大蔵のニュース

東京大学総合図書館所蔵の萬暦版大蔵経、NextPublishingによりプリント・オンデマンド書籍として販売を開始

PR TIMES / 2016年09月26日10時37分

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、SAT大藏經テキストデータベース研究会(http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ 代表:下田正弘東京大学大学院人文社会系研究科教授)がオープンデータとしてデジタル公開している萬暦版大蔵経(http://dzkim [全文を読む]

あの人気歌手がプロデュース!「結果がすぐ出る」と噂のジムに潜入

VenusTap / 2014年12月02日07時45分

そんな中、男性4人組アーティスト・ケツメイシの大蔵さんがプロデュースしているパーソナルトレーニングスタジオ『スタジオカーポ』が話題になっている。パーソナルトレーニングスタジオは数多くあるが、このスタジオには女性に嬉しい“個性”がいくつかあるからだ。 そこで今回は、筆者が体験してきたいま注目のパーソナルトレーニングと、『スタジオカーポ』ならではの“個性”に [全文を読む]

ケツメイシ、3月発売のニューシングルにメンバー初ソロ曲を収録決定!

okmusic UP's / 2014年02月10日16時30分

ケツメイシが3月12日にリリースする待望のニューシングル「カリフォルニー」に、メンバーのRYOと大蔵によるそれぞれのソロ曲が収録されることがわかった。【その他の画像】ケツメイシすでに表題曲「カリフォルニー」と木下工務店のCM曲としても知られている「ストーリー」の2曲の収録が発表されているが、ここにきてRAPを担当するRYO、同じくRAPでリーダーの大蔵によ [全文を読む]

メジャーデビュー15周年 10枚目アルバム「KETSUNOPOLIS 10」新CM動画が10月17日より公開!ケツメイシ魂全開の30秒間

PR TIMES / 2016年10月17日19時46分

“秒針音の中で繰り広げられるビーチフラッグス対決!”大蔵を待ち受けていたものは・・・!? ~10月26日にアルバム発売、11月30日にLIVE DVD,Blu-rayも発売決定~今年メジャーデビュー15周年を迎え、記念すべき10枚目のアルバム「KETSUNOPOLIS 10」を10月26日にリリースするケツメイシがそのNEW ALBUMのCMを10月17日 [全文を読む]

明石大蔵海岸に新たに「かき小屋」オープン!

PR TIMES / 2015年10月22日16時28分

~冬でも外が楽しい!本場広島のかきを堪能~ 春から秋に大蔵海岸でバーベキューサイト(ブリッジテラス大蔵:所在地 明石市大蔵海岸)を運営している(株)キャッスルホテルは、11月21日~3月27日に同所で「かき小屋」を展開することになりました。 「冬のお手軽レジャー」として、今まで冬場は何もなかった大蔵海岸で冬の味覚のかきを堪能してもらおうというのがコンセプト [全文を読む]

中村勘九郎が平成中村座に帰ってきた!六代目中村勘九郎の襲名披露狂言をWOWOWライブで2週に渡って放送

PR TIMES / 2012年04月23日09時25分

続いて5月5日(土)夜9時からは、勘九郎の祖父に当たる十七世勘三郎、父の当代勘三郎の襲名披露狂言としても上演され代々受け継がれてきた『一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)』を放送。物語の舞台は平安末期、平治の乱で源義朝が殺害され源氏は没落。義朝の愛妾だった常盤御前(中村扇雀)は敵の清盛に預けられた後、公家の大蔵卿(六代目中村勘九郎)の妻となった。こ [全文を読む]

真田丸『第47話』解説。女たちの和平交渉は家康側も考えていた?

まぐまぐニュース! / 2016年11月27日22時00分

豊臣方も、これに対応して(釣り合うように)大蔵卿の局を全権大使に。 冬の陣の停戦交渉が、なぜ女性同士で話し合われたのか、という問題については、いろいろな考え方がある。僕の考えは、次のようなものだ…。 徳川方は30万近い大軍で、大坂城を攻囲した。これだけの大軍が狭い地域に張り付いて攻城戦を行うとなると、先に兵粮が底をつくのは、人数の多い攻囲軍の側だ。小田原の [全文を読む]

米初代財務長官と日本最初の大蔵大臣をつなぐミュージカル

Forbes JAPAN / 2016年07月30日15時00分

銀行制度についての使節は、1870〜71年にアメリカに派遣された、当時大蔵少輔(次官)の伊藤博文。そこで伊藤が見たのは、国債を担保に差し入れて民間の多くの銀行が発券銀行になるという「国法銀行」制度であった。日本にその制度を持ち帰り、「国立銀行条例」を制定したのが、72年(明治5年)。つまり、明治政府は、最初から「中央銀行」を設立したわけではなかった。日本版 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(6)現場からの情報が最大の武器

アサ芸プラス / 2016年06月30日05時55分

大蔵大臣の田中角栄は、文京区目白台の自邸で2人の官僚と対峙していた。「君たちはこの俺が、大蔵省の細かな行政について何もわかっとらんと考えとるらしい。が、本当にそう思っとるんだったら、けしからん!」 田中は、大蔵官僚たちが、自分が尋常高等小学校卒ということで、心の底では馬鹿にしていることをわかっていた。「おい!」と言って、秘書に応接間の壁の戸を開けさせると、 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(5)法案成立のため敵の懐にも足を運び

アサ芸プラス / 2016年06月29日05時55分

しかし、田中の前に、大蔵省が立ちはだかった。大蔵官僚たちは猛反対した。「税金を特定の目的に使う『特定財源』は、予算配分の権限を侵されるから、断固として許すわけにはいかない!」 石油・運輸業界も、これに強く反対した。「増税は許さない」 田中は、抵抗が激しければ、よけいに燃えた。34歳の若い血がたぎった。〈必ず通してみせる〉 52年4月、田中は手始めに、旧道路 [全文を読む]

フォーカス