無常のニュース

DVD『西部邁ゼミナール』Vol.5【ゲスト:柴山桂太】&Vol.6【ゲスト:藤沢 周、黒鉄ヒロシ】が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2017年03月17日15時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2017年3月17日(金)より、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)ストアにて、DVD『西部邁ゼミナール』「Vol.5【ゲスト:柴山桂太】マイナス金利は資本主義の断末魔」・「Vol.6【ゲスト:藤沢 周、黒鉄ヒロシ】なぜいま武蔵無常を論じるのか」の販売を開始いたしました。ゴマ [全文を読む]

『消しゴム仏はんこ。』出版を記念して、消しゴムはんこ作家とお坊さんによるスペシャルイベントを築地本願寺で開催

PR TIMES / 2016年03月03日11時55分

』の出版を記念して、消しゴムはんこ作家津久井智子と消しゴムはんこのお坊さん麻田弘潤による消しゴムはんこ法話ユニット・諸行無常ズが、築地本願寺(国指定の重要文化財)で無料イベントを開催いたします。その場で仏はんこを彫って作品を作り上げながら仏教法話を行なう“ライブパフォーマンス”、書籍をお買い上げの方に好きな仏はんこを選んでもらい、それを諸行無常ズが書籍に押 [全文を読む]

思わず背筋がゾッとする。京都の地名に隠された怖いエピソード8選

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日04時30分

愛した袈裟御前の首を切ってしまった盛遠はその後人生の無常を悟り出家します。文覚(もんかく)上人となって袈裟御前の菩提を弔いました。後に神護寺復興など真言宗の中興に尽力しました。 天使突抜(てんしつきぬけ) 西洞院通松原を下った所に五条天神宮があります。五条天神宮祭神の少彦名命は別名・天使様と称され創建当初は天使の宮(天使社)と呼ばれていました。少彦名命は、 [全文を読む]

夢庵

クオリティ埼玉 / 2017年04月07日13時01分

「散る桜、残る桜も散る桜」 桜が教えてくれる無常観こそ、我々に強烈なエネルギーを与えてくれるのだ。春は人の世の無常を知り、無常であるが故に希望を与え、夢を与えてくれるのだ。「夢庵」というスカイラーク系の和食レストランはお年寄達で華やいでいる。特に桜の季節は驚くばかりの活気がみなぎっているのは哀しく、嬉しい光景だ。 「歳々にわが哀しみは深くしていよよ華やぐ [全文を読む]

食事が不要に!? 完全なる代替食品「ソイレント」を飲んでみた

デイリーニュースオンライン / 2015年03月21日10時50分

筆者「では、仏教食としてはどうでしょう? 食から楽しみを消すことで無常観を育めるのでは……?」 男性B(浄土宗僧侶)「修行中にこれが出てきたら俺ならキレるね。あと、命を食べてる実感が薄いから逆に良くないんじゃないかな……。ところでこれって、ユダヤ教とかイスラム教の人でも食えんのかな?」 筆者「ジャイナ教徒もこれなら食えるんじゃないですかね?」 男性B「ど [全文を読む]

いくつ知ってる?大和心揺さぶる「桜」のロマンチックで風流な異称

TABIZINE / 2015年03月15日07時30分

明日見ようと思っていた桜が、夜のうちに嵐で散ってしまうかもしれないように、世の中はどうなるかわからないという、世の中や人生の無常さを説いています。 無常の世の中にありながら、桜が散り行く様子に「諸行無常」を感じる日本人の心は、今も昔も変わらないのですね。 夢見草(ゆめみぐさ) (C)Flickr/Hisashi 夢のように美しくも儚く散ってゆく桜・・・。 [全文を読む]

SCREW、再始動第一弾ミニアルバム『昏睡』のアートワーク&収録内容解禁

okmusic UP's / 2015年03月12日19時30分

ヒットメーカー岡野ハジメ氏がプロデュースを担当したリード曲「ANITYA」(読み:アニティア)は、サンスクリッド原語で“無常"を意味し、鋲(Vo)の想いが詰まったタイトルになっている。そんな本作に対して、「無常な世界、無常な人生の中で自分なりの滅びの美学を吐き出しました。またこうして作品を出せる事、感謝しています。1秒でも早く触れてもらいたい」と鋲はコメン [全文を読む]

SCREW再始動!ミニアルバムを4月に発表

dwango.jp news / 2015年03月12日17時38分

ヒットメーカー岡野ハジメ氏がプロデュースを担当したリード曲『ANITYA』(アニティア)はサンスクリッド原語で“無常”を意味し、Vo.鋲の想いが詰まったタイトルになっている。「無常な世界、無常な人生の中で自分なりの滅びの美学を吐き出しました。またこうして作品を出せる事、感謝しています。1秒でも早く触れてもらいたい。」と鋲はコメントを寄せている。初回限定盤A [全文を読む]

能の名曲「江口」名手を揃え上演 狂言は人間国宝・野村萬による「舟渡聟」【横浜能楽堂】

PR TIMES / 2017年05月01日12時58分

中世の仏教観が伺える宗教的崇高さと鬘物(女を主人公とした曲)の美しさが見事に調和し、遊女たちの舟遊び、遊女の哀しみや世の無常を表現する舞、そして普賢菩薩へと変ずる場面などが、格調高い美文で彩られた詞章とともに展開されます。 能の屈指の名曲として、これまで名手たちにより繰り返し演じられてきた作品を今回演じるのは観世流の名手・浅見真州。復曲、新作への挑戦など意 [全文を読む]

『世界を感動させた日本精神―台湾人だからわかる本当は幸福な日本人』 日本が世界から好かれ、中国・韓国が嫌われるのには理由があった!

DreamNews / 2017年03月22日10時00分

世界が驚愕する日本の「もののあわれ」「無常」「無心」「わびさび」、「武士道」と「商人道」、「仏教」、「殉国精神」、「水と森が生んだ文明」など台湾人だからこそわかる「日本精神」の凄さを中韓や欧米と比較しながらすべて解説する。◎本書の内容より◎「仏教国家」日本と「儒教国家」中国・韓国の違い◎死ぬまで絶対に謝らない中国人、謝罪好きな日本人◎武士道の精神を受け継い [全文を読む]

ジョブズも虜に。日本の「禅」が導くシンプルで深い人生の道標

まぐまぐニュース! / 2017年03月09日17時30分

ずっと変わらない不変の自然の摂理に対して、常に変わり続ける無常の我々は調和しながら生きているのを感じます。禅の庭からはそのような物事の道理を学ぶことが出来るのです。そうしていくうちに、今まで自分の身の回りにあったものが本当に大切かどうかなど価値観を棚卸するきっかけになるのです。 20世紀という時代は、大量生産・大量消費の時代でした。日本も1960年第以降は [全文を読む]

「勝つ」より「負けない」が大事 自分を苦しめない正しい競争心の持ち方

ウートピ / 2016年12月16日21時45分

つまりは昔、お釈迦様が「無常」とおっしゃった世の習いですよね。万物は有為転変、とどまるものはひとつもない。まさに鴨長明の随筆『方丈記』です。「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」。河って僕らの眼にはいつも同じように見えるんですね。昨日も今日も、もしくは明日も。だけど、違うねん。一瞬たりとも同じ水は流れていない。利根川の美しい風景はいつも同じに [全文を読む]

『リハビリ中断』は分かる人には強烈に共感できる、 Theピーズならではの無常感が濃く出た“らしい”一枚

okmusic UP's / 2016年10月26日18時00分

前回の当コラムでカステラを紹介したので、今回はそのヴォーカリストである大木知之(TOMOVSKY)の双子の兄、大木温之率いるTheピーズを紹介せねばなりますまい! Theピーズは今週末の10月29日、岩手県花巻市の花巻なはんプラザ・COMZホールにて開催される『TIKI TIKI VS TUMBLING TOUR 2016 vol.2』にLAUGHIN'N [全文を読む]

読むと手が震えるマンガ…!? 懐疑心たっぷりのふでこさんから放たれる辛辣なお言葉に酔いしれろ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月27日11時00分

無常のふでこさん』(ぬこー様/一迅社)は、「つぶやきGANMA!」に掲載されているWEB漫画の1つだ。ここで本作の紹介文を見てみよう。 懐疑心たっぷりの女児ふでこさんの日常を綴ったハートフルボッコ4コマ漫画。かわいい“お口”から発せられる辛辣なお言葉に酔いしれろ!!! どうだこれは。紹介文がすでに辛辣なのだ。読者は間違いなくハートブレイクされるだろう。私 [全文を読む]

これからの世の中で必要な「レジリエンス」

JIJICO / 2015年04月27日18時00分

適切かつ柔軟に対応していくことで、レジリエンスは高まる また、仏教の言葉で「諸行無常」という言葉があります。「四苦八苦」と呼ばれるように、この世は「苦」があって当たり前という前提の智慧の一つが「諸行無常」という教えです。この世のあらゆるものは変化するということです。 「なにもかもが変化する」と、知っておくということは大切です。そして、起こった物事に対して [全文を読む]


サザンオールスターズ、新曲「東京VICTORY」が世界バレーのテーマ曲に決定!

okmusic UP's / 2014年08月01日11時45分

曲を作った桑田佳祐自身は、作詞のきっかけのひとつに、2020年に東京オリンピックが開催されることや、それに伴い長年音楽を創り続けてきた千駄ヶ谷ビクタースタジオのすぐそばにある国立競技場やその周辺が様変わりしてしまうことへのある種の無常感や寂しさのようなものがあったと語っている。 しかし、せっかくのオリンピック開催ということをキッカケにして、そんな気持ちを [全文を読む]

落ち目同士、鈴木亜美と小室哲哉のコラボに漂う諸行無常

messy / 2014年06月03日17時00分

(ルイコスタ松岡) [全文を読む]

昭和経済界のフィクサー・横井秀樹が各地に残した「下品な廃墟」の深層

東京ブレイキングニュース / 2013年11月25日10時00分

その結果、日本中に哀愁や無常感の漂うマニア好みの廃墟が生まれて行ったのだ。 廃墟マニアとは、単に廃墟の光景が好きだという訳ではなく、「どうしてそこが廃墟になってしまったのか?」 「どんな人々がこの空間に存在していたのか?」 といった裏まで考えたがる性質がある。 「キレイに整備された庭だったはずなのに...」 とか 「海外の一流デザイナーにジャパンンマネー [全文を読む]

嫉妬が主題の本描いた桜木紫乃「嫉妬する気持ちわからない」

NEWSポストセブン / 2013年09月26日07時00分

大地を人知れず舞う塵や埃や、無常無常とも思わずに軽量な命を揺らす芒や葦。それら諦めがちな景色を心身の内に飼い慣らすような、期待せず、絶望もしない男や女……。愛はおろか、湿り気すら求めない、そのどこまでも渇いた質感が、何やら潔くも思えてくるのである。 最新長編『無垢の領域』でも、そのドライな筆は身も蓋もないほど発揮される。ちなみに冷たいのではない。渇いてい [全文を読む]

フォーカス