春風亭昇太のニュース

<適任?不適任?>「笑点」新司会者・春風亭昇太の可能性

メディアゴン / 2016年05月26日07時30分

そして番組の最後に歌丸自身の口から発表された新司会者は、解答者の一人・春風亭昇太だった。どういったプロセスを経て昇太が新司会者に抜擢されたのかはわからない。何より、昇太がオバケ番組「笑点」の司会に相応しいかどうかの判断は、次週以降の放送を見てからになるだろう。そこで、本稿では、そもそも「笑点の司会」という仕事に何が求められているか、これまで解答者として番組 [全文を読む]

【おんな城主直虎】春風亭昇太=今川義元が視聴者を恐怖のどん底に

しらべぇ / 2017年01月15日10時00分

■昇太が怖すぎる!さて、先週の『おんな城主直虎』でもっとも存在感を発揮したのは、やはり春風亭昇太が演じる今川義元だろう。Twitterユーザーの間からも、「昇太が怖い!」という声が相次いでいる。これから今川くるぅうううwこえぇえ#虎絵 #おんな城主直虎 #今川義元 #春風亭昇太 pic.twitter.com/zXvb15AbN7— さむ (@samko_ [全文を読む]

桂歌丸が文部科学省から表彰!一方で新しい『笑点』の評価は…

しらべぇ / 2016年05月31日19時00分

春風亭昇太の司会については、若手大喜利の実績もあり、おおむね良好だったよう。春風亭昇太さんの司会、概ね好評なようで。たしかにテンポが良くて軽快だし、声も高くて案外司会向きなのかも。まだ多少ぎこちないけど、若手大喜利などの司会経験もあるので、じきに慣れてくると思う。小学校低学年からずっと笑点ファンなので、新しい笑点に期待。— ウモ【埋もれた古城】 (@umo [全文を読む]

笑点の新司会者は春風亭昇太!ファンは複雑な心境か

しらべぇ / 2016年05月23日05時30分

(画像は『笑点』公式サイトのスクリーンショット)22日、『笑点』(日本テレビ)の生放送で歌丸の勇退と、春風亭昇太の6代目司会者就任を発表。タモリや立川志の輔などの名前があがっていたが、無難な内部昇格となった。■歌丸の司会者就任でメンバー入り春風亭昇太は2006年5月の桂歌丸司会者就任に伴い、大喜利メンバー入り。師匠の5代目春風亭柳昇の弟子として新作落語など [全文を読む]

落語家・春風亭昇々に学ぶ、舞台裏からマネできること

MYLOHAS / 2017年07月13日23時30分

感謝や尊敬の気持ちがコミュニケーションを下支えする 自分の師匠(春風亭昇太)にはもちろん尊敬の念があります。師匠が弟子入りさせてくれなかったら、今の僕はありません。万が一、理不尽なことを言われても、師匠になら「はい」と言って従うでしょうね。まあ、僕は春風亭昇太に弟子入りしたくて、ある意味では師匠を選んだわけですから、会社の上司とはまた少し違います。が、前 [全文を読む]

三平の座布団が0枚!『笑点』のデータ放送が残酷すぎる…

しらべぇ / 2017年01月23日06時00分

■林家三平の不人気ぶりが話題に新たに実装された機能に悩んでいるのが、春風亭昇太のあとを受けて回答者入りした林家三平だ。ほかのメンバーが万単位の座布団を獲得しているにもかかわらず、1人だけ1000枚から6000枚程度が続く。さらに番組中まさかの「0」になることも多く、その不人気ぶりが突出。ネット民から「これはひどい」、「やりすぎ」と同情の声があがるほど。デー [全文を読む]

春風亭昇太を占う 笑点は上り調子、結婚はすべきでない?

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

今回は『笑点』の新司会となった春風亭昇太さんを占っていただきました。【プロフィール】春風亭昇太しゅんぷうていしょうた生年月日:1959年12月9日 56歳出身地:静岡県静岡市1982年に春風亭柳昇に弟子入り。1992年に真打ち昇進。2000年には文化庁芸術祭大賞を受賞している。2006年5月に『笑点』の大喜利メンバーに加入。2016年5月に、桂歌丸の後を継 [全文を読む]

不倫の三遊亭円楽『笑点』に猛クレーム!上層部“降板”検討の裏に、一門のクーデター計画も……

日刊サイゾー / 2016年07月11日11時00分

それに番組スタッフは、司会交代騒動の際に6代目司会に春風亭昇太が昇格したことに不満を持った、円楽をはじめとした円楽一門会がクーデターを起こそうとしたことに対して、いい感情を持っていなかったんです。視聴者のクレームを理由に降板の検討に入ってますよ」(日テレ関係者) 今年で、50周年の節目を迎えた『笑点』は10年間にわたって司会を務めてきた桂歌丸に替わって、6 [全文を読む]

春風亭昇太の『笑点』司会は適正か?視聴者の本音は…

しらべぇ / 2016年07月03日17時00分

その新司会者となった春風亭昇太だが、視聴者はどのように見ているのだろう? しらべぇ編集部は調査をしてみることに。■笑点を見たことない人は60代で6.2%まず、『笑点』を見たことがない人がいるのか調べてみたところ、国民的番組の名に恥じない結果となった。どの年代においても、見たことがあると回答した人が7割を超えているのだ。50代以降にいたってはその割合は9割以 [全文を読む]

春風亭昇太の『笑点』司会就任 地元・静岡市からは歓喜の声

しらべぇ / 2016年05月25日05時30分

※画像はYouTubeのスクリーンショット長寿番組『笑点』(日本テレビ)の司会が、桂歌丸から春風亭昇太に代わった。このニュースは、昇太の地元である静岡市では拍手喝采をもって迎えられている。正確に言えば昇太は静岡県清水市出身だが、その清水市は2003年のいわゆる「静清合併」により静岡市清水区となった。「静岡市民」昇太の大抜擢は、すでに地元の各方面に波及してい [全文を読む]

吉田羊の知られざる恋愛遍歴…有名落語家から若手ジャニーズまで

デイリーニュースオンライン / 2016年04月14日12時10分

その男性は、落語家の春風亭昇太(56)その人だった。 ■格差に悩んだ春風亭昇太との関係 実は、吉田は公の場で春風亭昇太に言及したことがある。 昨年5月に放送された、『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に出演した際、「50歳になっても結婚していなかったら、昇太さんと結婚する」と宣言。そのわずか11か月後に、今回のスクープが報じられたのだった。それゆえ、当時の [全文を読む]

『笑点』メンバーSとT「新幹線で女と大騒ぎ」を認め謝罪

NEWSポストセブン / 2016年02月29日07時00分

『笑点』に出演する落語家8人の2月20日の予定を調べると、愛知県の常滑市民文化会館で春風亭昇太(56)と林家たい平(51)が「特選花形落語会 春風亭昇太・林家たい平 二人会」を開いていた。しかも、「二人会」は14時開演の約2時間の公演なので、帰路につく時間帯もブログの記述と重なる。2人に話を聞いた。 「少し騒がしかったかもしれない。青山さんをはじめ同乗の [全文を読む]

再び参城!城好き必見イベント「お城EXPO2017」開催&春風亭昇太登壇決定!

Walkerplus / 2017年08月02日18時36分

今年も大の城好きとして知られる春風亭昇太さんがトークショーに参加することが決定した。 2回目の開催となる今回の「お城EXPO 2017」は、前回の開催と同様、城郭文化の振興と発展や、城好きの交流を目的として開催するもの。前回好評を博した城にまつわる貴重な資料展示をはじめ、城のスペシャリストによるトークショーや講演会など、城の知識を深められるプログラムが盛り [全文を読む]

再び参城!城好き必見イベント『お城EXPO 2017』今年もトークショーに春風亭昇太さんの参加が決定!

PR TIMES / 2017年08月01日14時00分

今年も大の城好きとして知られる春風亭昇太さんがトークショーにご参加いただくことが決定いたしました。[画像1: https://prtimes.jp/i/14654/72/resize/d14654-72-881616-0.jpg ]2回目の開催となる今回の『お城EXPO 2017』は、前回の開催と同様、城郭文化の振興と発展や、お城好きの方々との交流を目的と [全文を読む]

世間のイメージは間違いだらけ!? 春風亭昇太が語り尽くす「軟弱ではない今川義元」

週プレNEWS / 2017年06月13日15時30分

でも、真実の姿はそれとはまったく異なると、放映中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で義元役を見事に演じきった、現代最高の噺家・春風亭昇太が前編記事に続き語る。 ■義元の最期はあまりに壮絶! ―いよいよ桶狭間(おけはざま)の戦い(1560年)ですが、ここでも世間の誤解ってありますか。 昇太 さまざまな研究で、今までいわれているような織田軍の奇襲ではなく、正面 [全文を読む]

『小さな巨人』 「倍返し」級の流行語を生み出せるか?

NEWSポストセブン / 2017年05月31日07時00分

その企業の顧問弁護士に堀尾正明、捜査情報を漏らすばかりか、証拠隠滅まで謀る“裏切り者”署長に春風亭昇太、「豊洲編」では、不正の親玉(?)にも見える学園理事長に和田アキ子。香坂たちの「敵」に、落語家、キャスター、歌手と異業種キャストが勢ぞろい。 これは『半沢直樹』で歌舞伎の片岡愛之助、ミュージカルの石丸幹二、『下町ロケット』で東国原英夫、春風亭昇太を敵方に配 [全文を読む]

春風亭昇太も困惑する愛弟子・昇吉の「八百長疑惑」

NEWSポストセブン / 2017年05月28日16時00分

『笑点』(日本テレビ系)の司会に抜擢されて以来、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や『小さな巨人』(TBS系)に出演するなど、落語だけでなく俳優業も絶好調の春風亭昇太(57)に、思わぬ逆風が吹いている。 二ツ目ながら東大卒落語家としてクイズ番組などで活躍する若手有望株の愛弟子・春風亭昇吉(37)が“八百長疑惑”に見舞われているのだ。 嫌疑がかかったのは、 [全文を読む]

小さな巨人「和田&梅沢コンビ」思わぬ不評?

日刊大衆 / 2017年05月25日18時05分

第5話までは三笠洋平(春風亭昇太/57)の悪事をめぐる「芝署編」が放送されてきた同ドラマ。第6話からは「豊洲署編」に突入し、「早明学園」を中心とした事件が描かれ、和田は早明学園理事長の金崎玲子を、梅沢は学園の専務・富永拓三をそれぞれ演じる。 後編から登場する二人は、今後の物語のキーマンとなる。第6話では、学園に勤めていた横沢裕一(井上芳雄/37)という男 [全文を読む]

イケメン2人に囲まれた中ボス・春風亭昇太の小物感に失望 ドラマ『小さな巨人』第4話レビュー

日刊サイゾー / 2017年05月14日13時00分

7日に放送された長谷川博己主演の連続ドラマ『小さな巨人』(TBS系)の平均視聴率が13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。前回の11.7%から1.8ポイントのV字回復を達成しました。GW効果の最終日でしょうか? さて、まずは前回のおさらいを少し。警視庁芝警察署の刑事課長代理・香坂真一郎(長谷川博己)は、電子部品会社ナカタエレクトロニクスの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木希と並んだ春風亭昇太が「お父さんみたい」

TechinsightJapan / 2017年05月03日16時30分

モデルで女優の佐々木希(29)がドラマで共演中の落語家・春風亭昇太(57)とのツーショットを公開した。役柄上スリーピーススーツを着用している昇太が、彼女の横に並ぶと「親子~」「お父さんみたい」と感じたフォロワーもいるようだ。 毎週日曜放送のTBS系ドラマ『小さな巨人』に、会員制バーのオーナー・山本アリサ役で出演中の佐々木希。誘拐事件の鍵を握るキーマンとなる [全文を読む]

フォーカス