木々のニュース

島原温泉 ホテル南風楼、有明海一望のオーシャン・ガーデンをリニューアル 島原半島初のライトアップ点灯式など、非日常空間を提供

@Press / 2015年02月27日16時30分

長崎県・島原温泉 ホテル南風楼(運営:株式会社ホテル南風楼、以下 当館)は、新館The Grand Ocean'sの完成(2014年10月グランドオープン)を記念して、この度、有明海一望のオーシャンビュー・ガーデンのリニューアルを行い、「海に浮かぶオーシャン・テラス」、「自然の森の樫の木ブランコ・テラス」、「動物ふれあい広場」等を新しくオープンした他、今回 [全文を読む]

チームラボ、京都・下鴨神社を光のアート空間へ。夜の森に音色が響く

FASHION HEADLINE / 2016年08月18日20時30分

会期中は2作品を展示し、そのうち「呼応する木々、下鴨神社 糺の森」では、世界遺産である下鴨神社の糺の森の中の参道沿いの木々がライトアップされ光り輝く。木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように強く輝いたり消えたりする。また、光は鑑賞者や動物が近くを通ると光の色を変化させ音色を響かせ、木の光を次々と伝播させていく。 一方、下鴨神社の楼門 [全文を読む]

長崎県 島原温泉エリア初!老舗旅館 ホテル南風楼に“水盤テラス”が新登場~まるで天空に浮かぶ雲の上にいるような幻想的な景色を~

@Press / 2017年06月06日09時30分

その表面には、蒼く澄み渡った空と木々の清々しい緑が映し出され、まさに天空に浮かぶ雲の上にいるような感動的な光景を創り出します。また、テラスの側面には長さ3mの足湯を設置。温かいお湯に足を浸し、島原の穏やかな日光と心地よい潮風を浴びながら、水辺でゆっくり寛ぐ至福の時間をお過ごしください。水盤テラスの先には、水面より床が下がった「サンクンテラス(水中テラス)」 [全文を読む]

GReeeeNとコラボ!チームラボ光の近未来アートを横浜で体感

Walkerplus / 2017年03月07日11時20分

チームラボが3月25日(土)から6月4日(日)にかけて、ライトアップイベント「人と木々とクリスタル花火」を横浜市内の「第33回全国都市緑化よこはまフェア」にて開催。横浜みなとみらいのグランモール公園が魅力的な光のアート空間に様変わりする。 最大の見所は、全長約210mの「呼応する木々」と、高さ14mの「チームラボクリスタル花火」。人々がスマートフォンを使っ [全文を読む]

秋を堪能。紅葉から感じる”恋心”とは?【11月2~6日】

ANGIE / 2016年11月01日11時00分

紅葉するのは、何も木々ばかりではありません。皆さんは、人の心も赤く染まるということを表現した「心の紅葉(もみじ)」という言葉をご存知ですか? 美しい響きとは裏腹に、すべてを燃やしつくす炎の激しさの意味が秘められています。 今日は、心が赤く染まる、”燃えるような恋”のお話です。 七十二候とは? 時間に追われて生きることに疲れたら、ひと休みしませんか? 流れ [全文を読む]

ニュージーランド・ロトルア 樹齢110年以上の木々の間を歩くツリーウォーク体験ができるレッドウッド・フォレスト(The Redwoods)

GOTRIP! / 2016年08月01日04時00分

ロトルア市内中心部より車で5分ほど南へ下った場所にある「レッドウッド・フォレスト(The Redwoods)」は、セコイアスギをはじめとした木々の生い茂る55,000ヘクタールの森林公園。 自然を愛する地元の人々や旅行者に人気で、マウンテンバイク、ハイキング、ウォーキングなどを楽しみにたくさんの人が訪れます。犬の散歩を楽しむ人の姿もちらほら。 このレッド [全文を読む]

東方神起がC.W.ニコル、そして話題の「声が高すぎる人」が登場する新作SPOTを公開!

okmusic UP's / 2014年03月02日19時00分

【その他の画像】東方神起今回公開されたSPOTは「世界の木々」編と「モモンガ」編の2種類が制作されており、通常の音楽SPOTとは、まったく世界観の異なる内容だ。 まず「世界の木々」編では、ナチュラリストのC.W.ニコルさんが、ドキュメンタリーのような形で、今まで世界を回ってみてきた印象的な素晴らしい木々を紹介していくが、「こんなに癒される木は他にはない」と [全文を読む]

9/11(水)「中国 北京万里の長城育樹」を開催

PR TIMES / 2013年09月06日15時36分

日中ボランティア600人の方々と育樹活動公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也イオン株式会社名誉会長相談役、以下 当財団)は、中華人民共和国北京市の万里の長城付近にて、これまでに植樹した木々の育樹活動を開催します。1995年に開催された「第2回日中環境問題国際シンポジウム」※において、当財団は数百年にわたる伐採で消滅した万里の長城周辺の森の再生を提案 [全文を読む]

住まいの専門企業「タカカツグループ」が、東北の森を生き返らせる一大プロジェクトを始動!

PR TIMES / 2017年03月10日11時23分

東北の木々の再生にスポットを当てた、新しい価値観を提唱するプロジェクトとは一体どういったものなのでしょうか?【タカカツグループとは?】1955年に創業し61年の歴史を持つ、住まいの専門企業です。取扱い事業は建材流通加工から設計、新築戸建ての建築からリフォームまでと、住まいに関する事業を一貫して扱っています。[画像1: https://prtimes.jp/ [全文を読む]

アプリコット色の幻想世界!世界自然遺産「ナミブ砂漠」の絶景スポット4つ

サライ.jp / 2017年01月06日17時00分

まさしく絶景です」(大塚さん) ■2:枯れた木々が点在する「デッドフレイ」 [caption id="attachment_124883" align="alignnone" width="500"] デッドフレイ。かつて水があったところに残る木々。死の沼の意味の通り、乾燥した大地に枯れた木々が不気味にそびえ立っている。[/caption] 褐色の砂丘を背 [全文を読む]

サスティナブルな社会科見学はじめます!奈良・吉野の間伐材が京都のホテルの酵素浴に。循環する木の物語

FASHION HEADLINE / 2016年05月15日16時00分

ぐっと空を見上げる程の木々でも樹齢は40年程と山守さん。あと数十年は目をかけ、手をかけていかなくてはいけない木々だそうです。 先を考える。未来を考える。心が凛となる時間でした。 続いて、吉野の原木市で競られた木々が製材所で加工され、保管される様子を見学しました。そこでは、木一本いっぽんのキャラクターが書かれた手描きの紙が貼られて保管されています。まるで、一 [全文を読む]

見通しが良くても…逆に危険!犯罪者が好む場所と嫌う場所3つ

WooRis / 2016年02月07日09時00分

(1)木々に囲われている公園木々に囲われている公園は、自然が多く、子どもを遊ばせるのに適した公園のように思えます。しかし、木々が目隠しとなるので外から見えにくく、犯罪を起こす絶好のチャンスができあがってしまうのです。また、木々があるだけなのでどこからでも侵入でき逃走も容易なことから、危険な場所といえるでしょう。(2)見通しのよい周囲が田んぼの道見通しがよい [全文を読む]

”デビュー11周年”俳優パク・ヘジン、変わらぬ寄付天使の歩み

Wow!Korea / 2017年04月04日09時44分

事務所側は4日、パク・ヘジンの中国ファンらが先月27日、中国西部の砂漠化地域改善のための財団「百万森林計画」に参加し、木々を寄付したと明かした。この知らせを聞いたパク・ヘジン本人も、同じく木々6000本を追加で寄付。パク・ヘジンと彼の中国ファンサイト名義で寄付された木々は、黄砂と微細粉塵などで深刻な大気汚染の解決と生活環境改善のため、中国西北部に位置する阿 [全文を読む]

九州 紅葉狩りの季節

tenki.jp / 2016年11月11日17時18分

九州でも紅葉狩りの季節を迎えています!現在は標高の高い山を中心に紅葉が見ごろを迎えており、木々の色づきは徐々にふもとにも降りてきています。紅葉狩りの季節九州でも木々の色づきが進んできています! 現在、福岡県の英彦山(ひこさん)や大分県の九酔渓(きゅうすいけい)、長崎県の雲仙仁田峠(うんぜんにたとうげ)、熊本県の五家荘(ごかのしょう)、宮崎県のえびの高原で紅 [全文を読む]

生きているうちに一度は見たい!京都の秋の絶景とは?【10月28日~11月1日】

ANGIE / 2016年10月27日15時00分

ひと雨ごとに寒さが増し、木々の葉が一層色づいていきます。せつなさや悲しみが人を成長させるように、冷たい空気が美しい紅葉を育むのですね。 今日は生きているうちに一度は見たい、夢のような秋の絶景をご紹介。ため息が出るほど美しい錦の世界は、秋の女神からの贈り物です。秋の終わりのせつなさは、美しいものを見て癒されましょう。 七十二候とは? 時間に追われて生きること [全文を読む]

Tentsileの最新作、超軽量エアテントがすっごく良さげ!

GIGAMEN / 2016年02月01日16時00分

エアテントとはなんぞや?という方にさくっと説明すると、「木々の間にハンモックのように設置する、新しい形のテントがエアテント」です。 つい先頃、Tentsileが新たな定番エアテントをリリースして、キャンプラバーやテントラバーの間で話題になっています。 軽量、おしゃれ、お手頃価格のTentsile Flite これまでにも、その名のとおりエイの形をした4名用 [全文を読む]

天空の城ラピュタのモデルも。フランスで最も美しい村々を巡る旅

TABIZINE / 2016年01月26日20時00分

トゥールーズから30分も走れば緑の丘陵地帯が広がり、紅葉の最後の時期らしく黄色に染まった木々がそれに映えている。これから向かう美しい村への期待で胸は膨らむばかり・・・。 コンクまでは3時間ほどの道のりである。丘陵地帯からしだいに山間部へ。車は蛇行する山道をどんどん走っていく。初めは民家やアパートも多かった景色が、この辺りになると殆ど建物らしきものは見当たら [全文を読む]

未病を治す。癒す。ほぐれる。はこねのもりdeセラピープロジェクト 五感で愉しむはこねの森のクリスマスイベント「はこじょサウンドフィーリングwithフォレストキッチン」 12/19(土)11時~

DreamNews / 2015年12月07日16時30分

ぜひ木々の香りに包まれてみましょう。2限目「フォレストキッチン クリスマスVer.」箱根町の地場食材を使いながら健康増進のためのワンバーナークッキング体験です。森林の空気の中で食べると更に効果UPが望めますし、食材の体への効能などを説明することで”食べる”ことの体への影響を意識することができます。クリスマス特別レシピとして、クリスマスチキンもご用意していま [全文を読む]

キヤノンギャラリー S 上田義彦写真展「Materia 2015」を開催

PR TIMES / 2015年10月15日14時15分

上田氏は、アメリカのワシントン州の木々や森をとらえた写真集「Quinault」から、屋久島の木々や森を記録した近作「Materia」に至るまで、約30年にわたり、写真を通じて地球上の生命の根源について考察を続け、巡礼の旅を続けてきました。本展では、新作を中心に「Materia 2015」のタイトルのもと、海中や木々や台地など地球上の『生命を生む力』を表した [全文を読む]

銘菓「葉守(はもり)」を10月15日にリニューアル発売! ~甘酸っぱく上品に仕上げた南高梅の甘露煮と北海小豆のつぶ餡がたっぷり~

@Press / 2015年10月15日12時00分

その自然にある木々がつけた葉は、光と水の力を借りて、木を育て、そして、実を包み込み子孫を残そうとします。 叶 匠壽庵はこの郷の自然が“葉守”という神々に守られていると信じてきました。自然に感謝し、里山で農工ひとつのものづくりを実践し、木々の果実でお菓子を作っています。そして、樹木を守る“葉守”に敬意を表し、その想いをお菓子に託した「葉守」が誕生しました。 [全文を読む]

フォーカス