森友哉のニュース

毎年大荒れの阪神株主総会…今年は意外なところで火の手が!|プチ鹿島コラム

3 / 2016年07月03日13時05分

なかには「2年前のドラフトで森友哉(大阪桐蔭→西武)をどうして指名しなかったのか」という「質問」もあった。では今年はどうだったのか。金本監督1年目。6月14日に阪急阪神ホールディングス(HD)の定時株主総会は開催された。 『金本虎、超変革に株主も「すばらしい」』(デイリースポーツ・6月15日) 株主に褒められていた! 記事は『現在は借金生活を強いられている [全文を読む]

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

2 / 2017年04月29日16時05分

■1位:山田哲人(ヤクルト) 1992年7月16日生/24歳 年棒:3億5000万円 ■2位 筒香嘉智(DeNA) 1991年11月26日生/25歳 年棒:3億円 ■3位 大谷翔平(日本ハム) 1994年7月5日生/22歳 年棒:2億7000万円 ■4位 藤浪晋太郎(阪神) 1994年4月12日生/23歳 年棒:1億6000万円 ■5位 今宮健太(ソフト [全文を読む]

球界の坊主頭ブーム ロッテ・香月も高校の先輩・森友哉の記事を読み丸刈りに

2 / 2017年01月15日07時30分

ロッテの香月一也が14日、坊主頭でロッテ浦和球場に登場した。 ロッテのルーキーたちが外野で、ダッシュのトレーニングをしているときだった。三塁側のベンチ付近には、坊主頭の選手が…。「森さんの記事を読んで坊主にした」と大阪桐蔭高時代の先輩・森が坊主頭にしたことを受けて香月は14日の朝に、肘井竜蔵にバリカンで髪の毛を切ってもらったという。香月は浦和球場に自主トレ [全文を読む]

当たりが多い?最近5年間の西武のドラ1

2 / 2017年01月14日10時00分

高卒組では13年ドラ1の森友哉が、高卒新人では68年の江島巧(中日)以来となるプロ1号から3試合連続本塁打を記録した。14年ドラ1の高橋光成は、8月の月間MVPを受賞する活躍を見せた。大卒組も15年ドラ1の多和田真三郎が、7勝を記録した。 その他、最近5年間のドラフト1位の1年目成績は以下の通り。 ◆ 最近5年間のドラ1の成績 【2012年】 十亀剣(J [全文を読む]

2ケタ本塁打を放ったことのある現役捕手といえば…

2 / 2017年01月12日12時15分

阿部慎之助(巨人) 01年:13本 02年:18本 03年:15本 04年:33本 05年:26本 06年:10本 07年:33本 08年:24本 09年:32本 10年:44本 11年:20本 12年:27本 13年:32本 14年:19本 15年:15本 ※内野手登録 16年:12本 ◆ シーズン2ケタを記録した捕手 阿部以外で、シーズン2ケタ本塁打 [全文を読む]

西武・森、気合の丸刈りで目指せ3割捕手

2 / 2017年01月11日06時30分

西武の森友哉が10日、西武第二球場で自主トレを公開。山川穂高とランニングやキャッチボールなどを行った。 練習後には報道陣から促され、恥ずかしがりながらも高校以来という丸刈り姿を披露。「後悔したけど、お風呂は楽」とはにかんだ。 きっかけは後輩、高橋光成からの一本の電話だった。年末に丸刈りにした高橋光に「森さんもやりますよね」と持ちかけられ、自らバリカンを手に [全文を読む]

球界に“丸刈り”ブーム到来…?

2 / 2017年01月10日16時30分

西武の森友哉である。 西武第二球場で自主トレを公開した男は、「(高橋)光成から連絡があって、ノリで...気合いってことにしといてください」とコメント。ちなみに、高橋光成とお揃いの12ミリだという。 捕手かコンバートかの狭間で揺れていた森だが、辻発彦新監督は捕手として起用する方針を示しており、今季はもう一度ポジション獲りの競争に挑む。 エースが抜けたチームの [全文を読む]

本日開幕NPBジュニアトーナメント 小学生時代に出場したプロ野球選手は?

2 / 2016年12月27日07時45分

2007年に行われた第3回大会には、2年連続で2ケタ本塁打を達成した森友哉(西武)がオリックスJr.、2年連続で30セーブを記録した松井裕樹(楽天)が横浜Jr.で出場。森が所属したオリックスJr.が同大会を制した。 また、今年ドラフトで指名された高卒組では第6回大会に、藤平尚真(楽天)がロッテJr.、今井順之助(日本ハム入団)が中日Jr.、九鬼隆平(ソフ [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男、陽岱鋼、中田翔……。気がつけばプロ野球界の「金髪戦士」が絶滅寸前!?

2 / 2016年11月12日17時05分

森友哉(西武) 中田の大阪桐蔭高の後輩・森友哉も貴重な金髪党だ。昨オフ、金髪に染め上げて多数のメディアに出現。しかし、派手すぎてこっぴどく叱られ、シーズン中は茶髪に。それでも「隙あらば金髪」を狙っているかもしれない。 ■【番外編】高橋由伸監督(巨人) オフに金髪にして羽を伸ばす選手も多いが、若手時代の高橋由伸監督にもその経験がある。茶髪・金髪・長髪・ヒ [全文を読む]

【プロ野球】《“捕手のドラ1”を振り返る》名捕手が多数出現! 歴代“捕手ドラ1”の通算成績は?

2 / 2016年10月15日17時05分

(◆=捕手以外での出場多数、★=現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“捕手ドラ1”の通算成績 【1965年】 大塚弥寿男(早稲田大→東京オリオンズ) 229試合:打率.178/4本塁打/16打点/0盗塁 1軍実働=7年 【1966年第1次】 ◆須山成二(広陵高→広島) 【野手】4試合:打席なし 【投手】2試合: [全文を読む]

フォーカス