琵琶湖のニュース

119の河川が流れ込み、出口はたった1つ。なぜ琵琶湖は溢れないのか

まぐまぐニュース! / 2016年04月14日05時00分

日本最大の湖、琵琶湖ですが、そのはじまりは400万年前にできた浅い凹みで、しかも現在の場所には移動してきたってご存知でしたか? 無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、その不思議な琵琶湖の「生い立ち」と魅力を紹介しています。 不思議の宝庫 琵琶湖の魅力 先日、大津市科学館に行きました。お目当てはプラネタリウムでのオーロラに関する特別公演でしたが、その [全文を読む]

琵琶湖を一望しながら食事が楽しめる びわこ大津プリンスホテル

GOTRIP! / 2017年02月24日22時30分

滋賀県と言えば琵琶湖。小学生でも即答してくれる有名な湖ですが、琵琶湖のイメージというと、意外と思い浮かばない方が多いのではないでしょうか? 実は琵琶湖は、滋賀県全域からアクセスできるほど大きな湖だけあり、釣りはもちろんのこと、湖水浴、ウェイクボードなどのマリンマリンスポーツなども楽しめる、雄大な湖。小さいお子さんは「海」と間違える方も多いほどです。 そんな [全文を読む]

【家族でおでかけ】まるで海外のリゾート!びわ湖テラスのパノラマ絶景に感動!

Walkerplus / 2017年05月18日16時00分

ここでしか見られない、琵琶湖No.1のレイクビューを眺めながら、「テラスカフェ」のオリジナルメニューが楽しめます。絶品グルメのほかにも、アスレチックや関西最大級のジップラインなどもあるので、家族で1日を満喫するのにおすすめ!<※情報は関西ファミリーWalker(2016年9月15日発売号)より>■ 大パノラマのレイクビューに親子で大興奮!第1テラスは、雄大 [全文を読む]

【滋賀県初】国内外で話題のグランピングを導入! 2016年10月1日より予約受付開始

DreamNews / 2016年09月13日13時00分

美しい奥琵琶湖の湖畔に、隠れ家のように佇むリゾートホテル『奥琵琶湖マキノグランドパークホテル』は、滋賀県内のホテルとしては初めてとなる グランピングテントを導入。“グラピング”とは、グラマラス(glamorous)+キャンピング(camping)を掛け合わせた造語で、キャンプならではの自然・環境の中でホテル並みの快適さやサービスを体験するという新しいキャン [全文を読む]

びわ湖を巡る「500名の感動ストーリー」が誕生!「びわ湖チャリティー100km歩行大会」を10月に開催

@Press / 2016年07月26日11時30分

びわ湖チャリティー100km歩行大会実行委員会(実行委員長:小林 幹雄)は、パワースポット 琵琶湖周辺を徒歩で巡る体験型「感動」イベント『第3回びわ湖チャリティー100km歩行大会(以下 『びわ100』)』を、2016年10月15日(土)~10月16日(日)に開催します。参加者は、15日朝に長浜城の「豊公園(滋賀県長浜市)」をスタートし、16日15時30分 [全文を読む]

琵琶湖に一番近いカフェでふわふわマカダミアナッツパンケーキを楽しむ!滋賀県大津市「コーヒーハウス ショコラ」

GOTRIP! / 2017年04月05日11時30分

滋賀県にある日本最大の面積と貯水量を持つ湖、琵琶湖。雄大なスケール感のある琵琶湖は、滋賀県に行ったら一度はみてみたい観光名所のひとつです。 そんな琵琶湖を目の前で眺めながら、ゆっくりとできるカフェがあるのはご存知でしょうか。 今回ご紹介するのは、琵琶湖の目の前に位置する「コーヒーハウス ショコラ」。 「コーヒーハウス ショコラ」はオーシャンビューとなってお [全文を読む]

西川貴教、『イナズマロック フェス 2013』収益金の一部を滋賀県と草津市に寄付

okmusic UP's / 2013年12月13日16時00分

またこれに併せて、『イナズマロック フェス 2013』出演者により実施した、琵琶湖環境保全の為のチャリティーオークションの売上金¥925,207を滋賀県に寄付した。 【その他の画像】T.M.Revolution『イナズマロック フェス』は西川貴教が発起人となり、琵琶湖の水質保全と地域振興をテーマに掲げ、2009年より草津市烏丸半島で開催している滋賀県下最大 [全文を読む]

琵琶湖描ける?これさえあれば琵琶湖がキレイに描けますよ!

&GP / 2016年09月21日19時00分

[関連記事]書きやすい!握りやすい!鉛筆みたいなシャープペン ■「琵琶湖」を約1/100万スケール正確に描けるテンプレート 実はこれ、コクヨグループの株式会社コクヨ工業滋賀が手がける「ReEDEN(リエデン)」シリーズのひとつ。水質浄化や生態系保全など環境維持につながることから、琵琶湖・淀川水系の植物・ヨシをパッケージ台紙に使用したエコ文具なのです。 今 [全文を読む]

比叡山・びわ湖大津観光の決定版「大津満喫2dayチケット」を発売

@Press / 2016年04月27日15時00分

京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)と琵琶湖汽船株式会社(本社:大津市、社長:川戸良幸)、江若交通株式会社(本社:大津市、社長:安積正彦)、比叡山鉄道株式会社(本社:大津市、社長:森俊行)は、4社が連携した商品として、平成28年4月29日(金・祝)から平成29年3月30日(木)まで、比叡山・びわ湖大津の観光にぴったりの「大津満喫2da [全文を読む]

好評につき開催決定!滋賀の味覚を味わうフェア第2弾琵琶湖八珍と地元食材フェア 食のブランドをホテル館内5ヶ所のレストランでご堪能いただけます

@Press / 2015年08月12日10時30分

琵琶湖ホテル(所在地:滋賀県大津市、代表取締役社長:稲地 利彦)は、館内5レストランにて、2015年9月11日(金)~10月31日(土)まで「琵琶湖八珍フェア」を開催いたします。 このフェアでは“湖性”あふれる八種の魚介“琵琶湖八珍”を使用し、和食、洋食、イタリアンと様々なお料理でお楽しみいただけます。 地産地消にこだわっている地元密着型リゾートホテルなら [全文を読む]

【ドライブで行く】滋賀の人気観光スポット~琵琶湖と悠久の歴史!水も魅力も満載です~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年05月26日09時00分

県面積の6分の1を占める琵琶湖を巡る自然観光やレジャーはもちろん、世界文化遺産の「比叡山延暦寺」、源氏物語が生まれた名刹の「石山寺」、築城当時の天守閣が残る「彦根城」など、歴史好きにはたまらない観光スポットが各所に揃っている。 泊まりでのドライブであれば、一日目は彦根城や安土城跡など、滋賀が歩んできた歴史を見て回り、二日目はびわ湖バレイでアクティブに遊ぶ [全文を読む]

琵琶湖疏水通船復活」試行事業の概要について

@Press / 2015年02月04日18時15分

京都市では,大津市や民間事業者を含めた関係団体で構成する「琵琶湖疏水船下り実行委員会」を平成26年12月に設置し,大津・蹴上間の通船事業の本格実施に向け,課題を検証し,実施内容の具体化を図ることを目的とした,「琵琶湖疏水通船復活」試行事業について検討を続けて参りました。 この度,試行事業の概要及び乗船者モニターの募集内容について,下記のとおり取りまとめまし [全文を読む]

「インターネットってほんとうにいろいろわかって便利」 琵琶湖と淡路島にまつわる驚愕の事実が明らかに!

ガジェット通信 / 2016年10月10日17時45分

琵琶湖と淡路島がマークされた地図や『Yahoo!知恵袋』をキャプチャした画像などをアップした。 『Yahoo!知恵袋』の質問は 琵琶湖は淡路島のがぶっ飛んだ後に出来たと言うのは本当ですか? というもので、ベストアンサーの回答は その通り。 本当です。 というもの。 また、『知っとうや?』というブログの 琵琶湖と淡路島の謎 http://calseed.bl [全文を読む]

人気手帳、特別デザインの涼しげな野帳

&GP / 2016年07月08日07時00分

そこに、日本最大の湖である琵琶湖に特化した「ロクブンノイチ野帳」が加わりました。手掛けるのは、誰もが知るあのCampusノートなどを製造するコクヨ工業滋賀です。 関連記事:スケジュールは手帳派!手帳に挟めるスマホ用バッテリー お土産にもらうと嬉しいかも! 「ロクブンノイチ野帳」は、滋賀県立琵琶湖博物館の開館20周年記念にリリースされたニューアイテム。琵琶湖 [全文を読む]

琵琶湖&滋賀の味覚を味わいつくすグルメフェア

Walkerplus / 2015年08月21日14時29分

日本一の湖琵琶湖の真横にそびえる名門琵琶湖ホテルでは、滋賀の味覚を味わう大好評フェア「琵琶湖八珍と地元食材フェア」の第2弾を開催する。 館内にある5つのレストランにて9月11日(金)~10月31日(土)まで開催されるこのフェアでは、“湖性”あふれる八種の魚介“琵琶湖八珍”を使用した、和食、洋食、イタリアンと様々な料理を提供する。 琵琶湖八珍とは、ビワマス、 [全文を読む]

総合リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖 7 月19 日上映開始『星が落ちそうな夜だから』 完成披露試写会を本日開催

PR TIMES / 2014年07月17日09時50分

ナビゲーターの“山崎まさよし”と“星のお兄さん”による トークショーやミニライブも実施総合リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖(滋賀県守山市、支配人:澤井義幸)は、館内にある国内ホテル唯一の本格プラネタリウム「デジタルスタードーム ほたる」において、開業以来初となるオリジナル番組『~山崎まさよし×星のお兄さん~ 星が落ちそうな夜だから』を7 月19 日(土)よ [全文を読む]

住民はおびえるばかり…「琵琶湖一帯に放射能汚染危機が!」

WEB女性自身 / 2013年11月29日07時00分

万が一、誰かの手によって火でも付けられたら、放射性セシウムの数値は数万、数十万ベクレルとなる可能性があり、琵琶湖はもとより、周辺地域一帯がかなり危険な状態にさらされます」(市民団体『見張り番』滋賀代表の澤忠起さん・74) “関西の水がめ”琵琶湖畔で、いまとんでもない問題が起きている。琵琶湖に注ぐ滋賀県高島市の鴨川河川敷に、幅3.5メートル、長さ570メート [全文を読む]

客室改装計画 第三期リニューアルオープン 2017年7月、スーペリアフロア「Natura(ナチュラ)」誕生

@Press / 2017年06月07日14時00分

琵琶湖ホテル(所在地:滋賀県大津市浜町、総支配人:荒木 昌志)は、2015年10月に開始した客室改装計画の一環として、11階・12階ラグジュアリーフロア「Aqua(アクア)」、7階~10階デラックスフロア「Lumina(ルミナ)」に引き続き、6階をスーペリアフロア「Natura(ナチュラ)」にリニューアルいたします。画像1: https://www.atp [全文を読む]

実は日本一古いブランド牛だった!? 近江牛の秘密

マイナビ進学U17 / 2016年07月07日12時01分

滋賀県の豊かな自然に囲まれながら琵琶湖の水を飲んで育つ近江牛。なぜ近江牛がブランドなのか、どのような歴史があるのかに迫ります。■戦国時代に近江牛が食べられていた!?滋賀県は、県総面積の約1/6を占める琵琶湖を中心に山々に取り囲まれていて、これらの山々を源とする120を超える河川が近江盆地を潤し、琵琶湖に注いでいます。このような豊かな自然の恵みを受けて、滋賀 [全文を読む]

「びわ湖大花火大会」鑑賞プランが早くも予約開始

Walkerplus / 2016年04月19日18時00分

地上50mのホテルの屋上から、眼前に広がる琵琶湖花火のパノラマを満喫できる、日帰りホテルプランを琵琶湖ホテルが企画、早くも予約を開始した。 8月8日(日)に開催される2016年の「びわ湖大花火大会」。琵琶湖の目の前に立地する同ホテルならではの、迫力ある花火鑑賞と自慢の料理を組み合わせた日帰りプランは、毎年早くに売り切れる人気企画となっている。 今年は新たに [全文を読む]

フォーカス