騎手のニュース

武豊も福永祐一も“既定路線”だった? 実力だけで成功できない騎手の世界は「芸能界」そのもの

日刊サイゾー / 2016年01月16日23時30分

(現役騎手の)父と兄からは『おめでとう』と声を掛けてもらいました。今年は、昨年より多くの勝ち星を挙げて期待に応えたいです」 年明け早々、さわやかな笑顔で飛躍を誓ったのは、若干19歳の鮫島克駿 (かつや)騎手。デビューとなった昨年、年間39勝を挙げてJRAの『最多勝利新人騎手賞』、いわば“新人王”を獲得した競馬界のホープだ。 実は『最多勝利新人騎手賞』には、 [全文を読む]

蛯名正義騎手、デビュー30年でダービー制覇の「時は満ちた」? ディーマジェスティを巡る後輩騎手の「願い」とチャンス

Business Journal / 2016年05月24日14時00分

今年、騎手デビュー30周年を迎えた武豊騎手。各所で展示会も行われるなど大きな注目を集めているが、同期である蛯名正義騎手もまた、今年で騎手になって30周年を迎えた。 武騎手が西の王なら、蛯名騎手は東の王。通算2478勝は歴代4位であり、関東騎手の顔として、長い間トップクラスの成績を保持している。 蛯名騎手は現在、今週末に開催される日本ダービー(G1)ではいま [全文を読む]

馬券3名人が攻略法を伝授、2014夏競馬はこの騎手でかっぱげ!

週プレNEWS / 2014年07月15日06時00分

春のGIロードが終わって、本格的な夏競馬のシーズンが到来! 地方の温泉や山海の珍味を楽しみつつ……いや、楽しむためにも一攫千金を狙いたいところだが、そのローカル開催ならではの攻略法を、夏競馬を知り尽くした達人3人が“注目の騎手”目線で指南する。 夏競馬の基本であり、一番のツボでもあるのは“おいしい騎手”を見つけること。WIN5で763万円馬券を的中させた実 [全文を読む]

「5月10日」に昨年自殺した後藤浩輝騎手のファンイベント開催? 司会や「ゲスト」に多くの憶測が......

Business Journal / 2016年04月20日21時00分

昨年2月、突然自らこの世を去ったJRA所属・後藤浩輝騎手。いまだにその「死の謎」はマスコミで時折語られるところだが、真相は不明のままだ。 そんな後藤騎手が生前大切にしていた日があったようだ。それは「後藤」の名字にかけた「5月10日」。自身の結婚記念日にもしていたようで、この日を大切に思っていたファンも多いという。 そんな5月10日に、後藤騎手に関するイベン [全文を読む]

岩田康誠騎手がついに逃げた!? 「No.1になるため」と関東進出も、ファン信用皆無な「事件」と「近況」

Business Journal / 2016年03月01日15時00分

先週の阪急杯(G3)でも2番人気の桜花賞馬レッツゴードンキで6着と"軽やかに飛んだ" 岩田康誠騎手(栗東)。まだ"絶不調トンネル"から抜け出せないでいる。 そんな岩田騎手だが、今週末のチューリップ賞(G3)でのブランボヌール(牝3歳 栗東・中竹厩舎)の騎乗を区切りとして、一時的に活動拠点を関西から関東へ移すことを発表。「もう一度ゼロからやろうと。ストイック [全文を読む]

武豊が藤田伸二氏or三浦皇成に批判発言!? レジェンドの「矜持」と「優しさ」感じるNHK番組に騒然

Business Journal / 2016年04月08日16時00分

6日に放送された『武井壮の鉄人列伝』(NHK)に武豊騎手が登場。アスリートでもあるタレントの武井が、競馬界で数々の大記録を打ちたてた武豊に迫るという、競馬ファンなら見逃し禁止の番組内容だったのだが......。 番組では、武騎手を理解するべく武井が乗馬に挑戦。武騎手からは馬を思いやるという意味での「人馬二体」という名言も飛び出し、鞍やあぶみ、姿勢もふくめ、 [全文を読む]

ほしのあきも呆れる!? 三浦皇成&岩田康誠の「タックル合戦」競馬にファンからため息が......

Business Journal / 2016年03月15日14時00分

実際、競走馬がコーナーで外に膨れるというのはよくあることであり、レース後特に制裁などは起きなかったので大した問題ではないのかもしれないが、ファンがネットで話題にしたのは、その"事件"を起こした騎手2人だ。 その騎手は、三浦皇成騎手と、最近一時的に関東に拠点を移した岩田康誠騎手。なんといってもこの2人、競馬ファンの間では「危険騎乗」のイメージが強い騎手なの [全文を読む]

ジョッキー格差の過酷実態(3)「駆け込み引退続出の真相」

アサ芸プラス / 2013年01月23日09時59分

昨年、引退した30代の騎手の中には調教の乗り馬の確保にも行き詰まり、プライドを捨てて20代前半の若手騎手の下でバレット(騎手の馬具を準備するなどの補佐役)のアルバイトまでしている者もいたという。ベテラン厩務員が打ち明ける。 「普通は縁戚関係者や大学の乗馬部の生徒が勉強のためにやる仕事。若手騎手によると、『やらせてくれ』と頼まれたそうで、1日7000円の契約 [全文を読む]

JRA「エージェント制廃止」に騎手会猛反発!(2)あぶれた騎手はどうなるのか

アサ芸プラス / 2017年04月02日09時56分

しかし彼らは現制度のもと、複数の騎手を担当し、他に厩舎の手伝いのアルバイトをやっていたりする。馬主への調教レポートを作ったりね。あるいは『今週、調教で動いたからあの馬を使いたいんだけど、いい騎手を見つけてくれないか』と頼まれ、担当騎手以外の乗り役を探すことだってある。だけど、それが1人の騎手しか担当できないとなると、とても厳しい環境に置かれる。結局、新聞社 [全文を読む]

JRA・藤田伸二元騎手「後藤騎手自殺」を語るも、岩田康誠“徹底批判“に賛否の声

Business Journal / 2016年03月01日20時00分

JRA所属・後藤浩輝騎手の突然の自殺から、先月27日で1年が経った。いまだに競馬界、ファンの間ではその死を惜しむ声が絶えず、後藤騎手の競馬界きっての明るさ、エンターテイナーとしての資質を再評価する声も多い。 ある意味、現在は「競馬界にも競馬ファンにも属さない」存在である藤田伸二元騎手も、彼の死を心から悼んでいる。現役時代はフサイチコンコルドのダービー制覇に [全文を読む]

フォーカス