿島が、リーグ戦ではヴィッセル神戸に1-0で勝利しながらも、ルヴァンカップ・グループステージ [全文を読む]

「電撃更迭」でも安倍政権への影響は甚大だ ボディブローのように効いてくる可能性

東洋経済オンライン / 2017年04月27日13時10分

■「汚名返上のチャンス」のはずだった今村氏の舌禍問題はこれに限らない。今年4月4日の大臣会見で、原発事故の自主避難者の住宅の無償提供が打ち切られた件について「自己責任」と述べ、これを批判した記者と口論の末、激怒して会見場を後にした。この講演会では今村氏とともに、鶴保庸介沖縄及び北方対策担当相も話をしている。鶴保氏も昨年8月の大臣就任早々、家庭問題が週刊誌で [全文を読む]

フォーカス