航空自衛隊のニュース

自衛隊女子、フットサル大会に改称して最多22チーム参加

ゲキサカ / 2016年04月15日21時46分

第1回大会は、航空自衛隊入間基地が制している。なお、試合会場が駐屯地内のため、一般観戦は不可となっている。 ■第4回全国自衛隊女子フットサル大会 (4月16日、17日、朝霞駐屯地内体育館) 陸上自衛隊朝霞駐屯地 SULWAY 航空自衛隊小牧基地 FC.D.Luce 航空自衛隊松島基地 FC LIEN 機関防衛大学校 PANDA.FC 航空自衛隊入間基地 A [全文を読む]

超本格航空ロマン!! 人気の漫画「天神」とは

マイナビ進学U17 / 2015年10月16日00時15分

少年ジャンプ+で掲載! 空駆ける航空機乗りを目指す物語「天神-TENJIN-」パイロットの父を持つ主人公、坂上陸は、父が関わった事故の真相を知るために戦闘機乗りを目指して、航空自衛隊への道へと踏み出します。仲間とともに高め合い、時にぶつかり合う様子や、航空自衛隊になるためのステップをリアルに描いた作品です。厳しい訓練を経て父と同じ空に飛び立つことになった陸 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】航空自衛官 編

マイナビ進学U17 / 2017年02月15日12時01分

■救助した後、お礼の手紙などが来たときの感動 Q1.仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい航空自衛隊でパイロットとして勤務しています。航空自衛隊は陸上・海上自衛隊とともに防衛省のなかの機関の1つであり、主に日本の空において領空への侵犯を未然の防ぐことで日本の平和と独立を守ることを任務としています。現在は、入間基地(埼玉県狭山市)に所在する第2輸送航空隊 [全文を読む]

ジェット機がアクロバット!? 「ブルーインパルス」ってなに?

進路のミカタ / 2016年07月08日12時02分

みなさん、ニュースや新聞などで、ジェット機がアクロバット飛行をしているのをみたことはありませんか? あれは「ブルーインパルス」という航空自衛隊のチームなんです。今回は、そんなブルーインパルスについて、活動の内容をご紹介します。■ ブルーインパルスは「航空自衛隊PR」の一環ブルーインパルスとは、「航空自衛隊」の存在を世間の人々に広く知ってもらうことを目的とし [全文を読む]

ジェット機がアクロバット!? 「ブルーインパルス」ってなに?

マイナビ進学U17 / 2016年07月08日12時02分

みなさん、ニュースや新聞などで、ジェット機がアクロバット飛行をしているのをみたことはありませんか? あれは「ブルーインパルス」という航空自衛隊のチームなんです。今回は、そんなブルーインパルスについて、活動の内容をご紹介します。■ ブルーインパルスは「航空自衛隊PR」の一環ブルーインパルスとは、「航空自衛隊」の存在を世間の人々に広く知ってもらうことを目的とし [全文を読む]

「絵本」×「自衛隊」の異色コラボ!航空自衛隊の隊員が絵本男子に登場!

@Press / 2017年02月14日09時30分

イケメンが絵本を読み聞かせするサイト『絵本男子』を運営する株式会社グランドクロス(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役:堀川 伸一)は、航空自衛隊とのコラボ企画で「航空自衛隊隊員による"絵本の読み聞かせと手遊び歌”」を行い、2017年2月14日(火)に手遊び動画の配信、2017年2月16日(木)にコラボページをWEB上に公開します。また2016年4月に開園し [全文を読む]

【JAF島根】JAFデー 航空自衛隊のレーダー基地を見てみよう!

PR TIMES / 2015年07月22日18時19分

8月のJAFデー 航空自衛隊 高尾分屯基地見学会 JAF(一般社団法人日本自動車連盟 島根支部 支部長 野々村建造)は「JAFデー」と題し、毎月第2土曜日に 開催しているイベントにおいて、8月は航空自衛隊 高尾山分屯基地見学会を実施します。 日頃、航空自衛隊高尾山分屯基地がどのような役割を担っているかを知ってもらう為、施設の一部を公開する。 山頂レーダー地 [全文を読む]

墜落した戦闘機をゲーセン前に放置。わが日本は緊張感に欠けている

まぐまぐニュース! / 2016年09月09日20時00分

その一例として、石川県の航空自衛隊小松基地に関係するブログ記事を紹介し、日本の杜撰すぎる戦闘機処分方法について告発しています。 わが日本国の緊張感に欠けるお話 石川県の航空自衛隊小松基地のことを調べていて、興味深いブログを発見しました。 このブログは「飛行機のお話」です。 その第13回(2001年9月25日)「世界で唯一撃墜されたF15Jイーグル」に、問題 [全文を読む]

航空自衛隊公式アプリ『BIve -ビィヴ-』をリリース ~本邦初 ブルーインパルスのコックピットから見る360°パノラマ動画~

@Press / 2015年06月08日13時00分

株式会社クロスデバイス(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:早川 達典)は、ブルーインパルスの臨場感溢れるコックピットの中から全方位に広がる景色をパノラマ動画で楽しむことができる航空自衛隊公式アプリ『BIve -ビィヴ-』をリリースいたしました。 当社サービスのidoga(イドーガ)エンジンを使ったiOS版アプリとAndroid版アプリで、航空自衛隊の専用 [全文を読む]

BS12ch TwellV『桂雀々の大判小判がじゃくじゃく』 今回訪れたのは航空自衛隊 入間基地 桂雀々、憧れの操縦席で貴重な機長体験!! 7月5日(土)よる8時オンエア

PR TIMES / 2014年07月03日11時17分

今回は訪れたのは埼玉県にある航空自衛隊入間基地。航空自衛隊は今年で創設60周年。航空自衛隊の中でも11人しかいない女性パイロットの案内で憧れのコックピットへ!師匠の苦手な○○との過酷な訓練も!? 1.番組概要 2011年秋に一念発起して大阪から東京に進出してきた異能の落語家、桂雀々による全国放送初の冠番組。地元大阪ではもちろんのこと、今、東京でも最も注目度 [全文を読む]

日中空軍比較 現時点での戦力は自衛隊が圧倒的優勢と専門家

NEWSポストセブン / 2013年06月26日16時00分

いくら最新鋭機の数を揃えても、パイロットの技量と練度で中国空軍は航空自衛隊の足元にも及ばないからだ。AWACSを主体とする世界有数の空中警戒管制システムと連携すれば、敵機の領空侵犯阻止は頭上の蝿を追い払うごとく容易いことだ。 示威行為を続ける中国空軍と万が一にも尖閣周辺空域で偶発的な衝突が起きた場合は、那覇だけでなく九州の築城・新田原両基地からも自衛隊機が [全文を読む]

自衛隊vs.帝国陸海軍 「普通の軍隊」になるのか――徹底解剖 日本の大組織

文春オンライン / 2017年08月24日07時00分

航空自衛隊は、自衛隊創設にあたり旧陸海軍の航空関係者が米軍の支援の下に創設した。新規の組織であり、旧軍との関係はほとんどないといってよいだろう。こうした陸海空自衛隊の創設の経緯は、後述のようにそれぞれの戦略における相違となり、異なる組織文化を生む背景となっている。 第2点目が文民統制の問題である。警察予備隊創設を担当したのは主として旧内務省の警察官僚だっ [全文を読む]

空自入間が2年ぶり2度目の優勝:第5回自衛隊女子フットサル大会

ゲキサカ / 2017年04月23日21時47分

第5回自衛隊女子フットサル大会の決勝ラウンドが23日に航空自衛隊入間基地(埼玉)で行われ、地元の航空自衛隊入間基地Amleyが決勝戦で陸上自衛隊朝霞駐屯地SALWAYを3-0で下して2年ぶり2度目の優勝を飾った。 大会を通じて、前線でライナー性のボールをヘディングで合わせるなど活躍を見せた主将の菊地梓2曹(盛岡商高出身)は「(優勝候補の)プレッシャーもあっ [全文を読む]

全長60センチの迫力ダイキャストモデル!自衛隊機 「F-4EJ改」を作る

IGNITE / 2017年01月19日17時00分

東西冷戦時代の熱い物語をその躯体に秘めた「週刊航空自衛隊 F-4EJ改をつくる!」が、アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売中だ。 毎号ついてくる金属パーツで、1/32スケール、全長60cmのF-4EJ改を組み立てる。 本モデルは、F-4EJ改製造メーカーのボーイング社 公認の迫力のダイキャストモデルとなる。 F-4ファントムⅡ戦闘機は、米国マクダネ [全文を読む]

ブルーインパルス、美ら島エアーフェスタ2016に参加 12月11日に展示飛行

sorae.jp / 2016年11月15日10時10分

航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」の展示飛行予定が更新され、12月10日〜11日に開催される「美ら島エアーフェスタ2016」にて12月11日に参加することが発表されました。 美ら島エアーフェスタは航空自衛隊那覇基地にて開催される航空祭です。また、今回の「美ら島エアーフェスタ2016」という名称は一般公募により採用されました。さらに今年のイベ [全文を読む]

日本がF35で東シナ海の制空権を握るのは不可能―中国軍事専門家

Record China / 2016年08月21日06時30分

共同通信社の17日付報道によると、航空自衛隊は16日、日本向けステルス戦闘機F35初号機の写真をウェブサイトに仰々しく掲載した。軍事専門家の梁芳氏は人民網の取材に「日本によるF35戦闘機購入の目標は中国に向けられている。だが、日本が米国の支援を得て、あるいはF35戦闘機など先進兵器を配備して、中国を第一列島線に封鎖し、東シナ海方面の制空権を掌握しようとする [全文を読む]

北朝鮮の「核ミサイル」は撃ち落とせるか

プレジデントオンライン / 2017年09月09日11時15分

弾道ミサイルが高度1500km以上の頂点をもつ軌道を描いて飛翔する場合、海上自衛隊のイージス艦が搭載するSM-3(ブロックIA)での迎撃は困難となり、実質的には航空自衛隊が保有する地上配備型のPAC-3による、一発勝負での防御となってしまう。PAC-3は短距離弾道ミサイルの迎撃を得意とするもので、中距離弾道ミサイルや長距離弾道ミサイルなど、落下速度の早い [全文を読む]

空自レスキュー隊専用ウォッチ「JASDF ARW -60J」が12月に発売決定

価格.com 新製品ニュース / 2017年08月07日15時39分

ケンテックスジャパンは、航空自衛隊の航空救難団専用腕時計「JASDF ARW-60J」の量産化に向け、クラウドファンディングによる支援者参加型の製品開発プロジェクトを開始したところ、1日で製品化の目標設定金額を超える資金が集まり、12月に発売することを決定した。 航空自衛隊(Japan Air Self Defense Force)シリーズの新モデルとなる [全文を読む]

「航空自衛隊航空救難団」Air Rescue MODEL 2017年12月発売決定

PR TIMES / 2017年08月07日15時00分

ANA Wonder FLY クラウドファンディングによる最速サクセス記録達成!国産の腕時計メーカーである株式会社ケンテックスジャパン(本社:東京都台東区、代表取締役:橋本 直樹、以下ケンテックス)は、2017年7月27日に航空自衛隊「航空救難団専用モデル」の製品化に向け、クラウドファンディングによる、支援者参加型の製品開発プロジェクトを開始。僅か一晩でサ [全文を読む]

“救難最後の砦”空自レスキュー部隊専用ウォッチ「JASDF ARW-60J」

価格.com 新製品ニュース / 2017年07月27日13時26分

ケンテックスジャパンは、航空自衛隊の航空救難団専用腕時計「JASDF ARW-60J」の量産化に向け、クラウドファンディングによる支援者参加型の製品開発プロジェクトを開始。7月25日より支援者先行予約を開始した。 航空自衛隊(Japan Air Self Defense Force)シリーズの新モデルとなる航空救難団専用の腕時計。救難専任部隊航空救難団(通 [全文を読む]

フォーカス