発作のニュース

突然発作を起こす子どものてんかんの種類と治療

イクシル / 2017年04月29日10時00分

てんかんは、乳幼児からお年寄りまで起こる病気で、100人に1人がてんかんの発作を起こすといわれています。てんかんは、脳の慢性疾患ともいわれ年齢問わず起こる脳の病気で、発作を繰り返すという特徴があります。今回は、子どものてんかんの種類や症状を解説します。子どものてんかんの原因と分類型てんかんは、脳の神経細胞が過剰な興奮により発作を起こし、しばしば繰り返すのが [全文を読む]

エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン(R)」日本において製造販売承認を取得

JCN Newswire / 2013年03月25日20時16分

LGSは複数のてんかん発作型を示すため、発作の制御が極めて困難であり、通常患者様は数種類の抗てんかん薬を服用しています。LGS患者様は発作時の意識消失による転倒、および発達遅延や行動障害を伴う場合もあることから、患者様とそのご家族のQOLに著しい影響を及ぼす疾患です。 当社は、てんかん領域を重点疾患領域と位置づけており、本剤に関しては、2007年1月に欧州 [全文を読む]

国内の患者数約100万人のてんかん。いまだに正しい知識が浸透していない

QLife / 2016年08月26日16時00分

高齢者の発症増加、原因わからないもの多く 日本てんかん学会理事長の大澤眞木子先生 国内の患者数約100万人、発作が慢性的に繰り返し起こる、脳神経の病気であるてんかん。いまだに正しい知識が浸透していないのが現状です。第一三共株式会社とユーシービージャパン株式会社は8月23日、メディアセミナーを開催。日本てんかん学会理事長で、東京女子医科大学名誉教授の大澤眞木 [全文を読む]

エーザイ、抗てんかん剤ペランパネルについて日本を含むアジアの難治性部分てんかん患者における臨床第III相試験結果を発表

JCN Newswire / 2015年11月02日18時17分

第49回日本てんかん学会学術会議にて口頭発表TOKYO, Nov 2, 2015 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、自社創製の抗てんかん剤ペランパネル水和物(一般名、以下ペランパネル、海外製品名「Fycompa(R)」)について、日本を含むアジアでの難治性部分てんかんに対する臨床 [全文を読む]

パニック障害を持つ同僚に、自分はどう接すればよい?

オトコクラス / 2016年01月05日16時00分

発作が起きたらどうする?」 『先日、職場の女性の同僚と一緒にお客様のお宅で業務をしていると、突然、彼女がパニックを起こしてしまいました。彼女は職場に病気のことを隠していたので、私はどうしてよいのかわからず、できるだけ落ち着くように声を掛けたりその場にとどまるように努力していました。発作が治まっても茫然自失のような状態で、何もできなくなってしまいました。パニ [全文を読む]

エーザイ、自社創製の新規抗てんかん剤「フィコンパ」を発売

JCN Newswire / 2016年05月25日16時02分

TOKYO, May 25, 2016 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、日本において、「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)および強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法」を効能・効果とする、自社創製の新規抗てんかん剤「フィコン [全文を読む]

エーザイ、抗てんかん剤「ペランパネル」の2つの臨床第III相試験を開始

JCN Newswire / 2016年10月28日16時00分

TOKYO, Oct 28, 2016 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、自社創製の抗てんかん剤ペランパネル(一般名:ペランパネル水和物、製品名「フィコンパ(R)」、英名「Fycompa(R)」)について、部分発作または強直間代発作を有する小児てんかんの患者様を対象とした臨床第 [全文を読む]

それ危険な兆候かも…見落としがちな「心臓発作の初期サイン」4つ

WooRis / 2015年05月20日22時00分

そんな習慣が積み重なると、いつか心臓疾患や発作につながることも考えられます。 心臓発作……と聞くとドラマチックな症状を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、その“初期サイン”はほとんど気づかないような症状であることも多いとか。また、心臓発作による女性の死亡率も実は大変高いそうです。 そこで今回は、海外の情報サイト『Safe Bee』の記事を参考に、そんな気 [全文を読む]

ツイッターで送られてきた光で発作、危険もっと知るべき

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月21日18時57分

なぜ激しい光は脳の働きを乱し発作を引き起こすのか>米捜査当局は17日、ツイッターを使って本誌シニアライターのカート・アイケンウォルドに視覚的な危害を加えたとして、メリーランド州ソールズベリーの男を逮捕した。容疑者のジョン・リベロは昨年12月、アイケンウォルドにてんかんの発作を起こさせる目的で、ストロボ光を発するGIF形式の動画を送りつけた。動画は12月15 [全文を読む]

成人してからも治らない喘息。完治の可能性は?

オトコクラス / 2016年03月26日16時00分

喘息はひとたび発作が出ると、ゼエゼエと息が苦しくとても辛いもの。一般的には吸入薬で症状を落ち着かせますが、喘息の治療は長期戦になることが多いといわれています。幼少期から繰り返す発作が大人になっても続く場合、もう完治は無理なのでしょうか。 30代男性からの相談:「大人になっても吸入器が手放せないが、もう完治はない?」 『物心つく前から喘息に悩まされ、中学生ぐ [全文を読む]

フォーカス