大時代のニュース

日本代表選出のMF加藤恒平、立命館大時代の成績は?井手口兄らと関西選抜でプレーも

ゲキサカ / 2017年05月25日19時23分

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は25日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、6月7日のキリンチャレンジ杯・シリア戦(味スタ)、同13日のW杯アジア最終予選・イラク戦(テヘラン)に臨む日本代表メンバー25人を発表し、MF加藤恒平(PECベロエ・スタラ・ザゴラ)がA代表に初選出された。 加藤はジェフユナイテッド千葉U-18から2008年に立命館大へ進学。 [全文を読む]

【プロ野球】かつてはオープン戦で引退試合? 江川卓、村山実、杉下茂らのアツいラストピッチを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■長嶋茂雄との同期対決で幕を下ろした杉浦忠 立教大時代は長嶋茂雄(元巨人)、本屋敷錦吾(元阪神)とともに「立教三羽ガラス」と呼ばれ、南海(現ソフトバンク)入団後はエースとして活躍した杉浦忠。 プロ3年目の1959年には38勝4敗、防御率1.40で最多勝と最優秀防御率を獲得し、シーズンMVP [全文を読む]

広島カープ「25年ぶりブッちぎりV」神ってる全裏話(3)広島優勝で前田健太は複雑な心境?

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時56分

「神ってる」鈴木は、阪神の北條史也を指名する寸前に担当スカウトの熱意で変わったし、ショートの田中広輔にしても、東海大時代は巨人・菅野智之の球拾いをしていた選手。後半戦に中継ぎ起用され、福井優也の代役で急きょ先発登板もして勝利した薮田和樹も亜大時代は肩を痛めてほとんど投げていない。ところがたまたま練習試合で投げた150キロ級のボールをスカウトが見逃さなかった [全文を読む]

【プロ野球】かつてはラッキーゾーンがあった? 今年で開場90周年。神宮球場トリビア

デイリーニュースオンライン / 2016年09月12日17時05分

慶應義塾大時代の高橋由伸が23本で記録を更新するまで、東京六大学野球本塁打記録(22本)を保持していた法政大時代の田淵幸一だ。 田淵幸一が法大に入学したのが、学生野球でもラッキーゾーンが採用された1965(昭和40)年。1年春からレギュラーとして活躍した田淵は、2年秋の時点で早くも従来の本塁打記録、長嶋茂雄の通算8号に並んだ。 翌1967年春、神宮球場はグ [全文を読む]

高畑裕太容疑者の異常性欲は短大時代から、坂上忍も呆然

NEWSポストセブン / 2016年08月29日16時00分

当時から『女癖が悪い』と有名でしたから……」──そう淡々と語るのは、8月23日、強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)の短大時代の同級生である。 女優・高畑淳子(61)の長男の裕太容疑者は、映画の撮影のため滞在していた群馬県前橋市のホテルで40代の女性従業員を自室に引き込み、女性の手足を押さえつけるなどの暴行を加えて強姦したという。 NHK朝ドラ『 [全文を読む]

女子アナ“夜の顔”結婚ラッシュで民放各局が様変わり?

週プレNEWS / 2015年08月23日06時00分

「お相手は東大時代の同級生で、大手広告代理店の社員。今年に入って籍を入れたという話です。彼女はバツ2なんですが、実はそのふたりも東大時代の同級生。いやはや、節操がないというか…(苦笑)」(夕刊紙記者) そんな膳場アナと同じく、日本テレビ系『NEWS ZERO』を担当する山岸舞彩アナも一般男性と結婚していたことが発覚。9月末に番組を降板し、同時に芸能界も引 [全文を読む]

斎藤佑樹の野球人生を狂わせたのは早大時代とプロ野球OB指摘

NEWSポストセブン / 2014年06月11日07時00分

※週刊ポスト2014年6月20日号 [全文を読む]

三倉茉奈 主演務める愛憎昼ドラの音楽担当ピアニストと交際

NEWSポストセブン / 2012年10月04日05時00分

村松氏は、音大時代の旧友との食事会に茉奈を連れていき、恋人として紹介したというのだ。 「まだつきあいたてみたいなんですが、彼女は、村松さんに料理をよそってあげたりしていて、いい雰囲気でしたよ」(村松氏の音大時代の友人) ※女性セブン2012年10月18日号 【関連ニュース】ドロドロ展開が人気の『赤い糸の女』 三倉茉奈が一皮むける「純と愛」朝ドラ壊す意気込み [全文を読む]

イーウェル、健康保険組合向け無料セミナー『医療費増大時代における健保の役割』~いま、出来る健康管理とは何かを考える~を9月25日(火)に開催

@Press / 2012年09月13日10時30分

企業・団体の福利厚生に関する業務代行サービスの提供及びそれに伴うコンサルティングを行う株式会社イーウェル(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:浅倉 泰、 http://www.ewel.co.jp 、以下 イーウェル)は、来る9月25日(火)に健康保険組合向けの『医療費増大時代における健保の役割』~いま、出来る健康管理とは何かを考える~と題した無料セミ [全文を読む]

【プロ野球】オマリー対小林宏の14球勝負が再び!? もしヤクルトの『交流戦SERIES』があったら? 後編

デイリーニュースオンライン / 2017年06月10日16時05分

青山学院大時代は3季連続でMVP、最優秀投手、ベストナインの三冠に輝くなど、「東都の浮沈艦」と呼ばれた。しかし、2006年の希望入団枠でヤクルトに入団するも、プロの世界では1勝も挙げることができずに2011年に引退となった。 高市氏は引退翌年から、日本ハムの打撃投手を務めている。肩はできているはずだ。ヤクルトでは結果を残せなかったが、大学時代から慣れ親し [全文を読む]

【シゴトを知ろう】版画家 編

進路のミカタ / 2017年05月26日12時02分

大時代に版画を始めた時、たくさんの色を使って刷ったところ、いろんな色が重なり合った複雑な色に刷り上がりました。とてもきれいな色だと思ったのですが、その色を「きれい」と感じるのは、伝統的に繊細な色の感覚を持つ日本人だからだと思ったんです。版画というのは自分のアイデンティティを確認でき、それを表現できるツールでもあると考えています。Q3. 仕事で大変なこと・ [全文を読む]

宇良は言うこと聞いてくれる女性が好き、御嶽海は15才上OK

NEWSポストセブン / 2017年05月22日07時00分

東洋大時代に個人タイトル15冠獲得した。 「正代(しょうだい)とは学生時代からのライバルで『学生相撲出身力士のなかでは常にトップでいたい』と気合充分です」。 本人の話によると…、 ・趣味/プリンの食べ歩きです。 ・好きな女性のタイプ/北川景子さん。15才年上までOK! ・好きな食べ物/焼き鳥と寿司。出身地・長野の名物・松本山賊焼も好き。 ・読者にひと言/見 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】八田亜矢子が学芸会で「泥棒の先生役」 小学校時代の思い出に興味津々

TechinsightJapan / 2017年05月18日19時10分

2013年12月24日に東大時代の同級生と結婚しており現在32歳となる。そんな彼女が5月16日に『八田亜矢子のオフィシャルブログ「はったあやこSTYLE」』で「子供の頃」と題して懐かしい写真を公開した。テレビ番組のために実家からアルバムを送ってもらったが、写真の使用は無くなりブログで披露したという貴重なものだ。 彼女は福岡で3歳まで育ちその後東京へ移った。 [全文を読む]

アイドルたちが深夜番組ひな壇生き残りを懸けてバトル「イイね!ガールズ@マシェバラ」

PR TIMES / 2017年04月29日12時10分

大時代はライブ活動も行った。赤星李(あかほしりぜ):雑誌などで活躍するモデル。舞台出演経験も。福島万璃夏(ふくしままりな):特技はバレエ・ジャズダンス。 [全文を読む]

金子恵美議員はなぜ「不貞ゲス夫」を許しているのか?

アサジョ / 2017年04月28日10時15分

「宮崎氏は早大時代からハデに遊んでいたことで有名。12年に衆議院に当選した後も政治部記者といっしょにOLや党本部の受付嬢としょっちゅう合コンを開いていたとか。チャラ男の虫がいつ騒ぎ出すかわかりません」(前出・政界関係者) 金子議員の「離婚をしない決断」は吉と出るか? [全文を読む]

哲学者・三木清が『人生論ノート』に至るまで

NHKテキストビュー / 2017年04月26日00時00分

まだ無名の三木を岩波書店に推したのは、京大時代の恩師、波多野でした。ドイツではリッケルト、ハイデガーのもとで最新の学問と思想を学び、さらにフランス・パリに居を移してパスカル研究に没頭。ここで書き上げたパスカル論を、帰国後、岩波書店から『パスカルに於ける人間の研究』(1926)として刊行します。パスカルの『パンセ』を見事に読み解いた本書が三木の処女作です。残 [全文を読む]

【プロ野球】あわや初登板ノーヒットノーランのルーキー・加藤拓也。慶応義塾大出身の先輩名投手に続けるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日17時05分

加藤は慶應義塾大時代、通算24勝を挙げ、エースとして活躍。神宮球場のマウンドで躍動した。その慶應義塾大からプロに進んだ、加藤の先輩たちにスポットを当ててみよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「悲運のエース」藤田元司 愛媛の西条高から慶應義塾大に進み、大学時代は通算31勝を挙げた藤田元司(元巨人)。日本石油を経て、大 [全文を読む]

安倍首相の恩師・宇野重昭氏が死去、生前涙ながらに「安倍くんは間違っている」「勉強していない」「もっとまともな保守に」と批判

リテラ / 2017年04月05日18時44分

安倍首相にとっては名実ともに"成蹊大時代の恩師"であり、政界に入ってからも付き合いがあったという。 その宇野氏が、2015年から「AERA」(朝日新聞出版)誌上で断続的に連載されたジャーナリスト・青木理のルポ「安倍家三代 世襲の果てに」(『安倍三代』として書籍化)の最終回(2016年5月2・9日合併号)に登場。青木の取材に応じた宇野氏は、なんと涙ながらに安 [全文を読む]

「新・山の神」柏原竜二が現役引退 今後はオタ活に専念?

しらべぇ / 2017年04月03日14時30分

陸上をやってて良かったよ(笑)— 柏原竜二 (@kashi0713) 2017年4月3日東洋大時代に箱根駅伝5区で4年連続区間賞という偉業を成し遂げた柏原は、「新・山の神」と呼ばれ名実ともに箱根のスターに。卒業後は富士通に所属していたが、伸び悩み、大学時代にマークした自己ベストを更新できなかった。■「オタ活に専念できますね!」の声もひとりのヒーローが現役生 [全文を読む]

暮らしを豊かにする、余白のある器たち。器作家イイホシユミコのMeetsとは?「Meets.-イイホシユミコ&鹿児島睦展」 【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2017年03月28日16時00分

大時代の教授との出会いですね。近代陶芸の父、富本憲吉さんに師事されていた先生には、実技はもちろん今に通じる考え方や作品への姿勢など学び、大いに影響を受けました。短大を卒業後、器や雑貨を輸出入する会社に勤めていたんです。食器がすごく好きで、趣味で器づくりをしていました。でも器を作る人になりたいと強く思うようになり、技術を身につけるためにろくろを学べる京都の [全文を読む]

フォーカス