国防省のニュース

中国海軍の創設記念ポスターにロシア戦闘機と米軍艦

NEWSポストセブン / 2017年05月10日07時00分

中国海軍の創設68周年記念日(2017年の4月23日)に合わせて、中国国防省が作成した記念ポスターで、中国初の空母「遼寧」の艦載機としてロシア軍戦闘機「ミグ35」が描かれているほか、その護衛艦としては米軍の軍艦や潜水艦が空母の近くを遊弋しているなど、まったくでたらめな構図であることが分かった。 ネット上では、「やはり、中国軍の兵器はロシア軍やアメリカ軍のパ [全文を読む]

米国、中国の南シナ海埋め立てに「NO」 大統領選への影響にも海外紙注目

NewSphere / 2015年05月22日11時30分

そんな中、米国防省は、南沙(スプラトリー)諸島での米海軍哨戒機による偵察活動を、CNNに独占取材させた。◆CNNのクルーが米軍哨戒機に同乗、南シナ海上空を偵察飛行 偵察飛行は、対潜哨戒機「P-8Aポセイドン」によるもので、中国が埋め立てと大規模な建設活動を進めている3つの人工島の監視が目的だった。米国防省は、中国の領有権主張を米国が認めていないことをはっき [全文を読む]

“米国は世界唯一のグローバルパワーに” 米高官が自信 日本の軍事支援にも期待

NewSphere / 2014年10月02日18時04分

国防省のロバート・ワーク副長官は9月30日、尖閣諸島をめぐる日中の対立についての質問を受け、対立が激しくなれば、アメリカは日本の軍事的要請に応じるだろう、と答えた。 【日米は軍事的に相互扶助の関係】 アメリカ政府はこれまでも、1951年に書かれた日米安全保障条約第5条を引き合いに出し、日本側への支持を表明している。しかし今回の発言は、日本への軍事的援護の [全文を読む]

日本、中国に厳重抗議 「空自機が妨害」との中国国防省発表に

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月12日18時59分

菅義偉官房長官は12日午前の会見で、日本の戦闘機が中国軍機の飛行を妨害したと中国国防省が発表したことに対し、外交ルートを通じて抗議したことを明らかにした。菅官房長は「日中関係の改善を損なうものであり、中国側には厳重に抗議した」と語った。 中国国防省は10日夜、航空自衛隊の戦闘機2機が沖縄県の宮古海峡上空で中国軍機に接近し、赤外線センサーをかく乱するフレアを [全文を読む]

豪州が軍服を中国企業に発注、議員から「恥だ」と批判の声―英紙

Record China / 2016年09月13日12時50分

2016年9月12日、環球網によると、オーストラリア国防省は中国のある企業との間で総額900万ドル(約9億1300万円)分の軍服製作の契約を結んだが、この契約がオーストラリア国内の一部で強い反発を招いている。 英デイリー・メール紙によると、オーストラリアの有力議員であるニック・クセノフォン上院議員は、国防省が国防を担う軍人が着用する軍服の製作を外国企業に依 [全文を読む]

豪潜水艦、日本脱落? 指摘された「熱意・経験不足」の意味

まぐまぐニュース! / 2016年04月22日13時00分

オーストラリアン紙によると、豪国防省が「競争的評価プロセス」によって3者の提案を検討し、その評価と勧告をペイン国防相に提出。情報筋の示唆によると、国防省は3者のうちの1者を優先選択肢として名指ししているという。同相が国防省の提案を検討、承認した後、19日には閣僚らからなる国家安全保障会議(NSC)で正式な検討に入ったもようだ。NSCの決定は全閣僚の承認を [全文を読む]

THAAD発射台をこっそり搬入、韓国国防相「故意ではなかった」―韓国メディア

Record China / 2017年06月01日01時00分

2017年5月31日、韓国・聯合ニュースによると、在韓米軍が高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射台4基を韓国に追加搬入していた問題で、韓民求(ハン・ミング)国防相は同日、国防省が大統領府に事前に伝えなかったのは「故意ではなかった」と反論した。環球時報(電子版)が伝えた。 韓国防相は追加搬入の報告をしなかったことについて、「国家安全保障室長にあてた報告書で [全文を読む]

「ムスリム批判は絶対に許されない」移民が侵食するスウェーデンの“パラレル・ソサエティ”化が深刻すぎる(国防省レポート)

tocana / 2017年03月21日13時00分

右翼的サイトと米国では認識されているが、その「ブライトバート」で先頃、スウェーデンの国防省が最近発表したレポートについての興味深い記事を掲載している。■「パラレル・ソサエティ」化するスウェーデン 公表されたこの「国防省レポート」は、まず、「ムスリム同胞団のような反民主的組織の排除を目的」に書かれたと述べている。続いて、スンナ派イスラム主義組織のムスリム同胞 [全文を読む]

英米、対中政策に変化の兆し

Japan In-depth / 2016年05月17日18時00分

二つ目は13日に発表された米国防省の「中国の軍事・安全保障情勢」に関する対議会年次報告だ。改めて読んでみると、米国防省の対中政策の本質が判り易く書かれている。同報告書に関する記者ブリーフを行った国防次官補代理の発言が最も判り易いので再録しよう。 「米国は、中国と相互利益ある分野では協力するが、中国との競争を力の立場から(from a position o [全文を読む]

<Wコラム>韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る~兵舎での共同生活

Wow!Korea / 2016年05月10日16時28分

■今の若者に昔の生活を強いている国防省が兵士の管理において、一番力を入れないといけないのが兵舎の改善である。もともと、新兵訓練所や各部隊においても兵舎では大部屋が基本で、10人以上の人たちが1坪にも満たない自分のスペースで雑魚寝のような形で共同生活をしていた。何十年も前であれば韓国もまだ貧しい時代で、各家庭でも余裕のある生活をしていたわけではない。だからこ [全文を読む]

フォーカス