境内のニュース

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

11 / 2015年11月06日10時35分

)塀などの囲いがない境内は小倉山に広っていて、紅葉の時期はモミジが全体を真っ赤に埋め尽くします。特に多宝塔あたりの紅葉は絶景です。京都屈指の紅葉の名所でもあり、境内や多宝塔は高台にあるため、京都市内を一望することが出来ます。 ・常寂光寺 紅葉時期に嵐山に行って訪れない人はいない!2015年見頃は? 祇王寺(1994年盛秋) 11月5日現在の紅葉:青葉 例年 [全文を読む]

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

9 / 2016年02月14日00時00分

是非この機会に訪れてみてはいかがでしょうか? 北野天満宮 image by:京都フリー写真素材 見頃:2月上旬~3月下旬本数:約1,500本 境内には1,500本もの梅の木が植えられ、早咲きのものもあるので雪に映える紅梅などを見ること出来るがかもしれません。期間限定で梅苑公開があり、2月25日には毎年恒例の梅花祭(ばいかさい)が行われます。 学問の神様・菅 [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

9 / 2016年01月31日19時00分

境内にはたくさんの梅の木が植えられています。また全国に1万2,000社もある天満宮の総本社である北野天満宮は学問の神様としても有名です。東京であれば湯島天神や九州の太宰府天満宮などはあまりにも有名ですよね。 今回は梅の名所、学問の神様・菅原道真を祀る北野天満宮の魅力をご紹介します。由緒ある有名な神社なので沢山の見どころがあります。その知られざる魅力の中で特 [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

8 / 2016年03月03日19時00分

境内には約1,000本の桜が植えられていて種類の違う桜が順番に花を咲かせるので1か月近く桜を楽しむことが出来ます。 醍醐寺は874年に理源大師・聖宝(しょうぼう)が上醍醐山上で醍醐水の霊泉を得て小さなお堂を建てたことにはじまります。そしてその場所に准胝(じゅんてい)観音像と如意輸観音を安置したことに由来します。その後907年に醍醐天皇の御願により薬師堂が [全文を読む]

紅葉は旅の入り口にすぎない。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地めぐり

8 / 2015年11月27日07時30分

境内には、客殿や宸殿が建ち、杉木立と苔が美しい有清園に建つ往生極楽院には、阿弥陀三尊像が祀られています。客殿前には狩り込みの美しい「聚碧園(しゅうへきえん)」という庭があり、四季折々に美しい表情を見せています。三千院の北側には律川が、南側には呂川が流れています。呂川と律川は、声明(しょうみょう)の音律にちなんでつけられた川の名前で、「ろれつ(呂律)が回らな [全文を読む]

本当は教えたくない!秋本番の京都「とっておきの紅葉美景」スポット5選

7 / 2016年11月12日11時30分

この季節、市内は大混雑になるが、ちょっとした工夫をすれば意外なほど静かな寺社境内を堪能できる。 ■1:小雨に煙る東福寺の紅葉(京都市東山区) [caption id="attachment_106917" align="alignnone" width="700"] 通天橋を背にした京都有数の紅葉名所。[/caption] 京都を代表する紅葉名所のひとつで [全文を読む]

私の秋は忙しくなる。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地で紅葉狩り

7 / 2015年11月16日08時26分

(記事内、タイトル後の年号はCM放映およびポスター発表年) 光明院(2000年盛秋) 11月11日現在の紅葉:色づき始め 例年の見頃:11月中旬から12月上旬 光明院は、室町時代初期に創建された東福寺の境外塔頭(境内の外にある東福寺に属する子院)です。「虹の苔寺」という美しい別名を持つ落ち着きのある禅寺です。苔は美しく青々としていて、普段はとても静かでひっ [全文を読む]

春めく古都をぶらりと散策。京都通が案内する八坂通りの歩き方

6 / 2017年03月04日08時00分

歴史 元々この辺りは平安時代から法観寺の境内で、参拝客相手の茶屋などが立ち並んでいたそうです。江戸時代初期ごろになると法観寺は徐々に衰退してしまいます。そのため幕府は次第に街の整備をし始めます。 八坂の塔周辺は祇園と同じように女性が歌舞音曲で男性を楽しませる花街に変貌しました。今はひっそりとした落ち着いた通りですが、戦前までは洛東有数の歓楽街だったようで [全文を読む]

【ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル】冬支度の古都でオープンエア!いざ鎌倉へ

6 / 2016年12月26日12時34分

平日でも多くの観光客が訪れる鎌倉にあって、周囲の長閑な里山と一体になった境内は静寂に包まれています。到着早々、山門前でコンバーチブルとツーショットを撮影。 都内から1時間足らずのショートドライブながら、旅気分をたっぷり味わい助手席で微笑む真彩チャン。古都鎌倉には和装が良く似合います。 タイヤサイズは前後275/40ZR20。大径ブレーキキャリパーなどを備え [全文を読む]

鎌倉で唯一の紅葉ライトアップスポット!「鎌倉・長谷寺」年末の美景3つ

6 / 2016年12月13日17時00分

ただ、鎌倉で唯一紅葉ライトアップが実施されている寺だけに、できれば夜の境内を存分に堪能したい。 以前は夕方一度閉門していたが、最近は閉門時間をそのまま夜間まで延長する方式になっているので、夕方早めに境内に入っておくと安心。昼間の紅葉をゆっくり楽しみながら日没を待つと良い。 ■2:新年の準備を整える歳の市 [caption id="attachment_11 [全文を読む]

フォーカス