御手洗のニュース

日本の古き良き物を世界へ。視点を変えて蘇らせた2人の女社長

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日01時35分

編み手のお母さんたちの真ん中にいたのが社長の御手洗瑞子だった。 経歴は異色だ。東京大学、外資系コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、民主化直後のブータンへ。首相フェローとして国の発展に貢献すべく働いていた。しかし東日本大震災で彼女の進む道は変わる。 「今は日本人として日本に帰って、東北の復興のために仕事をすべき時ではないかなと」 御手 [全文を読む]

玉木宏、“美しき天才”を演じる秘訣は?島田荘司から受けた刺激語る

Movie Walker / 2016年06月03日08時00分

容姿端麗にして、IQ300以上の頭脳を持つ御手洗。実は、島田自身が「御手洗潔を演じる俳優は彼しかいない」と熱望したのが玉木だった。そこで玉木を直撃し、“美しき天才”になり切るための役作りの秘訣を聞いた。 御手洗潔は、探偵が趣味の脳科学者。ずば抜けた観察眼で、初対面の人物の持ち物や服装をヒントに、職業や家族構成まで言い当ててしまう、驚くべき変わり者。難事件が [全文を読む]

きゅうりに願掛け? 京都の夏のお祭りがユニークすぎる!

anan NEWS / 2016年07月09日22時00分

TEL:075・462・5300 rengezi.com ■“御手洗祭(みたらしさい)” 7月23日~8月3日 下鴨神社にて 下鴨神社の夏の風物詩。土用の丑の日に御手洗池の中に足を浸し、無病息災を願う行事で、とても幻想的な景色が見られます。受付でお供え料を納め、ロウソクを受け取り、裸足になって御手洗池へ。奥にある小さな祠で火を灯したら、最終地点の御手洗社の [全文を読む]

五郎丸さん・御手洗さん…なぜその名前に? ご先祖ルーツ調査・おまとめ報告サービス キャンペーン実施!

@Press / 2016年04月28日10時00分

(名字研究の第一人者・森岡 浩氏)<事例2>名字 :御手洗(みたらい、みたあらい、みてらい、みたいら、 おてあらい、みたらし、みだらい、みてしろ、みてらし)全国では…:2,561位でおよそ5,500人が使用由来について:(1) 御手洗とは神の御前へと参る前に口や手を洗い、清める場所のことを言う。(名字由来ネット)(2) 御手洗の語源は神社の神域を流れる聖川 [全文を読む]

玉木宏が再び天才探偵:ミタライに挑む! 本格ミステリー御手洗潔シリーズが初の映画化

Entame Plex / 2015年05月02日12時01分

本格派ミステリーの巨匠・島田荘司による御手洗シリーズ最新作「星籠(せいろ)の海」が、玉木宏主演で「星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿」として映画化されることが明らかになった。 御手洗潔シリーズは、和製シャーロック・ホームズとも称される天才探偵:御手洗潔が数々の難事件に挑んでいく本格ミステリー小説で、シリーズ累計330万部を誇る。玉木は、今年3月に放送 [全文を読む]

玉木宏主演で天才探偵・御手洗潔シリーズ初の映画化!

Movie Walker / 2015年05月02日05時00分

本格ミステリーの巨匠・島田荘司が映像化を拒み続けた、御手洗シリーズ最新作「星籠(せいろ)の海」が、『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿』として映画化されることが決定した。 主人公の天才探偵・御手洗潔を玉木宏が演じる。共演を務めるのは、石田ひかり、小倉久寛、要潤、谷村美月、吉田栄作ら実力派俳優たち。 本作の舞台は広島県・福山市。そして、謎解きの鍵となる [全文を読む]

BLを卒業する必要はない!? 『31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる』の作者・御手洗直子に聞く“腐女子の結婚“

おたぽる / 2014年10月16日22時00分

腐女子のみなさんは、「BLを好きなままで結婚できたらいいな~」と思ったりしませんか? そんな甘い話はなさそうな気がしますが、実は世の中にはちゃんとBLを理解してくれる男性はいるんです! 自身の婚活エピソードを綴ったマンガ『31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる』(新書館)で人気の御手洗直子先生の旦那さんが、まさにその一人。そこで、結婚が気になる腐女子のため [全文を読む]

玉木宏×堂本光一が最強のバディーに!

Smartザテレビジョン / 2015年01月25日20時54分

原作はミステリー作家・島田荘司氏の代表作「御手洗潔シリーズ」(講談社ほか)で、今回初めての映像化となる。本作では、玉木演じる脳科学者にして天才探偵の御手洗潔と、堂本演じる御手洗の親友で作家の石岡和己がバディーを組み警察も手を焼く難事件に挑む。玉木は「台本を読む前に、原作とマンガを読ませていただいていて、ストーリー構成がすごく面白いなという印象を受けました。 [全文を読む]

原生林が広がる世界遺産!5分で知る下鴨神社の見どころ

Walkerplus / 2016年09月09日11時13分

御手洗池>御手洗社の前にある池で、土用の丑のころに御手洗祭が行われる。みたらし団子の発祥の地と伝えられる。 <河合神社>女性の守護神が祀られ美顔祈願の鏡絵馬が人気。 ■ ライトアップ なし(※6月初旬の蛍の茶会時には境内を提灯などで照らす) ■ 混雑状況 <昼>紅葉や各種神事の時は混雑する。朝の早い時間帯がおすすめ。 <夜>楼門内は夜間の立入禁止。 ■ [全文を読む]

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

TABIZINE / 2016年08月10日20時00分

普段は入ることができない御手洗池の中を歩き、罪、けがれを祓います。 300円を払って蝋燭を受け取り御手洗池の中を歩いて蝋燭に火をつけます。冷たい池の水は膝下まで深さがあって、とっても気持ちいいのです。 祭壇に蝋燭をお供えします。 暑い日だったので、水の冷たさが本当に気持ちよくて、ずっとつかっていたかったです。 ■関連記事 【京都】平等院の茶房でいただく冷や [全文を読む]

超優良「東芝メディカル」社長が明かした今後 キヤノン傘下で医療機器の世界大手になるか

東洋経済オンライン / 2017年04月18日08時00分

同社が昨年末に買収を完了した医療機器メーカー、東芝メディカルシステムズの買収額6600億円をめぐり、御手洗富士夫会長は株主からこう問われた。「それは会社を商品として見ているファンドの発想だ」、御手洗会長はそう一蹴する。「私は会社を売るつもりで買うわけではない。10、20年先を考えるとむしろ安かったなと思う」。医療機器はキヤノンが「新規事業の4本柱」と掲げる [全文を読む]

国譲り神話ゆかりの「東国三社」を巡る【神話でたどる神社紀行 第3回】(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)

サライ.jp / 2017年01月23日17時00分

御手洗池」という、1日に40万リットル以上の水が湧出する池で、かつてはここで禊をしてから参拝するのがなわらしだったという。 御手洗池の周辺は遊歩道が整備された公園になっていて、ほとりには茶屋もあり、参拝客たちの憩いの場になっていた。 筆者も、御手洗池の湧水で淹れたコーヒーを茶屋で買って、池のほとりでひと休み。この湧水は、“長命の湧水”として知られているそ [全文を読む]

玉木宏、探偵に頼みたいのは「親友捜し」

Movie Walker / 2016年06月04日14時31分

本作は、和製シャーロック・ホームズとも称される探偵が趣味の脳科学者・御手洗潔の活躍を描くミステリー。玉木は「すごく原作ファンの多い作品。島田先生が全身全霊をかけて作り上げた世界で御手洗潔をやらせてもらうというのは、緊張感があり、やりがいのある役柄だった」と人気キャラクターを演じられたことに充実の表情を見せた。 広瀬が演じたのは、映画だけのオリジナルキャラ [全文を読む]

玉木宏、“新次郎”から“ミタライ”へ。そのギャップの魅力に迫る!

Movie Walker / 2016年06月02日06時00分

最新作『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』(6月4日公開)では、天才的な探偵・御手洗潔役にトライ。なんでも本作の撮影は、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のクランクイン時期と重なっていたのだとか。冷静沈着な探偵・御手洗と、飄々とした心優しき夫・新次郎。対極にあるような役柄をどのように行き来したのか。日本中を笑顔と涙で包んだ新次郎役から得た“学び [全文を読む]

自然の中を歩きながら古都デート!「京都・奈良の絶好観光名所」4つ

BizLady / 2016年05月03日23時00分

下鴨神社には、『糺(ただす)の森』と呼ばれる原生林や、“みたらし団子”の由来である『御手洗池(みたらしいけ)』があります。神聖な空気が漂う境内を歩けば、心と体が洗われたような気分に。また、毎年7月の土用の日には、『御手洗祭』が開催されます。『御手洗池』に足をつけて無病息災を願う『足つけ神事』という夏らしい行事もあり。浴衣を着て彼氏と参加してみては?■水彩画 [全文を読む]

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日00時00分

住所:京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町電話番号:075-771-1351バス停:市バス 宮ノ前下車 徒歩8分駐車場:有(無料:4~5台)拝観料:無料 下鴨神社(光琳の梅) 見頃:2月上旬~3月上旬 御手洗(みたらし)川にかかる輪橋のたもとに「光琳の梅」があります。尾形光琳作の国宝「紅白梅図屏風」に描かれたのがこのあたりと言われています。 下賀茂神社は紀元前に創 [全文を読む]

地方移住の新しいスタイル『小商い』を実体験する全国初の移住促進イベント

PR TIMES / 2015年10月26日14時57分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13653/42/resize/d13653-42-383812-2.jpg ]『広島小商いメッセ』では、県内約50名、県外約16名の『小商い』実践者が、歴史的文化遺産を活用したプロジェクトやキーマンの活躍で移住者の受け皿づくりが進んでいる呉市豊町御手洗地区(大崎下島)と府中市上下町に集結し、手作り雑貨や [全文を読む]

同級生殺害事件から10年

NewsCafe / 2014年06月04日15時00分

2004年6月11日、長崎県佐世保市の大久保小学校で、6年生の御手洗怜美さん(当時12歳)が同じ学級の少女にカッターナイフを使って殺害されたのです。インターネットの日記サイトを小学生も書いていることが話題となりましたし、そのサイトでのトラブルが原因か?とも言われたことを記憶しています。この事件から私たちは何を学ぶことができたのでしょうか。 この事件では、被 [全文を読む]

<佐世保女児殺害>「子供の将来を守りたかった」(被害者の父と兄が語る10年・上)

弁護士ドットコムニュース / 2014年06月01日13時21分

長崎県佐世保市内の小学校で、当時6年生だった御手洗怜美(みたらい・さとみ)さんが同級生の女子児童にカッターナイフで首などを切られ、死亡するという痛ましい事件が起きた。日本中に大きな衝撃を与えた事件から今日でちょうど10年。怜美さんの父で、当時は毎日新聞佐世保支局長だった御手洗恭二さん(55)と、中学3年生だった次兄(24)が、5月下旬に福岡市内で開かれたシ [全文を読む]

佐世保小6女児同級生殺害事件 周囲の人々が抱える10年間の葛藤

日刊サイゾー / 2014年05月29日21時30分

殺された御手洗怜美さんは当時、毎日新聞佐世保支局長であった御手洗恭二氏の娘。支局長の社宅は支局の上階に作られており、川名も怜美さんとも挨拶をかわしたり、一緒に食卓を囲むなど、家族同然の付き合いをしていた。しかし、そんな日常は、事件の発生を境に奪われてしまう。彼は、「被害者の隣人」でありながら、新聞記者として事件を報道する立場となってしまったのだ。そして、 [全文を読む]

フォーカス