三浦半島のニュース

三浦半島サイクルスタンプラリー(春編)開始にあわせ安田大サーカス 団長安田が自転車で三浦半島を巡る4月28日(木)からアクトオンStyleで配信開始

@Press / 2016年04月27日14時30分

株式会社ジュピタービジュアルコミュニケーションズ(本社・東京都千代田区、代表取締役社長・櫻井 俊一)は、三浦半島観光連絡協議会が運営している「三浦半島サイクルスタンプラリー(春編)」にあわせ、「快汗!自転車ライフ~マイルストーンを巡る三浦半島一周1」および「快汗!自転車ライフ~マイルストーンを巡る三浦半島一周2」の番組を、2016年4月28日(木)より「ア [全文を読む]

三浦半島オリジナルメニュー【LAUMI】、3品が決定!!

PR TIMES / 2016年10月31日19時38分

[LAUMI]とは、三浦半島の魅力をお届けするために、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市が行う取り組みです。神奈川県は、三浦半島の魅力最大化に向けた取り組みとして、三浦半島自慢の食材を豊富に使ったオリジナルメニューのプロデュースを、川越達也シェフに依頼。三浦半島オリジナルメニュー【LAUMI】として3品が決定しました。[画像1: http://prt [全文を読む]

YGG地縁店 発足1周年記念『春のゴルフ祭り』で初のコラボイベント!「はっぴぃぷれいす」との共同イベント実施 <開催後報告>

@Press / 2015年07月07日09時30分

4月18日(土)には、三浦半島の地元企業から成るYGG地縁店が、三浦半島の地元企業によって組織している「はっぴぃぷれいす」と共同でイベントを開催させていただき、多くの地元客の皆様にお越しいただきました。 (※YGG=Yokosuka Green Golfの省略) ■三浦半島で活躍する現地店舗の協力隊!「はっぴぃぷれいす」とは? 三浦半島で活躍するハンドメ [全文を読む]

平成29年度「市民協働推進補助金」及び「企画提案型市民協働モデル事業」応募企画の審査結果について

News2u.net / 2017年04月14日12時00分

市民協働推進補助金(11事業) (1) 団体名 湘南たけやま サポートクラブ 事業名 湘南たけやま サポートクラブ (2) 団体名 馬堀台団地お助け隊 事業名 地域住民への生活支援サービスをするための事業 (3) 団体名 矢車草 車椅子ダンス 事業名 車椅子ダンス等々で交流会 (4) 団体名 みんなの宝石箱 事業名 シニア世代の生きがいと健康・歌を愛する [全文を読む]

三浦半島にロードバイク最新モデルの魅力を体験できる『MERIDA XPERIENCE CENTRE』を7月25日開設 ~7月24日にプレオープン無料特別試乗会も実施~

@Press / 2016年07月12日10時00分

■MERIDA XPERIENCE CENTRE ソレイユの丘「自転車半島宣言」した三浦半島にある『ソレイユの丘』を起点に、MERIDA最新ロードバイクを存分に楽しむことができます。「自転車半島宣言」をおこない、コンビニや飲食店に、パンク修理キットや空気ポンプなどを準備した「サイクルエイドステーション事業」を展開するなどサイクリストに優しい取り組みを展開し [全文を読む]

週末どこ行く? 海街で過ごすグルメ&癒やしスポットを提案

モデルプレス / 2015年09月28日18時20分

東京をはじめ、埼玉県や千葉県などからもドライブするのに、実は調度良い距離にある神奈川県の三浦半島には、いわゆる観光名所や“海の近く”という立地を活かした魅力的な飲食店がいくつもあり、日々の喧騒を忘れて男女問わず楽しめる名スポットであったりします。 もちろん電車でも行けますが、三浦半島は横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町といった観光エリアに恵まれているため、 [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 出澤達男写真展「三浦の丘」 期間:2015年1月29日(木)~2月4日(水)

PR TIMES / 2015年01月26日10時15分

■写真展案内 三浦半島と言うと、「城ヶ島」や「三浦海岸」、あるいは「荒崎」とか「観音崎」など海岸線の名所が目立ちます。 一方、三浦半島の内陸部に目を向けると、観光農園や農地が広がっています。首都圏に新鮮野菜を供給する農地としての風景にも魅力を感じます。 その三浦半島の丘の台地に根を下ろし力強く成長する植物や野菜。そしてその野菜の収穫などを生業として力強く [全文を読む]

世界的建築家・隈研吾氏設計のモバイルハウスに泊まれる! スノーピークの常設グランピング施設がオープン!

Suits-woman.jp / 2017年06月14日10時00分

京浜急行電鉄とアウトドアブランド「スノーピーク」が神奈川・三浦半島に「snow peak glamping京急観音崎」を観音崎京急ホテル運営のもと、常設グランピング施設をオープンしました。 最近よく耳にする「グランピング」とは、「グラマラス」と「キャンピング」をかけ合わせた造語で、大自然のなかで高級ホテル並みの充実したサービスを受けられるキャンプのこと。こ [全文を読む]

東京湾を一望、京急が仕掛ける都心から1時間のグランピング施設

マイナビニュース / 2017年06月09日20時17分

東京湾を一望できるロケーションで屋外宿泊体験が出来るほか、地元である三浦半島の食材を多く使った料理を、観音崎京急ホテルのシェフが提供する。値段は1泊1人あたり平日25,000円から、土曜・休前日は29,500円から。スノーピークは国内4カ所のキャンプフィールドを運営しているが、常設グランピング施設をオープンするのは初となる。 「グランピング」とは、「グラマ [全文を読む]

親子でホタル観賞&ナイトウォークを楽しもう!

イクシル / 2017年04月20日12時24分

三浦半島の「小網代の森」で自然体験 京急グループの京急百貨店は4月14日、自然環境散策ツアー『小網代の森で自然を体験しよう!』の開催を発表しました。 『小網代の森で自然を体験しよう!』は、親子でホタル観賞やナイトウォークに参加する自然に親しむツアーで、5月27日(土)に三浦半島の「小網代の森」で行われます。 「小網代の森」は、三浦半島の先端、相模湾に面した [全文を読む]

フォーカス