今治市のニュース

麻生氏も苦言。安倍首相に関わりが深い、第2の「森友学園」疑惑

17 / 2017年04月21日04時45分

「広島県と愛媛県今治市」が全国で10番目の国際戦略特区に指定されたのだ。なぜ広島県と今治市がひとつの区なのかという奇妙さについては後述するとして、この決定は、加計氏が理事長をつとめる学校法人加計学園の岡山理科大学がめざす獣医学部の新設と深くつながっている。 加計学園グループは、岡山県を本拠地とし岡山理科大学や千葉科学大学など全国に五つの大学をかまえるほか [全文を読む]

怪文書はホンモノだった。強行採決後の出来すぎたタイミングで発表

16 / 2017年06月15日17時35分

今治市で獣医学部の建設が進む加計学園の加計孝太郎理事長と安倍首相の親しい関係を指摘され、興奮して口走ったのが「責任をとる」という言葉だった。あまりの過剰反応に、福島議員は「どうしてそんなに恫喝するのか」と訝った。 5月17日、18日、朝日新聞に文書の存在がスクープされると、菅官房長官は「怪文書」と決めつけて、「殿」が責任をとらないですむよう、内閣府はもち [全文を読む]

加計ありきの動かぬ証拠 今治市職員は官邸に呼ばれていた

10 / 2017年06月10日09時26分

安倍首相の「腹心の友」、加計孝太郎氏が理事長を務める「加計学園」(岡山市)が愛媛・今治市で進めている獣医学部新設。 今治市の情報公開で、同市が新設提案する以前に、職員2人が首相官邸を訪問していたことを示す文書が明らかになっているが、8日、野党議員2人がそれぞれ別の委員会で事実関係を質問したところ、政権からはフザけた答弁が返ってきた。 「官邸訪問者の記録が保 [全文を読む]

不正の証拠続々 加計問題は初めから“ありき”のデキレース

10 / 2017年06月07日15時00分

安倍首相の「腹心の友」、加計孝太郎氏が理事長を務める「加計学園」(岡山市)が愛媛・今治市で進めている獣医学部新設。「総理のご意向」文書を本物と断じた前川喜平前文科次官は「行政が歪められた」と嘆いたが、やっぱり、初めから加計ありきの“デキレース”だったことがハッキリしてきた。証拠が次から次へと出てきているのだ。 自由党の森裕子参院議員が6日の農水委員会で明ら [全文を読む]

安倍政権に“96億円カツアゲ”された今治市、地元住民の声【加計学園問題】

9 / 2017年06月19日08時53分

愛媛県今治市の加計学園獣医学部新設で、「総理の意向」が働いたかどうかが大問題になっている。その「意向」は文科省だけでなく現地にも及んでいた!? 地元住民を直撃、その声をリポート。◆貧乏自治体にお金を出させて、国は1円も出してくれない!? 今治市は愛媛県北東部、瀬戸内海に面した人口約16万人の都市。陸部と島嶼部をつなぐ「しまなみ海道」はサイクリングの聖地とし [全文を読む]

今治市「日本一危険なすべり台」が話題…もしケガをしたら、誰の責任になるのか?

9 / 2016年10月19日10時09分

すべり台のある公園を管理する今治市は、使用ルールを注意喚起する看板を増設したうえで、10月14日から使用再開とした。今治市の担当者によると、話題のすべり台は、1991年に設置された。長さ60メートル、平均傾斜は27度もあるという。今治市は公園に、(1)ねそべってはいけない(2)雨などで濡れているときは使用しない(3)すべりやすい服装を着用しない、といった内 [全文を読む]

森友問題に酷似 加計疑惑にも浮上した「日本会議」の線

6 / 2017年06月07日09時26分

来春、愛媛県今治市に開校予定の加計学園の岡山理科大獣医学部。加計孝太郎理事長と安倍首相は40年来の親友で、新設計画に「総理のご意向」が働いたのではないかと、国会で連日追及されている。首相と昵懇の一部のお友達においしい話がもたらされる構図は森友問題とソックリなのだが、ここに来て、別の疑惑が急浮上し始めた。甘い汁を吸っている連中が右派組織「日本会議」でつながっ [全文を読む]

【加計学園】前川氏の「醜聞リーク」でわかった共謀罪の危険度

6 / 2017年06月02日04時30分

それが、安倍首相の「岩盤規制」として、突破対象になったのは、「腹心の友」加計孝太郎氏の経営する加計学園が今治市に国家戦略特区の特例事業として岡山理科大獣医学部新設をめざしていたからである。 計画に具体性ゼロ。結論ありきで進められる獣医学部新設 安倍首相は最も信頼を寄せる側近、今井尚哉首席秘書官に実現への絵を描かせた。だが、酪農家の減少が著しいこの国になぜ [全文を読む]

文科省の逆襲。「総理のご意向」文書流出の裏に天下り規制の恨み

6 / 2017年05月26日04時30分

今治市の区域指定時より「最短距離で規制改革」を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている。 これらの文書がオモテに出たことで、官邸の怒りをまともに受けた文科省がうろたえたことは想像に難くない。文書を誰が書いたかはすぐにわかるはずだ。「確認中でなんとも申し上げられない」と言って、とりあえず時間を稼いでいるが、菅官房長官が言う [全文を読む]

視察を通じて新たな視点を市政に―みさお知子 山県市議

6 / 2016年11月16日11時50分

今治タオルプロジェクト(愛媛県今治市) 平野部から多島美を誇る青い海原まで、変化に富んだ今治市は、四国の市町村で一番の工業都市であり、四国の製造品出荷額等の約12%を占めます。その今治市の製造品出荷額における繊維工業は約4.1%に過ぎません。しかし、今治市は山と海の間に位置する穏やかな気候風土が綿栽培に適していたこともあり、言わずと知れた日本一のタオル産 [全文を読む]

フォーカス