千利休のニュース

大阪風お好み焼きが韓国起源か検証→東京風が韓国起源の可能性浮上

しらべぇ / 2016年05月01日07時30分

千利休ゆかりの地・堺市へまず訪れたのは、大阪風お好み焼きのルーツである「麩の焼き」を作った千利休ゆかりの地・堺市。ここには千利休の資料館が入った施設「さかい利晶の杜」がある。電車に乗り資料館へ入ると、千利休の生誕から秀吉に命じられ切腹するまでの歴史が詳しく書かれていた。また、お目当ての麩の焼きについても、再現したモデルが展示されている。■意外な事実発覚! [全文を読む]

【ホテル・アゴーラ リージェンシー堺】『蔵元紀行(全国の銘醸元を巡る旅)』~第1回「堺泉酒造」を迎えて~4月26日(水)開催 ー堺の地酒と懐石料理、一夜限りの饗宴ー

PR TIMES / 2017年03月30日11時28分

地元、堺の酒「千利休」[画像1: https://prtimes.jp/i/10241/206/resize/d10241-206-944216-0.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/10241/206/resize/d10241-206-472130-1.jpg ]江戸時代のはじめ、堺は灘・伏見と並び称される有数の酒どころと [全文を読む]

千利休と与謝野晶子を通じて堺を体験できる新しいミュージアム「さかい利晶の杜」が平成27年3月20日(金)に誕生

PR TIMES / 2015年03月28日10時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13245/1/resize/d13245-1-198715-0.jpg ]千利休の「利」、与謝野晶子の「晶」の字をとって名づけられた「さかい利晶の杜」は、堺の歴史と文化を多様な角度から楽しめる、新しい文化観光施設です。「さかい利晶の杜」には、千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす「千利休茶の湯館」・本格 [全文を読む]

古典の知恵から学ぶ生き方:千利休が祈った北野天満宮と「守破離」の真意

デイリーニュースオンライン / 2016年03月10日13時05分

(小学館デジタル大辞泉より) 実は、「守破離」の本質は、わび茶の完成者 千利休(1522-1591)が、和歌の形式に教えをまとめた「利休百首」に記されている。しかし、「守破離」がよく取りざたされる一方で、この和歌「規矩作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本を忘るな」の意味を知る人は少ない。千利休がもっとも伝えたいことは、「本を忘るな」ではないだろう [全文を読む]

『戦国BASARA4 皇』が戦国居酒屋とコラボ!『乱世の個室 戦国武勇伝』にてコラボメニューを展開

PR TIMES / 2015年07月22日12時10分

■足利義輝:「足利義輝の天政奉還御膳」~激動の新時代~ 1,280円■千利休:「千利休の扇御膳」~戦場(いくさば)の千扇子~ 1,180円■京極マリア:「京極マリアの戯れ事」~甘美な締め付け ミダラ氷♪~ 720円■千利休:「千利休の交錯する想い 甘味盛り合わせ」~時に優雅に、時に激しく~ 720円夜の陣(全6品) 16:00~24:00■メイン:足利義輝 [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、「千利休」MV公開&本日8月22日Ust番組ゲストにAZUMA HITOMIが登場

okmusic UP's / 2014年08月22日14時30分

先日、9月3日発売の100円CDを発表したばかりの水曜日のカンパネラが、2曲目に収録される「千利休」のMVを本日8月22日公開した。【その他の画像】水曜日のカンパネラ「千利休」ということもあり、茶筅がテーマとなった今作。役柄のために即席ではあるが茶道も学び、一人二役を演じたコムアイの気合いの入った動きにも注目してほしい。 ロケ地は、石川県の温泉街、山代で撮 [全文を読む]

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

今回の大特集は「利休に学ぶ「茶の湯」の美学 千利休、何者ぞ!?」。 利休の美意識に触発された安藤忠雄さんと、モントリオール賞や日本アカデミー賞でさまざまな賞を受賞した映画『利休にたずねよ』にて利休を演じた歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの特別対談をはじめ、ありとあらゆる角度から利休について総特集。その中でもWoman Insight編集部が気になったのは「千利休 [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

織田信長、千利休、前田利家、豊臣秀吉、池坊専好ら時代を切り拓いた人物を演じるのだから当然かもしれないが、中井貴一、佐藤浩市、佐々木蔵之介、市川猿之助、野村萬斎と、映画界、歌舞伎界、能楽界のトップランナーが揃った。 信長役の中井貴一と利休役の佐藤浩市。二人の父親は、ともに松竹の主演俳優だった佐田啓二と三國連太郎(のちに移籍)。佐田は37歳と若くに亡くなってい [全文を読む]

『ホテル大阪ベイタワー』「酒粕チーズケーキ」予約販売開始

PR TIMES / 2017年05月15日15時00分

父の日に贈る堺の地酒「千利休」を使用した大人のチーズケーキ ご予約期間 ~2017年6月15日(木) お渡し期間 2017年6月11日(日)~6月18日(日)株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)が経営する、ホテル大阪ベイタワー(大阪市港区、総支配人:大坂大)は、堺の地酒「千利休」の酒粕を使用した『酒粕チーズ [全文を読む]

「美しい」について[4]~外の美・内の美・内から外への美/村山 昇

INSIGHT NOW! / 2016年10月03日10時00分

千利休を例にあげてみましょう。千利休は茶道の大家で、「わび茶」といわれる分野を完成させたことで知られます。「わび茶」とはその名のとおり、「わび(侘び)」の精神を、茶を点(た)てる作法として表わすことです。「わび」の精神とは、自然のままの不揃いの状態、不完全な状態、簡素な状態のなかに悟りを得ようとする意識です。そういう精神性に美を見出す千利休は、当然、自分の [全文を読む]

【3日間限定】最強のあの茶人が戦国の世に鮮烈デビュー!? スマホRPG『戦国修羅SOUL』にレアガチャ登場!過去最強スキルを持つ新武将「千利休」が当たるチャンス!!

PR TIMES / 2016年05月13日18時34分

株式会社クリーク・アンド・リバー社が開発を行ったスマートフォンゲーム、3DリアルタイムバトルRPG武将英雄伝『戦国修羅SOUL』は本日5月13日(金)より、過去最強の計略スキルを持つ☆5新武将「千利休(CV広田みのる)」が当たる「SUPER白金(プラチナ)ガチャ」を開始いたします。今回の「SUPER白金ガチャ」は、5月13日(金)から5月15日(日)までの [全文を読む]

サプライズの元祖!?千利休が戦国大名に行った驚きたっぷりの”おもてなし”とは

Woman Insight / 2015年02月23日20時00分

千利休って、ちょっとイジワルな人でもあったんです。 「茶の湯の完成者」として歴史の教科書にも掲載されており、織田信長、豊臣秀吉とふたりの天下人に重用された、最も有名な茶人と言ってもいい、千利休。「茶聖」と呼ばれており、崇高なイメージさえありますが、彼の茶会は、招いた相手に合わせてさまざまな趣向を繰り出し、豪胆さや遊び心、そしてときにはイケズな面もあったとの [全文を読む]

【今週の対決】美術館、博物館…「茶の湯の文化」の神秘

WEB女性自身 / 2017年04月24日06時00分

織田信長をはじめとする武将や、千利休など茶人に愛された展示品の約3分の1が重要文化財や国宝だ。 12世紀ごろに中国から伝わってきたお茶をたしなむ茶の湯という文化。趣向を凝らした茶室、茶碗を用いて抹茶をたて優雅な時間を過ごしていたそう。足利義政が収集した唐物(中国製品)の青磁茶碗は透明感があって、美しい色合いにうっとり。茶の湯の有名人・千利休がつくらせたとい [全文を読む]

抹茶好きは食べるべき!お茶専門店の宇治金時かき氷5選

Walkerplus / 2016年07月11日17時45分

関西では、千利休が生誕した地、大阪・堺で味わう“利休抹茶金時”や、京都・宇治で450年以上続く老舗茶舗がプロデュースしたカフェの、最新“宇治金時”まで、お茶にこだわりぬいた専門店ならではの一杯が注目を集めている。そこで編集部が食べ比べして選んだ、お茶専門店の宇治金時を紹介しよう! ■ 千利休生誕の地で食べたい“抹茶金時” 千利休生誕の地、堺市で1850年に [全文を読む]

豊臣秀吉はアルツハイマーだった?晩年の奇行、謎だらけの茶会中止…

Business Journal / 2015年10月27日06時00分

秀吉秘蔵の茶器も公開され、時代を代表する茶の湯のスター・千利休をはじめ、津田宗及、今井宗久など錚々たる顔ぶれが参加している。 しかし、10月1日から10日間の開催と予告されていた大茶会は初日で終了し、翌日未明には後片付けが始まっている。 なぜ、北野大茶会は突然終わってしまったのだろうか。今回は、この謎を解く鍵に迫りながら、茶会を振り返ってみたい。以下、有力 [全文を読む]

市川海老蔵さん主演映画12月7日(土)公開!『利休にたずねよ』映画ガイドブックとコミックを発売!

@Press / 2013年11月29日11時00分

思いがけない手法で千利休の艶やかで気迫に満ちた人生を描き、直木賞を受賞した山本兼一著『利休にたずねよ』。市川海老蔵さん主演で映画化され、第37回モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞するなど、公開前から大きな話題をよんでいます。出演者のインタビューや茶道具の美しい写真満載の映画ガイドブック、千利休の「狂おしき美の原点」をドラマチックの描いたコミッ [全文を読む]

映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展 開催 ~ 公開間近 いま話題の映画が文化財によみがえる ~ 目黒雅叙園にて 2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)

@Press / 2013年10月18日15時00分

原作は第140回直木賞授賞小説「利休にたずねよ」で、千利休の美へのあくなき情熱と、利休への執着をめぐらせる複雑な人間模様、そして生涯秘め続けた若き日の悲恋の物語が繊細、かつ艶やかに描かれています。出演は、千利休演じる市川海老蔵、妻役を中谷美紀、織田信長を伊勢谷友介、豊臣秀吉を大森南朋が演じる他、今年2月に亡くなった市川團十郎が利休の師匠役として特別出演され [全文を読む]

『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

NEWSポストセブン / 2017年06月07日07時00分

これまで数々の役者が演じてきた茶人・千利休。今回、映画『花戦さ』でその役を務めるのは佐藤浩一(56)だ。これまでの佐藤のイメージとはひと味もふた味も違う利休像をつくりあげていると評判を呼んでいる。その魅力について時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 先日公開された映画『花戦さ』で、一番びっくりしたのは、千利休を佐藤浩市が演じた [全文を読む]

佐々木蔵之介、千利休役の佐藤浩市にツッコミ!「コーヒー飲んではった」

Movie Walker / 2017年06月03日17時45分

お茶ちゃうんか!」と茶人・千利休を演じた佐藤をいじり、会場を笑わせた。 本作は、秀吉の権力が栄華を極めた時代を舞台に、暴君・秀吉に刃ではなく、花をもって戦いを挑んだ男の姿を描く痛快時代劇。 「見どころ“マンサイ”だったと思います」と語りかけ、会場から大きな拍手を浴びた萬斎は、豪華共演者陣との撮影を振り返り、「ロイヤルストレートフラッシュ。そろったという感じ [全文を読む]

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語で、戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。 この度、本作を彩る豪華俳優陣が一堂に会したシーンをおさめたメイキング映像が公開された。 織田信長(中井貴一)に所望され、池坊専好(野村萬斎)が自らの花を披露する [全文を読む]

フォーカス