餌食のニュース

NGT48センター 加藤美南が初の顔面クリーム餌食に

dwango.jp news / 2016年01月19日12時06分

最終的には、緊張もあってか上手く踊れなかった西潟が、NGT48で初めての顔面クリームの餌食に。西潟は「痛いです心が」とまさかのコメント。 続いては、HKT48から田中菜津美、田中美久、NGT48から中井りか、小熊倫実が挑戦し、握手で勝負をした。田中は握手後なんと耳元で「I LOVE YOU」と囁き外国人をメロメロにする魔性の女ぶりを披露。これには指原も「あ [全文を読む]

イオンのディスプレーも餌食に... ランサムウェア「WannaCry」街角でも増殖中

J-CASTニュース / 2017年05月16日16時49分

ランサムウェア「WannaCry」の感染が拡大している。単にコンピュータ・ネットワーク内だけでなく、デジタルサイネージなどの「現実世界」も浸食が進行中だ。「近所のスーパーの商品PR用画面がこうなってた」――2017年5月14日、ツイッターに1枚の写真が投稿された。一見、なんの変哲もない、スーパーの店頭ディスプレーだ。「トップバリュ」のロゴが入っていることか [全文を読む]

独女が「不倫女」に変わるとき!道ならぬ恋にハマる女性の特徴ときっかけ

ココロニプロロ / 2017年05月12日11時45分

◆独身女性が不倫にハマるきっかけ◎既婚者ばかりに好かれる癒し系で優柔不断な女性は、不倫願望のある既婚者から見れば格好の餌食。甘い言葉で誘われるうちにどんどんのめりこんでしまい、気づいたら抜け出せなくなっている、というパターンが主です。こうした男性は、得てしてつなぎとめるのがうまく、別れようとしてもなかなかできません。◎最初は火遊びのつもりだった「ちょっとし [全文を読む]

【海外発!Breaking News】聴覚障害のある子供らを聖職者の餌食にした日本人修道女「私は無実」(アルゼンチン)

TechinsightJapan / 2017年05月12日05時30分

出典:http://www.independent.co.uk (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子) [全文を読む]

伊藤忠パニックの衝撃…ファンドの餌食になる日本企業、突然の攻撃的リポートで株価急落

Business Journal / 2017年05月11日06時00分

2016年は、外資系投資ファンドの日本市場への参入が目立った。一部のファンドは、あらかじめ対象企業の株式を空売りし、当該企業の不正会計や会計上の不備を指摘する「売り」を推奨するリポートを公表。株価が下がり、安値となったところで買い戻して利益を得る手法をとる。財務諸表や監査報告書など、公表されたデータに基づいて分析している。 伊藤忠商事、丸紅、サイボーグ型ロ [全文を読む]


片山萌美&「仮面女子」立花あんなが“女狩り”の餌食に!ホラー漫画「屍囚獄」2部作で映画化

映画.com / 2017年05月03日04時00分

[映画.com ニュース] 室井まさね氏の人気ホラー漫画「屍囚獄」が2部作で映画化されることが明らかになり、ポスタービジュアルと予告編が公開された。グラビアアイドルで女優の片山萌美と「仮面女子」の立花あんなが共演し、「いっツー THE MOVIE」「ガチバン」の城定秀夫監督がメガホンをとった。 本作は、女が1人もいない山奥の村にやってきた5人の女に待ち受け [全文を読む]

3千年間燃え続けるガンジスの遺体を捉えた写真が、あまりにも悲しくて美しすぎる!

tocana / 2017年05月02日21時00分

そのため、川岸に大量の腐乱死体が漂着し、野良犬や野鳥の餌食になることも珍しくない。実際、動物に肉を食われて骨だけになった遺体や、鳥の餌になり内臓を引きずり出された遺体も目撃されている。 2015年1月には、ウッタル・プラデーシュ州ウンナオ付近のガンジス川岸で、少女30人の遺体が動物たちの餌食になった悲惨な状態で発見された。また、同州ではガンジス川の水位低下 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】狩猟中にハンター、ナイルワニ2匹の餌食に(ジンバブエ)

TechinsightJapan / 2017年04月25日13時23分

4月14日から狩猟に出たまま行方不明となっていた南アフリカ人ハンターが、ナイルワニ2匹の餌食になった可能性があることを英『The Telegraph』など複数メディアが伝えられている。 ジンバブエにて外国人客のためのハンティング会社「SS Pro Safaris」を経営していたスコット・ヴァン=ザイルさん(44歳)は、4月14日に突然姿を消した。 この日、 [全文を読む]

中国がスパイ密告に奨励金。カネ目当てで日本人が餌食になる恐れ

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日04時45分

「密告奨励」でスパイ狩り「天国」と化した北京 近づけばスパイ通報乱発の餌食に 今月10日、中国の北京市国家安全局は、スパイ行為に関する新たな規則を制定し、施行した。一般市民によるスパイ行為の通報を奨励し、事件の摘発につながる重要な情報を提供した場合、通報者に最高で50万人民元(日本円で約800万円)を報奨金として払うという、いわば「密告奨励」の規則である [全文を読む]

フォーカス