傷跡のニュース

内容と傷跡の種類によって異なる。レーザーによる治療法について

26 / 2017年05月06日20時10分

傷跡の治療は、個々の傷跡の状態によって合うものと合わないものがあります。また、傷跡治療に用いられるレーザー治療も、傷跡の種類によって治療内容が異なってきます。傷跡の種類と治療法について解説します。レーザー治療による傷跡治療レーザー治療とひとことでいっても、治療内容は傷跡の種類によりさまざまです。具体的にどのような違いがあるのか見ていきましょう。へこんだ傷跡 [全文を読む]

ママの勲章!でもやっぱり気になる帝王切開の傷

8 / 2016年04月05日11時00分

「ママの勲章」ともいえる帝王切開の傷跡ですが、本人にしてみれば気になるもの。大きなミミズ腫れになったり、いつまでもかゆみがあるという場合、いったいどうするのがよいのでしょうか。 ママからの相談:「帝王切開の傷について」 『産後7カ月です。帝王切開の傷が大きくミミズ腫れになっています。なるべく触らないようにはしていますが、かゆみがあり、体調の悪いときには腫れ [全文を読む]

よく転び頭や顔にけがをする娘…後遺症がないか心配

5 / 2016年04月13日18時00分

たんこぶはすぐに冷やしていますが、頭を強く打つことによる脳への影響や、顔に傷跡が残ることが心配です。転んでけがをした時、泣けば大丈夫、ぐったりしたり嘔吐したら病院へとよく言われますが、脳への影響や傷跡に関する心配へはどう対処すればよいでしょうか。(30代・女性)』 頭を打ったときの対処法と脳への影響について 転んで頭を打つ程度で脳に障害が残ることはありませ [全文を読む]

産後10カ月。帝王切開の傷跡の痛みはいつまで続くの?

5 / 2016年04月06日16時00分

自然分娩ではなく帝王切開で出産を行った場合、術後に残った傷跡がいつまでも痛む人もいるようです。痛みの感じ方には個人差がありますが、この傷跡の痛みはいつまで続くのか、様子をみるしかないのかどうか看護師さんたちに尋ねてみました。 ママからの相談:「帝王切開で出産。術後の傷跡が今でも痛むが改善する?」 『3年前、1人目が緊急で帝王切開になったので、今回の2人目は [全文を読む]

5カ月たったらもう遅い?帝王切開の傷の治療

5 / 2016年04月04日18時00分

ママからの相談:「帝王切開の傷を治療するには遅すぎるでしょうか」 『予定帝王切開で出産して5カ月たちますが、傷跡にパンツのゴムがあたる時などにかゆくてたまらずについ触ってしまいます。出産直後は赤みがある程度で気にならなかったのですが、今は厚みがあって赤く固い幅5mmほどのミミズ腫れになってしまっています。今から治療できないでしょうか。(30代・女性)』 [全文を読む]

医師に聞く!タトゥーを消すのはどのくらい難しい?

4 / 2017年05月17日08時15分

一般的にタトゥーは、入れるときよりも消すときの方が時間・費用がかかるうえ、タトゥー除去を行う際に傷跡を残さないのは不可能とされています。そこで、「六本木境クリニック」院長の境隆博先生に、タトゥー除去の難しさについてお話を伺いました。境先生は、年間のべ300症例を超えるタトゥー除去の治療を行っており、タトゥー除去手術において日本屈指の技術や経験を持つドクター [全文を読む]

帝王切開後は2人目不妊に? !妊娠中のリスクは?

4 / 2016年06月10日16時00分

1回目の出産で帝王切開をした場合、2人目の出産時も帝王切開になる可能性が高いのでしょうか?子宮の傷跡が原因で2人目不妊になったり、2回目の妊娠中に起こり得るリスクを心配しているという相談者さんに、専門家たちがアドバイスしています。 30代女性からの相談 :「帝王切開の経産婦はリスクが高い?」 『長男を帝王切開で出産したのが2年前、そろそろ2人目を考えていま [全文を読む]

細いだけじゃダメ!モテ美脚の作り方4つ

4 / 2015年08月25日11時00分

傷跡をケアする 脚のケガの跡も気になりますよね。 傷跡がたくさん残っている脚では美脚とは言いがたいものです。 しかし傷跡は、無理にいじらず肌のターンオーバーに任せるのが◎。 しっかり湯船に浸かって肌を温めた後は、クリームをたっぷり塗って保湿しておきます。 もっともたまにはピーリングをして、ターンオーバーを促進してあげるのもおすすめ。 どうしても消えない [全文を読む]

【耳に入れておきたいトピックス】自動車事故の「慰謝料」について

4 / 2015年05月20日18時00分

古くは、「顔に残った傷跡は、一般的に労働能力の低下に繋がらない」と考えられていました。 そのため、外見が職業に重大な影響をもたらす芸能人やモデルなどを除いて、慰謝料を決める際に考慮はされていませんでした。 しかし実際には、特に女性の場合、顔に大きな傷跡が残ってしまうと就ける仕事に大きな制約があります。 例えば、受付嬢や窓口業務、接客業務など、人前に出る仕 [全文を読む]

年のせいじゃない!「傷の治りが遅い」のは体からのヤバイSOS

4 / 2014年09月23日11時30分

いつまでたってもなかなか傷跡が治っていないなら、ある体の不調のサインかもしれません。今回は、そんな傷の治りにまつわる事実をご紹介しましょう。 ■皮膚再生能力の低下 まず傷の治りが遅いのは、お肌の再生能力が落ちている可能性があります。傷ができると、その部分の組織が壊れてしまいます。それを自ら修復しようとする機能が、私たちには備わっているのですが、その能力が [全文を読む]

フォーカス