写楽のニュース

父の日は浅草で“甲冑フォト体験”をプレゼント!真田幸村の赤い甲冑で還暦祝いにも

@Press / 2016年06月15日11時00分

「和」を本格的に追求したフォトスタジオ『夢写楽』(運営:株式会社オプシス/所在地:東京都千代田区、代表取締役:黒崎正子)は、父の日にちなみ、お父さんが甲冑スタイルで武将になりきれる“父の日「甲冑」フォトプラン”を、2016年6月30日(木)まで、ご優待価格で提供いたします。 『夢写楽』(Yume-sharaku by Opsis)は、「奇跡の1枚(R)」が [全文を読む]

夢の“甲冑フォト”で父の日を特別な一日に!「和」を追求したフォトスタジオ『夢写楽』、6月30日(金)までキャンペーンを実施

@Press / 2017年06月07日12時00分

「和」を本格的に追求したフォトスタジオ『夢写楽』(運営:株式会社オプシス/所在地:東京都千代田区、代表取締役:黒崎正子)は、父の日にちなみ、お父さんが甲冑スタイルで武将になりきれる“父の日「甲冑」フォトキャンペーン”を、2017年6月30日(金)まで、ご優待価格で提供いたします。本キャンペーンは昨年も大変ご好評をいただきましたが、ご利用者の方より“今度は子 [全文を読む]

戦国時代のヒーロー「真田幸村」になりきり!「日本一の兵 真田幸村」ご優待キャンペーンを実施中

@Press / 2016年11月14日13時00分

株式会社オプシス(所在地:東京都千代田区、代表取締役:黒崎 正子)は、当社が展開する「和」を本格的に追求したフォトスタジオ『夢写楽』にて、2016年11月10日(木)から12月15日(木)まで「日本一の兵(ひのもといちのつわもの) 真田幸村」ご優待キャンペーンを実施しております。「日本一の兵」と称されたほどの勇敢な武将「真田幸村」の甲冑を身にまとい、ドラマ [全文を読む]

Android Wear搭載スマートウォッチ向けに 「浮世絵時計 - 写楽 -」ウォッチフェイスを配信スタート

DreamNews / 2016年08月09日15時00分

2016年8月9日、株式会社セレスは、ウェアラブルサービスとして、Android Wear搭載スマートウォッチ向けに「浮世絵時計 - 写楽 -」ウォッチフェイスアプリを、世界141ヶ国向けにGoogle Playにて配信スタートしました。 株式会社セレス(本社:東京都港区、代表取締役社長:都木聡、証券コード:3696)は、ウェアラブルサービスとして、And [全文を読む]

たばこと塩の博物館が墨田区に移転・リニューアル後、初の特別展!「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」11月3日~12月13日開催

@Press / 2015年10月09日10時30分

このなかから今回は、鈴木春信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎などをはじめとする約28名の絵師による浮世絵を展示します。一方、素材、形状もさまざまなたばこ盆の逸品、八代目桂文楽旧蔵のたばこ入れコレクションなど、江戸から明治時代に制作されて、美術工芸品としても評価の高い喫煙具もご紹介します。江戸時代に花開いた世界に誇るジャパンアートを、新しくなったたばこと塩 [全文を読む]

ナオト&小関裕太、冲方丁原案ミュージカルでW主演

Smartザテレビジョン / 2015年08月05日09時00分

中でも必死に探していたのは謎の絵師といわれた、東洲斎写楽。やっきになって写楽を探そうとする未来政府は、二人の青年を追手として選び出す。 2016年に生きる柊健二(ひいらぎ けんじ=ナオト・インティライミ)と2045年に生きる結城連(ゆうき れん=小関裕太)。 人工知能に選び出された二人の青年は、自らの創造する心と引き換えに「写楽」を探し出すことを命じられる [全文を読む]

江戸時代の文化をハンコで学ぶ!?ハンコを押すと、写楽や北斎といった絵師たちの名作が登場。日本のうつくしい浮世絵を彫刻したはんこ「浮世絵図鑑」。

PR TIMES / 2016年12月13日16時47分

インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」はこのたび「ニッポン匠(TAKUMI)紀行」の第二弾として、写楽や北斎といった”浮世絵の天才たち”の名作を彫刻したはんこ「浮世絵図鑑」の販売を開始いたしました。ふだんあまり触れる機会のない日本の伝統芸術である「浮世絵」に、”ハンコを押す”ことをつうじて触れることができます。これからも私たちは、従来の [全文を読む]

30を超えるクリエイティブ・コンテンツが集結!「TOKYO DESIGN WEEK 2016」の季節です

TABROOM NEWS / 2016年10月27日09時05分

写楽インスバイア展 偉大なる芸術家から受けたインスビレーションを源に、過去と現代のクリエイターを結ぶ企画展。今回は東洲斎写楽の第一期浮世絵28枚全てが展示され、222年の時を超えて写楽にまつわる作品が一堂に会します。 TOKYO AWARDS 学校作品展 50校を超える国内外の学校が、「pairs」をテーマにクリエイティブで競います。 TDWソクラテスカ [全文を読む]

イッセイ ミヤケが田中一光作品をモチーフとした新シリーズをスタート

FASHION HEADLINE / 2016年01月14日10時00分

シリーズ最初となる今回のコレクションでは、田中の数ある傑作のなかから、「Nihon Buyo」(1981年)、「写楽二百年」(1995年)、「太い記号のバリエーション」(1992年)の3作品をモチーフとして選択。現代のお茶会で、人と人が和むきっかけとなるコミュニケーションとしての衣服を提案した。 カリフォルニア大学で開催された日本舞踊公演のポスターの「N [全文を読む]

下町の本所吾妻橋でタバコの浮世絵を鑑賞

Walkerplus / 2015年10月23日07時00分

背景に「雲母摺(きらず)り」という技法が用いられた、東洲斎写楽の「敵討乗合噺(かたきうちのりあいばなし)四代目松本幸四郎の肴屋五郎兵衛」(1794年~)も見逃せない。 11月15日(日)には「北斎と墨田」、29日(日)には「写楽と歌麿の謎をめぐって」と題した講演会が14:00から3階視聴覚ホールで行われ、無料(入館料別途、先着120名)で参加できる。 喜 [全文を読む]

写真家・沢渡朔氏が回想 秋吉久美子、手塚理美らの撮影秘話

NEWSポストセブン / 2017年05月21日16時00分

1980年には、大学のクラスメイトである篠山に誘われ、創刊したばかりの写真誌『写楽』に参加。手塚の10代最後の年には同誌でヌードを撮影し、写真集を出版した。「東京の他、ニューカレドニア、フィリピンへ行き、1年かけて撮影しました。『20歳になる前に』という本人の希望でした。そんなにセクシーな感じには写っていないと思いますけどね。 僕は元々グラビア系のカメラマ [全文を読む]

ことしの“夏”は芸術をさかなに晩酌? 中元ビールに浮世絵

OVO [オーヴォ] / 2017年05月12日17時49分

浅賀誠店長は「ことしは東京国立博物館とコラボし、北斎、写楽、広重など大家の作品をパッケージにした商品を多数用意した。今年はビールが一番の人気商品になるだろう」と北斎らの浮世絵をあしらったビールセットを“目玉”の一つに挙げた。 ビール各社の担当者も各社のイメージガールなどを伴って登場。浮世絵のパネルを掲げて、各社自慢のビールセットをPRした。サントリーは北斎 [全文を読む]

写楽や北斎についで、奇才・歌川国芳の人気作品がついに登場。江戸時代の文化にふれる人気のはんこシリーズ「浮世絵図鑑」に、ユーモアあふれる9種類の新作が誕生。

PR TIMES / 2017年04月05日14時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/13389/96/resize/d13389-96-955104-0.jpg ]「浮世絵図鑑」は東洲斎写楽、葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川広重といった日本を代表する浮世絵師たちの作品を精巧にえがいたイラストに、好きな名前を彫刻してつくるはんこ。今回はSNSから寄せられたリクエストにこたえ、奇才・歌川国芳の作 [全文を読む]

【猪野広樹 】初主演ドラマ「スター☆コンチェルト」2017年5月20日(土)21日(日)新橋ヤクルトホールで「スタ☆コン祭り」2DAYS開催が決定!

PR TIMES / 2017年02月17日17時19分

各イベント会場で、マネージャーの皆様とお会いできる事を楽しみにしております![画像: https://prtimes.jp/i/23537/6/resize/d23537-6-957811-0.jpg ]●5月20日(土)出演予定キャスト瑛倉ヒロキ役 / 猪野広樹 日々野周役 / 鎌苅健太 ⻑⾕川翔⾳役 / 川隅美慎田中理一郎役 / 鷹松宏一 石森奏役 / [全文を読む]

話題のドラマ「スター☆コンチェルト」DVD発売記念イベント「スタ☆コン祭り!」2017年5月20日(土)21日(日)新橋ヤクルトホールの2DAYS開催が決定!

PR TIMES / 2017年02月16日13時59分

マネージャーの皆様とお会いできる事を楽しみにしております!●5月20日(土)出演予定キャスト瑛倉ヒロキ役 / 猪野広樹 日々野周役 / 鎌苅健太 ⻑⾕川翔⾳役 / 川隅美慎田中理一郎役 / 鷹松宏一 石森奏役 / 鈴⽊祐⼠郎 写楽佑太役 / 古川⿓慶 丸⼭武蔵役 / 桐⽮彰吏ゲスト:D4U(紫城院ヒカル 役/U3 from 5IGNAL、紫城院ケイ役/EN [全文を読む]

Mobage版『大戦乱!!三国志バトル』 手塚治虫マンガとのコラボレーション第4弾を実施!

PR TIMES / 2016年10月31日13時51分

「三つ目がとおる」の写楽が少帝に「三つ目がとおる」からは、三つ目族最後の生き残りである主人公「写楽保介」が、若くして後漢の第13代皇帝に即位した「少帝」となって登場。時に暗愚として描かれることもある少帝は、第三の目を絆創膏でふさいだ、幼児のように能天気な写楽のイメージと重なります。「ふしぎなメルモ」のメルモは曹三姉妹の曹華に「ふしぎなメルモ」からは、主人公 [全文を読む]

喋る浮世絵が登場しました!2000種類の浮世絵が出演可能・サンプル写楽 著作権許諾付

DreamNews / 2016年10月19日15時00分

サンプルは「写楽 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」です。有名な浮世絵(景色を含む)が出演するメリットを活用ください。1目的用のライセンス許諾で安心利用できます。弊社登録浮世絵高精細画像数は2000種類です。(有名な浮世絵は殆ど収録しています)その浮世絵が喋りだす動画となります。WEBから大画面映像まで、対応いたします。収録浮世絵は http://www.mei [全文を読む]

浮世絵から読み解く江戸の流行!「写楽と豊国 ~江戸の美と装い」が神戸ファッション美術館で開催

FASHION HEADLINE / 2016年05月26日18時00分

浮世絵を通じて江戸の流行を知る展覧会「写楽と豊国 ~江戸の美と装い」が、6月18日から8月14日まで神戸ファッション美術館で開催される。 江戸時代、贔屓の役者や評判娘を身近に眺めるブロマイドであった浮世絵。同展では、颯爽と姿を現し、忽然と姿を消した東洲斎写楽と、そのライバルで後に浮世絵界で最大の流派となる歌川派を拡大した歌川豊国を軸にした浮世絵を中心に14 [全文を読む]

イッセイ ミヤケ、新宿伊勢丹に田中一光作品をモチーフとした新シリーズ扱うポップアップをオープン

FASHION HEADLINE / 2016年02月04日15時00分

田中の数ある作品の中から、カルフォルニア大学で開催された日本舞踏公演のポスター「Nihon Buyo」、東州斎写楽の生誕200年記念展に出品された作品「写楽二百年」、グラフィックアートとして制作された作品「太い記号のバリエーション」の3作品がモチーフとして選ばれた。 なお同ポップアップショップでは、書籍や伊勢丹新宿店限定品なども展開される。 [全文を読む]

小関裕太、“成人の企み”に、ナオト・インティライミの影あり?

Woman Insight / 2016年01月13日20時00分

本作は、“人工知能”に支配された2116年の世界を中心に、その分岐点となる2045年と2016年、さらには謎の絵師・東洲斎写楽が登場する前年の1793年、この4つの時代を舞台に繰り広げられる、SF歴史スペクタクルミュージカル。 1月9日、メディア向けに行われた公開ゲネプロ後の囲み取材で、本番前日の心境を聞かれたナオト・インティライミさんは、「武者震いが止 [全文を読む]

フォーカス