関戸のニュース

彼女と「一人用」ワンルームマンションで甘い同棲生活、「大家の許可」は必要?

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月19日10時02分

賃貸の法律問題に詳しい関戸淳平弁護士に聞いた。 ●「一人用」という特約は有効なのか? 「大家から『出て行け』と求められるということは、法的には、賃貸借契約の解除が認められるかどうかという問題です」 ただし、契約の解除が常に認められるわけではないようだ。関戸弁護士は「特約」の有効性が問題になると指摘する。 「まず、特約の内容が合理的でなければ、特約自体が無効 [全文を読む]

廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対

週プレNEWS / 2016年06月02日06時00分

築地市場で商売をする仲卸業の一社「関富」の関戸富雄社長は5月20日、同市場に入る122業者の署名を携え、森山裕農水相と舛添都知事に要望書を提出した。 11月7日に迫った豊洲への市場移転見直しを求めるためだ。 東京都と、市場内で商売をする業者は、大家と店子(たなこ)の関係に当たる。都は営業許可を与える立場なので、業者が表立って物を言うには勇気がいる。それでも [全文を読む]

「子どもが朝5時から走り回る」アパートの騒音で病気に・・・治療費を請求できる?

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月31日13時20分

不動産をめぐるトラブルにくわしい関戸淳平弁護士に聞いた。 ●「子どもの足音は違法とは言いにくい」 「人が生活をしていく上で、騒音の発生は避けられません。他人にとって『不快な音』をすべて違法とすると、社会生活が不可能となってしまいます。 そのため、裁判では、次のような考え方がとられています。 社会生活上やむを得ないといえる騒音は、お互いに受忍(我慢)すべきで [全文を読む]

残された配偶者が住み続ける「長期居住権」、実現への課題…民法・相続制度見直し

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月31日10時13分

不動産の問題に詳しい関戸淳平弁護士に聞いた。 ●課題は「居住権の価値」をどのように評価するのか 「長期居住権とは、被相続人(亡くなった方)の配偶者が、相続開始の時に居住していた被相続人所有の建物に終身、または一定期間、その建物を使用できるようにする権利です」 関戸弁護士はこのように述べる。なぜ、こうした権利を必要とする議論が起きているのか。 「高齢化や平均 [全文を読む]

月間1200万PVのマンガ投稿サイト「コミカワ」発!自らの身体を駆使し、ベッドや椅子として働く肉体労働者「物男」による童貞青春コメディ

PR TIMES / 2016年08月10日09時34分

本書は、物男として働く関戸直樹(26歳)がデザインへの熱い情熱を持つ新人デザイナー森野みどり(23歳)に出会い、インテリア業界に革命を起こしていく物語です。[画像2: http://prtimes.jp/i/2372/585/resize/d2372-585-698881-6.jpg ]本書は、編集担当者が「1話のネームを読んで5秒で連載を決定した」という [全文を読む]

ベッドや椅子として働く童貞男!? 独特な世界観とちょっとエッチな内容にはまる人続出マンガ『物男』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月10日06時30分

同書は、物男として働く関戸直樹(26歳)がデザインへの熱い情熱を持つ新人デザイナー森野みどり(23歳)に出会い、インテリア業界に革命を起こしていく物語だ。 月間1,200万PVの漫画投稿サイト「コミカワ」で12カ月連続トップ3の人気を誇る同作は、編集担当者が「1話のネームを読んで5秒で連載を決定した」という伝説の作品。著者の永田一由が描きだす独特な世界観と [全文を読む]

うつ病の家族が「自殺」した家ーー売却するときに「告知」する義務はある?

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月30日10時15分

関戸淳平弁護士に聞いた。 ●家族の「自殺」を告知する義務はある? 「自殺や殺人といった事実は、物件の心理的瑕疵(欠陥)になり、原則として、売買契約上の告知義務の対象となります。 このような事実は、物件の『住み心地』に影響を与える事実であり、購入判断に影響を与えます。そのため、雨漏りなどの物理的瑕疵と同様に、物件の瑕疵とされるのです」 関戸弁護士はこのように [全文を読む]

[関東]日体大に3発逆転!千葉U-18出身ルーキーFW小澤裕太がダメ押し弾!東洋大が1部復帰後初勝利

ゲキサカ / 2017年05月03日21時50分

2点ビハインドを追った日本体育大は後半33分に最後の交代枠でMF秋本和希(4年=三菱養和SCユース)に代わって、MF関戸裕希(3年=前橋育英高)を送る。関戸が中盤からのパスで徐々にリズムを作り出したが得点にはつながらない。同35分には絶好の位置でFKを獲得。太田が直接狙うもゴール左へ。同41分には渡邊がドリブルで仕掛けて自らシュートも狙ったがクロスバー上 [全文を読む]

マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や練り機の音が不快…やめさせるには?

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月13日09時46分

関戸 淳平弁護士に聞きました。 ●ポイントは「騒音が受忍限度を超えているかどうか」 他人にとって「不快な音」をすべて違法とすると、社会生活が不可能となってしまいます。そのため、裁判では、騒音が違法となるかどうかは、「受忍限度」を超えているかどうかで判断されます。 「受忍限度」を超えるかどうかは、周辺環境、騒音の大きさ、原因、時間帯などによって異なります。条 [全文を読む]

ネットで火が付き、ファン急増中! ベッドやイスとして働く肉体労働者「物男」の悲しくも笑える汚仕事マンガ! 単行本第2巻発売。

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

白ブリーフ童貞男の“セキドッチ”こと関戸直樹は、憧れの家具デザイナー森野みどりちゃんと「H」できるのか? 新感覚の性春物語は続きます。 [画像2: https://prtimes.jp/i/2372/681/resize/d2372-681-156907-1.jpg ] 本書は、編集担当者が「1話のネームを読んで5秒で連載を決定した」という作品。主人公の関 [全文を読む]

フォーカス