北極圏のニュース

【ノルウェー連載3】絶景!ノルウェーのオーロラ…ため息が出るほど美しい

Woman Insight / 2015年03月31日22時00分

北欧・ノルウェーの北極圏の街、トロムソ。 オーロラの出現率がとても高い「オーロラベルト」に位置しており、さらにメキシコ湾流のおかげで真冬の最も寒い時期でもマイナス10℃ほどという、北極圏の中ではかなりあたたかい気候の都市のため、冬には世界各国からたくさんの観光客がオーロラを観るために集まってきます。 ★1回目→ 【ノルウェー連載1】札幌ほどの寒さでオーロラ [全文を読む]

【ノルウェー連載1】札幌ほどの寒さでオーロラを観られる!北極圏の街「トロムソ」の魅力

Woman Insight / 2015年03月26日21時00分

さあ、この地球上に、日本で言う札幌くらいの寒さのところでオーロラを観られる街があるということ、ご存じですか? それは、北欧ノルウェーの北極圏の街、「トロムソ」。 北極圏から約2,000kmの距離に位置する、人口約72,000人の北極圏最大の街です。 トロムソは北極圏最大の都市で、オーロラの出現率がとても高い“オーロラベルト”という、ドーナツ状の帯の下に位 [全文を読む]

【ノルウェー連載2】誰もが1度は乗ってみたい!北極圏での「犬ぞり」体験レポート!

Woman Insight / 2015年03月29日22時00分

北欧・ノルウェーの北極圏の街、トロムソ。 オーロラの出現率がとても高い「オーロラベルト」に位置しており、さらにメキシコ湾流のおかげで真冬の最も寒い時期でもマイナス10℃ほどという、北極圏のなかではかなりあたたかい気候の都市のため、冬には世界各国からたくさんの観光客がオーロラを観るために集まってきます。 しかし、この街のアクティビティは、オーロラだけではあり [全文を読む]

すすむ温暖化、北極の氷は過去2番目の小ささに―しかし北極海航路に恩恵なし

インターネットコム / 2016年12月27日11時25分

2016年も北極圏の海氷は縮んだ。冬季の2月に記録した年間最大面積は1396万km2にとどまり、過去最小だった。夏季の9月に記録した年間最小面積は414万km2と過去2番目に狭かった。一方で北極海航路(北東航路)には恩恵が出ていない。ウェザーニューズが報告をまとめた。 北極圏の温暖化が影響しているという。北極圏の海氷が縮むことで環境に大きな影響がおよぶとい [全文を読む]

1週間のキャンプで、体内時計リセット!?

nemgym(ネムジム) / 2015年05月03日23時00分

ところが北極圏に暮らすトナカイには、体内時計が存在しないのです。 なぜトナカイは体内時計を持たないのか 北極のような高緯度では、冬は昼が極端に短く、夏は夜の時間帯でも日没がなく、薄明るい環境が続きます。1日に日の出と日の入りが存在しない環境で進化してきた生き物には、どんな体内時計があるのかと、ある研究者たちが調べたところ、北極圏に生きるトナカイの細胞からは [全文を読む]

国際会議 「Ice Class Vessels 2014-砕氷船会議 2014」(IBC Asia Limited主催)の参加お申込み受付開始

DreamNews / 2014年07月01日12時00分

北極圏の工業化は今や現実のものであり、それは北極海航路の開通、海洋インフラの開発、および海底石油・ガス探査などに見られます。このことは海洋・オフショア産業にとっての大きな機会を生み出し、アジアおよび欧州の企業が「北極圏の優位」を開拓するために大挙しています。 初開催となる「Ice Class Vessels(砕氷船)」会議は、北極圏における船舶産業の事業 [全文を読む]

「世界の終末」に備えたデータ保管庫、ノルウェーの永久凍土に開設

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月07日15時15分

北極圏の島に、世界各国の貴重なデータを500年以上保存することを目的とするデータ保管庫がオープン。この島では既に100万種近い植物の種を保管している>ノルウェー領スヴァールバル諸島最大の島、スピッツベルゲン島。北極圏にあり、永久凍土が広がるこの島は、100万種近い植物の種を保管する「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」で最もよく知られる。この地に最近、世界各国 [全文を読む]

フィンランドのロヴァニエミを訪れたら、サンタ村から手紙を出そう!

GOTRIP! / 2016年12月06日02時00分

ロヴァニエミはフィンランドの北極圏への入り口と言われている場所なので、北極圏を表す北極線が存在しています。 北極圏とは、真夏は太陽がずっと顔を見せ、真冬は太陽が顔を出さない場所。そして純白の雪がすべてを覆い、オーロラも現れる世界、それが北極圏です。 最後にサンタクロースからのメッセージを引用します。 「希望と愛と平和の大使が私、サンタクロースです。 世界 [全文を読む]

世界最北と言われた、ノルウェー・トロムセーのマイクロブリュワリーにまつわる、驚きのエピソードとは?

GOTRIP! / 2016年10月12日08時00分

北極圏から300km北に位置しながらも、メキシコ湾流(暖流)の影響で気候は穏やかな場所です。夏は白夜、冬はオーロラと、日本では味わえない大自然での体験が出来る場所です。 北欧は物価が高いことで有名ですが、大自然が織りなすマジックを一目見たくて、この地を訪れる人々は後を絶ちません。 実際ノルウェーの物価は、日本の物価のほぼ2倍。 お土産を買うにも、食べ物を [全文を読む]

北極海で掘削認可の終末シナリオ

ニューズウィーク日本版 / 2015年05月12日17時51分

米内務省は当時の調査報告書で、シェルは作業に困難を伴う北極圏で必要な一連の安全措置を怠っていた、と痛烈に批判した。 だが今回は、シェルの新たな探査計画と政府による災害リスク評価は一定の水準に達しているという。 海洋エネルギー管理局(BOEM)のアビゲイル・ロス・ホッパー局長は声明で「我々はチュクチ海での探査に関し、慎重かつ徹底的な調査を行った。同海域の環 [全文を読む]

フォーカス