無常のニュース

DVD『西部邁ゼミナール』Vol.5【ゲスト:柴山桂太】&Vol.6【ゲスト:藤沢 周、黒鉄ヒロシ】が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

8 / 2017年03月17日15時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2017年3月17日(金)より、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)ストアにて、DVD『西部邁ゼミナール』「Vol.5【ゲスト:柴山桂太】マイナス金利は資本主義の断末魔」・「Vol.6【ゲスト:藤沢 周、黒鉄ヒロシ】なぜいま武蔵無常を論じるのか」の販売を開始いたしました。ゴマ [全文を読む]

『消しゴム仏はんこ。』出版を記念して、消しゴムはんこ作家とお坊さんによるスペシャルイベントを築地本願寺で開催

4 / 2016年03月03日11時55分

』の出版を記念して、消しゴムはんこ作家津久井智子と消しゴムはんこのお坊さん麻田弘潤による消しゴムはんこ法話ユニット・諸行無常ズが、築地本願寺(国指定の重要文化財)で無料イベントを開催いたします。その場で仏はんこを彫って作品を作り上げながら仏教法話を行なう“ライブパフォーマンス”、書籍をお買い上げの方に好きな仏はんこを選んでもらい、それを諸行無常ズが書籍に押 [全文を読む]

思わず背筋がゾッとする。京都の地名に隠された怖いエピソード8選

3 / 2017年05月09日04時30分

愛した袈裟御前の首を切ってしまった盛遠はその後人生の無常を悟り出家します。文覚(もんかく)上人となって袈裟御前の菩提を弔いました。後に神護寺復興など真言宗の中興に尽力しました。 天使突抜(てんしつきぬけ) 西洞院通松原を下った所に五条天神宮があります。五条天神宮祭神の少彦名命は別名・天使様と称され創建当初は天使の宮(天使社)と呼ばれていました。少彦名命は、 [全文を読む]

夢庵

3 / 2017年04月07日13時01分

「散る桜、残る桜も散る桜」 桜が教えてくれる無常観こそ、我々に強烈なエネルギーを与えてくれるのだ。春は人の世の無常を知り、無常であるが故に希望を与え、夢を与えてくれるのだ。「夢庵」というスカイラーク系の和食レストランはお年寄達で華やいでいる。特に桜の季節は驚くばかりの活気がみなぎっているのは哀しく、嬉しい光景だ。 「歳々にわが哀しみは深くしていよよ華やぐ [全文を読む]

食事が不要に!? 完全なる代替食品「ソイレント」を飲んでみた

3 / 2015年03月21日10時50分

筆者「では、仏教食としてはどうでしょう? 食から楽しみを消すことで無常観を育めるのでは……?」 男性B(浄土宗僧侶)「修行中にこれが出てきたら俺ならキレるね。あと、命を食べてる実感が薄いから逆に良くないんじゃないかな……。ところでこれって、ユダヤ教とかイスラム教の人でも食えんのかな?」 筆者「ジャイナ教徒もこれなら食えるんじゃないですかね?」 男性B「ど [全文を読む]

いくつ知ってる?大和心揺さぶる「桜」のロマンチックで風流な異称

3 / 2015年03月15日07時30分

明日見ようと思っていた桜が、夜のうちに嵐で散ってしまうかもしれないように、世の中はどうなるかわからないという、世の中や人生の無常さを説いています。 無常の世の中にありながら、桜が散り行く様子に「諸行無常」を感じる日本人の心は、今も昔も変わらないのですね。 夢見草(ゆめみぐさ) (C)Flickr/Hisashi 夢のように美しくも儚く散ってゆく桜・・・。 [全文を読む]

SCREW、再始動第一弾ミニアルバム『昏睡』のアートワーク&収録内容解禁

3 / 2015年03月12日19時30分

ヒットメーカー岡野ハジメ氏がプロデュースを担当したリード曲「ANITYA」(読み:アニティア)は、サンスクリッド原語で“無常"を意味し、鋲(Vo)の想いが詰まったタイトルになっている。そんな本作に対して、「無常な世界、無常な人生の中で自分なりの滅びの美学を吐き出しました。またこうして作品を出せる事、感謝しています。1秒でも早く触れてもらいたい」と鋲はコメン [全文を読む]

SCREW再始動!ミニアルバムを4月に発表

3 / 2015年03月12日17時38分

ヒットメーカー岡野ハジメ氏がプロデュースを担当したリード曲『ANITYA』(アニティア)はサンスクリッド原語で“無常”を意味し、Vo.鋲の想いが詰まったタイトルになっている。「無常な世界、無常な人生の中で自分なりの滅びの美学を吐き出しました。またこうして作品を出せる事、感謝しています。1秒でも早く触れてもらいたい。」と鋲はコメントを寄せている。初回限定盤A [全文を読む]

能の名曲「江口」名手を揃え上演 狂言は人間国宝・野村萬による「舟渡聟」【横浜能楽堂】

2 / 2017年05月01日12時58分

中世の仏教観が伺える宗教的崇高さと鬘物(女を主人公とした曲)の美しさが見事に調和し、遊女たちの舟遊び、遊女の哀しみや世の無常を表現する舞、そして普賢菩薩へと変ずる場面などが、格調高い美文で彩られた詞章とともに展開されます。 能の屈指の名曲として、これまで名手たちにより繰り返し演じられてきた作品を今回演じるのは観世流の名手・浅見真州。復曲、新作への挑戦など意 [全文を読む]

震えるほどの美しさを見せて散る桜、日本人は「そこに命の無常を見る」=中国

2 / 2017年04月12日07時12分

この点についてさらに掘り下げ、日本は自然災害が多い国であるゆえに、日本人の繊細な感情は「命の無常」の概念と融合していると指摘。それゆえにほんのわずかな時の間にその命を強烈に輝かせ、震えるほどの美しさを見せた後に散っていく桜に、日本人は深く感動してやまないのだと論じた。 また、日本では春は入学や卒業など、人生のイベントが数多くある季節であり、日本人にはそれ [全文を読む]

フォーカス