解任のニュース

はたしてトランプ大統領は弾劾されるのか? 特別検察官任命までの流れを詳しく解説

東洋経済オンライン / 2017年05月20日08時00分

だが、ジェームズ・コミーFBI(米国連邦捜査局)長官の解任を契機に、トランプ大統領を取り巻く情勢は一気に変わった。司法省が独立性の高い特別検察官を「ロシアゲート」の調査のために任命したのだ。厳しい批判の中でもトランプ大統領を守り続けていた与党共和党の中にも、トランプ大統領を批判する動きが顕在化している。民主党議員は言うまでもなく、共和党議員の中からもトラン [全文を読む]

日本の社内クーデター史 三越、フジテレビ、エイベックス他

NEWSポストセブン / 2013年06月30日07時00分

6月13日に開かれた臨時取締役会で長谷川聡社長以下3人の役員が解任された。トップが独断で進めてきたライバル・三井造船との経営統合交渉に他の役員たちが「NO」を突きつけ、3役員を除く取締役全員が緊急動議に賛成するというクーデターだった。 これは決して他人事ではない。高度経済成長後の日本企業の足跡を見れば、そのまま社内クーデターの歴史でもあった。主なクーデター [全文を読む]

FBI:強大な権限が大スキャンダルの引き金に

NewSphere / 2017年05月31日20時00分

歴代長官の多くは任期満了で退任したり別の職に就いたりしたが、4人は辞任を迫られ、うち解任されたのはわずか2人である(うち1人は最近のジェームズ・コミー前長官)。 FBI長官はつねに歴代大統領の意に沿うよう任務を遂行したが、大統領との距離感は様々だった。特に顕著なのがJ・エドガー・フーヴァー(在任期間:1924~1972年)で、特定の大統領の下でその政治的な [全文を読む]

ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

ニューズウィーク日本版 / 2017年05月15日19時00分

<FBI長官コミーを解任したトランプは、遂に一線を越えてしまったようだ。議会が弾劾手続きに入るのはもはや不可避とみられ、そうなればトランプは辞任して、富豪ビジネスマンに戻るだろう>昨年の米大統領選でドナルド・トランプが勝利するという予想を的中させた歴史家が、米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー前長官の解任劇はウォーターゲート事件と比べても「はるかに深 [全文を読む]

「日経平均株価2万円突破」は時間の問題だ 機関投資家は「懐疑」が薄れれば「会議」で買う

東洋経済オンライン / 2017年05月15日11時00分

■コミーFBI長官解任が政治的に重大な「2つの理由」米国のドナルド・トランプ大統領によるジェームズ・コミーFBI(米連邦捜査局)長官の解任(9日〈火〉)が、政治的に混迷を招くとの懸念を呼んでいる。トランプ大統領は、そうした政治的な重大さを軽視した恐れがある。そう考える理由は、いくつかあるが、ここでは2つ挙げておこう。(1)FBI長官の座は、極めて重い。エド [全文を読む]

コンペ応募作品の審査もできない!「東京アニメアワードフェスティバル2016」の運営は破綻状態

おたぽる / 2016年01月23日13時00分

「私は解任されたとは思っていません。現在も業務を進めています。それ以上の発言は、弁護士に止められていますので……」 渦中の江口美都絵氏は、そう答えると電話を切った。 先日、ようやく開催告知のプレスリリースが配信された「東京アニメアワードフェスティバル2016(TAFF2016)」。東京都も出資し、諸外国の政府機関も協力する国際的なイベントが、3月18日の開 [全文を読む]

コミーFBI長官「電撃解任」にウラはあるのか 「第2のウォーターゲート事件」との説も

東洋経済オンライン / 2017年05月16日12時35分

ドナルド・トランプ米大統領は、5月9日、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官を電撃的に解任した。なぜ、このタイミングで解任したのだろうか。ホワイトハウスは、昨年の米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン元国務長官の私用メール問題をめぐるコミーFBI長官の対応の誤りを解任理由として挙げている。FBIがクリントン氏の私用メール問題で、任意の事情聴取 [全文を読む]

「特にないとはなにごとか!」 被告人を恫喝した「裁判員」は解任されるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月12日15時25分

威圧的な大声を出し裁判所の品位を汚した」として裁判員の解任を要求したが、裁判官と話し合った末に取り下げたという。今回は最終的に取り下げられた「解任要求」だが、裁判途中での裁判員解任は、どんな場合に、どんな手続でできるのだろうか。日本弁護士連合会・裁判員本部の委員をつとめる永芳明弁護士に聞いた。●裁判員には様々な「義務」が課せられている「裁判員法には41条以 [全文を読む]

世を驚かせた川崎重工「社長解任劇」 ヒラ社員でも社長をクビにできるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年07月25日17時48分

川崎重工は6月13日、同社の長谷川聡社長らを解任した。同日開かれた臨時取締役会で、三井造船との経営統合交渉を打ち切ることと併せて決定した。川崎重工は解任の理由について「他の多数の取締役の意向に反した業務執行を強行しようとするなど、取締役会を軽視した行動があった」と説明している。長谷川元社長は三井造船との経営統合交渉を推進していた人物。取締役会はこの判断に対 [全文を読む]

黒幕はヒラリーか?トランプを追い詰める「ロシアゲート」の裏事情

まぐまぐニュース! / 2017年06月05日04時30分

先日「トランプのFBI長官解任騒動は、第2のウォーターゲート事件なのか」という記事で詳しくお伝えしたように、FBIの長官・コーミー氏を解任したことで崖っぷちに追い込まれてしまった米トランプ大統領。世界情勢の裏側に詳しい高城剛さんは、自身のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』で、今回の「ロシアゲート」事件の背後にいる人物として、あの大統領 [全文を読む]

記憶力低下を理由に次男が父・会長を解任!あの有名企業で紛争勃発、重要人物が全貌暴露

Business Journal / 2016年02月08日06時00分

●騒動勃発 ところが昨年1月に突如、宏之氏がロッテHDの副会長と取締役の職を解任され、周囲を驚かせた。現経営陣側は、宏之氏を解任したのは武雄氏としているが、宏之氏は当時の状況について筆者の取材に対し次のように語っている。「きっかけは、2014年後半から年末にかけて佃孝之ロッテHD社長が、代表取締役会長をしていた武雄氏に虚偽や著しく誇張した説明をしたことから [全文を読む]

モウリーニョは監督業を休養せず ローマを拒否もユナイテッドを狙う?

超ワールドサッカー / 2015年12月20日07時15分

▽チェルシーの指揮官を解任されたジョゼ・モウリーニョ氏(52)は、監督業を休まない模様だ。イギリス『BBC』が伝えている。▽モウリーニョ氏は17日、成績不振を理由にチェルシーとの契約を双方合意の下で解消。事実上の解任となり、後任にはフース・ヒディンク氏が任命された。シーズン途中の解任となったため、来シーズンまで監督業を休む可能性もあったが、“スペシャル・ワ [全文を読む]

大塚家具、崩壊の予兆 父娘喧嘩で経営混乱 深刻な業績不振、上場企業の体なさず

Business Journal / 2015年02月08日06時00分

久美子氏は昨年7月の取締役会で突如社長を解任され、勝久氏が社長を兼ねてきたが、わずか半年で元のサヤに収まった。 久美子氏は勝久氏の長女。解任された社長が復帰する異例の人事について、大塚家具は「経営管理体制を強化する(ため)」とのコメントを出しただけである。社長解任時点で勝久氏は記者会見を行わなかったが、久美子氏も今回復帰会見を開かない。株式を公開している企 [全文を読む]

MF香川真司の天敵! ネット上で「モイーズ氏がセレッソ大阪の監督就任か」説浮上

AOLニュース / 2014年06月10日17時00分

J1のセレッソ大阪のポポヴィッチ監督が、6月8日までに解任されていたことが明らかになった。現在リーグ暫定13位のセレッソ大阪。成績の不審や選手に対する批判ともとれる言動があったことなどが、解任の理由だという。 そして気になるのは後任だが、現時点では公表されておらず、練習も監督不在のまま再開するとのこと。そんななか、ネット上では前シーズンマンチェスター・ユナ [全文を読む]

鹿島アントラーズ監督はなぜ、電撃解任されたのか? サッカー誌が書かない裏事情

日刊サイゾー / 2017年06月02日22時00分

5月31日、昨年のクラブワールドカップでレアルマドリードを追い詰め、鹿島アントラーズを世界2位に導いた石井正忠監督が突然解任されたのだ。鹿島は、その前日にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグで中国の金満クラブである広州恒大に2-1で勝利したものの、ファーストレグを0-1で落としていたため、アウエイゴールルールで敗退していた。 試合内容自 [全文を読む]

監督解任でドルトCEOが異例の声明「いつも意見が一致していたわけでは…」

サッカーキング / 2017年05月31日15時20分

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは31日、トーマス・トゥヘル氏の解任についてクラブ公式サイト上で声明を発表した。 ドルトムントは、DFBポカール優勝からわずか3日後の30日にトゥヘル氏の解任を発表。これを巡っては、同氏とヴァツケCEOら首脳陣との確執などが噂されていた。今回の声明では、解任に至るまでの経緯などが説 [全文を読む]

裏切られる米国民。弾劾を免れても変わらぬ窮地のトランプ大統領

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日23時18分

発端は、トランプ氏によるFBI長官の電撃解任。これを野党民主党が「大統領のロシア疑惑捜査の妨害」として、弾劾を要求したのです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんが、これからトランプ政権がどのような道筋をたどるのかを占っています。 トランプ弾劾に向かうアメリカ アメリカが、大変なことになっています。 トランプさんは5月9日、 [全文を読む]

モイーズ氏のプレミア復帰間近…低迷するニューカッスルの指揮官に就任か

ゲキサカ / 2016年03月09日14時23分

しかし、同シーズンは数々の不名誉な記録が更新するなど低迷し、14年4月に解任が発表された。同年11月からリーガ・エスパニョーラのソシエダの監督に就任し、同シーズンはチームを立て直したが、翌15-16シーズンは開幕からの成績不振で昨年11月に解任されていた。 ニューカッスルは今季からスティーブン・マクラーレン監督が就任したが、第9節まで白星がなく、28試合を [全文を読む]

モウリーニョのユナイテッド行きが基本合意か

超ワールドサッカー / 2015年12月22日14時43分

▽現在、直近の公式戦6試合で3分け3敗と不調に陥っているユナイテッドでは、指揮官のルイス・ファン・ハール監督を解任すべきとの声が高まっている。伝えられるところによれば、ユナイテッドの上層部は、先日、チェルシー指揮官を解任されたモウリーニョ氏と接触。ファン・ハール監督を解任した際に、クラブの指揮官に就任することに関して、基本合意したという。▽モウリーニョ氏と [全文を読む]

モウリーニョ解任についてエメナロ氏「選手との間に不和があった」

超ワールドサッカー / 2015年12月18日08時00分

▽チェルシーのテクニカルディレクターであるマイケル・エメナロ氏が、ジョゼ・モウリーニョ前監督の解任について語った。クラブ公式サイトが伝えている。▽昨シーズンのプレミアリーグ王者であるチェルシーは、ここまでリーグ戦16試合を終えて9敗を喫し、降格圏の18位と勝ち点差1の16位に低迷していた。クラブはこの成績を受けてモウリーニョ監督と話し合い、双方合意の上で契 [全文を読む]

フォーカス