九段のニュース

天才「加藤一二三伝説」を名言で振り返る

プレジデントオンライン / 2017年07月14日15時15分

将棋の加藤一二三九段が、歴代1位という63年の現役生活を終えた。「神武以来の天才」と言われた加藤九段は、「加藤一二三伝説」と呼ばれる数々のエピソードをもつ。その棋士人生を、本人の「名言」で振り返ってみよう――。 ---------- 「私はすごく立派な将棋を指し、私も感動する立派な将棋を指してきた。『今日は別に負けてもいいよ』と思ったことは一回もないんです [全文を読む]

【将棋】三浦弘行九段のスマホ騒動は“呪い”だったことが判明! 不吉の前兆「駒柱」連発の怪、羽生や谷川も犠牲に…!

tocana / 2017年06月23日07時30分

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2017/06/post_13570.html】 ■三浦弘行九段と丸山忠久九段の対局で「駒柱」出現! この日の対局では、不吉なことに将棋盤に縦9枚の駒が並んだのだ。対戦していたのは三浦弘行九段と丸山忠久九段。このふたりの名前を聞いて、ピンと来た方も少なくないのではないか。 丸山九段に9枚の駒を [全文を読む]

三浦弘行九段の師匠「慰謝料は1億円でもおかしくない」

NEWSポストセブン / 2017年01月31日07時00分

トップ棋士の一人である三浦弘行九段(42)による前代未聞の“カンニング疑惑”は、第三者委員会が「不正の証拠なし」の結論を下したことで、日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)が辞任する事態に発展した。そうしたなかで、渦中の三浦九段の師匠が本誌・週刊ポストの直撃取材に答え、連盟執行部の対応を厳しく批判した──。 1月18日、会見を開いた谷川会長は、三浦九段のソフト [全文を読む]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

【二海堂晴信→ 村山聖九段】 (病気を抱えながらも懸命に将棋と向き合った熱血漢) 僕は村山先生と少し親交があったのですが、染谷さんが本当に村山九段の様な喋り方をしていて驚きました。 【宗谷冬司→羽生善治三冠と谷川浩司九段】 (史上初の7大タイトル全冠制覇を成し遂げた) 羽生善治三冠と谷川浩司九段が元になっております。佇まいは、谷川先生を、実績は羽生先生を [全文を読む]

将棋連盟・谷川浩司会長が辞任…ファンからは労いの声も

しらべぇ / 2017年01月19日16時30分

■誠意を示すために決断谷川会長は昨年末、第三者調査委員会が三浦弘行九段のスマホ不正問題について「証拠なし」の結論をだした際、辞任せず職務をまっとうすることで責任を果たすとしていた。しかし「ファン、関係者、三浦九段への誠意を示すためには、私が辞任するのが一番という結論至った」「心身ともに不調をきたす状況に陥ってしまい、責任ある立場を続けてくのは困難」として、 [全文を読む]

将棋・久保利明九段が対局場に現れず不戦敗!その理由に驚き

しらべぇ / 2016年11月01日21時00分

■久保利明九段が時間になっても現れず不戦敗となったのは、関西在住の久保利明九段。王将や棋王のタイトルを取った実力者で、棋士会の副会長を務めている。30日14時から、東京の将棋会館で豊島将之七段との対局が予定されていた。対局の模様はニコニコ生放送で中継されたが、開始時間になっても久保九段が登場しない。豊島七段がひたすら盤の前で正座し待つ模様が流れ、「電車が遅 [全文を読む]

【今週の大人センテンス】引退するひふみんが「偉大なる後輩」に贈るエール

citrus / 2017年07月05日18時00分

」by加藤一二三・九段【センテンスの生い立ち】 63年にわたる棋士生活を終え、6月30日に引退記者会見を開いた棋士の加藤一二三・九段(77)。最近は「ひふみん」の愛称でも親しまれ、テレビなどにも引っ張りだこである。直後の7月2日、社会現象と言ってもいいほどの熱い注目を集めた中学生棋士・藤井聡太四段の連勝記録が29でストップ。その夜、加藤九段はツイッターで、 [全文を読む]

62年ぶりの快挙!14歳2ヶ月のプロ棋士藤井新四段に驚き

しらべぇ / 2016年09月05日11時00分

14歳2ヶ月という記録は「神武以来の天才」といわれた加藤一二三九段を62年ぶりに更新するもので、羽生善治三冠をも超えているだけに、ファンに驚きが広がっている。藤井聡太くんが最年少(14歳2ヵ月)でプロ棋士に。ほんとすごいです。しばらくは将棋界の一大ニュースになりそうです。— 本川卓佐 (@1Kyokyo) September 3, 2016藤井新四段まじか [全文を読む]

石倉昇九段の教え方──32年目の囲碁教室

NHKテキストビュー / 2017年01月13日08時00分

32年前に渋谷でスタートした石倉昇九段の囲碁教室は、5年ほど前に自由が丘に場所を移し、さらに活況を呈している。2005年に東京大学で始まった囲碁授業の講師としてだけでなく、全国各所での活動が注目される石倉九段。教室の様子をのぞくと、その人気の秘密が明らかに…!* * *■すごく楽しい!囲碁教室は数多くあるが、人気の高さでは石倉昇九段の教室が頭ひとつ抜けてい [全文を読む]

「囲碁界のフェデラー」に人工知能が連勝 AlphaGoが成し遂げた快挙

Forbes JAPAN / 2016年03月11日10時31分

そして2016年3月9日、韓国ソウルで行われた囲碁の対決でグーグルの人工知能「AlphaGo」が世界トップ囲碁棋士のイ・セドル九段を3時間半で下したのだ。対局は互角に進んだが、終盤に入るとイ九段の手が震え始め、指でテーブルを叩く仕草も見られ、最終的には負けを認めた。AlphaGoはグーグル傘下のDeepMindが2年をかけて開発したプログラムだ。イ九段との [全文を読む]

中学生棋士・藤井聡太四段は、なぜ“天才”と言われるのか?

文春オンライン / 2017年05月11日17時00分

中学3年の少年は、昨年10月に加藤一二三九段76歳(当時)が持っていたプロ棋士デビュー最年少記録を62年ぶりに更新すると、プロ初戦でその加藤九段に勝利、以後公式戦16連勝(5月8日現在)と勝ち続け、ワイドショーでも取り上げられる存在となっている。 そんな藤井四段をプロデビュー前から見続け、電子書籍『藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか』(文春e-Boo [全文を読む]

囲碁の世界大会「WGC」―各国代表とAIが激突、緒戦の棋譜も公開

インターネットコム / 2017年03月22日14時30分

日本から六冠の井山裕太九段、中国から同国の予選を勝ち抜いたミ・ユティン九段、韓国から同国ランキング1位のパク・ジョンファン九段、さらに日本のドワンゴなどが開発を進めるコンピューターシステムDeepZenGo(ディープゼン碁)が参加し、総当たりリーグ戦で最強を決める。 インターネット上で公開している有志による棋士の世界ランキング「Go Ratings」によ [全文を読む]

「第2期叡王戦」佐藤天彦九段が優勝。来春に将棋ソフト「PONANZA」と対局決定

ITライフハック / 2016年12月13日13時00分

その結果、佐藤天彦九段が千田翔太五段に97手で勝ち、12月4日(日)に行われた第1局に続いて2連勝で優勝し、叡王の座に輝きました。これにより、来春開催される「第2期電王戦」への出場を決め、「第4回将棋電王トーナメント」で優勝したコンピュータ将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ)と二番勝負を行うことになった。また同日、大晦日に行なわれる「電王戦合議制マッチ [全文を読む]

プロ棋士引退のひふみん 77歳でも若者に愛される3つの秘訣

WEB女性自身 / 2017年06月30日06時00分

『写真・AFLO』 6月20日に行われた竜王戦6組昇級者決定戦で、現役生活に幕を下ろした加藤一二三九段(77)。 ひふみん こと加藤九段は、将棋界で60年以上プロ棋士として活躍してきた レジェンド中のレジェンド だ。 最近ではバラエティー番組での露出が増え、若者からの人気が急上昇。6月30日放送の『アウトデラックス』(フジテレビ系)にも出演し、話題をさらっ [全文を読む]

引退ひふみんと28連勝の藤井四段 感動的なまでの「2人の運命!」

J-CASTニュース / 2017年06月21日19時01分

藤井四段の偉業の前日には、史上最年長プロ棋士の加藤一二三・九段(77)が対局に敗れて現役を引退していた。インターネット上では「世代交代を感じる」「因果なもので」と運命的なめぐりあわせを感じる声が相次いでいる。加藤九段の最年少デビュー記録を塗り替えたのも藤井四段藤井四段は関西将棋会館(大阪市)で7大タイトル戦の1つ、王将戦の予選で澤田真吾・六段(25)と対局 [全文を読む]

藤井四段は「大したことない」ひふみんが負け惜しみ?

日刊大衆 / 2017年06月15日17時05分

土曜 あるある晩餐会』(テレビ朝日系)に、“ひふみん”の愛称で親しまれている加藤一二三(ひふみ)九段(77)が出演。史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となり、デビュー戦から25連勝中(※6月15日時点)の中学生棋士、藤井聡太四段(14)との対局を振り返る場面が見られた。 この日は、“14歳の天才 藤井四段で大ブーム 将棋の魅力&面白さ全部わかります”と題し [全文を読む]

「Future of Go Summit」ペア碁、相談碁を緊急追加生中継!

DreamNews / 2017年05月25日09時00分

この度、株式会社 囲碁将棋チャンネル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本光正)が運営するインターネット会員サービス「囲碁プレミアム」では、5月23日(火)より開幕した『Future of Go Summit』にて開催されている「柯 潔九段vsアルファ碁」に加えて、「ペア碁、相談碁」を解説付き生中継することが緊急決定しました。 5月23日(火)より開 [全文を読む]

千代田区生涯学習 九段LLカフェ講座 ~「千代田区“地”“知”“値”の再発見」第3弾~ 「フルマラソン攻略法~自己ベスト更新への道~」 2014年12月6日(土)、2015年1月24日(土)9:00~12:00開催

@Press / 2014年10月22日11時30分

千代田区立九段生涯学習館は、「千代田区“地”“知”“値”の再発見」の第3弾「フルマラソン攻略法~自己ベスト更新への道~」を2014年12月6日(土)、2015年1月24日(土)に開催致します。 本講座は、今シーズン、フルマラソンに挑戦するランナーにとって役立つ内容です。大会に向けてどのようなトレーニングをしたらよいか・・・、コンディションの調整法やレースに [全文を読む]

ひふみん引退会見、藤井四段を「すごい」と感じた対局中の出来事明かす

J-CASTニュース / 2017年06月30日17時14分

2017年6月20日に現役引退となった「ひふみん」こと、棋士の加藤一二三九段(77)が30日、東京の将棋会館で引退記者会見を開いた。加藤九段は現在の心境を「大変すっきりした気持ちです」と述べ、63年に渡る現役生活や名局の数々を振り返った。 藤井四段は欠点のない「秀才型の天才」 会見では、加藤九段との対局がプロデビュー戦となった藤井聡太四段(14)の印象につ [全文を読む]

「ひふみん」こと加藤一二三九段が63年の現役生活に幕!ファンから労いの声

しらべぇ / 2017年06月21日06時30分

(画像はTwitterのスクリーンショット)20日、将棋棋士で「ひふみん」の愛称で親しまれる加藤一二三九段(77)が、竜王戦6組昇級者決定戦対高野智史四段戦に臨み、敗北。63年にも及ぶ現役生活に、ピリオドを打った。■「負ければ引退」の一戦加藤九段は前期に行われた順位戦(棋士の序列を決定するリーグ戦)で1勝9敗となり、フリークラスへ降級。年齢制限のため現役棋 [全文を読む]

フォーカス