人質のニュース

警視庁が「イスラム国」人質事件を捜査ーー「人質強要処罰法」違反ってどんな犯罪?

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月26日17時35分

過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件をめぐり、警視庁などが「人質強要処罰法」違反の疑いがあるとして、捜査を始めたことがわかった。 報道によると、警視庁と千葉県警は、事実関係が固まるまでは同法の「加重人質強要」の容疑などで捜査を進め、被害状況によっては、より重い規定を適用して捜査する方針だという。 この「人質強要処罰法」は耳慣れない法律だが、いったい [全文を読む]

<政治責任を含め再検証が必要>イスラム国・邦人人質殺害事件の報告書を政府が発表

メディアゴン / 2015年06月01日06時50分

事件の経過をみると、「イスラム国」の邦人人質に対する扱いは、時間の経過とともに大きく変わったことが分かる。この転換に、日本政府がどこまで責任があるのかという本質的な問題を、報告書は避けているのである。人質事件では、ジャーナリストの後藤健二氏に関心が集中しているが、検証にあたって注目すべきは、むしろ8月中旬に捕らわれた最初の人質、湯川遥菜氏のケースである。湯 [全文を読む]

史上最もエスパーな人質救出作戦をBBCが明らかに!? 「ユリ・ゲラー×モサド」のタッグがマジで強力すぎる!!

ハピズム / 2013年08月14日19時00分

■「エンテベ空港奇襲作戦」とは? エンテベ空港奇襲作戦とは、1976年、ゲリラ4人にハイジャックされ、イスラエル人が多数人質となった「テルアビブ発パリ行フランス航空第193便」がウガンダのエンテベ空港に着陸した際、人質となったイスラエル人乗客を救出するためにイスラエル空軍が実施した作戦で、正式名称は「サンダーボール作戦」という。 事件が起きたのは6月27 [全文を読む]

日本人がテロで拉致されても自衛隊が救出できる可能性は数%? 現場の隊員たちからも不安、当惑の声

週プレNEWS / 2015年04月24日06時00分

でも、“わが軍”にはグローバル化する対テロ戦に対応する能力があるのだろうか? 国会では自衛隊による人質救出作戦について論議されたが、うまくいくとは限らない。“机上の空論”ならば勇ましいことも言えるだろう。しかし、現実には何がどこまでできるのか? Q&Aで検証してみよう。 Q)外国なら、どの部隊が行くのか? A)米軍ならデルタフォースなどが行く。 イギリスな [全文を読む]

内田樹×内藤正典 「安倍政権は本当に何も知らない外交オンチか、それとも狡猾なのか?」

週プレNEWS / 2015年02月03日06時00分

ふたりの日本人が人質として捕らわれていることを知りながら、イスラム国と敵対する中東の国々への歴訪を決行し、しかもイスラエル国旗の前で「人質を解放せよ!」と火に油を注ぐ、あの声明は一体なんだったのか…? 謎多き安倍外交をイスラム研究の専門家・内藤正典(ないとう・まさのり)と思想家・内田樹(うちだ・たつる)が斬る! * * * 内藤 日本人人質事件のことでまず [全文を読む]

イスラム国も激怒!? 日本ネット民の人質事件コラ画像が平和ボケすぎる!

リテラ / 2015年01月23日22時30分

ついに期限の72時間が過ぎてしまった、「イスラム国」による湯川遥菜さんと後藤健二さんを人質にした身代金要求事件。現時点(23日18時)では、官邸はいまだ安否確認をとれていない状態だという。 果たして、2人は解放されるのか。多くの人がこの人質事件に関心を寄せる一方、Twitterではある"祭り"が起こっている。それは、イスラム国がネット上に公開した身代金要求 [全文を読む]

イスラム国、明確な身代金要求は初めて 日本人人質事件受け、海外紙は今後に注目

NewSphere / 2015年01月20日21時15分

◆72時間以内に2億ドルを要求 イスラム国(IS)は20日、日本人人質2人のビデオ映像を公開した。日本政府に対し、身代金2億ドルを72時間以内に支払わなければ、人質を殺害すると警告した。人質は、昨年拘束された湯川遥菜さんと、フリージャーナリストの後藤健二さんとみられる。 映像では、ナイフを持った戦闘員が、「日本政府と国民へのメッセージ」として、下記のような [全文を読む]

日揮作業員が悲痛激白(3)「死の恐怖が支配を生み出す」

アサ芸プラス / 2013年02月06日09時56分

犯行グループは斬首も辞さない過激組織のようだが、人質たちを心理的に追い込む悪魔の装置まで用意周到に準備していた。 「爆弾ベルト」や「爆弾ネックレス」を人質に装着させ、「誰かが逃げれば、全員の首が飛ぶ」と脅していたと報じられている。前出の軍事関係者が語る。 「逃げたら爆発するというのは、すでに01年の『9・11事件』以前から利用されていた無線リモコン技術を使 [全文を読む]

イスラム国で安倍政権を攻撃…後藤さん殺害事件が炙り出した醜悪すぎる面々

デイリーニュースオンライン / 2015年02月20日06時50分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 イスラム過激派というよりは凶暴なテロリスト集団ISIL──自称「イスラム国」の人質になっていた二人の日本人、湯川遥菜さんと後藤健二さんが、日本・ヨルダン両政府の懸命な交渉努力の甲斐もなく帰らぬ人となった。同じ日本人としてまさに痛恨の極みであり、謹んで哀悼の意を表したい。 この残虐極まりない人質殺害事件は、日本政府と安倍政権に「国際 [全文を読む]

内田樹×内藤正典「日本政府は読み間違えた。なぜトルコではなく、ヨルダンに現地対策本部を置いたのか?」

週プレNEWS / 2015年02月09日06時00分

ふたりの日本人が人質として捕らわれていることを知りながら、イスラム国と敵対する中東の国々への歴訪を決行し、しかもイスラエル国旗の前で「人質を解放せよ!」と火に油を注ぐ、あの声明は一体なんだったのか…? 謎多き安倍外交をイスラム研究の専門家・内藤正典(ないとう・まさのり)と思想家・内田樹(うちだ・たつる)が斬る! (※編集部注 この対談は後藤健二さんが殺害さ [全文を読む]

第55回モンテカルロ・テレビ祭において「ドラマWスペシャル 人質の朗読会」が2つの特別賞を受賞!

PR TIMES / 2015年06月19日12時47分

モナコで開催されていた第55回モンテカルロ・テレビ祭において、2014年3月放送の「ドラマWスペシャル 人質の朗読会」がモナコ赤十字賞、SIGNIS賞の二つの賞を受賞いたしました。当社番組がこれらの賞を受賞するのは初の快挙となります。 モンテカルロ・テレビ祭は、モナコ公国が主催するテレビ番組の国際的なコンクールです。1961年にモナコ公国大公レーニエ3世が [全文を読む]

人質事件 日本は国際社会から「身代金を払う国」と見られる

NEWSポストセブン / 2015年01月27日07時00分

この問題で、安倍首相は「テロには屈しない」と強調しているが、日本政府は過去のテログループによる邦人人質事件で「身代金」を支払い、国際社会からは「カネを払う国」と見られている。 古くはダッカ日航機ハイジャック事件(※注1)で時の福田赳夫首相が「人命は地球より重い」という言葉で600万ドル(当時のレートで約16億円)の身代金を払ったうえに、服役中だった連合赤軍 [全文を読む]

日本人が拘束された時、国に助ける「義務」はあるのか

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年01月25日12時42分

現在、ISISの人質となっている2人の日本人の救出のために身代金を支払うか、それともテロに屈しない姿勢を貫き支払いを拒否するかという話題がニュースを賑わせています。 インターネット上では、この問題に対して「自分から海外の危険地域に行くことを決意した人を救出する必要はない」、「国に迷惑をかけるな」、「自己責任だ」という意見があり、一方で「国は国民を救う義務が [全文を読む]

【海外発!Breaking News】開店前のスーパーで立てこもり事件 銃撃戦で警備員が死亡(南ア)

TechinsightJapan / 2017年05月07日17時48分

ケープタウンのタウンシップ、ニャンガにあるスーパーマーケットで、早朝に強盗が押し入り人質をとって立てこもる事件が発生した。 ショッピングモール「ニャンガ・ジャンクション」にある「ショップライト」という大型スーパーでは、早朝6時から開店準備に追われていた。そこへ3人組の強盗が押し入り、従業員らを人質にして立てこもった。報告を受けた警察はすぐに周辺を立ち入り禁 [全文を読む]

中国の不動産バブルがなかなか崩壊しない恐ろしすぎる理由

まぐまぐニュース! / 2017年04月10日04時45分

中国経済を人質にとった「不動産バブル」 中国政府はなぜ「毒薬」を飲み続けなければならないのか? 中国では以前から、不動産バブルの崩壊を憂慮し、Xデーの到来に戦々恐々としている人が多い一方で、「バブルがなかなか崩壊しない」という現実を逆に危惧してやまない声もある。いわゆる「不動産バブルによる中国経済の人質論」というものだ。 例えば、昨年9月15日付の中国青 [全文を読む]

安田純平氏のシリア拘束で政府は? 懸念されるイスラム国人質事件の対応の繰り返し

リテラ / 2015年07月18日08時00分

この状況を見ていて思い浮かぶのはやはり、先のイスラム国人質事件だ。あの事件では、後藤健二さんと湯川遥菜さんという2人の人質が惨殺されたが、日本政府の対応は無策どころか、むしろイスラム国を挑発し、事態を悪化させるものだった。 最近出版された『検証「イスラム国」人質事件』(朝日新聞取材班/岩波書店)でその詳細が描かれているので、同書を紹介しながら、改めて事件 [全文を読む]

米国、“強い日本”を歓迎 でも安倍首相の思想は警戒 70周年談話が重要と米識者

NewSphere / 2015年02月26日17時58分

人質事件後に進められる日本の安全保障を巡る動きに対して、海外メディアが各自の考察を述べている。 ◆軍事的役割拡大を目指す日本 アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のオースリン氏は、安倍首相の人質事件への反応は、首相の軍事的野心の広い文脈で見るべきと主張。イスラム過激派テロに加えて、北朝鮮の脅威、中国の台頭、そしてアメリカの同盟国へのコミットメントの不 [全文を読む]

【イスラム国拘束】救出交渉を妨害するネット言論について

tocana / 2015年01月27日09時00分

■営利誘拐事件では報道の自主規制が行われる 日本で起きた「営利誘拐事件」の場合は、人質になった人の生命の安全を考慮して、マスコミは「報道の自主規制」を行う。これは、1960年に東京で発生した雅樹ちゃん誘拐殺人事件から始まった。人質は遺体で発見され、後に逮捕された犯人から「報道により精神的に非常に追い詰められたため殺害した」と語った事から、警察とマスコミの [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】家康が学んだ「修羅の原点」臨済寺

GOTRIP! / 2017年01月15日12時30分

大勢力からは人質を要求され、それに従わなければ討ち滅ぼされてしまいます。 だからこそ、家康は数度に渡り他家へ人質に出されました。 ですが、家康という男は苦難をチャンスに変える力も持ち合わせていました。 ・僧侶は軍人だった 竹千代と呼ばれていた頃の徳川家康は、駿河今川領の臨済寺という寺社で修行に励んでいました。 この臨済寺を建てたのは、太原雪斎という僧侶です [全文を読む]

真田丸登場の女性 松・きり・梅の愛される魅力とは?

NEWSポストセブン / 2016年02月28日07時00分

家族のために、人質になると言ったとりに対し、夫をかくまい、一緒にいるためなら松は人質にもなる人だ。そんな松の魅力を家族問題を専門とするカウンセラー・高橋愛子さんはこう語る。 「家族から愛され、大事にされてきた松さんは、自分だけではなく、周りの人も幸せにならないと嫌なタイプです。 第5話で、彼女は信長の人質になりますが、それも夫を守りたいが故の行動ですし、 [全文を読む]

フォーカス