大田区のニュース

日本初の民泊条例、地域振興と資産活用のためのルール作りを

政治山 / 2015年10月16日14時00分

東京都大田区では、民泊条例について13日から26日までパブリックコメントを受け付けています=(仮称)大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業条例案に対する区民意見等の募集について=。実際にはどのような条例が検討されているのか、岡高志 大田区議会議員にご寄稿いただきました。 そもそも民泊とは 通常のホテル・旅館ではない個人の空部屋などに宿泊することで、訪 [全文を読む]

熱き戦いを制したのはどちらの陣営か!?大田区VS川崎市 銭湯陣取りスタンプラリー結果発表!

PR TIMES / 2016年03月08日16時55分

株式会社クリーク・アンド・リバー社が企画・運営を担当する「大田区VS川崎市 銭湯陣取りスタンプラリー」(主催:大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会)が2月29日(月)に終了いたしましたので、最終結果をお知らせいたします。 最終結果 大田区:4835ポイント、川崎市:3901ポイント 上記の通り、大田区陣営の勝利が決定いたしました。大田区陣営を選択して当スタ [全文を読む]

江東区と大田区に羽田沖の埋め立て地巡る「領有権争い」勃発

NEWSポストセブン / 2012年11月02日07時00分

領有権を争っているのは、東京都の江東区と大田区。係争地の名称は「中央防波堤埋立地」という。 羽田空港近くの東京湾に浮かぶこの島は、1970年代に廃棄物処分場として埋め立てが開始された。「ゴミの島」だったこの土地が近年、コンテナ輸送の要衝として注目を集めることになり、今年2月には島と江東区を結ぶ東京ゲートブリッジも完成した。 注目度が上がるとともに、帰属未定 [全文を読む]

江東区vs大田区の「領土問題」めぐり、「東京24区にすれば」とのアイデアも

Jタウンネット / 2017年10月18日17時00分

東京湾埋め立て地を巡る江東区と大田区の争いで、東京都が提示した調停案に大田区が強く反発し、訴訟の可能性が報じられている。ネット上では、調停案に同意する声が多いが、意表を突くアイデアも出て......。大田区は「受け入れられない」と強く反発歩道は雑草が伸び放題、内陸部は森のような木々が生い茂り、まるで東京の辺境のよう――こんな土地が争いのターゲットだ。 東京 [全文を読む]

JTB×大田区「大田区産業観光モニターツアー」第2弾・第3弾実施

PR TIMES / 2014年02月05日18時12分

第2弾は”今注目”の最新の物流基地やリサイクル工場を見学!普段は入れない国際航空貨物ターミナル見学も! 株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:田川博己)は、大田区(東京都大田区、区長:松原忠義)と協力し、2013年12月より「大田区産業観光モニターツアー」を実施しています。全3回のモニターツアーのうち、第2弾のツアーを2月7(金)よりJT [全文を読む]

第4回 大田区ビジネスプランコンテスト募集のお知らせ

@Press / 2012年06月26日14時30分

大田区では、区内外から優秀な起業者を発掘するため、「大田区の地域資源を活かして創業するビジネスプラン」をテーマにした、オリジナルなビジネスプランコンテストを実施します。募集期間は平成24年7月2日から8月31日までです。 大田区は、4,000社を越える工場が集積し、高度な技術を擁する企業が集積しております。また、羽田空港の再国際化に伴い、商業・観光にも積極 [全文を読む]

羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

HANJO HANJO / 2017年05月26日12時00分

■都市機構/羽田空港跡地地区土地区整(東京都大田区)が起工/施工は森本組 東京都大田区の「羽田空港跡地第1ゾーン」(約16・5ヘクタール)の開発が始まった。都市再生機構が施行する「羽田空港跡地地区土地区画整理事業」の初弾工事がスタートし、24日に現地で起工式が開かれた。造成工事の施工は森本組が担当。事業を通じて、大田区が目指す「新産業創造・発信拠点」を形成 [全文を読む]

江東区HPに「中央防波堤埋立地は江東区固有の領土」との声

NEWSポストセブン / 2012年11月05日07時00分

日本国内、しかも東京湾に浮かぶ島(中央防波堤埋立地)をめぐって、二つの自治体が壮絶な領有権争いを繰り広げている――週刊ポスト前号で報じた東京都大田区と江東区の「羽田沖領土紛争」を燃え上がらせたのは、今年2月に起きたある事件だった。 今年2月11日に行なわれたゲートブリッジの開通式には、前田武志・国土交通相(当時)はじめ、政府要人が多数参加した。山崎孝明・江 [全文を読む]

まもなく公開! 映画「大舞台は頂いた!」(大田区文化振興協会創立30周年記念作品)/大田区最大級の美術展 第31回「大田区在住作家美術展」

PR TIMES / 2017年10月20日10時00分

~映画初公開は10月29日(日)、美術展は11月3日(金・祝)より開催~公益財団法人 大田区文化振興協会(所在地:東京都大田区)は、協会創立30周年を記念して映画「大舞台は頂いた!」の制作を行いました。映画は10月29日(日)の記念式典で初公開後、11月より区内で上映を開始します。また、「大田区在住作家美術展」を11月3日(金・祝)~10日(金)に開催致し [全文を読む]

品川区・大田区の飲食店は、時給1,058円(前年比+19円)!アルバイト最新求人データを求人@飲食店.COMが発表!

PR TIMES / 2017年08月10日09時00分

飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM(運営:株式会社シンクロ・フード)」(http://job.inshokuten.com/)が、品川区・大田区の飲食店アルバイト最新求人データを発表します。品川区・大田区の飲食店アルバイト時給は1,058円と、前年同時期に比べて+19円増加。求人数が最も多かった業態はイタリアンでした。調査の詳細は下記の通りで [全文を読む]

東京都の「中央防波堤紛争」が調停で解決されない理由

週プレNEWS / 2013年03月07日16時30分

かれこれ20年近くにわたって広大な「中央防波堤埋立地」(以下、中央防波堤)という“領地”をめぐる争いを繰り広げている江東区と大田区。江東区はゴミや焼却灰が区内を通って運ばれることによる「ゴミ公害問題」を、大田区は近隣に羽田空港があることから「戦略的な開発」を理由に、それぞれ領有権を主張している。 互いに一歩も譲らない争いが繰り広げられているなか、その様子を [全文を読む]

東京湾の人工島、大田区が調停拒否議案を提出

読売新聞 / 2017年10月17日00時16分

東京都は16日、東京湾の人工島「中央防波堤埋立地(中防)」の帰属を巡って争っている江東区と大田区に調停案を提示し、受諾するよう勧告した。 江東区に86・2%、大田区に13・8%を帰属させる内容で、大田区の松原忠義区長は同日、報道陣に「受け入れられない」と表明。都知事による裁定か、訴訟に移行する公算が大きくなった。 中防は23区のゴミの最終処分場として、都が [全文を読む]

東京湾:埋め立て地帰属、決着へ 江東86%、大田14%

毎日新聞 / 2017年09月29日22時15分

東京都江東区と大田区が、互いに帰属を主張していた東京湾のごみの埋め立て地「中央防波堤埋立地(中防)」(約509ヘクタール)について、都の自治紛争処理委員会は「江東区86%、大田区14%」とする調停案の原案を両区に提示した。関係者が明らかにした。中防の埋め立てが始まった1973年から44年間にわたって続いてきた帰属問題は、決着に向けて大きく前進した。 都内の [全文を読む]

“マンガで公約をわかりやすく説明する人“...オタク流(!?)の選挙宣伝で、“ラブライバー“兼“艦これ提督“の区議員が爆誕!

おたぽる / 2015年04月29日18時00分

今月27日開票を終えた大田区議選で、生粋のオタク趣味の議員が誕生した。今回が初出馬となる、おぎの稔氏だ。 おぎの氏は専門学校・アミューズメントメディア総合学院卒の29歳。コミケにサークル参加し、「東方Project」のキャラクター・藤原妹紅の同人誌を頒布したこともあるという経歴の持ち主である。また、2010年、全国から注目された東京都青少年健全育成条例改定 [全文を読む]

世田谷オークラランド住宅公園で平成26年1月2日~13日、「ヨーロッパ流最新トレンドの寄せ植えデモンストレーションと、簡単アレンジメント教室」を開催!“花芽付き球根“で一足早く、春を我が家へ!

PR TIMES / 2013年12月03日09時19分

「花芽付き球根」で一足早く、春を我が家へ!!場所は、オークラランド住宅公園(世田谷区桜3-24-8 )、環八千鳥住宅公園(大田区千鳥3-12-1)、環八蒲田住宅公園(大田区新蒲田1-12)、浜田山住宅公園(東京都杉並区高井戸東3-36-35)の4会場で開催致します。これがヨーロッパ流、冬の花の楽しみ方!!「花芽付き球根」を1200個プレゼントします。(来場 [全文を読む]

江東区&大田区 埋め立て地の帰属で狙う“二匹目のお台場”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年10月17日15時00分

江東区と大田区がその帰属を主張していた臨海部の「中央防波堤埋立地」について、東京都は16日、江東区に86.2%、大田区に13.8%の調停案を示した。江東区は受け入れの姿勢を示しているが、大田区議会の経済財政委は17日、調停案を受け入れない方針を可決した。 埋め立てが始まったのは今から44年前の1973年。東京都は大田区のノリ養殖業者の了解を得て埋め立てを [全文を読む]

スカイマーク「下町ボブスレージェット」披露--モノづくりの底力を全国に

マイナビニュース / 2017年10月05日15時53分

大田区の会社として同じ夢をスカイマークは現在、羽田空港を中心に10都市19路線に就航しており、その羽田空港のある東京都大田区には3,000以上の工場があり、国内随一のモノづくり企業の集積を誇る。今回の取り組みは約1年前、大田区に本社を構えるスカイマークに、下町PJの細貝淳一GMからスカイマークの市江正彦代表取締役社長に相談したことが始まりだという。ひとつ [全文を読む]

【飛行ロボコン】 第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催

PR TIMES / 2017年08月25日08時00分

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う!!! 9月2,3日、東京都大田区 大森スポーツセンターにて、第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテストを開催します。全国から50を超える学生チームが独自に設計・制作した個性的な飛行ロボット(ドローン)を飛行させ、ミッションクリアを目指します。観覧は無料、申し込み不要。インター [全文を読む]

『アプリコ おどる!みんなの音楽祭2017』パパイヤ鈴木氏振り付けの盆踊り『OTAキネマ音頭』を初披露!

PR TIMES / 2017年06月26日10時00分

夏だ!!ダンスだ!!踊り明かそう!!!この夏、アプリコがダンスホールに大変身!?公益財団法人 大田区文化振興協会(所在地:東京都大田区)は、ファミリーで楽しめる夏の音楽イベント『アプリコ おどる!みんなの音楽祭2017』を2017年7月29日(土)・30日(日)に開催致します。【公演情報およびチケット購入URL】http://www.ota-bunka.o [全文を読む]

「限られた「大人」の舞台を体験して成長する園児たちが繰り広げる音舞台。」

PR TIMES / 2015年12月01日20時13分

収容人数1,500名、動員数1,400名! 音楽を教える事で育つのではなく、音楽で育つをコンセプトに育む幼児教育の実践 学校法人野村学園 パール幼稚園 学校法人野村学園 パール幼稚園 (東京都大田区 理事長・園長 野村良司)は12月3日(木)に東京都大田区にあるアプリコホールにて、音舞台2015を開催します。 【音舞台とは】 音舞台は今年で13回目の開催と [全文を読む]

フォーカス