溝口のニュース

【撮り下ろし写真満載】『ドリフェス!』 DearDreamロングインタビュー 「作品と僕らはリンクしている」[オタ女]

ガジェット通信 / 2016年11月10日22時00分

メンバーは、天宮奏役・石原壮馬(いしはらそうま)さん、及川慎役:溝口琢矢(みぞぐちたくや)さん、佐々木純哉役・富田健太郎(とみたけんたろう)さん、片桐いつき役・太田将熙(おおたまさき)さん、沢村千弦役・正木郁(まさきかおる)さんの5人。 ゲームとは異なるアニメのアフレコの裏話や11月2日リリースの『ドリフェス!』ミニアルバム『Welcome To D-F [全文を読む]

黒澤、小津を超える?溝口健二の評価、米で高まる“近代日本の抑圧された日本人女性を描いた”

NewSphere / 2014年05月12日11時50分

ニューヨークのMuseum of the Moving Image で溝口健二の作品が今月上映されている。ここでは黒澤以上に、溝口は純粋な芸術家であるとして評価が高い。 しかし一方で、2012年にSight & Sound誌が発表した映画ベスト50の中に溝口健二監督のものがほとんどない。小津安二郎の「東京物語」は3位、「晩春」は15位、黒澤明の「七人の侍」 [全文を読む]

「うつは食べ物が原因だった」の著者で栄養療法の権威“医師 溝口 徹”の新刊『まず「白米」をやめなさい!』発売決定!

@Press / 2015年03月13日16時00分

日本で初めて栄養療法※を専門とするクリニックを開業し、今尚 栄養療法の権威である医療法人回生会 新宿溝口クリニック(所在地:東京都新宿区 http://www.shinjuku-clinic.jp/ )の院長、溝口 徹の新刊『まず「白米」をやめなさい!』が2015年3月25日に発売されます。 ※栄養療法(オーソモレキュラー療法:orthomolecular [全文を読む]

“栄養療法の権威”溝口 徹が、病気に効く料理を提案 新刊『病気を治す!症状別のおくすりスープ』11月15日発売

@Press / 2013年10月30日11時00分

新宿溝口クリニック(院長:溝口 徹、http://www.shinjuku-clinic.jp/ )は、当院長の溝口 徹と管理栄養士の大柳 珠美による共著『病気を治す!症状別のおくすりスープ』が2013年11月15日に発売されることを発表いたします。院長の溝口 徹は、うつやガンなどへの新たな治療法として期待される「栄養療法(オーソモレキュラー療法)※」の普 [全文を読む]

香川京子が溝口健二監督と黒澤明監督の共通点を語る

Movie Walker / 2017年01月07日13時58分

溝口健二監督没後60年、増村保造監督没後30年記念企画の特集上映「溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち」が角川シネマ新宿で開催中だ。溝口監督のミューズである女優の香川京子が、1月7日に角川シネマ新宿で開催されたトークショーに登壇し、溝口監督との撮影秘話を語った。溝口監督作の『山椒大夫』(54)と『近松物語』(54)に出演した香川は「2本だけですが、私に [全文を読む]

山口組分裂で溝口敦氏 「警視庁が『保護願い出して』と連絡」

NEWSポストセブン / 2016年01月12日11時00分

ともに暴力団の事情に精通する、ノンフィクション作家・溝口敦氏とフリーライター・鈴木智彦氏が対談した。 ──ヤクザが変わったといえば、元安藤組組長で映画俳優としても名を馳せた安藤昇が昨年12月16日に亡くなった。 鈴木:溝口さんは安藤さんと交流はあったんですか。 溝口:私はない。 鈴木:あっ、そうなんですか。興味なかったんですか。 溝口:興味ない。ああいう色 [全文を読む]

モバイルヘルステクノロジーベンチャー FiNC 総額6.5億円の資金調達実施を決定~元サッカー日本代表監督の岡田武史氏、イー・アクセス株式会社創業者の千本倖生氏らを株主として迎える~

DreamNews / 2015年08月24日10時00分

株式会社FiNC(本社:東京都中央区、代表取締役社長:溝口勇児)は2015年8月24日に新たに加わる役員や個人投資家への第三者割当増資及び、みずほ銀行や日本政策金融公庫などの金融機関からの借入を含め、総額6.5億円の資金調達を実行することを決定いたしましたのでお知らせいたします。 このたび、新たに株主として、元サッカー日本代表監督の岡田武史氏、イー・アクセ [全文を読む]

乳がん経験女性 全摘手術から乳房再建、豊胸手術までを告白

NEWSポストセブン / 2012年10月11日16時00分

神奈川県在住の歯科衛生士・溝口綾子さん(51才)はKSHS代表で、今回の撮影企画の発起人でもある。 KSHSとは「キチンと手術・ホンネで再建の会」の略。乳がんをきちんと治療し、美しく再建することが、ポジティブに生きることの支えになると訴え、ボランティアで乳がん患者のサポートを行っている。「再建したらどんな胸になるのか、乳がんの女性たちが知りたいリアルな情報 [全文を読む]

『「うつ」は食べ物が原因だった!』の著者で栄養療法※の権威“医師 溝口 徹”の新刊『2週間で体が変わるグルテンフリー健康法』が発売

@Press / 2016年02月23日13時00分

日本で初めて栄養療法※を専門とするクリニックを開業し、今なお栄養療法の権威である医療法人回生會 新宿溝口クリニック(所在地:東京都新宿区 http://www.shinjuku-clinic.jp/ )の院長 溝口 徹の新刊『2週間で体が変わるグルテンフリー健康法』が2016年2月15日に発売されました。※ 栄養療法(オーソモレキュラー療法:orthomo [全文を読む]

栄養療法※の権威“溝口 徹”監修!チーフ栄養カウンセラー定 真理子による 新刊『50歳からは「肉、ときどき野菜」が正解。』が8月25日発売

@Press / 2015年08月25日10時30分

新宿溝口クリニック(所在地:東京都新宿区 http://www.shinjuku-clinic.jp/ )の院長、溝口 徹が監修した、チーフ栄養カウンセラー 定 真理子による著書『50歳からは「肉、ときどき野菜」が正解。』が2015年8月25日に発売されることを発表いたします。※ 栄養療法(オーソモレキュラー療法:orthomolecular medici [全文を読む]

薬を減らすヒントは「栄養」にある!8月1日『薬がいらない体になる食べ方』発売決定!!

@Press / 2012年07月31日11時30分

栄養療法(※)を専門に行う、医療法人回生會 新宿溝口クリニック(所在地:東京都新宿区)の院長 溝口 徹は、10万部突破のベストセラー「うつは食べ物が原因だった」に続く新刊『薬がいらない体になる食べ方』を、8月1日に発売いたします。溝口 徹は、うつやガンなどへの新たな治療法として期待される「栄養療法(オーソモレキュラー療法)※」の普及活動に力を入れています。 [全文を読む]

山口組分裂騒動 幹部と組員の利害不一致あり大抗争起きない

NEWSポストセブン / 2016年03月22日16時00分

暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が、山口組分裂騒動について論じた。 * * *溝口:現実問題として、暴排条例で厳しく取り締まられているから、暴力団はシノギができない。金も将来性もないのが分かりきっているから若い人が集まらない。若い人は親分の「部屋住み」からはじめて、まさに雑巾がけも含め、親分や兄貴分に顎で使われる生活に耐えられない。そ [全文を読む]

女性の不調と「子宮の冷え」の関係や「温め体質」になる最新栄養学が満載!新刊『子宮を温める食べ方があった!』発売

@Press / 2016年02月22日10時00分

医療法人回生會 新宿溝口クリニック(所在地:東京都新宿区、院長:溝口 徹、 http://www.shinjuku-clinic.jp/ )チーフ栄養カウンセラー 定 真理子と新宿溝口クリニックの外来も担当する医療法人社団桑島内科医院(所在地:香川県東かがわ市、院長:桑島 達郎、 http://kuwajima.net/ )副院長 桑島 靖子医師の共著『子 [全文を読む]

山口組大分裂 「現在の幹部が身を引き再合併」もあり得る

NEWSポストセブン / 2016年01月07日07時00分

ともに暴力団の事情に精通する、ノンフィクション作家・溝口敦氏とフリーライター・鈴木智彦氏が対談した。 ──抗争になるとすれば、六代目側が仕掛ける? 溝口:神戸側は、自分たちからは動きません。彼らは今回の離脱を「逃散」といっています。百姓が領主に抵抗するために別の土地に逃げることをいいますが、彼らは存続さえできればいいという立場ですから。焦燥感が生まれる理由 [全文を読む]

山口組分裂 「今年一年このままならバリュー揺らぐ」の指摘も

NEWSポストセブン / 2016年01月05日07時00分

ともに暴力団の事情に精通する、ノンフィクション作家・溝口敦氏とフリーライター・鈴木智彦氏が対談した。 溝口:抗争が起きるとしたら、今年ですよ。 鈴木:やっぱり今年ですか。 溝口:いま、直参の数や組員数でいうと、六代目と神戸で7対3くらいですが、神戸側が数を増やしていて、今年は5対5に近づいていくのではないか。そうなると、六代目側は本家であることさえ疑われて [全文を読む]

チーフ栄養カウンセラー 定 真理子による書籍『40歳からヤセ体質に変わる!「栄養セラピー」』5月20日発売!!

@Press / 2012年05月18日11時00分

栄養療法(※)を専門に行う、医療法人回生會 新宿溝口クリニック(所在地:東京都新宿区、院長:溝口 徹)のチーフ栄養カウンセラー 定 真理子(じょう まりこ)が、5月20日『40歳からヤセ体質に変わる!「栄養セラピー」』と題し、書籍を発売します。また書籍出版に併せ、定 真理子による栄養セミナーを、発売開始当日5月20日に秋田市民交流プラザALVEにて、6月2 [全文を読む]

社会問題を解くカギは「心と身体の健康」にあり

Forbes JAPAN / 2017年01月24日08時00分

「Wellness Award」を主催したFiNCの溝口勇児は、トレーナー出身という異色の経歴を持つ起業家だ。溝口は事業を通して、どのような社会を目指すのか─。働く人の心と身体の問題が、これほど社会的に大きな話題となった時代が、かつてあっただろうか。過重労働や過労死、高齢化と生産年齢人口の減少、膨張を続ける医療費。それらの問題のすべてが、「健康」と大きく関 [全文を読む]

溝口健二監督作『赤線地帯』と「逃げ恥」に共通点が!?山戸結希監督が指摘

Movie Walker / 2016年12月24日14時02分

溝口健二監督没後60年、増村保造監督没後30年記念企画の特集上映「溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち」が角川シネマ新宿で開催中だ。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査委員賞に輝いた『淵に立つ』(公開中)の深田晃司監督と、『溺れるナイフ』が大ヒット公開中の山戸結希監督が12月24日に開催されたトークショーに登壇し、二台巨匠の魅力を語り合った。 [全文を読む]

ヒットマンを一言で言えば普段ブラブラして何もしない人

NEWSポストセブン / 2016年03月31日07時00分

暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が、ヤクザは武力を捨てたのかどうかについて論じる。 * * * 溝口:語弊があるかもしれませんが、山口組分裂騒動をワイドショーや週刊誌で大々的に取り上げるのは、一般の人たちがケンカを見たいから。私たちも含めたみんなが野次馬なんです。 その観点で見れば、抗争とは暴力団が支払う社会的費用と言えます。抗争では [全文を読む]

山口組大分裂 暴力団社会における「最後の抗争」との見方も

NEWSポストセブン / 2015年10月18日07時00分

本格的な抗争勃発に備え緊張が高まるなか、溝口敦氏(ノンフィクション作家)と鈴木智彦氏(フリーライター)、当代ヤクザライターの2トップが緊急対談した。 ──分裂は警察の思う壺なのでは? 溝口:確かにそうだし、今回の分裂でますます暴力団は弱体化に向かうでしょう。それが分かっていても、分裂せざるを得なかった。 鈴木:暴力団社会において、今回が「最後の抗争」になる [全文を読む]

フォーカス