受難のニュース

岩佐真悠子、フルヌードで“性"の映画に挑む「毎日がパニックだった」

6 / 2013年09月27日09時00分

女優の岩佐真悠子が映画「受難」(12月7日公開)の主演を務めることが27日、わかった。 本作は、直木賞候補作・姫野カオルコ著「受難」を映画化したもの。修道院育ちの汚れなき乙女・フランチェス子(岩佐)が、なぜ男女は付き合うのか?なぜセックスをするのか?という疑問にぶつかり悶々とする日々を送る。そんなある日、彼女の性器に人面瘡(※人の顔のような傷)があらわれ、 [全文を読む]

実はエイプリルフール発祥の地!?フランスのエイプリルフールは「魚の日」

3 / 2016年04月01日10時00分

4月1日はキリスト教の受難節「レント」の最終日で、受難節の間はカトリック教徒は肉料理を控えるものとされていました。そういった背景もあり、受難節期間中でも食べられる「魚」を贈る人が多かったのだとか。それが時を経て、ホンモノではない「魚」を使ったジョークに変化。「4月の魚」には、このような背景があったのですね! 本日はエイプリルフール。みなさんも、同僚や上司 [全文を読む]

みのもんた、受難は続く

3 / 2014年07月20日18時00分

「東京スポーツの記事でまた受難状態です」というのはスポーツ紙デスク。 みのは日本テレビに勤めていた次男が窃盗容疑で逮捕されたことを受け、昨年10月に多くのレギュラー番組を降板する結果となった。 ここにきての受難とは? 「東スポは先日、『日本中の誰もが知っている超大物タレント・Xの親族・Yが暴力団関係者から恐喝されている』と報じました。さっそくXは誰だ推理 [全文を読む]

【書評】成熟をしないことが村上春樹なりの筋の通し方

2 / 2017年05月20日16時00分

しかしそれも『羊』なら北海道開拓民、『ねじまき鳥クロニクル』ならノモンハン事件といった歴史を神話的な「受難」の象徴として引用してきたことの繰り返し以上のものはない。 いつもの村上なのに南京虐殺ひとつで遠巻きにする世論も何だか。だが、前作『多崎つくる』が百田尚樹よりは良質の歴史修正主義の寓話になっていたのと同様、今回も、あくまで南京虐殺で「殺した」側の人間が [全文を読む]

「トランプのアメリカ」でFRBは受難の時代に BNPパリバの米国チーフエコノミストに聞く

2 / 2017年04月28日08時00分

米国でトランプ政権が発足して4カ月が経過し、当初の過激な言動は鳴りを潜め、政策は徐々に「平常運転」になりつつある。一方、米国経済のファンダメンタルズは好調で、 FRB(米国連邦準備制度理事会)は利上げに続きバランスシート縮小も模索しはじめ、引き締めモードに入っている。米国経済の先行きと経済政策、FRBの今後について、このほど来日したBNPパリバ証券の米国担 [全文を読む]


【パリ発コラム】伝説的名画座消失に見る、名画座受難時代

2 / 2017年04月16日08時00分

エトワール・パゴドの例は特殊とはいえ、その消失が名画座受難を象徴していることは確かだろう。(佐藤久理子) [全文を読む]

受難のバイエルン…アンチェロッティ「我々はまだ死んでない」

2 / 2017年04月13日17時27分

●欧州CL16-17特集 ●ブンデスリーガ2016-17特集 ●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集 [全文を読む]

“ボランチ受難”の2連戦を乗り切った山口蛍の自覚「自分以外にハセさんの代わりはいない」

2 / 2017年03月29日03時43分

ボランチ勢の受難が相次ぐ中、UAE戦、タイ戦と2試合連続でフル出場し、2戦連続完封勝利を支えたのがMF山口蛍(C大阪)だった。 UAE戦では4-3-3のアンカーとしてポジショニングに苦労しながらも、カウンターの得意な相手を要所で封じ込め、2-0勝利に貢献。この日のタイ戦では、サイドバックが本職のDF酒井高徳とダブルボランチを組んだ。「ハセ(長谷部)さんの存 [全文を読む]

G大阪GK受難、途中出場でトップデビュー田尻奮闘も浦和に土壇場PKで追いつかれる

2 / 2017年03月19日19時03分

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ [全文を読む]

フォーカス