福音館書店のニュース

人気声優・江口拓也が絵本朗読&恋愛にまつわる質問に回答

okmusic UP's / 2014年04月19日00時30分

特に「ぐりとぐら」は大好きな作品で懐かしかった! 今回は、もしも自分に子供がいたら・・・という気持ちで読みました』 ●江口拓也の「よ・み・き・か・せ」放送スケジュール ・2014年4月21日(月)「ぐりとぐらのおおそうじ」前編(文:なかがわりえこ 絵:やまわきゆりこ/福音館書店) ・2014年4月22日(火)「ぐりとぐらのおおそうじ」後編(文:なかがわり [全文を読む]

超人気声優・江口拓也が初登場!ファン必聴の「絵本よみきかせ」を披露!

PR TIMES / 2014年04月18日11時14分

特に「ぐりとぐら」は大好きな作品で懐かしかった! 今回は、もしも自分に子供がいたら・・・という気持ちで読みました』 【江口拓也の「よ・み・き・か・せ」放送スケジュール】 ●4月21日(月)「ぐりとぐらのおおそうじ」前編(文:なかがわりえこ 絵:やまわきゆりこ/福音館書店) ●4月22日(火)「ぐりとぐらのおおそうじ」後編(文:なかがわりえこ 絵:やまわき [全文を読む]

ウサギのミッフィーに「万引盗」の過去 生誕60年、横浜で激白へ

しらべぇ / 2016年07月19日11時00分

ナインチェが、福音館書店の翻訳絵本になって日本へ紹介されたのは1964(昭和39)年。当時は「うさこちゃん」という呼び名で登場し、人気を博したという。現在は、講談社が採用した英語圏での呼び名「ミッフィー」シリーズでも有名。絵本と併せ、キャラクターグッズなども広く販売されている。■葛藤を抱えるミッフィー※画像は「生誕60周年記念『ミッフィー展』」Webサイト [全文を読む]

人気女優・モデル 菊池亜希子さんの原点は絵本にあった! 子ども時代に出会った絵本にまつわる思い出話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月09日11時30分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 不完全で人間くさいサンタの姿に祖母の姿を重ねて読んだという『さむがりやのサンタ』(レイモンド・ブリッグズ:作、すがはらひろくに:訳/福音館書店)。押入れの中で遊ぶことに夢中になったことを思い出させてくれたという『おしいれのぼうけん』(古田足日・田畑精一:作/童心社)。姉と一緒に買いものに出かけたこと、強がりだった [全文を読む]

秋の夜長にオススメ、心をいやす絵本でストレス女子を卒業!

Woman.excite / 2015年11月09日22時00分

1位 くだもの 作:平山 和子/出版社:福音館書店「くだもの」(絵本ナビ紹介ページ)離乳食がスタートし、いろんな食べ物に興味を持ち始めた赤ちゃんにおすすめの絵本です。すいかやももや、ぶどうなど、普段スーパーで手に入る果物がとても鮮やかに、みずみずしく描かれています。「さあ、どうぞ」と果物をさしだされるシーンは、ママも思わず手ののばしくたくなります。果物その [全文を読む]

アンアンロゴの生みの親 アートディレクターの巨匠・堀内誠一の絵本展

anan NEWS / 2015年10月06日12時00分

カラフルな絵の具でぐいぐい描かれた力強い絵はデザインとしても魅力的!『ぐるんぱのようちえん』(福音館書店) 1966年 (C)Seiichi Horiuchi ◇『かっきくけっこ』 詩人の谷川俊太郎さんが文を、堀内さんがイラストを担当とは豪華! あいうえお、かきくけこ…。日本語独特の音を、イラストで表現しています。『かっきくけっこ』(くもん出版) 2009 [全文を読む]

今年で生誕50周年!大人気絵本シリーズ『ぐりとぐら』の知られざる秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月01日12時10分

』(福音館書店)などからひもといていきましょう。 作者の中川李枝子さんと絵を描いた山脇百合子さんは姉妹。1963年に、雑誌『母の友』(福音館書店)に掲載されたのが始まりです。その時のタイトルは『たまご』。保育士をしていた中川さんは、子どもたちが『ちびくろサンボ』の物語に夢中だったことから、ちびくろサンボのホットケーキの向こうを張って、もっと上等で美味しそう [全文を読む]

大賞は写真絵本シリーズ「世界のともだち」

PR TIMES / 2017年05月05日08時00分

大賞:「世界のともだち」全36巻 偕成社 JR賞:「ちゃあちゃんのむかしばなし」中脇初枝再話 福音館書店 美術賞:「わたしのこねこ」澤口たまみ文、あずみ虫絵 福音館書店 産経新聞社賞:「アイヌのむかしばなし ひまなこなべ」萱野茂文・文、どいかや絵 あすなろ書房 フジテレビ賞:「ぼくたちのリアル」戸森しるこ著 講談社 ニッポン放送賞:「トンチンさんは そば [全文を読む]

永遠のベストセラー! 20年以上売れ続ける名作絵本【親子で楽しむ絵本の時間】 第3回

Woman.excite / 2017年04月29日20時00分

しょうぼうじどうしゃじぷた作:渡辺 茂男/絵:山本 忠敬/出版社:福音館書店 「しょうぼうじどうしゃじぷた」(絵本ナビ紹介ページ)はしご車ののっぽくん、高圧車のばんぷくん、救急車のいちもくさん。そして古いジープを改良した、ちびっこ消防車のじぷた。小さいじぷたをみんなはバカにします。けれどあるとき、隣村の山小屋が火事になって…。誰でも自分にないものを嘆き、誰 [全文を読む]

トーハン×白泉社×協賛出版社各社『第9回 MOE絵本屋さん大賞2016フェア』を開催~「MOE」ロゴ入りのオリジナル拡材つき~

DreamNews / 2016年12月22日18時00分

○フェア銘柄対象書籍1位 『もうぬげない』ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社2位 『このあとどうしちゃおう』ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社3位 『ノラネコぐんだんおすしやさん』工藤ノリコ/白泉社4位 『とんでもない』鈴木のりたけ/アリス館5位 『ぺんぎんたいそう』齋藤 槙/福音館書店6位 『ネコヅメのよる』町田尚子/WAVE出版7位 『せかいいちのねこ』ヒグチ [全文を読む]

丸太の男の子キュッパとガチャピン・ムックが夢の競演 9/26~「beポンキッキーズ」にてスペシャル短編アニメ放送

@Press / 2016年09月16日11時00分

原作者の絵本デビュー作『キュッパのはくぶつかん』(2012年 福音館書店・刊)と第二作『キュッパのおんがくかい』(2014年 福音館書店・刊)をベースにした、いずれも児玉監督によるオシャレな短編アニメです。【放送情報】2016年9月26日(月) BSフジ「beポンキッキーズ」にて放送開始予定放送時間:月~木 朝7時30分~■トムス、フジテレビKIDSやSN [全文を読む]

パパ・ママが選んだ、赤ちゃんに読んであげたい絵本はこれ!「赤ちゃんへ贈る絵本大賞」受賞作品発表!

DreamNews / 2016年09月01日17時30分

■赤ちゃんへ贈る絵本大賞1位 だるまさんが(ブロンズ新社)2位 いないいないばあ(童心社)3位 じゃあじゃあびりびり(偕成社)4位 はらぺこあおむし(偕成社)5位 がたんごとんがたんごとん(福音館書店)6位 くっついた(こぐま社)7位 しましまぐるぐる(学研プラス)8位 もこもこもこ(文研出版)9位 きんぎょがにげた(福音館書店)10位 しろくまちゃんのほ [全文を読む]

代官山 蔦屋書店が選ぶ夏休みに大人と子どもで楽しめる“五感に響く”絵本5選【SUMMER BOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年08月14日20時00分

『すばらしいとき』(ロバート・マックロスキー 訳:渡辺茂男/発売:福音館書店) 家族とのかけがえのない夏の想い出。見渡すかぎり雄大な島での自然。終わりのない喜びと、不思議さに驚嘆する感性を人智を超えた荘厳なる視点で語られています。美しい季節のうつろいを五感で味わえる絵本。1957年作。 『すばらしいとき』ロバート・マックロスキー(Robert McClo [全文を読む]

絵本ランキング Vol.15「気持ちがスッと軽くなる「夏を感じさせる」水色(青色)の絵本」

Woman.excite / 2016年07月21日06時00分

■しずくのぼうけん作:マリア・テルリコフスカ/絵:ボフダン・ブテンコ/訳:内田 莉莎子/出版社:福音館書店「しずくのぼうけん」(絵本ナビ紹介ページ)この本は水の性質をわかりやすく、ストーリー仕立てで解説する科学絵本です。ひとしずくの水が長い旅の途中で氷になったり、蒸発したり、雲や雨になったり…。勉強しているというより、一緒に冒険を楽しみながら水の変化を感じ [全文を読む]

トーハン×白泉社×協賛出版社各社『第8回 MOE絵本屋さん大賞2015フェア』を開催~「MOE」ロゴ入りのオリジナル拡材つき~

DreamNews / 2015年12月22日18時00分

<作品ラインナップ>順位 タイトル (出版社名)1 りゆうがあります (PHP研究所)2 いしゃがよい (福音館書店)3 リンドバーグ (ブロンズ新社)4 きょうのおやつは (福音館書店)5 そらまめくんのあたらしいベッド (小学館)6 ママがおばけになっちゃった! (講談社)7 たべもんどう (ブロンズ新社)8 おばけだじょ (学研)9 おちゃわんかぞく [全文を読む]

絵本ランキング Vol.5「クリスマスに読みたい絵本」

Woman.excite / 2015年12月18日06時15分

2位 てぶくろ作:(ウクライナ民話)/絵:エウゲーニー・M・ラチョフ/訳:内田 莉莎子/出版社:福音館書店 「てぶくろ」(絵本ナビ紹介ページ)ウクライナの名作でもあるこの絵本は、描きこまれた動物たちの表情が個性的。おじいさんが落としたあたたかい手袋の中に「いれて」「いいよ」のかけあいをしながら動物たちが次々と「いそうろう」。でも、訪れる動物のサイズがどんど [全文を読む]

“人と本とをつなぐ”新たな取り組みスタート!ユニクロ×リブロ×福音館書店×日販「ぐりとぐらからお手紙をもらおう」

DreamNews / 2015年12月14日16時00分

その第一弾として、株式会社福音館書店(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小倉 昇、略称:福音館)の協力のもと、カジュアルファッションブランドのユニクロ吉祥寺店と、株式会社リブロが運営するパルコブックセンター吉祥寺店とのコラボレーション企画を実施します。日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、人と本とをつなぐた [全文を読む]

ママが泣ける絵本ランキング vol.1

Woman.excite / 2015年10月16日06時15分

1位 ちょっとだけ作:瀧村有子/絵:鈴木 永子/出版社:福音館書店「ちょっとだけ」(絵本ナビ紹介ページ)兄妹が生まれると、これまで100%愛情を注がれていたお兄ちゃん、お姉ちゃんたちは、途端にママにかまってもらう時間が少なくなってしまいます。お兄ちゃんお姉ちゃんとして頑張ってみよう、けどやっぱりちょっと悲しい…。そんな子どもの思いが、この絵本に登場するなっ [全文を読む]

ノルウェーから東京・上野へ!「キュッパのびじゅつかん ― みつめて、あつめて、しらべて、ならべて」7月18日(土)から東京都美術館にて開催

@Press / 2015年06月25日12時00分

「キュッパのびじゅつかん」特設ウェブサイト: http://kubbe.tobikan.jp本展覧会は、2012年4月の日本デビューから3年、ノルウェーの作家オーシル・カンスタ・ヨンセンの絵本『キュッパのはくぶつかん』(福音館書店)の物語を入口に、「物を見つめ、集め、並べてみることから始まる、私たちの住む世界とのコミュニケーション」をテーマに、観察と収集を [全文を読む]

風邪を引きやすくなる!? ママが見逃しがちな「子どもの冷え」にご注意を

WooRis / 2015年01月28日18時00分

そこで今回は、雑誌『母の友』(福音館書店)2014年11月号の「体のはなし」の記事を参考に、“子どもの冷え症対策”について紹介します。 ■親が子どもの体を触って冷たいところを探そう <お子さんの頭から足まで順に手をあててみてください。他の場所と比べて、温度が低いと感じる場所はありませんでしたか。もしあれば、そこが“冷え”のある場所ということです> 大人だ [全文を読む]

フォーカス