解任のニュース

はたしてトランプ大統領は弾劾されるのか? 特別検察官任命までの流れを詳しく解説

東洋経済オンライン / 2017年05月20日08時00分

だが、ジェームズ・コミーFBI(米国連邦捜査局)長官の解任を契機に、トランプ大統領を取り巻く情勢は一気に変わった。司法省が独立性の高い特別検察官を「ロシアゲート」の調査のために任命したのだ。厳しい批判の中でもトランプ大統領を守り続けていた与党共和党の中にも、トランプ大統領を批判する動きが顕在化している。民主党議員は言うまでもなく、共和党議員の中からもトラン [全文を読む]

日本の社内クーデター史 三越、フジテレビ、エイベックス他

NEWSポストセブン / 2013年06月30日07時00分

6月13日に開かれた臨時取締役会で長谷川聡社長以下3人の役員が解任された。トップが独断で進めてきたライバル・三井造船との経営統合交渉に他の役員たちが「NO」を突きつけ、3役員を除く取締役全員が緊急動議に賛成するというクーデターだった。 これは決して他人事ではない。高度経済成長後の日本企業の足跡を見れば、そのまま社内クーデターの歴史でもあった。主なクーデター [全文を読む]

FBI:強大な権限が大スキャンダルの引き金に

NewSphere / 2017年05月31日20時00分

歴代長官の多くは任期満了で退任したり別の職に就いたりしたが、4人は辞任を迫られ、うち解任されたのはわずか2人である(うち1人は最近のジェームズ・コミー前長官)。 FBI長官はつねに歴代大統領の意に沿うよう任務を遂行したが、大統領との距離感は様々だった。特に顕著なのがJ・エドガー・フーヴァー(在任期間:1924~1972年)で、特定の大統領の下でその政治的な [全文を読む]

ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

ニューズウィーク日本版 / 2017年05月15日19時00分

<FBI長官コミーを解任したトランプは、遂に一線を越えてしまったようだ。議会が弾劾手続きに入るのはもはや不可避とみられ、そうなればトランプは辞任して、富豪ビジネスマンに戻るだろう>昨年の米大統領選でドナルド・トランプが勝利するという予想を的中させた歴史家が、米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー前長官の解任劇はウォーターゲート事件と比べても「はるかに深 [全文を読む]

「日経平均株価2万円突破」は時間の問題だ 機関投資家は「懐疑」が薄れれば「会議」で買う

東洋経済オンライン / 2017年05月15日11時00分

■コミーFBI長官解任が政治的に重大な「2つの理由」米国のドナルド・トランプ大統領によるジェームズ・コミーFBI(米連邦捜査局)長官の解任(9日〈火〉)が、政治的に混迷を招くとの懸念を呼んでいる。トランプ大統領は、そうした政治的な重大さを軽視した恐れがある。そう考える理由は、いくつかあるが、ここでは2つ挙げておこう。(1)FBI長官の座は、極めて重い。エド [全文を読む]

コンペ応募作品の審査もできない!「東京アニメアワードフェスティバル2016」の運営は破綻状態

おたぽる / 2016年01月23日13時00分

「私は解任されたとは思っていません。現在も業務を進めています。それ以上の発言は、弁護士に止められていますので……」 渦中の江口美都絵氏は、そう答えると電話を切った。 先日、ようやく開催告知のプレスリリースが配信された「東京アニメアワードフェスティバル2016(TAFF2016)」。東京都も出資し、諸外国の政府機関も協力する国際的なイベントが、3月18日の開 [全文を読む]

コミーFBI長官「電撃解任」にウラはあるのか 「第2のウォーターゲート事件」との説も

東洋経済オンライン / 2017年05月16日12時35分

ドナルド・トランプ米大統領は、5月9日、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官を電撃的に解任した。なぜ、このタイミングで解任したのだろうか。ホワイトハウスは、昨年の米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン元国務長官の私用メール問題をめぐるコミーFBI長官の対応の誤りを解任理由として挙げている。FBIがクリントン氏の私用メール問題で、任意の事情聴取 [全文を読む]

トランプ氏が「絶叫」した時 異例「FBI長官解任」との関係

J-CASTニュース / 2017年05月11日18時43分

米国のトランプ大統領が2017年5月9日(米東部時間)、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を突然解任した。FBI長官の任期は10年で、コミー氏はオバマ前大統領が13年に任命。長官職は政治的中立性が重要視されるとされ、任期途中で大統領に解任されるのはきわめて異例だ。表向きの解任理由は、16年の大統領選で対立候補だったヒラリー・クリントン氏の国務長官時代の私用 [全文を読む]

「特にないとはなにごとか!」 被告人を恫喝した「裁判員」は解任されるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月12日15時25分

威圧的な大声を出し裁判所の品位を汚した」として裁判員の解任を要求したが、裁判官と話し合った末に取り下げたという。今回は最終的に取り下げられた「解任要求」だが、裁判途中での裁判員解任は、どんな場合に、どんな手続でできるのだろうか。日本弁護士連合会・裁判員本部の委員をつとめる永芳明弁護士に聞いた。●裁判員には様々な「義務」が課せられている「裁判員法には41条以 [全文を読む]

世を驚かせた川崎重工「社長解任劇」 ヒラ社員でも社長をクビにできるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年07月25日17時48分

川崎重工は6月13日、同社の長谷川聡社長らを解任した。同日開かれた臨時取締役会で、三井造船との経営統合交渉を打ち切ることと併せて決定した。川崎重工は解任の理由について「他の多数の取締役の意向に反した業務執行を強行しようとするなど、取締役会を軽視した行動があった」と説明している。長谷川元社長は三井造船との経営統合交渉を推進していた人物。取締役会はこの判断に対 [全文を読む]

フォーカス