拓殖大学のニュース

拓殖大学が産学官連携による総務省委託事業「IoTサービス創出支援事業」に参画 -- 5月16日に共同記者会見を実施

Digital PR Platform / 2017年05月01日08時05分

拓殖大学は産学官連携による総務省委託事業「IoTサービス創出支援事業」に参画することになり、下記の通り共同記者会見を実施する。 この事業は、八王子市内企業により「八王子市の防災、特に河川の氾濫に対する安心安全をIoT技術で構築する取り組み」として、拓殖大学からは工学部の前山利幸教授が協力し、今年3月に総務省から採択されたもの。 ※つきましては、下記の通り、 [全文を読む]

【2/4 イベント案内】武器輸出三原則緩和の是非 ~徹底討論!佐藤丙午・川崎哲~

PR TIMES / 2014年01月20日15時24分

※2014/01/24追記:討論者として、当初、一政祐行氏(防衛研究所主任研究官)を予定しておりましたが、佐藤丙午氏(拓殖大学国際学部・海外事情研究所教授)に変更になりました。現在、日本政府は、武器の輸出を原則として禁じてきた「武器輸出三原則」を緩和し、「日本の安全保障に資する場合」などに限って、輸出後の「適正な管理」を行うこと(未許可の第三国移転の禁止な [全文を読む]

拓殖大学工学部が高校生を対象に、アイデアのタネを競うコンテスト「ORANGE CUP 2017」を開催

Digital PR Platform / 2017年06月02日08時05分

拓殖大学工学部は高校生を対象に「ORANGE CUP 2017―アイデアのタネコンテスト」を開催する。これは、テーマに沿って自分が考えた自由なアイデアを文章とイラストで表現するというもので、今年で7回目。今回のテーマは「あなたのために『何か』をしてくれるロボット」で、7月22日(土)まで募集中。 拓殖大学工学部は、夢やアイデアを形にすることが工学部の学びで [全文を読む]

「オキナワモズクフコイダン」ハラール証明書取得

PR TIMES / 2015年02月03日14時11分

ハラール証明書は2014年10月27日付けで、拓殖大学イスラーム研究所の指導のもと、約2年をかけて「日本ムスリム協会」から認証を得ました。今後はインドやシンガポール、その他のイスラム教諸国での展開を予定しています。ハラール証明書の取得により医薬品、食品、化粧品などの複数の商品へ機能性素材としての採用が見込まれています。[画像: http://prtimes [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 富坂 聰さんによる連載コラム「習近平が陥る究極のディレンマ」第3回『激変 中国』を掲載しました

PR TIMES / 2015年01月28日16時38分

[画像1: http://prtimes.jp/i/4608/314/resize/d4608-314-944107-0.jpg ]株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治、以下アドバンスクリエイト)が運営する国内最大級の保険選びサイト「保険市場( https://www.hokende.com/ )」において、保険市場 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 富坂 聰さんによる連載コラム「習近平が陥る究極のディレンマ」第2回『習近平が見据える未来』を掲載しました

PR TIMES / 2015年01月14日14時26分

[画像1: http://prtimes.jphttps://prtimes.jp/api/file.php?t=origin&f=d4608-304-379811-1.jpg&time=0.5784064834115987 ]株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治、以下アドバンスクリエイト)が運営する国内最大級の保険 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 富坂 聰さんによる連載コラム「習近平が陥る究極のディレンマ」第1回『曲がり角を迎えた中国の行方』を掲載しました

PR TIMES / 2014年12月25日17時26分

株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治、以下アドバンスクリエイト)が運営する国内最大級の保険選びサイト「保険市場( https://www.hokende.com/ )」において、保険市場コラム「一聴一積」内に、拓殖大学海外事情研究所教授、ジャーナリスト 富坂 聰(とみさか さとし)さんによるコラムの第1回を掲載いたし [全文を読む]

拓殖大学が7月2日に「TAKUSHOKU NEW ORANGEスポーツオープンキャンパス」を開催 -- 「国際フェスティバル」も同時開催

Digital PR Platform / 2017年06月09日08時05分

拓殖大学は「第2回スポーツオープンキャンパス」を八王子国際キャンパスで開催する。これは、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを控え、スポーツの振興およびスポーツの魅力を広めることを目的としたイベント。同大体育局の18競技団体の学生が参加し、子どもから大人までスポーツを体験して楽しめる。当日は相撲部による「振る舞いちゃんこ」のほか、協賛の大塚製薬 [全文を読む]

ユース所属の町田FW青木義孝が今春から拓殖大学に進学…昨年9月から2種登録

超ワールドサッカー / 2017年02月27日17時51分

▽FC町田ゼルビアは27日、2種登録でトップチームに帯同していたユース所属のFW青木義孝(18)が、今春より拓殖大学に進学することが決定したことを発表した。 ▽東京都出身の青木は、町田ジュニアユース時代から同クラブの下部組織に所属。ユースに昇格すると、2016年9月15日に2種登録された。しかし、トップチームでの出場はなかった。 ▽進学を決めた青木は、クラ [全文を読む]

米大統領選で都市の住人はなぜ不利だったか

プレジデントオンライン / 2017年01月29日11時15分

選挙制度に詳しい拓殖大学の浅野正彦教授は次のように解説する。 「建国当時、各州の人口は大きく変わりませんでした。しかし都市化によって都市部の人口が増え、大票田ほど一票の価値が下がってしまった。都市部に支持者が多い民主党のクリントンに不利でした」 ■民意を適切に反映する理想の選挙制度とは? 米大統領選史上、得票数で上回った候補が負けたケースは初めてではなく、 [全文を読む]

拓殖大学名誉教授 井尻千男氏の遺稿著作集、啓文社書房から発売 - 歴史にとって美とはなにか~宿命に殉じた者たち -

@Press / 2016年05月30日13時30分

株式会社啓文社書房(所在地:東京都千代田区、代表:漆原亮太)は、拓殖大学名誉教授であり「週刊新潮」「日本経済新聞」でコラムニストとして活躍した井尻千男著『歴史にとって美とは何か~宿命に殉じた者たち』(発売:有限会社啓文社)を、全国の書店、Amazon.co.jpを始めネット書店で発売しました。 詳細URL : http://kei-bunsha.co.jp [全文を読む]

人気チャイナウォッチャー2名の対談が実現! 『中国黙示録 未来のない国の憐れな終わり方』 台湾総統選からわかった「反中国」、これからの10年

DreamNews / 2016年04月14日10時00分

台湾出身で中国はもとより、台湾、中台関係を研究してきた評論家で拓殖大学日本文化研究所客員研究員の黄文雄。この人気チャイナウォッチャー2人による初めての対談をまとめたのが本書です。今回のテーマは「中国のメルトダウンと変貌する東アジア」です。まず渡邊氏は、2016年1月の上海株式市場の暴落によりいよいよ中国経済は余命わずかとなったと指摘。1兆ドル以上ともされる [全文を読む]

弊社 船木キャップの講演実録連載(3)

クオリティ埼玉 / 2015年11月03日00時11分

2015年10月15日とだわらび倫理法人会モーニングセミナー講話「メディア人として、日本創生を考える」より 昭和58年、拓殖大学紅陵高校から拓殖大学外国語学部英米語学科へ進学をしました。第二外国語で朝鮮語を取得しましたが、やはり放送を通じて朝鮮半島の状勢に興味を持ったというのがあったので、言語も学ぼうと思ったのです。大学1年の夏休み、延世大学校の語学堂へ短 [全文を読む]

戦後70年!日本人の名誉を回復する新しい「国史」講座!『日本人が目覚めた 国難の日本史』仕掛けられた「歴史戦」に勝つために読んでおきたいみんなの日本の歴史!

DreamNews / 2015年05月25日10時00分

東京大学教育学部教授、拓殖大学教授を経て、拓殖大学客員教授。1995年、自由主義史観研究会(今年から「授業づくりJAPAN」と改称)を組織し歴史教育の見直しに着手。1997年、新しい歴史教科書をつくる会を創立し、同会前会長 (著者)藤岡信勝(価格)1,600円+税 〈発売日〉2015年4月30日 〈出版元〉ビジネス社《 お問い合わせ先 》 株式会社ビジネス [全文を読む]

戦後70年!日本人の名誉を回復する新しい「国史」講座!『日本人が目覚めた 国難の日本史』仕掛けられた「歴史戦」に勝つために読んでおきたいみんなの日本の歴史!

DreamNews / 2015年05月25日10時00分

東京大学教育学部教授、拓殖大学教授を経て、拓殖大学客員教授。1995年、自由主義史観研究会(今年から「授業づくりJAPAN」と改称)を組織し歴史教育の見直しに着手。1997年、新しい歴史教科書をつくる会を創立し、同会前会長 (著者)藤岡信勝(価格)1,600円+税 〈発売日〉2015年4月30日 〈出版元〉ビジネス社《 お問い合わせ先 》 株式会社ビジネス [全文を読む]

須藤元気に学ぶ、つまらない大人にならないための10の方法 【後編】 「“人生はつらくて当然”じゃなく、楽しいことから先にやる」

週プレNEWS / 2015年01月16日06時00分

軽妙で哲学的なエッセイを出版すれば大ベストセラーになり、母校・拓殖大学のレスリング部の監督に就任すればチームを優勝に導き、音楽活動では海外からも高い評価を得る。 そんな、自らの人生を完全にポジティブな軌道にのせたように見える彼に聞いた! 須藤元気さんが考える「つまらない大人にならないための10の方法」の後編! *** 6 「人生はつらくて当然」なんて思わ [全文を読む]

須藤元気に学ぶ、つまらない大人にならないための10の方法 「自分を束縛する『観念』を解体すれば、より自由に生きられる」

週プレNEWS / 2015年01月15日06時00分

軽妙で哲学的なエッセイを出版すれば大ベストセラーになり、母校・拓殖大学のレスリング部の監督に就任すればチームを優勝に導き、音楽活動では海外からも高い評価を得る。そんな、自らの人生を完全にポジティブな軌道にのせたように見える彼に聞いた! 須藤元気さんが考える「つまらない大人にならないための10の方法」を教えてもらえませんか? *** 1 スマホをいじる時間 [全文を読む]

「雇用環境の変動における期待される人材の育て方」シンポジウムのご案内

PR TIMES / 2014年10月20日11時56分

拓殖大学総長・渡辺利夫氏をはじめ、大学・企業・学生保護者の各分野から広い見識を持つ5名のパネラーにご登壇いただき、 “就活2016年問題”についてそれぞれの立場からの意見を踏まえて、今後の新たな人材の育て方について模索していきます。また、シンポジウム終了後は、参加者の皆様との懇親会も開催し、参加者同士の交流の場もご用意しております。<シンポジウム 開催要項 [全文を読む]

第23回山本七平賞選考結果のお知らせ石平著『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』

@Press / 2014年09月17日08時30分

現在、拓殖大学客員教授。 賞金 300万円 本賞には記念品として懐中時計、山本七平著『静かなる細き声』の特装本を贈呈します。 贈呈式は、11月14日(金)午後6時より、帝国ホテル東京「光の間」にて行います。 【山本七平賞について】 平成3年12月に逝去なさった山本七平氏の長年にわたる思索、著作、出版活動の輝かしい成果を顕彰することを目的に、平成4年5月に創 [全文を読む]

“日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫る”シンポジウムにネクストエデュケーションシンク社代表の斉藤実が企業のグローバル人材育成に携わる立場からパネリストとして参加。9/6(土)13時~

DreamNews / 2014年08月12日09時00分

◆セミナー概要 第4回グローバル教育の集い 「日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫る」 日時:平成26(2014)年9月6日(土)13:00~17:30 会場:拓殖大学文京キャンパス 国際教育会館3階 (東京メトロ丸の内線茗荷谷駅下車徒歩5分) 共催:グローバル教育フォーラム http://www.kokusaiken.org/gedufor [全文を読む]

フォーカス