祥子のニュース

芝崎唯奈、「ケッパン先生」の思い出を語る!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日06時00分

第5弾となる今回は、真面目な優等生・麻生祥子を演じる芝崎唯奈が登場! 祥子への思い入れから自身の学生生活についてまで、たっぷりと話を聞いた。──まず、ご自身の役どころについてお聞かせください。私は帝辺高校の生徒役なんですけど、あまり帝辺高校っぽくはなくて、けんかなどとは程遠い、真面目な優等生の麻生祥子を演じています。一人で何でもこなして誰にも頼らない神夜晶 [全文を読む]

“謎の美女“祥子が魅せた大人キス! 思わず藤田ニコルも「チューしたい」

メンズサイゾー / 2016年02月24日22時00分

週刊誌の人気グラビアシリーズで話題を呼び、現在タレントや女優として活躍中の祥子(30)が、23日深夜放送の『ラストキス~最後にキスするデート』(TBS系)で、イケメン俳優とのデートを楽しんだ。 同番組は、芸能人の男女がカップルになり、最後に必ずキスをするデートに挑む疑似恋愛ドキュメント。MCは歌手でタレントのDAIGO(37)で、スタジオゲストと共に芸能人 [全文を読む]

謎の美女・祥子、初の温泉ロケで“丸裸“状態!? 芸能界の意外な交友関係も明らかに

メンズサイゾー / 2015年04月06日21時00分

5日放送の『旅ずきんちゃん~全国のほほ~ん女子会~』(TBS系)に謎の美女として注目を集めるタレントの祥子(29)が登場。温泉ロケに初挑戦して、これまでベールに包まれてきたプライベートについてのトークを展開した。 リニューアル第1回目となる今回の放送は、「友近温泉倶楽部・謎の美女を丸裸にする旅」と題され、友近(41)がゲストの祥子をオススメの温泉宿に招待す [全文を読む]

祥子、“乳揉まれ画像”披露で「男?」とファン騒然! SMヌード好評で「江戸川乱歩シリーズ化しないの?」

おたぽる / 2017年02月15日09時00分

6日、人気グラビアモデルの祥子が自身のInstagramに「本日発売『週刊大衆」』表紙をさせて頂いています」と、この日発売となった、「週刊大衆」(双葉社)の告知をするのと同時に、表紙を飾ったのと同じ衣装を着て撮った画像をアップしたのだが、背後から伸びる手に胸を揉まれていたため、「誰の手? まさか男!?」「俺も触りたい」などと、ファンを騒然とさせた。 祥子[全文を読む]

豪華出演者コメント付き!「黒い樹海」の見どころ紹介

Smartザテレビジョン / 2016年03月13日08時00分

同番組のストーリーは、両親を早くに亡くした祥子(北川)は、唯一の肉親である姉・信子(小池栄子)と都内のマンションで2人暮らしをし、仕事を探しながら新聞社に勤務する信子を信頼し、寄り添うように生きてきた。その日も東北旅行に出発する信子と別れ、祥子は何社目かの面接に出掛けた。ところがその夜、信子が事故で亡くなったという知らせが入る。しかも、どういうわけか、祥子 [全文を読む]

林真理子氏 新作で「ねっとりした大人の小説書きたかった」

NEWSポストセブン / 2014年12月01日16時00分

小説では、父「松谷鏡水」の一代記を自費出版したいと1人娘の祥子に依頼されたフリーライターが、祥子祥子の夫の新垣に取材するという設定で、2人の口から思い思いに鏡水の人生を語らせる。 「雑誌に連載が始まると、『こんなこと、言うてへんのに』と娘さんのご機嫌が悪くなることもありました。話は聞かせてほしい、貴重な資料は読みたい、だけどいいことばかりは書きたくない。 [全文を読む]

謎の美女・祥子、初DVDで披露した「乱れ顔」に興奮するファン続出...激戦の愛人キャラ枠で再浮上なるか

メンズサイゾー / 2016年04月24日12時00分

週刊誌グラビアで「謎の美女」として世の男性たちを熱くさせた女優の祥子(31)が、初のイメージDVD『とある綺麗なOLさんの妄想』(リバプール)をリリース。ファンから「過激すぎる」「興奮した」と絶賛を浴びている。 同作は祥子が美人OLに扮し、帰宅後の部屋で下着姿になってエッチな妄想を炸裂。カメラに向かってラブシーンを演じたり、強引に迫られて怯えながらコトに及 [全文を読む]

テレ朝松本清張SPドラマは二夜とも平均視聴率11%

Smartザテレビジョン / 2016年03月14日10時33分

唯一の身内である姉・信子(小池栄子)を事故で亡くした祥子(北川)が、姉の死の真相をたどるというもの。 新聞社に勤める真面目で貞淑な姉・信子は、ある日祥子に告げていた旅先とは全く違う場所で事故に遭い、命を落とす。悲しみに暮れる祥子の前に、姉の同僚記者である吉井(向井理)が現れ、祥子は共に信子の死の謎を調査することに。 そして、信子の後釜として新聞社で働き始め [全文を読む]

北川景子が松本清張作品に初挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年01月29日05時00分

北川は、新聞社に勤務するたった一人の身内の姉、小池栄子演じる笠原信子を不慮の事故で亡くすが、その死に疑問を抱き真相を探り始める祥子を演じる。事件の鍵を握る人物が次々と不審な死を遂げ、すべてが闇に包まれ、出口のない“黒い樹海”の中でさまよっている感覚に襲われる祥子。誰が敵で誰が味方か分からない恐怖の中で、祥子がたどり着く先とは? 向井理や沢村一樹らとの豪華 [全文を読む]

【日本怪事件】無期懲役刑、仮出獄者が起こした忌まわしい事件!! 離婚話で逆恨み ~犯罪を繰り返した男の心の闇~

tocana / 2014年05月11日08時00分

同じく27歳の、祥子さん(仮名)と見合い話が持ち上がったのだ。祥子さんは森川と似た境遇で、叔父夫婦の元で育てられていた。そこに出入りしていたミシンの営業マンが、森川を紹介したのだ。彼の前科などは知るよしもない。森川の「まったくの下戸ですけん、一滴も駄目ですたい」という言葉を疑うこともなかった。 昭和34年に結婚。森川を育てた叔母夫婦が家まで建ててやり、皆か [全文を読む]

「ワンチャン行けそうって思われる」 セクシー女優・秋山祥子はクズ男好き?

しらべぇ / 2017年05月20日21時00分

そんな、みんなの憧れのお姉さま、秋山祥子ちゃんをしらべぇが単独インタビュー! 「唯一泣いたお仕事」から「祥子ちゃんの口説き方」までいろいろ聞いてきたぞ。■やっぱり嬉しいのは「花束」©sirabee.com秋山:地方だと、やっぱり銘菓をいただくことも多いんです。でも、甘いものはあんまり食べられないのと(生モノだと)持ち帰りが難しいので、一口いただいてスタッフ [全文を読む]

謎の美女・祥子 まずは正体を母に伝え1年後に父に伝えた

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

『週刊ポスト』のグラビアに“謎の美女”として登場すると謎が謎を呼び、一躍、有名となった祥子――現在は映画、ドラマ、バラエティー、グラビアと幅広い分野で活躍している。そんな彼女の謎に迫る。 「当時は、謎の美女が私だってことは誰にも言えなくて。自分なんですけど、自分じゃないみたいな不思議な感じでした」 こう話す祥子は、2014年3月より約1年間、『週刊ポスト』 [全文を読む]

【西成マザーテレサ事件の謎2】矢島さんを死に追いやった黒幕の存在

東京ブレイキングニュース / 2014年10月23日12時40分

生前の矢島祥子さんは、時間外勤務を必要以上にしていた。それは診療所の所長から注意されるほどだった。では、矢島さんは時間外に何をしていたのか。そこで考えられるのが「医療カルテ」の閲覧だ。当時、医療カルテを見る事が出来たのは診療所の所長、事務長、そして矢島祥子さんの3名だけだった。この医療カルテには様々な情報が記載されていたという。 この団体には大阪市もかなり [全文を読む]

謎の美女・祥子の「素顔」

NewsCafe / 2015年08月07日16時00分

セクシータレントとして人気急上昇中なのが祥子=しょうこ=(30)だ。 「儚(はかな)げな表情となまめかしいボディーで1年間、読者を魅了し、今年2月には江戸川乱歩原作の映画『D坂の殺人事件』で主役を務め、大胆な濡れ場も披露するなどして注目されている」とはスポーツ紙記者。 どんな過去があるの? 「九州・熊本で地元番組のレポーターをしていたそうですが、女優を目指 [全文を読む]

祥子ミニスカで挑発「ゾクゾクしちゃえ」

Smartザテレビジョン / 2015年06月01日17時13分

PRイベントには初登場となる祥子が出席した。 同作品は映画史に残る猟奇殺人鬼ノーマン・ベイツの若かりしころにスポットを当て、いかにして殺人鬼に変貌していくかを描く。オリジナル映画「サイコ」のセットを、保存されていたユニバーサル・スタジオから移築して使用。母ノーマとの狂気的な関係を描き出すと同時に、舞台を現代に置き換えることで新しいドラマに創り上げている。 [全文を読む]

入浴姿も!“謎のオンナ”祥子、ナジャの自宅に潜入

Smartザテレビジョン / 2015年05月19日20時38分

毎週木曜放送中の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)の5月21日(木)放送回に梅宮辰夫、陣内智則、篠原ともえ、ミッツ・マングローブ、蟹江一平、KARAのギュリとスンヨン、中山優馬、祥子らが登場する。 「芸能人 まさかの秘密大公開!」では、梅宮辰夫と初登場の中山優馬という昭和と平成の色男がオリジナル料理を大公開。梅宮は梅宮家の定番ヘルシー料理のレタス丼、中山 [全文を読む]

「ポスト壇蜜」!? 謎の美女が緊縛ヌードで演じる“日本のエロス”『D坂の殺人事件』

日刊サイゾー / 2015年05月15日13時00分

週刊ポスト(小学館)のグラビアページ「祥子の事。」でセクシーな姿をさらけ出し、注目を集めている「祥子」。整った目鼻立ちと長く美しい髪、そして、知的なエロスを漂わせている彼女の素性は明らかにされておらず、まさに絵に描いたような「謎多きの美女」なのだ。そのミステリアスな出で立ちは読者のおじさまたちの好奇心を惹きつけてやまず、今年発売した写真集『祥子 愛にゆく [全文を読む]

祥子、初主演映画で全裸の濡れ場を体験しSMに開眼! 「博多華丸さんを調教したい…」

Smartザテレビジョン / 2015年01月22日12時12分

週刊誌で謎の美女として注目を集めている主演の祥子、河合龍之介、木下ほうか、窪田将治監督が完成披露試写会に登場。過激なセックス&SMシーンカットも解禁された。 警察が自殺と判断した蕎麦店店主の謎の自殺を、名探偵・明智小五郎とその妻・文代が独自の捜査を開始。そこに隠されたおぞましい人間愛憎図や、果てしなき情欲の嵐が徐々に明らかになっていくという物語で、実相寺昭 [全文を読む]

ロンブー・淳らが“謎の美女”祥子の私生活をのぞく?

Smartザテレビジョン / 2016年05月05日16時00分

今回“謎の女バージョン”と題し、謎の美女・祥子と謎のオネエ・GENKINGの自宅に泊まりに行き、どちらがより“イイ女”かをジャッジする。 彼女たちはどんな部屋に住み、男性にどんなもてなしをしてくれるのか…。一晩泊まることで普段見られない部分が見られ、その女性の本質が垣間見えるのが、この企画の醍醐味(だいごみ)だ。淳がより「居心地がいい」と感じるのは、果たし [全文を読む]

「残念なイケメン」に心がなごむ 不器用さにキュンとくる映画3選

Woman.excite / 2016年02月13日10時00分

同級生の倉持一平(池松壮亮)とサンバサークルに入って、太陽の塔みたいなコスプレで踊ったり、お譲様育ちの与謝野祥子(吉高由里子)に好かれたり、年上の女性、片瀬千春(伊藤歩)に頼まれて、男性との別れ話に弟として同席させられドキドキしたり、ゲイの同級生、加藤雄介(綾野剛)とつるんだり…。みんなの人気者になっていきます。スキーで転んで入院した祥子をお見舞いに行き、 [全文を読む]

フォーカス