健太郎のニュース

電話の奥に潜む殺人鬼女!! “出会い系は怖い“と再確認する事件とは?

13 / 2014年07月14日13時00分

では、その金はどうしていたのか? それ以前に出会い系サイトで知り合った、安藝健太郎(当時32歳)から巻き上げていたのだ。「自分は、山口組五代目組長の娘」 それが、亜矢子が健太郎に吐き続けていた、嘘だ。■亜矢子と健太郎 2人が知り合ったのも、やはり携帯電話の出会い系サイト。平成13年8月のことだった。健太郎は和歌山市内で、自動車整備士として大手自動車メーカー [全文を読む]

【新コンテンツリリース】選んだ選択肢によって結末が変わる動画コンテンツページ

8 / 2015年03月13日13時11分

~『動画で体験 サラリーマン 山田健太郎の選択』をリリース~株式会社キャリアデザインセンター(本社:東京都港区、代表取締役社長兼会長:多田弘實)が運営する総合転職サイト『@type』は、2015年3月13日(金)にサイト内コンテンツページ『動画で体験 サラリーマン 山田健太郎の選択』( http://type.jp/s/yamada_movie/ )をリリ [全文を読む]

国民的美少女・吉本実憂、陣内孝則の娘役に抜擢 3カ月クールの連ドラに初出演

8 / 2014年05月13日06時00分

◆キャストとキャラクター陣内孝則が演じる主人公は、下町の獣医・柴健太郎、愛称“シバケン”。彼の信条は「たとえペットでも、たとえ血が繋がっていなくても、ひとつ屋根の下で暮らしていれば、みんな、家族!」と心は広いが、単なるバカなのか、お節介やきで、困っている人を見ると放っておけない性分。惚れっぽく、少々うざい一面も。現代の“寅さん”とでもいうべき男だ。また、健 [全文を読む]

「SHARE THE LOVE for JAPAN」WEBサイトに写真家 公文 健太郎氏を全面起用~ 有機農業の世界への没入感を狙ったパララックス効果を採用 ~

6 / 2014年05月30日16時30分

サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:東 智徳)は、2014年5月30日よりSHARE THE LOVE for JAPANのWEBサイトで写真家・公文 健太郎氏を全面起用します。 SHARE THE LOVE for JAPANでは、本年4月15日より、「大地にやさしい農業の応援」をテーマにWEBサイトをリニューア [全文を読む]

バッドボーイズ・佐田正樹の不良時代を注目イケメン・健太郎で映画化!

5 / 2017年05月12日07時00分

そんな注目作で佐田を演じるのは、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」('16年、TBS系)や「仰げば尊し」('16年、TBS系)に出演し、高い評価を受けた若手イケメン俳優の健太郎だ。これまで数多くの作品に出演してきた健太郎だが、長編映画での主演は今作が初となり、「とにかく作品や自分が演じる佐田正樹を誰にも負けないくらい愛した、『デメキン』の以外 [全文を読む]

「テラスハウス」新章が延長決定!スタジオ新メンバーに健太郎

5 / 2016年01月25日20時00分

代わりに俳優でモデルの健太郎が出演。延長エピソード第1話となる『19TH WEEK』(Netflixでは2月配信予定/フジテレビでは4月深夜放送予定)からスタジオトークに参加する。 健太郎は、モデルとしてデビューし「MEN'S NON-NO」(集英社)や「FINEBOYS」(日之出出版)などの男性ファッション誌や広告などで活動する傍ら、清水翔太の「SNO [全文を読む]

こじらせ系男子の理想の彼女!夏帆 「クリスマスに大切な人と観てほしい」

5 / 2013年12月18日15時04分

35歳の童貞男、天雫健太郎(星野 源)が"人生初めての恋"に落ちる奈穂子は、視力が低下する病気ゆえに、そのハンデが遠因で過保護な両親の元を巣立てない女の子。それでも内にこもるわけではなく、健太郎が夢中になる理由も納得の魅力的なキャラクターだ。 「自立したくても環境的には難しい、親にも後ろめたい気持ちを感じているとも思う。自分の意思があって、それを言葉にも [全文を読む]

夏帆が35歳童貞と「絶品濡れ場」! 盲目のヒロイン役で新境地

5 / 2013年04月29日12時00分

本作は、親同士の婚活「代理見合い」をきっかけに、星野源が演じる “年齢=彼女いない歴”の35歳童貞・健太郎が、恋愛に目覚めアツく暴走する姿と、彼を取り囲む家族を描いたストーリー。夏帆は健太郎とお見合いで出会う盲目の女性・菜穂子を演じている。 『みんな!エスパーだよ!』とは異なり、エロを前面に押し出した作品ではないが、二度の濡れ場が用意されているという。まず [全文を読む]

山田裕貴&柳俊太郎らがヤンキーに! 『デメキン』ビジュアル公開

4 / 2017年05月19日12時30分

福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」元総長で、お笑い芸人「バッドボーイズ」の佐田正樹の不良時代を描いた実録自伝小説・コミックスを実写映画化する健太郎主演映画『デメキン』。この度、本作に山田裕貴、柳俊太郎ら注目の若手俳優が出演することが決定した。 幼少期からギョロとした二重まぶただったためデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くなら [全文を読む]

山田裕貴ら映画「デメキン」追加キャストにイケメン俳優が続々

4 / 2017年05月19日08時00分

主演の健太郎に加え、このたび追加キャストが発表された。 既に決定している佐田正樹役の健太郎に加え、正樹に匹敵する問題児で親友の合屋厚成役を、注目作品に多数出演する実力派俳優・山田裕貴が演じる。 また、正樹と厚成が“漢気”にほれ込み、憧れる先輩・真木役には、人気ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルである一方、俳優としても活動する柳俊太郎が。 [全文を読む]

フォーカス