受難のニュース

実はエイプリルフール発祥の地!?フランスのエイプリルフールは「魚の日」

TABIZINE / 2016年04月01日10時00分

4月1日はキリスト教の受難節「レント」の最終日で、受難節の間はカトリック教徒は肉料理を控えるものとされていました。そういった背景もあり、受難節期間中でも食べられる「魚」を贈る人が多かったのだとか。それが時を経て、ホンモノではない「魚」を使ったジョークに変化。「4月の魚」には、このような背景があったのですね! 本日はエイプリルフール。みなさんも、同僚や上司 [全文を読む]

みのもんた、受難は続く

NewsCafe / 2014年07月20日18時00分

「東京スポーツの記事でまた受難状態です」というのはスポーツ紙デスク。 みのは日本テレビに勤めていた次男が窃盗容疑で逮捕されたことを受け、昨年10月に多くのレギュラー番組を降板する結果となった。 ここにきての受難とは? 「東スポは先日、『日本中の誰もが知っている超大物タレント・Xの親族・Yが暴力団関係者から恐喝されている』と報じました。さっそくXは誰だ推理 [全文を読む]

【書評】成熟をしないことが村上春樹なりの筋の通し方

NEWSポストセブン / 2017年05月20日16時00分

しかしそれも『羊』なら北海道開拓民、『ねじまき鳥クロニクル』ならノモンハン事件といった歴史を神話的な「受難」の象徴として引用してきたことの繰り返し以上のものはない。 いつもの村上なのに南京虐殺ひとつで遠巻きにする世論も何だか。だが、前作『多崎つくる』が百田尚樹よりは良質の歴史修正主義の寓話になっていたのと同様、今回も、あくまで南京虐殺で「殺した」側の人間が [全文を読む]

「トランプのアメリカ」でFRBは受難の時代に BNPパリバの米国チーフエコノミストに聞く

東洋経済オンライン / 2017年04月28日08時00分

米国でトランプ政権が発足して4カ月が経過し、当初の過激な言動は鳴りを潜め、政策は徐々に「平常運転」になりつつある。一方、米国経済のファンダメンタルズは好調で、 FRB(米国連邦準備制度理事会)は利上げに続きバランスシート縮小も模索しはじめ、引き締めモードに入っている。米国経済の先行きと経済政策、FRBの今後について、このほど来日したBNPパリバ証券の米国担 [全文を読む]


受難のバイエルン…アンチェロッティ「我々はまだ死んでない」

ゲキサカ / 2017年04月13日17時27分

●欧州CL16-17特集 ●ブンデスリーガ2016-17特集 ●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集 [全文を読む]

“ボランチ受難”の2連戦を乗り切った山口蛍の自覚「自分以外にハセさんの代わりはいない」

ゲキサカ / 2017年03月29日03時43分

ボランチ勢の受難が相次ぐ中、UAE戦、タイ戦と2試合連続でフル出場し、2戦連続完封勝利を支えたのがMF山口蛍(C大阪)だった。 UAE戦では4-3-3のアンカーとしてポジショニングに苦労しながらも、カウンターの得意な相手を要所で封じ込め、2-0勝利に貢献。この日のタイ戦では、サイドバックが本職のDF酒井高徳とダブルボランチを組んだ。「ハセ(長谷部)さんの存 [全文を読む]

G大阪GK受難、途中出場でトップデビュー田尻奮闘も浦和に土壇場PKで追いつかれる

ゲキサカ / 2017年03月19日19時03分

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ [全文を読む]

苦労人ローラの受難の日々は、運命で決まっていた?「銀座の母」の運命予言【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年02月18日11時45分

モデルのローラさんがテレビで過去を赤裸々に告白し、注目を集めていますね。日本で生まれた後、バングラデシュで数年暮らし、7歳の時に父・兄と共に日本に戻ったローラさんは、かなり過酷な幼少期を過ごしたそうです。◆苦労人の美少女がたどった道当時は裕福ではなかったうえ、日本語を全く話せず、父親の再婚相手である中国人の母親とも、学校の友達ともコミュニケーションを取れな [全文を読む]

人気のコミック『嫁vs姑』シリーズ新作登場! 「嫁vs姑&小姑&義理兄 トリプルバトル 我が家の受難」ほか全3作品が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2017年02月13日13時30分

<書籍概要1>■嫁vs姑&小姑&義理兄 トリプルバトル 我が家の受難作者:有宇木淳子◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2kjke5T◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/2lDE4e8◆iBooksリンク:http://apple.co/2lDAuAL◆Yahoo!ブックストアリンク:http://bit [全文を読む]

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い

NHKテキストビュー / 2017年02月11日08時00分

■『NHK囲碁講座』2017年1月号より [全文を読む]

嵐・松本潤に続く受難?葵つかさとフライデーに勃発した”重大トラブル”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月17日08時15分

あの裏切りの続報だ。『週刊文春』(文藝春秋)で、嵐の松本潤(33)とセクシー女優・葵つかさ(26)の“4年二股愛”が報じられた。嵐の松本は、女優の井上真央(30)とも交際を続け、結婚準備段階に入ったと報じるメディアもある。そんな中での今回の報道を受け、写真週刊誌『フライデー』(講談社)と葵の所属事務所の間でトラブルが勃発しているというのだ。 「今回『フライ [全文を読む]

再婚で幸せをつかんだ山口もえ…過去の受難は生まれ持つ「若気の至り星」のせい?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年01月13日10時20分

もしかしたら最初の結婚では、これに近いことがあったかも? [全文を読む]

韓国産鶏肉が鳥インフル拡大で受難、香港・ベトナムで輸入禁止に=韓国ネット「韓国の対応が遅いから…」「香港やベトナムは国政運営が迅速」

Record China / 2017年01月13日10時19分

何か1つでも結果を残したことある?」 「輸出する鶏は置いといて、まずは使えない鶏(朴大統領を指す)でも持って行ってくれ」(翻訳・編集/松村) [全文を読む]

“千駄ヶ谷の受け師” 木村一基八段、「本当は攻めるのが好き」

NHKテキストビュー / 2016年11月25日08時00分

「千駄ヶ谷の受け師」と呼ばれますが、今は受け将棋にとって受難の時代だそう。自身の棋風からプライベートまで、木村八段に自らを語っていただきました。* * *■本当は攻めるのが好き私の将棋は受けが強いと評していただくことが多いです。攻め駒を責める展開になることが多く、それが受けのイメージにつながっているのかなと思っています。とても名誉なことではありますが、実は [全文を読む]

日本のそうめんに涙。留学経験者が避けて通れぬホームシックの壁

まぐまぐニュース! / 2016年10月24日10時46分

人生には多くの受難がある。しかし、アメリカでの留学経験は、私にとっては最大級の受難だった。 今日は、カルチャーショックの3種類と、私が受けたカルチャーショックの経験を書いてみたいと思う(上の写真は、ホームシックの時に送ってもらって、日本に帰りたくて思わず泣いてしまった日本食ね)。 私を襲ったカルチャーショック、ひとくちに「カルチャーショック」といっても、こ [全文を読む]


【海外出産奮闘記#12】母乳育児の苦労再び!「処女乳首の受難」編

It Mama / 2016年08月16日22時00分

今回は「母乳育児の苦労再び! 処女乳首の受難」編をお送りします。■完全母乳で育った長女、次女妊娠後10ヶ月で断乳初めての母乳育児、長女の時、最初はとても苦労しました。乳首は傷つくわ、肩はこってがちがちになるわ、思えば大変な騒ぎでした。が、母乳育児は軌道に乗ってしまえば、いろんな意味でいいものなんです。赤ちゃんと密着する幸福感、いつでもどこにでも、赤ちゃんの [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 ■政界は男には「受難の時代」? 英国では故サッチャー元首相以来、二人目の女性首相テリーザ・メイ内閣が誕生し、米国でもどうやら建国以来、初めて女性が大統領に就く雲行きのようだ。筆者は内政では自民党の、米国では共和党の支持者だが、おそらくドナルド・トランプは過激な主張が禍して本選ではヒラリー・クリントンには勝てないであろう。 目下、舌 [全文を読む]

ありがとう秀次、安らかに秀次…秀吉&秀次の凄まじい演技力にファン感涙!『真田丸』第28話「受難」レビュー

おたぽる / 2016年07月22日14時00分

いよいよ豊臣政権崩壊待ったなし! という重苦しい展開となったが、それでも古い歴史好き・大河ドラマファンにはうれしいネタがぶっ込まれたり、楽しい見どころもあった大河ドラマ『真田丸』第28話「受難」。なお、前回は参院選の影響で数字を落としていたが、今回の視聴率は17.0%(ビデオリサーチ調べ)ともとの水準に戻ってきている。一安心。 さて17日に放送された第28 [全文を読む]

フォーカス