削除のニュース

Googleに「検索結果削除」命令「忘れられる権利」に与える影響

JIJICO / 2014年10月24日12時00分

国内初?検索サイトに検索結果の削除命令 検索エンジンで「自分の名前」を検索すると、犯罪を連想させる検索結果が出ることで「現在の生活が脅かされる」として、検索大手Googleに対し、プライバシー権侵害を根拠に検索結果の削除を求める仮処分を申し立てた事件において、東京地裁は、検索結果の一部削除を認める決定を出した、という報道がありました。 具体的には、東京地裁 [全文を読む]

『Google Adsense』 グーグル広告の停止から復活への道のり

ガジェット通信 / 2012年09月18日14時00分

-------------------------------------------------- ページ例: http://(記事削除済み) このURLは一例にすぎず、このウェブサイトの他のページやお客様のネットワークの他のサイトにも同じ違反がある場合がありますのでご注意ください。 見つかった違反: アダルト コンテンツへのリンク: Google の [全文を読む]

虚構新聞が日本ユニセフから削除命令を受けガチで削除したことが判明!

秒刊SUNDAY / 2013年11月18日20時30分

現在は閲覧できないような状態になっているが、管理人の社主によると「厳重抗議と削除の要請があった」とのことだ。 【社主】本日掲載の記事について厳重抗議と削除の要請があったのは事実です。「即時削除」と書かれていたので、1秒を争って書き換えようとしたため、隠し文字がそのままになっていましたが、先ほど訂正しました。— 虚構新聞速報/編集部便り (@kyoko_np [全文を読む]

「食べログ」の情報削除認めず、判決を読み解く

JIJICO / 2014年09月14日15時00分

札幌地裁、食べログの情報削除請求を棄却 口コミサイト「食べログ」に「客を40分待たせている」などと虚偽の内容を投稿されたとして、札幌の飲食店経営者がサイト運営会社に対し、情報削除等を求めていた訴訟において、今月4日、札幌地裁は請求棄却の判決を下しました。 インターネット上の投稿内容が他人の権利を侵害する態様としては、名誉毀損、プライバシー侵害などが考えられ [全文を読む]

ブログで某企業を批判した男性に届いた「削除依頼」 応じる必要はあるのか

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年05月09日12時02分

悪評が広まってほしくない会社側としては、男性に「記事の削除」などの要望を出していたということです。 男性のブログ 男性はツイッターで「本事実と相違する文言による信用毀損によって生じた営業被害額の算出も行うべきである意見も出ており」というメールが届いたことを明かし、「事実をただ日記としてブログに書いたのに」と漏らしている。 男性が事実に基づいた内容をそのま [全文を読む]

グーグル検索結果「削除命令」 裁判所が初めて「忘れられる権利」に言及した意義

弁護士ドットコムニュース / 2016年03月05日11時36分

ある男性の過去の逮捕歴を示すグーグルの「検索結果」について、さいたま地裁(小林久起裁判長)が「忘れられる権利がある」として、グーグルに削除を命じる仮処分の決定を出していたことが2月下旬にわかった。共同通信の報道で明らかにされたものだが、決定は昨年の12月22日付けとされる。これまでも検索結果の削除を認める司法判断はあったが、「忘れられる権利」を明言したのは [全文を読む]

パイプドビッツ、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」のAPIを拡充した新版1.7.1を提供開始

DreamNews / 2016年01月20日11時30分

(3)主なAPI一覧[スタッフ(※)] リスト情報の取得、詳細情報の取得、作成、変更、削除[カスタマー] リスト情報の取得、詳細情報の取得、作成、変更、部分変更、削除[グループ(※)] リスト情報の取得、詳細情報の取得、作成、変更、削除[設備・施設(※)] リスト情報の取得、詳細情報の取得、作成、変更、削除[トピック] リスト情報の取得、詳細情報の取得、作 [全文を読む]

「ネットに闇はない、それは人の心の中にある」清水陽平弁護士が語るネットトラブル

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月20日13時10分

違法な書き込みを削除してもらうにはどうすればいいのか、2ちゃんねるやツイッター、フェイスブックなど30のサイトごとに異なる方法について、それぞれの「削除申請画面」を具体的に示しながら丁寧に解説しているのが特徴だ。トラブル事例に登場するのは、サラリーマンやアルバイトの大学生など、ごく普通の人々だ。もしかしたら自分も、ちょっとしたきっかけでトラブルに巻き込まれ [全文を読む]

認証・DHCPアプライアンス「Account@Adapter」Version 5.05 をリリース

PR TIMES / 2014年07月17日11時29分

【Version 5.05 の主な機能強化の概要】■端末アカウント削除機能の強化Account@Adapter と連係させている外部LDAP サーバーの登録内容を定期的に確認し、外部LDAP サーバーのユーザーアカウントの削除に連動し、削除されたユーザーアカウントが管理者になっているAccount@Adapter 上の端末アカウントを自動的に削除する機能を [全文を読む]

HKT指原さんに「暴言ツイート」 匿名アカウントの誹謗中傷をやめさせられるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年06月05日17時20分

暴言を吐いたアカウントはすでに削除されているが、こうした騒動はツイッター上で頻繁におきている。このように匿名アカウントからあまりにもひどい中傷を受けた場合、法的な手段でやめさせることはできるのだろうか。ネットの中傷問題にくわしい石井邦尚弁護士に聞いた。●サービス提供者に「削除要求」をするのが簡単「単に投稿を削除してほしいだけなら、投稿をした人よりも、サービ [全文を読む]

イザという時に役に立つ!各SNSで削除依頼を出す方法

AppWoman / 2014年01月14日19時00分

『ウソでしょ!? 7%は「誹謗中傷」をネットに書き込み経験ありと判明』では「2人に1人は誹謗中傷の削除依頼を出せることを知らなかった」というデータが出ていました。ところで皆さんは具体的に各SNSでの削除依頼の出し方を知っていますか?万が一自分の個人情報や、誹謗中傷をSNSで書かれてしまった場合……どのように削除依頼を出せばよいのでしょうか? 今回はTwit [全文を読む]

4人に1人は作り直しているLINEのアカウント…これで今のままで大丈夫!

AppWoman / 2013年12月25日21時00分

■どのリストからも、もう全く名前を見たくないなら・・・「削除機能」ブロックリストや非表示リストに入れても、もう名前も見たくない……という方はリストからの「削除機能」を使ってみて。「【LINE】「友だち削除機能」!ブロックとの違いは?」でもご紹介しましたが、ブロックリストや非表示リストからも完全に名前を消してしまうので、もうどうしても嫌! という方におススメ [全文を読む]

これでストレスフリー!もっと「スマホを快適する」アプリ断捨離術

BizLady / 2016年01月13日11時30分

今回は、IT企業でアプリなどのサービスを運営している筆者から、不必要なアプリを削除するための“アプリ断捨離方法”をご紹介していきましょう。 ■ホーム画面は毎日使うアプリだけを配置しよう スマホのロックを解除してすぐに出てくる画面は、操作するうえで一番目にする画面。アプリの整理整頓がきっちりできていなくてもここだけをスッキリさせることは第一のステップといえ [全文を読む]

日本初「検索結果の削除」を認めた東京地裁と、認めなかった京都地裁の違いとは

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年10月12日20時36分

東京地裁で、グーグルに「検索結果の削除」を命じる決定が出されたというニュースが話題になっています。これはおそらく日本初の判断だと思われます。 ヤフーとグーグルに対する同様の裁判があったのですが、京都地裁ではこれを認めないという判決が出ています。なぜ両者でこのような違いが出たのでしょうか。それには、考え方の大きなズレが原因としてありました。 ■東京地裁が認め [全文を読む]

HPの掲示板荒らし プロバイダーに削除と情報開示請求せよ

NEWSポストセブン / 2013年01月01日16時00分

書き込みを削除したり、損害賠償をさせる手段はないものでしょうか。 【回答】 あなたのホームページの掲示板であれば、中傷する書き込みを削除できると思います。削除できない場合、悪意のある情報の書き込み者(発信者)がインターネットに接続しているプロバイダーに対し、書き込みの削除を求めることと、情報発信者の開示を求めることが大切です。 プロバイダ責任制限法では、イ [全文を読む]

元2ちゃんねる管理人「ひろゆき」運営関与を認める

秒刊SUNDAY / 2012年05月16日12時40分

西村氏はご自身のブログでおいらが知ってる警察から送られたeメールの削除依頼は2通です。その他、封書やはがきなどは、送られていません。その2通に関する書き込みは、削除済みです。と発表。警察から削除依頼が来ている件と、削除をした件を認めた。削除をしたということは、実質、運営権限があり、運営関与を認めていることになる。つまり、シンガポールの企業「パケットモンスタ [全文を読む]

ASKAがデータを削除されたと暴露、ぬぐえない“被害妄想説”を検証

アサ芸プラス / 2017年05月22日09時58分

歌手のASKAが5月16日付けのブログで、パソコンに入れておいたデータが削除されたと告白している。何でもマルウェア(コンピューターウイルスの一種)によってデータが削除されてしまったそうだ。ところが、ASKAの告白に疑問の声が上がっている。 まずは削除された経緯についてまとめてみよう。パソコンがマルウェアだらけであると知ったASKAは、パソコンに外付けのハー [全文を読む]

SNSで近況を投稿したけど「反応ナシ」…こんなとき削除する人ってどれくらいいるの?

しらべぇ / 2015年10月09日08時00分

せっかく投稿した内容に反応がまったくなかったとしたら...それを削除する人はどれほどいるのだろうか?■20代は周りの反応に左右される?しらべぇ編集部では、SNSを使う全国の20代~60代の男女607名を対象に「SNSの投稿に反応がなく、削除したことがある?」と聞いたところ、全体では2割弱の人が「削除経験がある」と回答。年代別でみると、ソーシャルメディアへの [全文を読む]

送り間違えた?LINEトークのメッセージが「削除」ができるようになったよ!

AppWoman / 2014年02月19日19時00分

でも「トーク内容が多すぎて見ずらい」「大切なメッセージを保存できたらいいのに……」など、意外と不満を抱えているユーザーは多いのでは? 実は先日リリースされた最新バージョン(ver. 4.0.0)では、トーク画面上のメッセージや画像の「削除」や「転送」ができるようになったんです。 ■トーク画面の不要なメッセージは削除できる! トーク画面右上の矢印ボタンから、 [全文を読む]

Googleペナルティ解除支援・工数削減ツール「DRC Spider for Cloud」のサービス開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年01月17日12時57分

(開発コードネーム:紫電改弐)当初の削除必須リンクの判別作業の約80%を軽減すると共に、外部被リンクが多い場合、Googleが悪いとする被リンクを把握する事でSEO的な効果も期待できます。商品ページ http://www.netplusone.jp/spider/従来のGoogleペナルティ解除作業は、リンクを目視し、そのサイトのコンテンツ内容、外部リンク [全文を読む]

フォーカス