自由党のニュース

山本太郎代表を直撃! 自由党に党名変更で「なかまたち」はどーなる!?

週プレNEWS / 2016年10月28日06時00分

もしかして仲間割れ? 小沢一郎氏と山本太郎氏が代表を務める「生活の党と山本太郎となかまたち」が10月12日に党名を「自由党」に変更すると発表した。憲政史に残る珍名政党が消滅かと思いきや、山本氏は次期衆院選には自由党ではなく、引き続き「山本太郎となかまたち」で独自候補を立てるという。 これはどういうこと? 山本太郎氏を直撃した。 ―自由党から分裂したというイ [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(9)CMが支えたイメージ戦略

アサ芸プラス / 2016年11月30日12時55分

〈これは、あまりにも唐突すぎないか〉 解党の結果、非自民勢力の結集を謳った新進党はわずか3年で四分五裂し、小池は小沢が新たに結党した自由党に参加することにした。「政党は安全保障政策で一枚岩でなければならない」という小沢の説明に、小池は同意できた。それが自由党を選んだ小池の最大の理由だ。結党時に集まった仲間の安保観も、新進党時代と比べれば、一致点が多く見られ [全文を読む]

トランプに電話を切られた豪首相の求心力弱まる

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月08日17時20分

オーストラリア連邦議会上院議員のコリー・バーナーディは2月7日、ターンブル率いる自由党を離党し、自ら新党を立ち上げると発表した。トランプが掲げる反エスタブリッシュメントの旗印を、オーストラリアで自ら担ごうと思い立ったのだ。オーストラリアの自由党は、名前はともあれ、実は保守的な党だ。しかしバーナーディにとっては穏健すぎるらしい。今回の発表でバーナーディは、オ [全文を読む]

欧州でも胎動見せる「大衆迎合主義」のうねり オランダの「EU離脱」は避けられたが

東洋経済オンライン / 2017年03月22日08時00分

当初、第1党に躍進すると見られていたポピュリズム(大衆迎合主義)政党の「自由党(PVV)」は、第1党には届かなかったものの20議席を獲得している。オランダの下院選挙は、28もの政党が比例代表で150の議席を奪い合う特殊なスタイルで、そのために選挙で第1党になったからといって、そのまま政権を掌握できるわけではない。ただ、「モスク閉鎖」「イスラム教徒(移民)排 [全文を読む]

【ストラテジーレポート】3・15ショックは起きるか?この局面を乗り切る相場の張り方

ZUU online / 2017年03月15日10時30分

オランダ議会選はウィルダース党首率いる自由党が第一党をとるか否か。■FOMCのケースドットチャートに変化はあっても、あくまで中央値が示唆する今年の利上げ回数は3回にとどまる。これがメインシナリオだろう。4回の利上げを見込む向きも増えているが、コンセンサスを形成するには至っていない。確率を付与すれば6:4程度となるのではないか。6割の確率で利上げは年3回のま [全文を読む]

渡る世間で鬼退治。政界渡り鳥・小池百合子は、なぜ出世していくのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時30分

小池さんは小沢一郎さんが新たに立ち上げた、「自由党」に参加。2000年、自由党が分裂したのを機に小沢さんを離れ、「保守党」に参加。2002年、ようやく自民党に。 こうやって見ると、政界に入ってから10年で、 日本新党 → 新進党 → 自由党 → 保守党 → 自民党 と移っている。しかし、「所属してた政党が解党したり分裂した結果」なので、そのことで小池さんが [全文を読む]

[岩田太郎]【“声なき多数派”、安倍政権支持に傾くか?】~安保可決後の民意はどこへ 1~

Japan In-depth / 2015年07月17日19時00分

まず杉浦氏は、「1952年10月1日の総選挙で自由党が240議席、51.5%の過半数を確保して勝っている。サイレント・マジョリティは当時の吉田茂首相に軍配を上げたことになる」と主張する。しかし現実には、1952年8月28日に行われた衆議院の抜き打ち解散で争われた466議席中、自由党吉田派は過半数に届かない199議席、そのライバルの自由党鳩山一郎派は35議席 [全文を読む]

ご存知ですか? 4月25日は新憲法下初の総選挙 社会党が第一党になった日です

文春オンライン / 2017年04月25日07時00分

解散と前後して、保守系の与党・自由党に対し、改革的保守をめざす民主党、進歩的保守の中道政党である国民協同党といった新党の結成があいつぐ。 総選挙の結果、自由党は131議席、民主党は124議席を獲得、それぞれ第二党、第三党となる。民主党から田中角栄と中曽根康弘(いずれものちの首相で当時28歳)が出馬し、初当選を果たしたのはこのときである。 さて、この総選挙で [全文を読む]

イベントラッシュの欧州:リスクシナリオを検証

ZUU online / 2017年03月10日12時00分

■最悪シナリオの分析と実現可能性◆オランダ:注目は、自由党の獲得議席数と連立政権の行方3/15のオランダの下院議会選挙では、ウィルダース氏が率いる極右の自由党が第一党となる可能性が高い。しかしそれでも、150議席のうち、30議席程度しか取れないとみられている。過半数の75議席を取れない限り、ある政党が単独で首相を選出することはできない。このため第一党になっ [全文を読む]

「したたかじゃない女性なんていない」小池百合子、へたれ男たちとの勝負史24年

Forbes JAPAN / 2016年08月01日20時20分

小沢は自由党を率いて、小池も自由党に合流したが、99年、自由党は自民党による水面下での猛烈な切り崩し工作を仕掛けられる。「小池さんには残ってほしい」。小沢は自由党幹部に「小池残留」の指示を告げ、彼女に「近畿ブロック・比例」という条件を提示した。しかし、残留工作は失敗。彼女は保守党の結成に参加した。彼女は残留しなかった理由をこう言っている。「私は地べた(小選 [全文を読む]

フォーカス