売名行為のニュース

加藤紗里が「炎上撲滅委員」に!上西議員と売名ダメポーズを披露

しらべぇ / 2017年01月25日18時00分

同日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演したこときっかけに「炎上・売名撲滅委員」を名乗ることになった加藤は、同じく炎上の多い上西小百合議員に「売名行為はダメ、絶対!」と話しに行ったという。そして、上西議員とともに「炎上商法、売名行為はダメ絶対ポーズ」の写真をアップした。「紗里のおかげで、また地球の平和が保たれたよん」というコメントで投稿は締められてい [全文を読む]

ただの炎上タレントなのに?加藤紗里だけがテレビから消えないワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日10時05分

世間の予想以上に生き残っている? タレントの加藤紗里(26)が事あるごとに報道され、SNS上では“炎上売名行為撲滅委員”を自称し、定期的にテレビや芸能記事に顔を出している。なぜなかなか消えないのか。 ■”炎上売名行為”撲滅委員を宣言? 昨年、お笑いタレント・狩野英孝(35)との6股騒動で、その容姿と自由奔放な発言が話題になった加藤。騒動当初は芸能記者に追い [全文を読む]

加藤紗里さん「手口が鮮やか過ぎて」「炎上商法、ダメ絶対(笑)」 清水富美加さんの告白本発売にツッコミ

ガジェット通信 / 2017年02月17日17時00分

先月1月23日には、 最近、炎上商法 売名行為する人がめっちゃ多いじゃ〜〜ん だから昨日、上西パイセンに「売名行為はダメ、絶対!」って言いに行ったら、上西パイセン炎上じゃないらしいよ〜ん。 炎上商法、売名行為はダメ絶対ポーズ 紗里のおかげで、また地球の平和が保たれたよん と、上西小百合議員と一緒に「炎上商法、売名行為はダメ絶対 ポーズ」をとった画像をアッ [全文を読む]

坂口杏里はハメられた?加藤紗里との間に”借金騒動”が勃発

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日08時05分

一方の加藤も、売名行為に関しては負けてはいない。 「狩野英孝(34)の昨年の6股騒動で本命カノジョを主張して名乗り出たことで注目を浴びました。その後も、広島カープのセ・リーグ優勝時にはカープ女子として登場するも、カープどころか野球に関して何ら知識がないことを露呈。隙あらば露出を図る加藤の売名行為は話題を呼びました」(スポーツ紙記者) 『新潮』の記事では、坂 [全文を読む]

「アパ不倫」青山真麻の見た目が話題 袴田の女性趣味に疑問符も

しらべぇ / 2017年01月23日15時30分

■「売名行為」の真相は売名行為が噂されている事について、青山はインタビューの中で以下のように語った。「これだけの騒ぎになってしまっては、『売名行為』と言われても仕方がないと思うし、覚悟もしていた。でも、今回のことは、有名になりたいからではなく、彼に自分を思い出してほしかった。彼に気づいてほしかった」寝ている袴田の写真を撮ったことについて聞かれると、「単純に [全文を読む]

同棲報道の嵐・大野智にファン大暴走! 交際相手の親族宅に押しかけ「売名行為やめて!」

日刊サイゾー / 2015年09月24日09時00分

玄関から数メートル離れた門の前で1時間以上もうろつき、気付いた親族が声をかけたところ「売名行為はやめてって言ってください」と叫んだという。この時点で親族は熱愛スクープについてまったく知らず、説明を求めてようやく話が理解できたとのことだが……。「うちを彼女の実家だと勘違いしていた様子でした。私は親ではないと伝えたんですが『ウソっぽい!』とか捨てゼリフを残して [全文を読む]

「日本でセクシー女優になる」は真っ赤なうそ!20歳モデルが売名行為を認める―香港

Record China / 2017年09月14日22時00分

2017年9月13日、日本でセクシー女優になると宣言していた香港人モデルの麥紫莉(マク・チーリー)が、全ては売名行為だったことを明かし、ネット上で再び猛批判にさらされている。香港01が伝えた。 20歳のモデル麥紫莉が、「初の香港人セクシー女優」になると話題になったのは今年7月のこと。「香港ブックフェア2017」の会場でメディアを前に語ったもので、父親が他界 [全文を読む]

坂上忍、袴田吉彦との不倫暴露グラドルに「嫌になってきた」

WEB女性自身 / 2017年01月23日15時00分

この不倫暴露にネットでは《完全なる売名行為》との非難の声も上がっていた。 現在、アルバイトとして、月に2回ほどの撮影会とグラビアモデルをしているという青山。彼女と袴田との出会いは美容業界人の誕生日パーティ。セレブや芸能業界人も集まるそうしたパーティには、そこで芸能人と知り合い、それをきっかけに有名になりたいと考えるタレントが出席していることもあると青山は言 [全文を読む]

叶姉妹が今夏はサークル参加? 「コミケとは私達にとっても神聖でプレシャスな空間なのですから」

ガジェット通信 / 2017年01月19日23時10分

「例え、売名行為だとしても良いです!!」 という方がいらっしゃいましたが 寛大なお考えは嬉しいのですが 念の為…、 私達は、売名行為などをする必要は ミジンもないのですよ。 と「売名行為」という声を否定し、 コミケとは 私達にとっても 神聖でプレシャスな 空間なのですから と、コミケに対しての想いを語っている。 いずれにせよ、今後も要注目である。 ※画像 [全文を読む]

嵐・松本潤「二股」報道はAV 女優・葵つかさの“売名“じゃなかった! 松潤のキチク行為より被害者の葵が攻撃される理不尽

リテラ / 2017年01月15日15時57分

長年の恋人を裏切って、女性を性奴隷扱いしていた松潤のキチクぶりに非難の声が集まるかと思いきや、なぜか"被害者"の葵に対して"売名行為"という批判が一斉に浴びせられたのだ。「松潤を使って売名行為するの辞めていただけませんか」「知人女性の告白とかいってるけど、どうせ、情報を売ったのは葵。いくらもらったんだ」「これで大々的に売り出そうとしているんだろう」 こうし [全文を読む]

岸田健作、Facebook強制追放の過去明かし、同情の声が殺到 元カノ・misonoにはサゲマン疑惑が?

おたぽる / 2016年05月21日12時00分

ブログには、岸田と話し合って発表を決めたことも綴ってあり、misonoとしては過去の面白話程度のニュアンスで書き綴ったのでしょうが、『健作は、一時期、ホームレスに?! 知らなかったし!』や『健作から言うと「売名行為ってなっちゃうんじゃないかな~」とか、心配になったり』などといった部分が、『本当に付き合ってたの?』『あんたが売名行為でしょ!』などと、岸田ファ [全文を読む]

被災地支援、政治家がやっていいことと、やってはいけないこと

政治山 / 2016年04月22日17時30分

視察の様子を写真に収めて、「災害時に現地に赴き、被災者に寄り添ってきた」と、選挙時の売名行為に利用するのではないかと勘繰る見方があるのは事実です。 著名人は支援の仕方にも配慮が必要 とりわけ政治家やタレントの場合、現地に行くとかえって周囲が気を遣い、活動の妨げになりかねません。現地に行かなくとも、活動そのもののアピールが売名行為と取られることもあります。実 [全文を読む]

桂文枝師匠は男泣き?20年不倫告白も残る違和感の正体

WEB女性自身 / 2016年02月23日15時00分

一件売名行為かと思われますが、そこにも少し違和感を覚えます。それは最近お笑い芸人狩野英孝氏の三角関係に便乗して売出し中といわれる、自称モデルの加藤紗里さんと比較すると明らかです。どういうことかと言うと、加藤さんの発言は「狩野英孝の本命彼女」というポジションを取っても、歯切れのいいコメントをしていないのです。便乗するからには、長く視聴者側が感心をよせるよう、 [全文を読む]

有吉&バカリズムが巨乳グラドルの「霊感強すぎる発言」を一刀両断

デイリーニュースオンライン / 2015年11月02日12時30分

有吉反省会を見た方からは、 「西田麻衣の発言は、ただの嘘の売名行為確定!」 「西田麻衣って子、普通にグラビアだけでいいのに、霊感とか言うからバカバカしくなってイタく見えるな。」 など、売名行為を指摘する声が上がっていた。 「以前、テレビ番組で『グラビアアイドルの90%は豊胸』と暴露するなど、お騒がせな一面が話題になることも多かっただけに、余計に売名行為[全文を読む]

神田愛花の「売名疑惑」をフォローするバナナマン・日村の「男気」エピソード

アサ芸プラス / 2015年07月09日17時58分

バナナマン・日村勇紀との熱愛報道で現在、バラエティ番組に多数出演しているが、その一方で日増しに聞こえてくるのが「売名行為」ではという声だったが、番組で神田は「(職業柄)どうしたって売名って言われるから」とアドバイスされた話を披露。さらに続けて、「(自分の)発言を全部面白いと感じてくれて、直さないでいいと言ってくれる」「私のことをクレイジーだって言うんです」 [全文を読む]

ベッキーとウーマン村本の熱愛報道を「売名だ!」と指摘するノブコブ吉村の思惑

メンズサイゾー / 2014年11月04日21時30分

お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇(34)が、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(33)とタレントのベッキー(30)との熱愛報道を「売名行為」だと斬って捨てたことが話題となっている。 この熱愛報道は、先月31日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)に掲載され、ベッキーが村本と密会し17万円もする英国高級ブランド「グローブ・トロッター」のキャリーバック [全文を読む]

明石家さんまと熱愛報道の田中優衣さん、自社の極小ビキニ身に着け“袋とじ”に登場……「売名行為」決定的か

日刊サイゾー / 2014年06月24日17時30分

これにネット上では、「完全な売名行為」「グラビアじゃなくて、ただの自社ビキニの宣伝」「さんまは、女を見る目がない」といった声が噴出。多くの反感を買っているようだ。 「『フライデー』の報道以降、田中さんのブログのアクセス数は急増。彼女が社長を務めるブラジリアンビキニブランド・MAKALAは、広く知られることとなりました。水着業界は、6月から書き入れ時。また [全文を読む]

女社長、グラドル、AV女優……売名行為に使われまくる明石家さんまの“絶倫ぶり”

日刊サイゾー / 2014年06月10日11時00分

一部では「2人は結婚するのではないか?」というウワサも流れているが、筆者はフライデーの記事を読んで、今回の密愛報道は11年前の元巨乳グラドルSとのパターンにソックリで、さんまが見事に売名行為に利用されたとしか思えないのだ。 当時、グラドルを目指して六本木のクラブで働いていたSは、前年に店の客だったさんまと出会い、すぐに男女関係へ発展。翌年、さんまの自宅から [全文を読む]

阪神・呉昇桓と熱愛報道のキム・ギュリは売名行為、スター評論家が批判

Wow!Korea / 2014年05月16日15時47分

韓国の女優、キム・ギュリと日本プロ野球・阪神タイガースの呉昇桓(オ・スンファン)選手にもちあがった熱愛報道について、著書「スター批評」の著者ピョン・ヒジェ氏が「キム・ギュリの売名行為」と発言し、話題だ。ピョン・ヒジェ氏は16日、自身のTwitterで「キム・ギュリとは、もともとキム・ミンソンという名前でしたよね。青酸カリ発言で物議をかもし、すぐに名前を変え [全文を読む]

濱松恵ヌード写真集に「誰得ヌード」の声! 不倫報道後に“売名”で脱いだ女たちの末路

サイゾーウーマン / 2017年07月28日11時45分

『情けない人』『元カレと大違い』など強い口調で豊本をののしったのですが、この言動に『売名行為ってモロばれ』『炎上商法だな』と批判の声が。今回の写真集は『子どもがいるとは思えないキレイな裸でした』と好評のレビューもあるのですが、SNSなどからは『誰得ヌード?』『売名じゃないとか言ってたけど、結局は売名じゃん』といった声も上がっています」(芸能ライター) 過去 [全文を読む]

フォーカス