渡航のニュース

エイビーロード『海外旅行調査2015』

PR TIMES / 2015年06月23日11時35分

レジャー渡航先として「台湾」が初の1位に 渡航先の満足度は1位「スペイン」。トップ3はヨーロッパが独占株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)に設置された海外旅行に関する調査研究機関「エイビーロード・リサーチ・センター」(センター長・沢登次彦)は、2014年に海外旅行をした18歳以上の男女を対象に、渡航者の実態を把握 [全文を読む]

新旅券交付も制限あり!国に対する訴訟の行方

JIJICO / 2015年04月25日14時00分

外務省がイラクとシリアへの渡航を制限する旅券を発行外務省は今月、新潟市のフリーカメラマン杉本祐一さんに対して、イラクとシリアへの渡航を制限する旅券(パスポート)を交付しました。杉本さんは、今年2月にシリアへの渡航を計画した際、一度旅券を返納させられており、今回の旅券は新たな旅券の発行ということになります。しかし、杉本さんは今回交付された旅券に渡航先の制限が [全文を読む]

パスポートを海外で紛失した時は?〜警察へ紛失届け、再発行期間、費用まで〜

TABIZINE / 2016年03月03日07時30分

パスポートの再発行、又は渡航書の発行手続きを行う 紛失届けが完了したら、合わせてパスポートの再発行か渡航書の発行を行います。「渡航書」とはすぐに帰国する場合の臨時のパスポートのようなもので、72時間(3日間)など短い期間が設定され、その期間までに日本に帰国する場合に有効な書類となります。そのため、紛失後にすぐに日本に帰国する予定がある場合は渡航書、紛失後 [全文を読む]

インターナショナルSOS/コントロール・リスクス、『TRAVEL RISK MAP 2016』を発行

PR TIMES / 2016年02月15日12時13分

海外渡航時の事前準備の鍵海外出張者の医療並びに安全対策サービスを全世界の会員企業に提供するインターナショナルSOS/コントロール・リスクスは、世界の渡航リスクの概要を把握できる『TRAVEL RISK MAP 2016』を発行しました。海外出張者の80%が海外で身の危険を感じた経験があるのに対し、渡航前に安全面のリサーチをする人は半数以下(*1)上級管理職 [全文を読む]

10分で世界情勢丸分かり!外務省「国・地域別の渡航情報」の使い方

TABIZINE / 2015年05月17日07時30分

いつの時代でも、興味本位で一般の旅行者が渡航してはいけない国や地域が存在します。 特別な訓練を受けたり、豊富な経験や知識があったり、何かの後ろ盾があったりする人は別だと思いますが、普通の旅行者は自分や家族を守るためにも危険なエリアへの渡航を避けた方がよいですよね。 (C)Flickr/Joanna Barton そこで今回は、誰でもいつでも簡単にアクセスで [全文を読む]

旅行・赴任・留学のSOSを解決!海外渡航に特化した日本初のナレッジコミュニティサイト「海外通」って?

ITライフハック / 2014年11月28日17時00分

終戦後の1964年4月に観光目的での海外渡航が自由化されてから半世紀。一般社団法人日本旅行業協会によると、2014年の海外渡航者は50年前に比べ80倍に増加(※1)、その目的も旅行のほか、ビジネスや留学など多様化してきている。しかし、海外旅行中にトラブルに遭遇した経験がある人は42.8%(※2)に上るなど、渡航先でトラブルに巻き込まれるケースも多くなってき [全文を読む]

ジャカルタで発生した爆弾テロ事件に関して

PR TIMES / 2016年01月15日12時37分

詳細情報や渡航アドバイスについては、インターナショナルSOSのアシスタンスセンターまでお電話ください。 インターナショナルSOSとコントロール・リスクスについて インターナショナルSOSとコントロール・リスクスの提携により、世界をリードする医療並びに安全対策のスペシャリスト集団が結成されました。渡航に関する安全管理サービスへの高まる顧客ニーズを満たすべく [全文を読む]

【力比べ】世界でいちばん「強力な」パスポートってどこの国のもの? 気になる日本は第◯位です

Pouch[ポーチ] / 2017年05月02日17時45分

うっかり自宅に忘れてしまい、空港で足止めを食らった……なんてことにならないよう、このGWや今年の夏休みなど、海外へ出かける方はパスポートを持ったかどうかをなにより先にチェックしてくださいね! さてこのパスポート、発行国によって、ビザなしで渡航できる行先国の数がけっこう異なるのだそうです。ビザ申請にはお金も時間もかかるし、手続きだって面倒ですから、ビザなし渡 [全文を読む]

オンライン緊急セミナー 『テロの脅威に備える ~複雑化する東南アジアでのテロの脅威~』動画を公開中

PR TIMES / 2016年02月10日10時19分

◆「イスラム国」と東南アジアで複雑化の進む国際テロ組織の活動 -ジャカルタの爆弾テロ事件 -東南アジアでの国際テロ組織の動向 -テロ実行能力 -標的の種類 ◆テロの脅威に備える -渡航上の注意点 -宿泊先について -テロに巻き込まれたら インターナショナルSOSとコントロール・リスクスについて インターナショナルSOSとコントロール・リスクスの提携により [全文を読む]

ワーホリ協定国に“ホリデーシーズン(12月~1月)”到来!「ワーホリ就労調査」を発表 海外のホリデーシーズンには時給が普段の5倍以上になる仕事も!

PR TIMES / 2015年12月18日11時08分

ワーキング・ホリデー制度を支援し、促進している非営利団体、一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)(本社:東京都新宿区、理事長:池口 洲、以下「日本ワーキング・ホリデー協会」)は、「ワーキングホリデー渡航者」に関して、2015年11月30日~2015年12月7日までのワーホリ協会セミナー参加者(渡航前)108名とワーホリ体験者28名の述べ13 [全文を読む]

フォーカス